1. HOME >
  2. 店内ボードゲーム紹介 >
  3. テーブルゲームのある風景「イノベーション」

店内ボードゲーム紹介

テーブルゲームのある風景「イノベーション」

FxCam_1474703447125
 今日のテーブルゲームある風景は「イノベーション」です。
 人類の進化の歴史をギュッとカードゲームに濃縮してあるもので、火の発見から始まり文明が生まれて石の建物がつくられ、争いが起こり、火薬が見つかり戦争が起きて、航海する事で文明同士が出合い、電気が見つかり工場が近代化しインターネットから宇宙開発までを10段階のレベルにして表現してあります。
 
 ゲームとしては10段階にレベル分けされた山札(つまり10個の山札が用意されます)から、毎ターン自分が場に出しているカードの文明レベルでもっとも高いレベルの山札からカード引くか、自分が場に出しているカードの効果を発動させるか、または手札からカードを場に出すかの三択となります。
 レベルの低いうちのカード効果はそれほど大きなものではないのですが、レベルが上がっていくと加速度的にカード効果が強力になってゆくので、他のプレイヤーの進化の歴史に遅れをとる事は致命的な結果を招きます。
 このあたり、もしも複数の文明があったとするなら当然そうなるだろうなという部分がイメージ出来て、非常に良く出来ていると思います。
 とはいえ、プレイ中は一方的に淘汰されるわけにはいかないので当然自分の場の文明レベルも様々なカード効果を駆使してあげてゆく事になります。
 場には5つの要素に分けられたカードが並ぶ事になるのですが、それぞれ新しいカードを場に出すときはすでに出ている同一要素のカード上に重ねて配置しなくてはなりません。
 そして、カードの上や左右にその5つの要素のアイコンが描かれているのですが、カードの効果でこの重ね合ったカードを下や左右にズラす事が出来て、それによってアイコンがいくつも見えるようになります。
 これがこのゲームの根幹になる部分で、その見えているアイコンの数、得に他のプレイヤーよりも多い事によってカードの効果が強くなったり、使えなくなったりするのです。
 カードの効果が後半加速度的に強くなると先ほど話したのですが、それはある意味においてパワーゲームに後半なったり、一人のプレイヤーが独走態勢になった場合それに対抗する事がほとんど出来ない状態になるケースが起きるという意味にもなります。
 その辺りはかなり好みの分かれる所ですし、このゲームの評価を大きく左右させる部分だと思いますが、ある程度大雑把なゲームなんだと割り切ってプレイするくらいが一番楽しめるように思います。
 是非一度体験してみてほしいゲームです。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街でボードゲームカフェとして子供から大人まで誰もがテーブルゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約450タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりません、ご了承下さい。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):