本日 21 人 - 昨日 300 人 - 累計 217064 人 サイトマップ
RSS
画像 画像
 今日のモデルはミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」に登場する勢力の1つであるジーンスティーラーカルトから「カルト・レマンラス」です。
 ウォーハンマー40000はいわゆるSFをテーマにしていて、膨大な量の背景設定が小説やコデックス、設定資料集、雑誌などに展開していて(日本でいえばガンダムの設定が山のようにあるのと同じ感覚です)、それに従って様々な兵や兵器がモデル化されています。
 ミニチュアゲームという分野ですので、当然そのモデルを使って対戦ゲームを楽しむ事が出来るわけですが、その際には約15勢力ほどに分かれている陣営のいずれかを選択して、その勢力に属している兵や兵器を部隊としてゲームを楽しむ事が出来ます。
 物語の主要な視点は人類である「インペリウム」から見たストーリーになっているのですが、その敵対勢力として「ティラニッド」という外宇宙からの侵略者であるまさに怪物達がいるのですが、その外見とことなり、このティラニッド達は極めて狡猾な侵略方法をとります。
 ティラニッドの中の「ジーンスティーラー」と呼ばれる人間よりやや大型の怪物がいるのですが、これらはそのサイズと俊敏性、生存力、そして環境への適応力をいかして、ティラニッド本体がくる数十年前から徐々に標的とする惑星に、貨物船などに隠れて侵入してゆきます。
 そして、このジーンスティーラーのもっとも恐るべき能力はその星に住んでいる種族に対して自分の遺伝子を混入してゆくのです。
 そうされた者達は最初は何もなく普通の人生を歩むのですが、その子供、そのまた子供と世代を重ねるごとに徐々に徐々に変異してゆき、姿も精神も怪物に盲目的に従う怪物へと変わっていってしまうのです。
 こうしてジーンスティーラーは自分の配下を何十年という年月をかけて着実に増やしてゆき、さらに恐ろしいのは精神波のようなもので意志をまるこど掌握する事が出来るようで、いかなる命令であっても(それが自殺と同様だったとしても)付き従う配下を何世代に渡り育ててゆくのです。
 そうした者達が軍に入り、順調に出世していったらどうなるか。
 ティラニッドが侵略を開始して、宇宙空間から次々と地表へと降下を開始したその時に反旗をひるがしたらどうなるか。
 その結果は火を見るよりも明らかです。
 もはや交戦するどころではなく、抵抗らしい抵抗も出来ないままその星は陥落してしまうでしょう。
 ティラニッドと戦うという事は、何代も続いている家の隣人すら敵になるかもしれない恐怖と戦う事でもあり、それらの者達を恐怖と忌避をこめてジーンスティーラーカルトと呼ばれているのです。

 さて、写真のモデルはそうしたジーンスティーラーカルトによって支配された帝国軍の主力戦車「レマンラス」です。
 上半身をだしている男をよく見るとすでに変異が始まっており、その顔つきに異形の影がさしているのが分かります。
 しかし、戦車の性能がかわるわけではありません。
 味方を掩護するその主砲は自分達にむけられ、その反逆をおさめようにも敵の攻撃を跳ね返すはずだった装甲にはばまれてしまうのです。
 重厚で精悍であったはずの軍の精鋭戦車である事がその色合いからよく表現されていて、本来であれば鈍く光るひの色は味方を鼓舞したであろう事は容易に想像出来ます。
 こうした重厚な色合いは戦車というモデルに非常によくマッチングしていて、友軍となってしまったティラニッドとの対比が極端であればあるほど、よけいに「もともとは人類側だった」という部分が強調されて、素晴らしい出来栄えだと思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
画像 画像
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「ホットショット」です。
 いわゆる協力型ゲームと呼ばれるタイプのもので、プレイヤーは全員仲間となって、共通の勝利条件を目指してプレイしてゆきます。
 ですので、ゲーム終了した段階では全員が勝利しているか、全員が敗北している状態となるタイプのゲームという事になります。
 プレイヤーは消防士となって、山火事に対処すべく現場で奮闘する事になります。
 ある程度の延焼は已む得ないものの(山火事を完全に封じ込めるのはかなり難しいです)、致命的な状態になる前に、さまざまな機材や乗り物などを使用してすべて消火する事を目的とします。

 ゲームとしては色々な地形が描かれたタイルをランダムに配置して(場所も、その形も自由に設定出来ます、初回は円形にするのが良いとルールにもあります)、消火対策本部タイルに全員の駒と風向きマーカーを配置。
 さらに規定のタイルの上に火事マーカーを所定の数だけ配置します。
 そして、専用のダイスと山札を用意してゲーム開始です。
 プレイヤーは席順時計回りにプレイして、タイルを二つまで移動して、移動終了した場所で消火活動、または乗り物の使用などの特殊効果を発動させる事が出来ます。
 消火活動は自分が移動終了したタイルに火事マーカーがあるならば実行する事が出来ます(つまり火事マーカーのあるタイルに迅速に移動する必要があるわけです)。
 その方法はそのタイルに描かれている様々なマークを、専用ダイスでその出目を揃えてゆくという形になります。
 ダイス自体は六面体ですが、通常の1~6ではなく、オノ、ホース、人員、熊手、スコップなど消火活動に由来する出目が描かれていて、ダイスを全て振って、指定された出目を指定された数だけいかにそろえる事が出来るかどうかという判定になります。
 もちろん一発でそろえる事は出来ない為、ダイスを振るたびに最低1つは出目を確定しなければならず、その後確定していないダイス全てを振りなおす事が出来ます。
 確定とは指定された出目が出ているダイスをその出目のマスに置く事で示してゆくため、振りなおした結果、残っている指定された出目がでていない場合消火失敗となります。
 ただし、3個以上ダイスを確定する事が出来ているなら振らない事を選択してもよく、その場合はその確定しているダイスの数に応じて火事マーカーを減らす事が出来ます。
 その後山札からカードを1枚引いてその指示に従います。
 風にあおられて延焼したり、現在の火が勢いをましたり、風向きが変わったりと様々なアクシデントが発生します。
 こうして消火活動をしてゆくのですが、各タイルには火災限界値が設定されており、火事マーカーがその値以上置かれる場合、そのタイルは焦土となってしまいます。
 規定枚数以上のタイルが焦土となってしまった場合、または山札が尽きてしまってもまだ火事マーカーが置かれているタイルがある場合にはプレイヤー達の敗北となり、そうなる前に全てのタイルの上から火事マーカーが取り除かれたならプレイヤー達の勝利となります。
 ダイスゲームで運の要素もかなりあるのですが、どのタイルをあきらめて、どのタイルを防衛ラインとするのかなど、プレイヤー達の作戦や連携が勝敗の大きな要素にもなりますし、次々と延焼してゆく火事と戦うスリリングな展開は映画のような雰囲気をかもしだしてくれます。
 3人くらいのプレイヤーでチャレンジすると非常にスリルあふれる展開になる事が多いので、是非チャレンジしてみて下さい。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
画像 画像
 お一人様一日500円で、店内にある約550タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「宝石の煌き:拡張・都市」です。
 タイトルから明らかではあるのですが、「宝石の煌き」というボードゲームがあって、そのゲームの拡張セットとなります。
 ボードゲームではそれなりに頻繁にあるケースで、良く売れたボードゲームのバージョン違いの提供として、または同じシステムで違うアプローチをする為に、またはボードの交換、カードの追加など前提条件の変更によってゲームバランスの変更を促すなどといった目的でデザインされて販売されます。
 今回の「宝石の煌き:拡張・都市」については追加要素を複数用意して、それらのいずれか、またはプレイヤーの好みで組み合わせる事によって様々に目先を変えて楽しむ事が出来るようにデザインされているもので、俗に「モジュール形式」などと呼ばれたりします。
 「宝石の煌き:拡張・都市」には4種類の拡張ルールが楽しめるセットが入っていて、「勝利条件を変更する」「対戦相手への妨害を明確にする」「ゲーム展開の補助効果のチャンスを全員均等に与える」「追加カードセットによる選択肢の増加」をテーマにしているのではないかと思える拡張ルールとそのセットで、どれも中々楽しくプレイする事が出来ます。
 特に「ゲーム展開の補助効果のチャンスを全員に均等に与える」ものについては別に用意された追加ボードに4種類の特殊な効果が用意されていて、コイン獲得の数を増やすものや、得点そのものを増加させるものなどがあり、それらの使用条件がカードの色と枚数を揃える事となっている為、本来カードを出来るだけ最小限の獲得で最大限の得点効率をあげるようにプレイするのが「宝石の煌き」なのですが、得点をもっていないカードを複数集める事による特殊得点の獲得が可能になり、まったく違った展開を楽しむ事が出来ます。
 今回の拡張セットについては「宝石の煌き」のある意味セオリーでもあったレベル1のカードを最小限にするというものを崩すようなデザインになっている為、かなり思考の方向を変える必要があって、とても新鮮な気持ちでプレイする事が出来ると思います。
 「宝石の煌き」を十分に楽しんでいるという方にはとてもお勧めのセットです。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
画像 画像
 お一人様一日500円で、店内にある約550タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

画像 画像 画像
 今日のモデルはミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」から、もともとは人類の守護者でありながら邪神に魂を売った者達「ケイオスマリーン」の中でも、特に腐敗の邪神にその全てを捧げた「デスガード」を治めしディーモンプライマーク(総魔将)「モータリオン」です。
 ウォーハンマー40000はミニチュアモデルを作成して、それを使ってゲームをプレイする事を楽しめるミニチュアゲームですが、その楽しみをより深く広くする為に本当に沢山の小説や設定資料があるのですが、基本的にその中心となるのはテラを主星とする人類の勢力「インペリウム」で、多くの小説は人類視点で描かれているのですが、その人類を守護する偉大なる戦士達であるスペースマリーンが邪神の誘惑に屈してその先兵となってしまった勢力が「ケイオスマリーン」です。
 一口にケイオスマリーンと言っても、崇める邪神によってまったく違う能力を誇る為、別勢力といってすら良いほど違います。
 ウォーハンマー40000の世界観では邪神と呼ばれる者達は4大神おり、血と暴力のコーン、運命と進化を歪めるティーンチ、腐敗と疫病のナーグル、快楽と傲慢のスラーネッシュが時に協力し、時にいがみあいながら現実世界を浸食しようと日々様々な策略や行動を行なっています。
 「モータリオン」は腐敗と疫病の邪神ナーグルに帰依した今では伝説となっている時代の人類の英雄でした。
 つまり10000年以上前は同じ人類だったのです。
 しかし、邪神の配下となり、その恩寵をあまねくうけた結果もはや人類であったことすら信じられないほど変質した姿になり、まさにディーモンそのものとなっているのです。
 しかし、その力は純粋なる悪魔達どころか、それらを支配する上位存在であるグレーターディーモンすら軽々と凌駕するもので、ただそこにいるだけで周囲は病み衰え、腐りはててゆき、その力は戦車や機動兵器すら軽々と引き裂き粉砕するほどです。
 人間の戦士などどれほど修練をつもうとも歯牙にもかけないほどの肉体的な力を持っているだけでなく、その戦闘技量は伝説の英雄だったころからいささかの衰えもない恐るべきものとなっているのです。
 ゲームでも勿論それらの力は反映されていて、接近戦でこの「モータリオン」を倒すのは至難の業と言わざるえないでしょう。
 写真のモデルはそうした「モータリオン」の異形の力と存在感を十分に伝えてくれる素晴らしいもので、腐敗のオーラをまとった雰囲気をひしひしと伝えてきますし、背中の羽の被膜の生々しさはとくに素晴らしいと思います。
 個人的な好みの話になって恐縮なのですが、この「モータリオン」様の周囲には使い魔が飛び回っているのですが、それらがまた主人であるモータリオンの姿を少しでも真似しようとしているような恰好をしており、非常に愛嬌があります。
画像
 「モータリオン」本人の恐ろしいまでの迫力の中で、この愛嬌をふりまく存在がなんとも不思議な雰囲気をかもしだしていて、本当に素晴らしい作品になっていると思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
画像 画像
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「クトゥルフウォーズ」です。
 HPラグクラフトが執筆した怪奇小説を多くの作家が世界観を共有して執筆する事で、創作の神話大系が生み出されてきた(そして今も続けている)のがクトゥルフ神話と言われるもので、数多くの邪神(人間にとって災厄をともなう神という意味で)が生み出されており、その名前だけがある意味一人歩きしている感がかなり強いのではありますが、その行きついた先の1つとも言うべきボードゲームがこのクトゥルフウォーズではないかと思います。
 プレイヤーは4つの有名な邪神の1つを選択し、その眷属として設定されている者達とカルト教団を駆使して、地球の覇権をかけて戦います(まぁ、覇権とは言いましたがどの邪神が勝利しても人類は破滅するわけですが)。

 ゲームとしてはかなり素直な陣取りで、プレイヤーは自分の手番に魔力を支払って配下を移動させ、世界地図をもしてあるマップのエリア分けされた区画を支配しつつ魔法陣を配置して、怪物を召喚し、各陣営の旧支配者を顕現させて力をつけ、他の陣営を攻撃したり、魔力の供給源であるカルト教団を捕獲したりといったアクションを行なってゆきます。
 自分の手番にはかならず魔力を支払ってアクションをしなければならず、パスをしたならば魔力はすべて失ってそのターンを抜ける事になります。
 全員が抜けたならば魔力供給ステップとなり、盤面に存在する自分のカルト教団駒と、自分が支配している魔法陣、そしていくつかの条件により追加を行った数字分だけ魔力を獲得します。
 自分の手番で必ずアクションを行う必要があるゲームで、そのアクションには魔力が1点以上必要である為、この魔力供給がゲームの根幹であり、それを生み出すカルト教団と魔法陣の奪い合いがこのゲームの本質となります。
 派手な怪物や旧支配者フィギュアに目が奪われがちですが、実際ゲームをするとシステムそのものはシンプルでガチなものである事が分かります。
 そして、自分のカルト教団駒が確保する事で支配していると認められる魔法陣の数が得点となり、魔力を規定値払えばその得点は二倍となります。
 各陣営にはその旧支配者特有の能力があり、さらに自分の個人ボードに6枚の特殊能力を解放するスロットがあるのですが、それもどの能力から解放するかはプレイヤーが選択できるようになっています。
 怪物や旧支配者も固有の特別な能力をもっています。
 しかしながら実はカードを引くわけでもなんでもない為、ゲーム時代は純粋な盤面の陣取り(魔法陣の確保)とカルト教団をいかに守るかといった詰め将棋的なゲームになっていて、運の要素がほぼありません。
 同一エリアに2つ以上の勢力がいて、片方がアクションとして戦闘を宣言した時に、その戦闘結果を決定する為にダイスを振りますが、全ての駒のHPは「1」である為、余程の事がないと戦力差はうまりません(旧支配者ですら状況によってはカルト教団員のパンチで倒されてしまいます(笑))。
 これはつまり陣取りのバランスがプレイヤーの思考に一任されている形となっている為、三人プレイなどした場合、二人が仲良く一人を叩きのめして、以後ほとんどゲームに参加出来なくさせる事が十分可能な形になってしまっていて、そうならない為にトップになっているプレイヤーを把握して、それ以外のプレイヤーはトップを引きずりおろす為にに一時的に休戦するというプレイをしないとあっさり破綻する可能性を秘めてしまっています。
 さらにゲームの終了がターンが進めばおわるのではなく、プレイヤーが積極的に終了にもっていこうとしないかぎりダラダラとある程度長くつづけてしまう事が出来る為に、封殺されたプレイヤーはただ無為にゲームに付き合わされるという事も発生してしまいます(勝ってるプレイヤーは良いでしょうが、付き合わされるプレイヤーにとって迷惑でしかないプレイが乱発出来てしまうのです)。

 ですので、その派手な見た目に反してかなりプレイヤーを選ぶし、よくまわりや状況をみてプレイする事が求められます。
 逆にいうと、そうしたプレイが好きな方にとっては、本当によく出来たフィギュアを駆使して派手な盤面で邪神が大暴れするのを見ながらしっかりプレイ出来るので楽しくて仕方ないゲームになると思います。
 ルールがシンプルではありますが、ボードゲームをあまりプレイした事がない方にはあまりおすすめできるものではなく、むしろ戦略ゲームが好きな方であるなら、是非おすすめしたいゲームです。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
画像 画像
 お一人様一日500円で、店内にある約550タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

<< 前の5件 | 次の5件 >>