1. HOME >
  2. 魔王の森の店内日記

魔王の森の店内日記

RSS
FxCam_1530694191081 FxCam_1530529385333
 今日のテーブルゲームのある風景は「Xニムト」です。
 「ニムト」シリーズといって良いくらい牛のマークが特徴的なゲームがいくつもでていて、中でも「6ニムト」はもっとも有名なのではないかと思います。
 この「Xニムト」はそれの変形バージョンといってよいのではないかと思います。

 ゲームとしては場に「3」「4」「5」と表記されたカードを並べて山札から各列に1枚づつカードを表にして配置します。、各プレイヤーには8枚の手札と矢印が描かれた1枚のカードを配って、矢印カードはプレイヤーの前に置いておきます。
 ゲームが開始されたならは各プレイヤーは自分の手札からカードを一枚選んで目の前に伏せて、全員一斉に表替しにします。
 そしてそれらのカードの中から一番数字の小さいカードから順番に場のカードに並べる様にして配置するのですが、その配置の方法は機械的な法則にしたがわなくてはならず、「各列の一番後ろの数字で、そのカードより数字が小さく、かつもっともそのカードに近い数字の後ろに並べる」というルールに従います。
 もしもそのカードよりも小さい数字が場の列の一番後ろになかった場合、3つあるどの列でも良いので全て引き取り、そのカード自体をその列に改めて配置します。
 さて、各列の先頭には最初に準備した「3」「4」「5」の数字カードがあるわけですが、その数字がその列に並べる事の出来るカードの枚数の上限となっています。
 つまり、「3」の列には3枚まで、「5」の列には5枚までカードを上記のルールにのっとって配置する事が出来るのですが、その上限を超えて配置しなければならなかった場合、その列にならんでいたすべてのカードをひきとって、今プレイされたカードだけが新たに配置されます。

 さて、「引き取らされた」カードについてなのですが、最初に引き取った場合にはその中のカードの中から1枚を選んで(もっとも小さい数字を選ぶのがふつうです、理由は後述のルールがあるからです)、自分の前の矢印カードの上に配置し、残りを全て手札に加えます。
 もしも既に矢印カードの上にカードがある場合は、その一番上のカードの数字を見て「引き取らされた」カードの中で、既に配置してあるカードよりも大きい数字があれば1枚をその上に配置して、残りを手札に全て入れます。
 もしも大きい数字が無かったのであれば「引き取らされた」カードの全てを矢印カードの横に捨て札としてまとめて置きます。
 こうしてゲームをつづけてゆき、いずれかのプレイヤーの手札が0になったならその時にゲームが終了します。
 全プレイヤーは手札に残っているカードの牛のマークの数がマイナス点となり、さらに捨て札があった場合にはその捨て札にしたカードの牛のマークの数×2点がさらにマイナス点となってしまうのです。
 初めに配られた手札による運の要素もあるのですが、なかなかどうして駆け引きもあり、さらに大逆転の要素もありで非常に盛り上がりますし、考えどころもあるゲームになっていて非常にお勧め出来るゲームです。
 是非、プレイしてみて欲しいゲームです。

【今週末8日のイベントのご案内】
Point Blur_20180513_221257
 今週末の7月8日の日曜日は「魔王の森・ゲームデイ」を開催致します。
 場所はシェトワ白揚文具館二階Aホールでいつも同様ミニチュアゲームとボードゲームの合同イベントです。
 時間は13時から20時までで途中の出入りは自由です。
 会場費として500円をお願いしておりますが、お車でお越しの場合はシェトワ白揚書籍館の方の駐車場におとめ頂いて駐車券をお持ちくだされば一日無料に出来ます。

「テーブルゲーム倶楽部」と同時開催となりますので、ボードゲームのフリープレイも卓をご用意しており、自由に遊んで頂けます。
 当日は「テキサスショーダウン」「ニューベッドフォード」「ガムガムマシーン」「イアルへの道」「覇王龍城」「ペーパーテイルズ」「パーフェクトホテル」「アズール」「ノームの村」「ゼロ」「キルトキャッスル」「リトルタウンビルダーズ」「ヘラス」「ヴィティカルチャー」などをお店より持っていきますが、持ち込みももちろん大歓迎です。
 また、事前にご連絡頂ければ当店リストのゲームであればよろこんでご用意しますし、ボードゲームをプレイした事のない初心者の方でも、よりプレイしやすいゲームをご案内して丁寧にルールを説明しますのでお気軽に参加して下さい。

 ミニチュアゲームはウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのフリープレイが中心で、ウォーハンマー40000は基本ルールの全面改訂によって、より気軽にゲームをプレイ出来るようになりました。
 イベントでは新ルールにおける注意点やアーミーの組み方やルールなどの質問も受け付けておりますので、どうぞお気軽にお声掛けして下さい。
 また、事前にご予約を頂ければミニチュアのペイントコーナーなどもご用意しますのでお気軽にお申し付け下さい。
 もちろん、テレインを配置した戦場をご用意しておりますので自由にプレイして頂けますし、体験プレイも随時受け付けております(体験プレイについては事前にメールやここへの書き込みで十分ですのでご連絡下さい、当日ですとお受け出来ない事があります)。

 皆様のご来場をこころからお待ちしております。

FxCam_1529819674085
 今日のテーブルゲームのある風景は「ラプラス」です。
 2人専用のアプストラクトゲーム(ランダム、または非公開情報がない囲碁やチェスのようなタイプのゲームの総称です)で、雰囲気はピロスというゲームに少し似ています。
 ピロスは盤上には窪みがあって、そこに球を配置して積み上げてゆくタイプのもので、ピラミッド型の頂上に自分の球を配置した方が勝ちというゲームですが、この「ラプラス」は盤面に美しい美濃焼きのディスク状の手駒を配置していって、やはりピラミッド型になるのですが、自分の手駒を全て使い切った方が勝者となります。

 ゲームは2人の中央にゲーム板を置いて、互いに青か茶色の手駒(70個あります)を持ってゲーム開始です。
 ゲーム板は7×7の小さな穴が開いていて、手駒のディスクにはその裏側に小さなボタンがついているので、手番になったならそのボタンがハマるように盤面のどの穴にでもはめて手駒を配置する事が出来ます。
 また、4つの手駒が四角に並んだなら、その上に手駒を配置する事も可能です。
 ただし、ここにある意味唯一のルールがあるのですが、その四角が完成した段階で、4つのディスクの色が青、または茶色が3つ以上であったなら、その色のディスクが「自動的」に上に乗る、というルールがあります。
 これは自動的ですので、例えば茶色側プレイヤーがすでに3つ青がL字に配置されている場所に四角になるように自分の手駒を配置したなら、青側のプレイヤーがすぐさま青いディスクをその上に積むのです。
 自分の持ち駒全てを先になくした方が勝ちというルールで、自分の手番には本来1つしか手駒を配置出来ないわけですから、この「自動乗せ」のルールをいかに活用するかが勝敗の分かれ目となるわけです。
 この「自動乗せ」によって例えば上の段に(ビラミッド式に積みあがってゆきますので)また四角の状態が生まれてかつ、それがどちらかの色のディスクが3つ以上で構成されていたならやはり「自動乗せ」が発生して、これは条件が満たされる限り次々と連鎖してゆきます。
 連鎖が上手くいった時はなかなかの快感ですよ(笑)。
 ルールが非常にシンプルなのですが、非常に奥の深いゲームになっていると思います。
 この手のタイプのゲームの常で、中盤以降一度拮抗が崩れて勝敗の天秤が傾くと、それをもどすのは至難を極めるのですが全く不可能というわけでもなく(事前の仕込みは必須でしょうけれど)、また仮にほとんど打つ手がなくなった場合相手が圧倒しているという状況なので連鎖に連鎖がつながってあっというまにゲームが終わり、変に打つ手がないままゲームが長引くというのがないのも良い点だと思います。
 プレイ時間も意外に短く、30分ほどで勝敗がつくことがほとんどです。
 時間があいてしまった時や、頭脳ゲームを短時間で切れ味よくプレイしたい時などに特におすすめです。
 是非プレイしてみて下さい。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約950タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

FxCam_1530000087949 FxCam_1530001730769
 今日のテーブルゲームのある風景はメナラです。
 このゲームはいわゆる「協力型ゲーム」で、参加プレイヤーは全員仲間で、一致団結してゲームが指定してくる問題を解決してゆくタイプのもので、全員勝利か全員敗退かというスタイルになります。
 そうしたなかでもこのゲームはアクション要素、つまり確率計算や駆け引きや読みではなく、実際に体を動かして行うタイプのもので、こうしたアクションゲームで協力ゲームというのはなかなか珍しいのではないかと思います。

 ゲームとしては三色に色分けされたお題カードをそれぞれの裏のまま山にしてよくきって用意します。
 次に様々な形の土台タイルをやはりランダムに積み上げて山として、上から3枚とって、それを初期土台として重ならないようにかつ、必ず2点で他の土台タイルと接するように中央に配置します。
 そして、黄色、赤、青、黒、白と色分けされた円柱(木の棒)を専用の黒い袋にいれて、ベースキャンプタイルに6本ランダムに引いて来て立てておき、自分達の手元にもプレイ人数に応じた本数をやはりランダムに引いて手元に確保しておいたらゲーム開始です。
 各プレイヤーは時計回りにやってくる自分の手番では、まず手元の円柱をベースキャンプの円柱と好きな本数交換する事が出来ます。
 続いて三色に色分けされたお題カードの好きな山から1枚引いて公開します。
 色別に分けられているのは難易度を表現していて、青、黄色、赤の順に難易度があがってゆきます。
 カードには何本手元から土台に円柱を配置しなければならないか、またはすでに配置されている円柱を移動させたり、特定の条件での配置を強制したりといった形で様々なお題が記号によって提示されています。
 プレイヤーはそれに従って自分の手持ちの円柱のみを使って配置しなければならず、しかも土台タイルには円柱を置く位置だけでなく、その色についても指定されていますので、指定本数を色が足りないゆえに置けないなんて事も起こりえます(これゆえにベースキャンプの円柱との交換は円柱の色を揃えるのに必要になるわけです)。
 また、この時土台タイルに指定されている配置場所すべてに円柱が配置されたなら、土台タイルの山から1枚とって上の階層をつくらなければなりません(0階層にも配置出来るのですが、そうすると、下記のお題失敗時と同じペナルティが加えられるのでなかなか選択出来ません)。
 お題カードをクリアしたなら次のプレイヤーの手番となるわけですが、もしもお題カードをクリア出来ない場合、それは裏返してから建造物の階層表に送られます。
 この階層表はプレイ開始時にプレイヤー間で話し合って難易度を決めて3階層くらいを基準に高くも低く出来るのですが、ゲーム終了時にこの階層表で指定された分の階層を積み上げていなければならないのです。
 お題がクリア出来ない度にこのゲームクリアの為の階層がプラスされてしまう為、難易度は加速度的にあがっていってしまうのです。
 いずれの場合でも手元の円柱をプレイしたなら、袋の中からランダムに円柱を規定の本数になるまで引いて手番を終了します。

 ゲームは袋の中の円柱を全て使い切って、補充出来ない状態にするか、お題カード全てを使いきるか、または土台タイル全てを使いきるかのいずれかが満たされた時に終了となり、その時階層表で示された数だけ階層が積みあがっていれば勝利となり、それ以外では敗北となります。
 もちろん、ゲームの途中で建造物がくずれてしまっても敗北です。
 なかなかどうして難易度も高く、さらに円柱の色をベースキャンプごしの交換によって融通しあったり、手持ちの円柱の色によってどの土台タイルから埋めていった方がよいかなど考えどころ、相談のしどころが多く、チームワークがかなり問われるゲームになっています。
 見た目のなかなか素晴らしい建造物が出来る為、勝利した時の達成感はかなりのものです。
 ルールはとにかくシンプルですので、あとはプレイ時に柱を配置する時の「感覚」です。
 是非挑戦してみて欲しいゲームです。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約950タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

FxCam_1529576218265 FxCam_1529660874741
 今日のテーブルゲームのある風景は「ストックホールデム」です。
 プレイヤーは6つある会社の株式に投資して、出来るだけ安く株券を購入して、高値だと判断したなら素早く売り抜けて、ゲーム終了までに出来るだけ資金を稼ぐ事を目的としていて、文字通りマネーゲームにしのぎを削る事になります。
 その株価の変動が各プレイヤーが手札からプレイしてカードによって決定されるのですが、面白いのはちょっとしたポーカーハンドのようなボーナスが指定されている為、跳ね上がる事が出来るようになっているのです。
 
 ゲームとしては6つの会社(何故か全部海洋生物の名前が冠されています(笑))のタイルを並べて、その上に各各社の株券を乗せます。
 中央には各会社の株価を示したボードを配置して、初期は指定されている株価の所に各会社を示した駒を配置します。
 プレイヤーはそれぞれプレイ人数に応じたカードが配布されて手札となり、初期資金を得たならゲーム開始です。
 プレイヤーは手番になったらまず手札からカードを一枚、好きな会社のスロットに裏向きに配置します。
 各会社には5つのスロットがあり、カードは5枚までしか配置出来ないようになっている上、ラウンドの開始時に各会社に2枚づつオープンでカードが自動的に配置されてしまうため、実質プレイヤー達は3枚までしか1つの会社にカードをプレイ出来ない事になります。
 カードは4つの模様と2~6の数字の組み合わせなのですが、実はカードの裏面に模様か数字のいずれかが描かれている為、他のプレイヤーの手札や配置されたカードの表面情報はそれなりに判別できるようになっているのです。
 そして、カードを配置したら、自分が持っている株券を現在の株価で1枚だけ売る事が出来ます。
 売ったならばその株券の会社の株価が1だけ下がります。
 そして最後に「自分がカードを配置した会社」の株券を1枚だけ買う事が出来ます。
 この場合も株価ボードを確認してその価格を支払ってから株価を1だけ上げて、株券を1枚受け取ります。
 手番で出来る事は基本的にこれが全てです。
 それ以外としては株券を売るまたは買うの行為をパスしたなら勝負チップを1枚獲得する事が出来て、この勝負チップを規定枚数支払う事で手番中に様々な追加アクションを行なう事が出来ます。
 各プレイヤーが時計回りに手番を行なってゆき、だいたい4手番づつくらい(プレイ人数によって変化します)プレイしたなら、ラウンド終了となって決算が入ります。
 6社すべての株価は一度リセットされて、各会社毎に配置されている5枚のカードの中で同じ模様の数字を合計してもっとも高い数字を基礎値として、それにポーカーの役の様に数字並びや模様が同じかどうかなどによるボーナスが入った数値にその会社の株価が修正されます。
 6社全ての株価を修正したなら、第二ラウンドが開始されます。
 この時には株価は大幅な変動をみせている為、株券を売る行為は大きな意味を持ってきます。
 何故なら第二ラウンドの終了時にも株価はリセットされて配置された5枚のカードによって再修正されてしまう為、第一ラウンドで非常に高値がついた株券は基本的には売り抜けた方が現金は増える形になりやすいからです。
 これらは他のプレイヤーとの思惑にも大きな影響を受ける為、ある程度共闘して株価を押し上げるようにカードを配置したり、利益確定売りを飛ばして現金化したりといった、実際の株式相場で行われる縮図が見れて非常に面白いです。
 実際と違うのは手番に1株しか買えない為、買占めや吐出しが出来にくく、それゆえに長期的な読みがものをいうシステムになっています。
 第二ラウンドも終了したなら、最後の株価の再修正によって確定した株価で全プレイヤーは株券を現金化して(売るわけではないので、この時は株価はさがりません)、もっとも現金の多いプレイヤーが勝者となります。
 株ゲームとしては非常にシンプルなルールでありながら売買のイメージをとても良く、ある意味生々しく再現している為考えどころも読みも大切なシステムになっているとても面白いゲームだと思います。
 ちょっとしたマネーゲームを体験してみたい方や株ゲームの入門としても是非プレイしてほしいとても良いゲームです。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約950タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

FxCam_1529408595161
 今日のテーブルゲームのある風景は「ガムガムマシーン」です。
 プレイヤーはちょっと独創的な教授の下で新しい「ガム」を作る為に奮闘し、出来るだけ多くの要素を含んだガムを造ってゆくことを目的とします。

 ゲームとしてはゲームボードを広げて、その窪みになっている場所全てに7色ある木製ディスクを袋に入れてランダム引いて配置してゆきます。
 そして、1~5の番号がふられたスイッチチップを所定の場所にランダムに配置して準備完了です。
 プレイヤーは手番が来たならボード上の1~5のスイッチのどれかを動かして、動かした先から繋がっているルートを進んで、その途中にあるガム素材である木製ディスクを獲得してゆきます。
 ディスクは獲得したならそのしたにマークが描かれていないか確認します。
 もしも描かれていたのなら、そのマークと同じ絵柄のポイントに飛ばされて、そこから再びルートを進んでゆく事になります。
 ディスクの獲得は絶対ではなく、獲らない自由もありますし、そもそも既に獲得しているディスクと同色のディスクは獲る事は出来ないのです。
 そして黒いディスクだけは「蓋」ですので、それを獲った段階で獲得しているディスクの枚数を数えて、それに応じた得点を得る事が出来ます。
 いずれかのプレイヤーの合計獲得点数が30点以上になったならゲームは終了してそのプレイヤーの勝ちとなります。
 各プレイヤーの手番終了時にはディスクは袋から補充されるので、プレイヤーの手番開始時にはすべてのポジションにはガムがセットされている形となります。
 各ディスクの下に描かれているマークはゲーム中変化する事はないので(ちなみにゲーム開始時にはアタッチメントで変更する事が出来ます)、どの場所にどこに飛ぶ指示のあるマークがあるのか覚えている人がかなり得をするゲームではあるのですが、プレイしているとあっちこっちにルートが移動して、本当におもちゃの機械をいじっている気持ちになってついついその方向で楽しんでしまいます。
 真剣にやるのなら覚える事必須で、最短ルートでディスクを多数集めて効率よく得点するルート検索をしっかるやるプレイで楽しむもよし、おもちゃの機械をいじっている気持ちで、「あのディスクの下はなんだっけ?(笑)」といったノリでワイワイと楽しむもよしというゲームで、どちらにしても非常に楽しめると思います。 
 魔王の森においてありますので、是非遊んでみて下さい。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約950タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

<< 前の5件 | 次の5件 >>