1. HOME >
  2. 魔王の森の店内日記

魔王の森の店内日記

RSS
FxCam_1523517581561 FxCam_1523519305068
 今日のテーブルゲームのある風景は「SUKURA HUNT」です。
 日本特有の形をもっている「桜の花見」をテーマにして、青空に輝く桜から夜桜にいたるまで、桜の美しさを堪能しようとプレイヤーは良い場所をとり、時に酒を飲みながら花見を楽しむ事を目的としています。

 ゲームとしては花見のルートともなる4つの列の先頭に専用のカードを配置し、それぞれのカードの隣に各プレイヤーの担当色のチップを1枚づつ配置しておきます。
 1~10までの数字の振られた桜カードと酒カードをよくまぜて山札にして、各プレイヤーに規定の枚数配り、さらに各プレイヤーは自分の担当色のチップを1枚だけもちます。
 ゲームが開始されたなら、時計まわりに手番がまわるのですが、自分の手番になったら、山札からカードを1枚引く、4つの列のいずれかに手札からカードを一枚配置する(カードは左詰めにして空間をあけないようにします)。
 または手札から2枚のカードを出して、4つの列にならんでいるいずれかの桜カード1枚とセットにして獲得するのいずれかを行ないます。
 このセットにして獲得するという行為がこのゲームのメインとなっていて、得点もこれによって決定されます。
 ここでいうセットにするとは、手札からプレイする2枚と列に並んでいる1枚の桜カードの数字が「3枚とも同じ」か、「3枚で連番(2,3.4や7,8,9など)」かのどちらかの条件を満たしていなければなりません。
 自分の手番には列にカードを出すか、手札とセットにするかの二択になっているため、下手に自分の手札でセットになっているからと安易に列に出すと、他のプレイヤーに持っていかれてしまう事になってしまいます。
 また、列のどの位置のカードを使用してセットをつくったかも大切で、列には6枚までのカードが並ぶのですが、真ん中あたり(つまり4枚目)の桜カードに手札のカードを合わせてセットにするとより高い得点ボーナスがもらえるようになっています。
 さらに、各プレイヤーは4つある各列の桜カードは一度しかセットにする事が出来ず、一度行った列に欲しい数字の桜カードがあとから並べられても、それを使ってセットをつくる事は出来ないのです(桜カードを獲得した時にゲーム開始時に準備してあった自分の担当色のチップをそのカードのあった場所に配置しておきます)。

 こうしてカードを獲得または列に配置してゆき、4つの列全てに6枚づつ桜カードが並んだ、またはすべてのプレイヤーが4つの列全てに自分の担当色のチップを配置したならゲームは終了します。
 得点計算はゲームが終わった段階で、自分が獲得してある桜カードがより長く連番であるほど高得点が得られ、さらに同数時の3枚セットごとに得点が獲得出来ます。
 非常にシンプルなルールでありながらしっかりと駆け引きをする事が出来て、特に他のプレイヤーが獲得している桜カードは公開されている為、どの数字の桜カードが欲しいかが一目瞭然になりやすいため、そのカードをいかに抑え込むかという部分がむずかしく、同時にそうならない為に自分が足りないと思っている数字の桜カードを対戦相手に出来るだけ気づかれないような順番でセットをとってゆく事が求められます。
 是非プレイして欲しい面白いゲームです。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約850タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

FxCam_1523531014121 FxCam_1523356019926
 今日のテーブルゲームのある風景は「京都謀影Shadows in Kyoto」です。
 海外ゲームではあるのですが、パッケージイラストが欧米系ではなく、どことなく日本の漫画的なタッチなのが印象に残りますが、実はこのゲームは台湾のメーカーさんのゲームです。
 ボードゲームといえば欧米系といった向きがあるのですが、昨今アジア圏でも徐々に注目を集めるゲームが発表されてきていて、今後についての盛り上がりを楽しみにしたい気持ちになります。
 このゲームは京都の花見小町において、政府側と旧幕府側との隠密達が密書をいかに届けるか、またはそれを奪い取るかといった戦いをテーマにしている2人専用のゲームとなっています。

 ゲームのシステムは「ガイスター」という昔からあるゲームをご存じでしたらそれにきわめて近いシステムになっていて、各プレイヤーは自分の駒を所定の初期配置マスに配置するのですが、それらは「3、3、2、2、1、0」の数字が描かれており、3と2については「真」の赤字が数字と一緒に描かれているものが1つづつあります。
 これらの数字の面を自分の方に向けて、対戦相手には見えないようにします。
 さらに盤面には色分けされたマス目が描かれていて、両プレイヤーは自分だけの山札をもっていて、そこからカードを引いて手札とします。
 カードには色がついていて、プレイヤーは自分の手番になったなら、手札からカードをプレイして、そのカードの色と同じ色のマスに自分の駒を進める事が出来ます。
 この駒の移動についても、全ての駒は前方と左右斜め前のいずれかに1マスのみという制限がかかっているので、たとえそのマスの色のカードをプレイしても、横や後ろには移動出来ません。
 ですので基本的には両プレイヤーとも駒は前進しなければならず、ゲームの収束性をたかめていると言えます。
 そして、相手の駒いるマスに自分の駒が侵入したなら、相手の駒の裏側の数字を見る事が出来ます。
 そして、その数字が侵入した自分の駒の数字以下であるなら捕獲して、自分の手元に置かなければなりません。
 もしも自分の方の数字がより小さかったなら、もとのマスに戻らなければなりません(この時自分の駒の数字は明かす必要はありません。相手はその駒の数値よりも小さい値の数字という情報だけが分かるのです)。
 互いに自分の手番にカードを1枚だし、駒をルールに従って1マス移動させるを繰り返えしてゆきます。
 ゲームの勝敗は、相手の「真」の文字付きの駒2つを獲得すれば勝利。
 相手の「真」の文字がついていない駒を3つ獲得してしまったら敗北。
 自分の「真」の文字付きの駒が相手側エンドゾーンのマスに到着して手番を終えたなら勝利。
 以上3つのうちいずれかが達成された段階で勝敗が決定されます。
 一応特殊な勝負のつきかたとして、めったにないのですが、プレイヤーが自分の手番になった時に駒を動かせない(適当なカードがない、または手札そのものがないなど)場合は、その段階で敗北が決定します。
 相手の駒のいるマスに入った時に数字をくらべて勝負する要素や移動の制限などによって、たしかに最初の印象は「ガイスター」というゲームに似ていると思ってしまうのですが、確実に別のゲームとして見事につくられています。
 そしてさらに特殊なカードがあり、色つきのカードではなく、後ろに移動出来るものや、相手を後ろに下げるものなどが、カードの裏面で区別できるようになった状態で用意されており、その特殊カードをいつ使用するのか、相手に残っているカードを考慮した上で戦略をめぐらす事になり、シンプルなルールでありながら一工夫も二工夫も出来るようになっています。
 プレイ時間もさほどかからず、様々な戦術をためせるゲームとなっていますので、是非プレイしてほしい2人専用のゲームです。
 思わず夢中になってしまう魅力がありますし、ギャラリーとして対戦をみていても十分楽しめるのは素晴らしいと思います。
 惜しいのは、コンパクトにしようとした結果、ボード、駒ともに小さいサイズになってしまっていて、これは私の個人的な感想になってしまうのですが、こうした将棋・チェス形態の対戦ゲームはある程度ゲームボードを大きく(せめてA4サイズより一回り大きいくらい)してくれた方がプレイしがいもありますし、見栄えもよくなって、プレイし甲斐も出て、それは結果としてプレイの満足度もあがる事からより強い「楽しいゲームだ」という気持ちになるように感じます。
 「京都謀影」ではゲームボードも独特の雰囲気で素敵な絵がかいてあるので、よけいにもっと大きいサイズであればと思ってしまう部分が惜しかったと感じました。
 価格が二倍になって大きいサイズがあったならば、そちらを購入してしまうと思います。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約850タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

FxCam_1523442784458
 今日のテーブルゲームのある風景は「クィーンドミノ」です。
 昨年発売された「キングドミノ」というゲームがあるのですが、その基本システムをふまえて、追加要素を足したものがこの「クィーンドミノ」となります。
 実際「キングドミノ」と「クィーンドミノ」を混ぜて遊ぶことすらできるくらい二つのゲームの基本となるシステムは同じものとなっています。
 プレイヤーは小さな王国の王様となって、自分の城の周囲に領土をひろげてゆくのですが、ただ広げるのではなく、より肥沃な土地をより住みやすく広げてゆく事を目的とします。

 ゲームとしては各プレイヤーは自分の城を正方形のスタートタイルの上に置いて、その正方形が二つならんだサイズの長方形の土地タイルを裏向きにしてよくまぜて山札にします。
 土地タイルには麦畑、草原、森林、荒地、山岳、海、そして建築予定地があり、それらの種類が組み合わさっています(一部1つの地形のみで長方形タイルを構成している時があります)。
 そして、建物タイルをよくきって山札にして、専用ボードの上に置き、6枚をボードの所定の位置に1枚づつ配置します。
 プレイヤーは自分の王様駒を持ってゲームが開始されます。
 ゲームが開始されたなら、土地タイルを4枚場に並べ(裏面に印字してある数字によって並び順が決定されます)、スタートプレイヤーから順番にそのタイルの上に自分の王様駒を配置します。
 一つの土地タイルには一人の王様しか乗せる事が出来ないので、手番が早いプレイヤーほど、自由に選べるタイルの数が変わってゆくことになります。
 そして、4枚並べた土地タイルの真横に1枚づつ、合計4枚の土地タイルをさらにならべてます。
 さて、並べてある土地タイルのより上の段の土地タイルに王様駒を置いているプレイヤーが、その王様駒を次の選んだ土地タイルの上に配置しつつ、今まで自分の王様駒が乗っていた土地タイルを手元の自分の城タイルに辺がつながるように配置します。
 以後、新しく取ってきた土地タイルは、自分の土地タイルのどれかと同じ土地の種類(森林、海といった種類です)の土地と辺が合わさるようにしか配置出来ません。
 城タイルの周囲4辺はどの土地タイルでも接して配置出来るので、そこを起点にして土地タイルを配置する事になります。
 さらに、王国の領土には厳密な取り決めがなされていて、5マス×5マスのサイズ以内治まるようにしか土地タイルを配置する事が出来ないため、中途半端に1マス分の空間を作ってしまうと、土地タイルが配置出来ない事になってしまいます(その場合は獲得した土地タイルを配置せずに破棄しなければならなくなります)。
 こうして土地タイルを配置してゆき、14ラウンドでゲームは終了します(つまり14枚の土地タイルが最大で配置できて、城タイル含めて5×5の正方形にキッチリつくる事が出来ます)。
 ゲームが終了したら、各土地の種類をみて、同一種類が辺で隣接しているマス数を数え、さらにその中にある王冠のマークの数を掛けたものが得点となります。
 ここまでは実は「キングドミノ」のルールで、「クィーンドミノ」では建物を建てるという要素が追加されていて。
 土地タイルの中の建築予定地の場所があるなら、自分の手番でそこに建物タイルを配置する事が出来ます。
 これによって土地の種類による点数や新要素である騎士や塔の数による点数が獲得出来るようになりますし、そもそも騎士や塔を得る効果も建物によるとなります。
 騎士は獲得していれば、自分が土地タイルを配置する時に同時にその土地タイルに配置する事ができて、その場合は配置した土地と辺でつながる同種の土地のマス数だけコインを得る事が出来ます。
 コインは建物タイルを購入する為に必要になるだけでなく、ゲーム終了時には得点の要素にもなります。
 塔については女王駒を獲得する条件となっていて、どのプレイヤーよりも多くの塔を立てているプレイヤーのもとに女王がやってきて、そのプレイヤーは建物タイルを安く購入できるようになるだけでなく、ゲーム終了時には得点をより多く獲得出来るようになります。

 「キングドミノ」がシンプルで分かり易いゲームであったのに対して「クィーンドミノ」は要素を増やしてやや難易度をあげた駆け引きの要素の強いゲームになっています。
 ボードゲームにちょっとなれてきた方にお勧めしたいゲームとなっていますので、是非プレイしてみて下さい。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約850タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

Point Blur_20180408_205017 Point Blur_20180409_171740
 先日の8日(日曜日)は第79回魔王の森ゲームデイでした。
 本当に沢山の方に参加頂きまして非常に活況なイベントになることが出来ました、心から感謝いたします、ありがとうございます!

 魔王の森の店舗ではボードゲームを1日500円で遊び放題のお客様達の社交場として営業(ですのでボードゲームの販売はしておりません)するとともに、ミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」と「エイジ・オブ・シグマー」の販売とプレイやモデリングを楽しんで頂けるとともに、ルールのご説明や体験プレイなどもお受けしております。
 「魔王の森・ゲームデイ」はその延長戦上ですので、会場をかりて卓数や席数をご用意してより沢山の方にボードゲームやミニチュアゲームを楽しんで頂けるようにとご用意しております。
 特に心掛けているのがボードゲームに興味はあるのだけどあまりプレイした事がない方や、最近話は聞くし動画などみたけどどういうものなのかあまり分からないといった方、いわゆる初心者大歓迎で運営させて頂いています。
 店員がお客様からこういったゲームがしてみたい、またはこういったものに興味があるといったお話を聞いて、いくつかゲームをご案内したり、プレイしてみたいゲームがある場合にはそれをご用意して、ルールの説明からプレイの簡単なコツのようなものまで丁寧に説明させて頂きます。
 参加されている他のお客様も気の良い方が多く、プレイをせかしたり、必要以上にプレイ方法を指示したりといった事をしないので、本当にお気軽に参加して頂けると思います。
 この日もボードゲームは人生ゲームもやった事ないという方や、小さなお子様をつれたお母さんも参加して頂けて、様々なゲームをプレイされて楽しんで頂けました。
 多くの方に楽しんで頂ければという形で「魔王の森ゲームデイ」のイベントを開いているので、近隣の県からも参加して頂いていて人が多くてちょっと苦手という事であれば、店舗の「魔王の森」にご来店頂ければ、店内での内容はイベント会場となにも変わりませんので、ホードゲームをのんびりと楽しんで頂けると思います。
 ほとんどお客様がお一人かお二人で来られて楽しまれていて、店舗やイベント会場で知り合いになられてボードゲームを楽しまれていますので是非お気軽にご来店、またはご参加頂ければと思います。

FxCam_1523172404204

 この日は先日開催された大阪のゲームマーケットの戦利品を楽しむ事もテーマの1つとなっていたので、さまざまなゲームマーケットに出展されたゲームがたのしまれていて、覚えている範囲で「サイノメコロシアム」「JUST WAFFLE」「リトルタウンビルダーズ」「開拓王」「かみかくし」「マモノノ」「本草」「ねこまねき」「よくばりパフェ」「花咲かポン」などなどまだまだ上げればきりがないほどです。
 もちろん海外、国産ゲームも楽しまれていて「将軍」「ヴィティカルチャー」「コンプレット」「ヘルヴィレッジ」「フリークショップ」「サンファン」「センチュリースバイスゴーレム」「街コロ」「アズール」など、他に様々なゲームを楽しんで頂けました。

FxCam_1523175799766 FxCam_1523175964181
 ミニチュアゲームも非常に活況で特に最近高い人気があり、ホビージャパンの別冊特集本が出た「ウォーハンマー40000」がプレイされていて、プレイ卓は常に誰かがプレイしていて、歓声や拍手、笑いが絶えないプレイ状況でした。
 ウォーハンマー40000については大幅なルール改定が行われてから本当に人気が高く、始めてみたいという方が増えていますし、そのゲームルールの面白さ、手軽さ、直感的なゲームシステムから多くの方に楽しんで頂いています。
 魔王の森では必要以上に難しくする事なく、改訂ルールの良さをそのまま活かしたプレイ環境をご提供させて頂いていますので、より多くの方が分かりやすいゲームを楽しんで頂けている状況です(難しくする追加ルールもあるのですが、それはただ細かくなるだけでプレイ状況が良くなるわけではないので、推奨していないのです)。
 ミニチュアゲームが提供するモデルの作成を楽しみ、そしてゲームをプレイし、戦場を駆ける自分が作成したモデルが見せる映画やアニメのようなシーンを一緒にプレイしている対戦相手だけではなく、ギャラリー達とも共感して楽しめるという楽しみ方が魔王の森では強く推奨しています。
 モデリングだけ、ゲームだけという片方のみに力をいれるのはミニチュアゲームでなくても出来るのですから、例え一色だけでペイントしたものだったとして自分が作成したモデルでプレイしている風景をギャラリーに魅せる!これこそが最高に楽しい瞬間なので是非体験してほしいと思います。
 自分のプレイにギャラリーが息をのみ、拍手喝さいの瞬間があり、まさかとギャラリーが天を仰ぐというグルーブ感を一度味わったら、ただ写真ばえするモデルを作成するだけでは物足りなくなりますし、そうしたまさに最高の舞台に自分のモデルを立たせた時に思いをはせてモデリングする楽しみは格別な時間になると思います。
 皆様の沢山の楽しさをもちよる場所でありたいとイベントを開催しております。

 この日は本当に沢山の参加を頂きましてありがとうございました。
 次回は5月13日に開催いたしますので、今回参加出来なかった方、興味をもって頂いた方もふくめて、是非遊びにいらして下さい!

FxCam_1522824604108 FxCam_1522825510440 FxCam_1522824949942
 今日のワンモデルはミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」から人類の星系間国家である帝国(インペリウム)の同盟軍である騎士の惑星の大型兵器「アーミガー・ウォーグレイブ」です。
 騎士の惑星は宗主と呼ばれる者達がそれぞれ巨大な人型兵器「インペリアルナイト」を有しているのですが、「アーミガー・ウォーグレイブ」はその「インペリアルナイト」をサポート、またはその軍団を援護する為に運用される高機動タイプの大型兵器で、「インペリアルナイト」よりも小型であるものの、このサイズの地上兵器としては驚異的な移動力を誇り、敵軍が配置を終える前にその戦線に飛び込み、高い白兵戦能力を駆使して大きなダメージと混乱を与えるといった運用でよく使用されます。
 ミニチュアゲームであるウォーハンマー40000はそうした背景設定を実際にゲームをする時に反映させているので、この「アーミガー・ウォーグレイブ」の移動力はこのサイズと耐久力にくらべて高い移動力を誇っており、エアクラフトなどの高機動兵器にも十分追いついて攻撃する事が可能になっています。
 さらに近距離での強力なエネルギー兵器も装備しており、近接用装備についても敵大型ユニットを一瞬で粉砕出来るほどの攻撃力を誇っています。

 写真のモデルは制作者さんが「アーミガー・ウォーグレイブ」が属するマーズ勢力のメインカラーをオリジナルカラーで設定していて、この明るめのイエローで統一しています。
 ウォーハンマーではこうしたオリジナル設定を強く推奨しており、カラーリングを統一するとアーミーとして並べた時に本当に格好が良いです。
 また、このモデルでは配線なども丁寧にペイントされていて、随所がびっくりするくらい綺麗です。
 さらにモノアイについてはクリスタルパーツを改造によって使用している為、光が反射して本当にカッコいいです。
 こうしたセンスが良い改造を自由に試せるのもウォーハンマーのモデルの魅力だと思いますし、プレイにさしつかえる訳でもないため素晴らしい作品になっていると思います。

【明日8日のイベントのご案内】
Point Blur_20160911_231227
 明日4月8日の日曜日は「魔王の森・ゲームデイ」を開催致します。
 場所はシェトワ白揚文具館二階Aホールでいつも同様ミニチュアゲームとボードゲームの合同イベントです。
 時間は13時から20時までで途中の出入りは自由です。
 会場費として500円をお願いしておりますが、お車でお越しの場合はシェトワ白揚書籍館の方の駐車場におとめ頂いて駐車券をお持ちくだされば一日無料に出来ます。

「テーブルゲーム倶楽部」と同時開催となりますので、ボードゲームのフリープレイも卓をご用意しており、自由に遊んで頂けます。
 当日は「アズール」「パトリッツァ」「サグラダ」「ノームの村」「ゼロ」「キルトキャッスル」「リトルタウンビルダーズ」「開拓王」「マトリューシュカ」「リベリウム」「レインボーガーデン」「ヘラス」「ヴィティカルチャー」などをお店より持っていきますが、持ち込みももちろん大歓迎です。
 また、事前にご連絡頂ければ当店リストのゲームであればよろこんでご用意しますし、ボードゲームをプレイした事のない初心者の方でも、よりプレイしやすいゲームをご案内して丁寧にルールを説明しますのでお気軽に参加して下さい。

 ミニチュアゲームはウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのフリープレイが中心で、ウォーハンマー40000は基本ルールの全面改訂によって、より気軽にゲームをプレイ出来るようになりました。
 イベントでは新ルールにおける注意点やアーミーの組み方やルールなどの質問も受け付けておりますので、どうぞお気軽にお声掛けして下さい。
 もちろん、テレインを配置した戦場をご用意しておりますので自由にプレイして頂けますし、体験プレイも随時受け付けております(体験プレイについては事前にメールやここへの書き込みで十分ですのでご連絡下さい、当日ですとお受け出来ない事があります)。

 皆様のご来場をこころからお待ちしております。

<< 前の5件 | 次の5件 >>