1. HOME >
  2. 店内ボードゲーム紹介 >
  3. テーブルゲームのある風景「スタックス」

店内ボードゲーム紹介

テーブルゲームのある風景「スタックス」

FxCam_1667130012672

 今日のテーブルゲームのある風景は「スタックス」です。

 先日、ゲームマーケット2022秋も大盛況のうちに終わりまして、様々なゲームが魔王の森にも届いておりまして、同人ゲームを多数ご紹介できると思います。


 「スタックス」はサークル「ゲンゲームズ」さんの作品で、トランプサイズのカードによって構成されています。

 背景ストーリーのない数字パズル的なシンプルなゲームで、自分の手札と自分の場にカードを持たずにゲームを終了する事が最高のあがりの状態です。

 各プレイヤー2枚の手札をもち、山札からめくった最初の場のカード1枚の状態からゲームが開始されます。

 手番がきたなら選択肢は基本的には2つで、手札からカードを場のカードの隣にプレイするか、山札をめくって場のカードの隣にプレイするかというもので、ようするに手札か山札からカードを場に1枚追加する事になります。

 追加するカードは一列にならべて、4枚ならんだならすぐ下に次の段をつくってそこにならべてゆき、4枚毎に段が増える事になります。

 さて、プレイした時直前のカードと同色のカード、または直前のカードが色指定してくるカードであればその指定色のカードをプレイ出来ない場合、プレイしたカードが手札であれ、山札からめくったのであれ、そのカードを自分の場に配置するか、もしも4枚の段があるならその一番上の段の4枚を手札にいれなければいけません。

 こうして手札が増えていた場合にとれるのが実は3番目の選択肢で、実はカードには赤、青、緑の4色があるのですが、この3色そろえてセットにして場に出す事が出来ます。

 この時は例外的に直前のカードの色や指定を無視してよいのです。

 こうして自分の手番がきたなら3つの選択をして、場のカードの隣に出したカードの色や指定によってカードを引き取ったりそれを避けたりしてゲームを続けて、山札がなくなったならゲームが終了します。

 この時、手札、自分の場のカードの枚数がマイナス点となるのですが、この時も3色そろっているならそれを1枚としてカウントしてよく、さらにそこに色セットを重ねてマイナス点を減らす事が出来ます。

 ただ、これ自体は手札と自分の場のカードを混ぜてはならない為、基本的に自分の場にはカードを獲得しない方が何とかなりやすいといえると思います。

 ややルールが煩雑で、最初どのパターンでどうなるのか混乱するかもしれませんが、分かればそんなに難しい処理を要求されているわけではなく、プレイ時間も10分そこそこですので気軽に遊べるゲームと言えます。

 ちょっと複雑な変わったセットコレクションゲームとして、プレイしてみて欲しいゲームです。


「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。

Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305

料金は3時間500円で、以後1時間毎に+100円(ただし800円上限で、それ以上はかかりません)で店内にある約1000タイトル以上のボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、それ以外の追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。

ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。

もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。

お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!

また、毎月マーダーミステリー会を開いたり、TRPGのセッションとして場所を提供したりしておりますので、是非ご利用下さい。

※ボードゲームについてはあくまでプレイ空間として営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。


コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):