1. HOME >
  2. 店内ボードゲーム紹介 >
  3. テーブルゲームのある風景「種の起源、第二版」

店内ボードゲーム紹介

テーブルゲームのある風景「種の起源、第二版」

IMG_20220222_175144

 今日のテーブルゲームのある風景は「種の起源、第二版」です。

 ゲームとしてはガラパゴス諸島を旅しながら新しい生命を発見してゆくもので、プレイヤーは探検家となって船を勧めつつ、未発見の生物を捜索してゆきます。

 新しい生命の発見については動物や植物、鳥類や魚類、さらには昆虫にいたるまで本当に多岐にわたっていて、それらはタイルの配置によって発見とみなされるのですが、そのタイルに描かれている生物はすべて実在する生物で、「こんな名前の種がいたんだ!」などといった形で妙にもりあがったり出来る作品になっているのが印象的です。


 ゲームとしては、ガラパゴス諸島のマップにタイル配置マスが設定されているメインボードを準備し、そのマスの間をぬうように進むラウンドマーカーをかねる帆船駒をスタートの位置に配置して、さらにチェックポイントによる得点計算方法、ゲーム終了時の得点獲得方法のカードをランダムに選択してオープンして確認します。

 そして、黄色と青と緑の書物カードを個別に山札にしてメインボードの所定の位置に配置して、追加アクションなどを獲得出来る日誌カードをやはり山札にして所定の位置に配置してから上から3枚を表にしてすくそばの日誌カード置き場にならべて配置します。

 最後に新種タイルをメインボードの所定の位置にならべて配置して、初期配置種タイルを初期配置カードをランダムに1枚選択し、その表記とおりのマスに配置したら準備完了です。

 各プレイヤーは自身の手番がきたなら、自分の選んだプレイヤーカラーのキューブを8個づつもっとスタートするのですが、自分の手番で行う事はそのキューブをメインボードに配置するか、配置してある自身の色のキューブを手元にもどす事でコストをはらって新種タイルをメインボードに配置するかの2択のどちらかを実行する必要があります。

 キューブの配置を選んだ場合には、手元にあるキューブ2個をメインボードに配置してある種族タイルのいずれかに1個づつ配置します。

 各種族タイルにはそれを配置した時に獲得出来る点数の他に、配置後その上のキューブを手元に戻す事で支払いに充てられる陸・海・空のいずれかの要素の支払いに充てられるマークが描かれていて、よりレベルの高い種族タイルほど1個のキューブで複数のマークを一気に支払う事が出来るようになります。

 種族タイルの配置を選んだ場合には、すでに配置してある種族タイルのいずれかの上からキューブを手元にもどして、その種族タイルのコストマークの数に足りるように支払いを実行するのですが、新しい種族タイルを配置するマスに隣接している種族タイル上のキューブしか支払いに充てれないという縛りが入るので、配置する場所にも気を配る必要があるのと、よりレベルの低いタイルの上にならば新しいタイルを上書きして、得点を余分に獲得出来るルールもあり配置する場所についても考える要素があります。

 配置した種族タイルからは得点と日誌カードや書物カードの獲得が出来ます。

 基本的にゲーム中の得点要素は種族タイルを配置する事によるものなのですが、中間決算時には書物カードなどによっても得点が得られますし、ゲーム終了時にはやはり書物カードの書物の冊数によって得点機会が得られます。

 ルール自体はシンプルでボードゲームをプレイした事がない方でもプレイ出来ますし、プレイ時間も普通にプレイしている限り40分くらいで終了します。

 メインボードや得点駒などいかにもボードゲームをしている感を味合わせてくれるつくりになっているので、初心者の方に是非プレイしてみてほしいゲームです。


 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。

画像 画像

料金は3時間500円で、以後1時間毎に+100円(ただし800円上限で、それ以上はかかりません)で店内にある約1000タイトル以上のボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、それ以外の追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。

ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。

もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。

お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!

また、毎月マーダーミステリー会を開いたり、TRPGのセッションとして場所を提供したりしておりますので、是非ご利用下さい。

※ボードゲームについてはあくまでプレイ空間として営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。


コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):