1. HOME >
  2. 店長ブログ >
  3. テーブルゲームのある風景「キャンディラボ」

店長ブログ

テーブルゲームのある風景「キャンディラボ」

20201223_160320
 今日のテーブルゲームのある風景は「キャンディラボ」です。
 プレイヤーはキャンディ工場で職人となって、お客様が望んでいるトレンドのキャンディセットをつくりだして名声をえてゆくことを目的とします。
 ゲームとしては非常にシンプルで、手札に配られた目標カードに記載されているキャンディバーの並び順がぴったり揃う場所を場においてあるキャンディバーの並びから見つけて自分の手元に獲得しつつ、目標カードを点数化するというものです。
 そして、この目標カードは自動的に補充されることはなく、特殊効果か自分が獲得したキャンディバーを場に戻すことで引くことが出来るようになっています。

 さて、ゲームとしては赤、青、黄の5cmほどの棒をランダムに一列にならべて、各プレイヤーに目標カードを所定の枚数くばります。
 プレイヤーは自分の手番がきたなら、手札の目標カードに記されているバーの数と色の並び通りの場所を場のキャンディバーの列の中から探し出して引き抜きます。
 キャンディバーには1~3までの数字と、様々な記号が記されています。
 数字はゲーム終了時の得点となり、記号は獲得したときに特殊効果を発揮するその内容となっています。
 この特殊効果がなかなか曲者です。
 新しい目標カードをひいてきたり、相手の手札(目標カード)を捨て去れるなどのわかりやすいものはよいのですが、目標カードを相手と自分ですべて入れ替えたりなどは時として圧倒的に自分がふりになったりします。
 効果の発動は強制ですので、場合によっては自分の目標通りにキャンディバーが並んでいるのに、効果を受けたくないから獲得がためらわれるシーンなども出てくるつくりになっているのです。
 そして、都合の良い並びがない場合や目標カードが不足している時などは、自分の獲得済のキャンディバーを場にもどして、そこに書いてある数字の枚数だけ目的カードをドローします。
 目的カードは多いほうが当然選択肢も広がって有利になるのですが、このドローは点数を失っているので、どこまで点数を払うのかを考える必要があります。
 場のキャンディバーがすべてなくなった段階でゲームは即終了となります。
 達成した目標カードとキャンディバーの点数の合計が最も高かったプレイヤーが勝利します。

 ルールの説明解説に10分もかからないくらいシンプルなのに、しっかり考えるところ、相手のプレイを先読みする能力が求められます。
 面白いゲームなので、興味のある方はプレイしてみて欲しいです。

「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 画像
 料金は3時間500円で、以後1時間毎に+100円(ただし800円上限で、それ以上はかかりません)で店内にある約1000タイトル以上のボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、それ以外の追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでプレイ空間として営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):