1. HOME >
  2. 店内ボードゲーム紹介 >
  3. 今日の一枚「ジェインザール」

店内ボードゲーム紹介

今日の一枚「ジェインザール」

FxCam_1572329798506
 今日の一枚はミニチュアゲームウォーハンマー40000より太古の種族エルダーの永遠なるフェニックスホークの一人「ジェインザール」です。
 ミニチュアゲームとは、5cmほどのサイズの歩兵プラモデルなどを中心にロボットや戦車、戦闘機などのプラモデルを自分で作成し、それをゲームの駒として対戦ゲームを楽しむ事が出来る遊びの総称ですが、その中でウォーハンマー40000は草分け的な存在の1つです。
 背景ストーリーも大量にあり、基本的にはテラと呼ばれる地球によく似た惑星から版図を広げた人類の視点で物語は続いていて、様々な文明や生物と遭遇して戦争が拡大、または侵略されたりなどといった物語をもとにミニチュアモデル達は造られています。
 言ってみればガンダム系列のアニメがあって、そこに出てくる機械がプラモデル化されていて、さらにそれらをつくるだけでなく、対戦ゲームが出来るようになっていると考えるとしっくりくるかもしれません。
 今回のモデルである「ジェインザール」が属する種族はエルダーと呼ばれる種族で、人類よりも遥か昔、人類としてはもはや神話の時代から宇宙に版図を広げて、言い伝えによればほぼ全宇宙を支配するほどの勢力だった種族です。
 しかし、その後エルダー文明は退廃し、巨大な悪魔の出現とともに滅び、現在ではクラフトワールドと呼ばれる巨大な宇宙船のみを生活圏としている(このあたりの設定はマクロスのような感じでしょうか)滅びゆく種族でもあるのです。
 エルダーには戦闘技術をその特徴ごとに「道」として分けて宗派のようなものが体系づけられているのですが、その各宗派頂点にたっているのがフェニックスロードと呼ばれる者達です。
 その存在は不死とされて、代々のフェニックスロードはまるで一子相伝的に名前を襲名されてずっと「ジェインザール」は「ジェインザール」として生きてきたのです。
 女性のみの接近戦戦闘技法が「ジェインザール」の「道」で、その配下である「ハウリングバンシー」も全員が女性で、仮面をつけて、舞うように戦うという設定になっています。
 ウォーハンマー40000ではそうした設定はゲームにしっかり反映されていて、「ジェインザール」のゲーム上での接近戦能力は対生物については極めて高く、1対1で「ジェインザール」を打ち破るのは至難の技といわざるえないと思います。
 写真のモデルはかなり設定に忠実に再現されていて、新カラーであるシタデルコントラストを見事につかって非常に細部まで気をくばって作成されています。
 素晴らしい出来栄えだと思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォークライ、アンダーグラウンド、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマー、アンダーワールドといったミニチュアモデルの販売とペイントスペース、プレイスペース(スペースの利用は一日500円のみで、同時にボードゲームも楽しまれても追加料金など一切発生しません)の提供をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマー、アンダーワールドのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
FxCam_1451196794036 FxCam_1466314839509
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明させて頂きますのでお気軽に声をかけて下さい。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):