1. HOME >
  2. 店内ボードゲーム紹介 >
  3. テーブルゲームのある風景「ガラクタリウム」

店内ボードゲーム紹介

テーブルゲームのある風景「ガラクタリウム」

FxCam_1576317857183
 今日のテーブルゲームのある風景は「ガラクタリウム」です。
 プレイヤーはファンタジー世界の冒険者チームで、踏み込んだダンジョンのお宝の分け前を巡ってかなりシビアな駆け引きをする事がテーマになってます。

 ゲームとしては二人専用のゲームで、4色の1から7までの数字のカードが各1枚、1から5までの呪いカードが各1枚によるカードをよく切って山札とします。
 手番プレイヤーは。山札から5枚を引いて自分でよくみて、その5枚を2つの山に分けます。
 この時にそれぞれの山には最低1枚カードがなくてはならず、各山最低1枚を裏向きにしなくてはいけません。
 対戦相手は手番プレイヤーが分けた山のどちらかを受け取り自分の場に並べます。
 そして、手番プレイヤーが残りの山を受けとって同様にします。
 ゲームの目的としては自分の場のカードを数字並び順に3枚以上か、同数2枚以上のセットを作ることです。
 そしてこのゲームを良い感じに引き締めているのが5枚の呪いカードです。
 これは単にマイナスになるうえ、自分の場のスロットも圧迫するのです。
 これを自分の場から除去するには、上記のセットを最低一つはつくらなければなりません。
 上手く相手の分け方の罠に気がついて逆手に取る事で一気にチャンスが広がるという事にもなります。
 二人目でちょっとした空いた時間にプレイする事が出来てお勧めのゲームです。

「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約1000タイトル以上のボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):