1. HOME >
  2. 店内ボードゲーム紹介 >
  3. 今日の1枚「レイヴィナー」

店内ボードゲーム紹介

今日の1枚「レイヴィナー」

FxCam_1480665439247
 今日の1枚はミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」から外宇宙からの侵略者ティラニッド勢力の「レイヴィナー」です。
 ウォーハンマー40000はいわゆるSFをテーマにしていて、テラという地球によく似た星を主星としたインペリウムを物語の中心として、インペリウムが出会う様々な宇宙の脅威、他の星系国家や異次元の悪魔、遥か古代の偉大なる種族との戦いが語られていてそれが背景設定となっています。
 そうした中で外宇宙よりゆっくりと侵攻してくる異形の存在がティラニッドです。
 彼らには交渉も譲歩も通じず、略奪もある意味においてはまったく望んでいるようには見えません。
 異形かつ冒涜的な姿の生態バトルシップの軍団の進行上の全ての、まさに人間が住んでいようがいまいがその惑星を攻撃侵略し、命あるもの全てを抹殺してそれを根こそぎ食料にして食い尽くしては次の惑星を侵食してゆくのです。

 そうしたティラニッドの軍勢は全て異形の怪物たちで、テクノロジーと呼べるものを何一つ持っておらず、すべて異様な進化をとげた不気味な生体兵器とも言うべき存在です。
 その中でレイヴィナーは地表を走る存在としてではなく、地中を掘り進んでくる危険な存在として知られ、野戦においては絶大な効果を発揮します。
 地中から全ての警備をかいくぐって敵陣深くに侵入し、地面から突然出現して致命的な打撃を敵中枢部に与えるのです。
 地上に出てからのレイヴィナーの機動力は目を見張るもので、バイクで失踪するスピードに楽々ついてきて、巨大な鎌の一撃を与えるのですが、レイヴィナーは実は胸部に内臓されている様々な射撃武器により、致命的なだげきを与える事も可能なのです。

 写真のモデルはポップなカラーリングにする事で、特殊なアーミー色が色濃く出ています。
 レイヴィナーの凶悪な姿とあいまって、いかにもという色でぬるよりも写真のようにペイントしてあった方が不気味な雰囲気をただよわせています。
 こうしたカラーリングについてはウォーハンマー40000は相当自由な発想を促していて、コデックスによってカラーパターンは案内されているものの、自分だけの部隊を設定に追加する事でどんな配色でも思うままに楽しむ事が可能となります。
 ですので、是非このカラーリングパターンで他のモデルもペイントしていって欲しいと思います。
 次回作も大いに期待したいと思います

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
FxCam_1451196794036 FxCam_1466314839509
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):