1. HOME >
  2. 魔王の森の店内日記 >
  3. テーブルゲームのある風景「ワールドフェア1893」

魔王の森の店内日記

RSS

テーブルゲームのある風景「ワールドフェア1893」

FxCam_1518246363404
 今日のテーブルゲームのある風景は「ワールドフェア1893」です。
 このゲームは1893年に実際に開催されたシカゴの万国博覧会をテーマにしたもので、当時初めてだった大きな観覧車がモチーフになったボードが特徴的なゲームです。
 昨今かなり多くなってきた感があるのですが、このゲームそのものが実はキックスターターによる資金集めで作られた経緯があって、話題にもなりました。
 プレイヤーは展示物を出店して万博を成功させようとする立場となって様々な出店を誘致したり、人を招いて関心を集めたりといったことで得点を得てゆきます。

 ゲームとしてはプレイヤーはそれぞれ自分の色のキューブ駒を全部持ちます。
 そして山札を準備して、観覧車を模したゲームボードは6か所に区分けされてそれぞれ色分けされているのですが、そのエリアの周囲外側にカードを配置してゲームがスタートします。
 プレイヤーは自分の手番にラウンドをカウントする観覧車の乗り込み口に当たる場所以外の5つのエリアのいずれかに自分の色のキューブを配置しつつ、そのエリアに配置してあるカードを全て獲得します。
 そして、カードがなくなったそのエリアから開始して時計回りに山札からカードを1枚づつ3エリアに配置して手番を終わります。
 獲得したカードについては色分けされた5つのエリアに該当するカードと、人物カード、そして観覧車カードがあるのですが、観覧車カードはめくられた時にラウンド進行の役目になっているだけでなく、ラウンド終了時にもっとも多く持っていると得点が獲得出来ます。
 そして5色の展示物カードについてはその色のエリアに自分のキューブがもっとも多い状態でラウンドが終了した場合、規定枚数だけ展示会タイルが獲得出来る仕組みになっていて、ゲーム終了時(3ラウンドで終了します)に5色の展示会タイルのセット毎に得点が出来る仕組みになっているのです。
 ですので、ゲーム中は展示物カードを手にいれるとともに、そのカードを展示会タイルと交換する為にその色のエリアに自分のキューブをより多く配置出来るようにプレイしていかなくてはならないわけです。
 人物カードについては獲得した次の手番で使わなければならず、使用しないならそのまま捨て札になってしまいます(つまりとっておく事が出来ません)。
 使用したならカードの効果は基本的にキューブを追加で置くもので、各エリアでのキューブの数を争うゲームですので、その有用性は非常に高いものになっています。
 複雑に見えて実はシンプルなルールで上手くまとまっているゲームで、プレイ時間も45分ほどですのでボードゲームになれていない方でも楽しめるようになっています。
 手ごろなゲームとも言えますので、是非プレイしてほしいゲームです。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約550タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):