1. HOME >
  2. 店内ボードゲーム紹介 >
  3. 今日のワンシーン「ダークエンジェルvsティラニッド」

店内ボードゲーム紹介

今日のワンシーン「ダークエンジェルvsティラニッド」

FxCam_1462342475336 FxCam_1462344099847
 今日のワンシーンはミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」での対戦風景で「ダークエンジェルvsティラニッド」です。
 ウォーハンマー40000にはかなり多くの小説も出版されていて、その背景ストーリーも沢山語られていますし、ルールブックの方にもかなり詳しく言及されています。
 基本的にはテラを主星とする人類の勢力とも言うべきインペリウムが物語の中心となっているのですが、そのインペリウムに所属する星系国家ともいうべき軍団のが無数にあるのですが、その中で特に語られるのが「スペースマリーン」「ブラッドエンジェル」「スペースウルフ」「グレイナイト」そして「ダークエンジェル」です。
 徹底した秘密主義で有名な軍団で、寡黙で規律に厳しすぎるほど厳しい事も良く知られています。
 機動力を駆使した斥候部隊が敵陣深くに侵入し、そこから発せられているビーコンを使って重装殲滅部隊がテレポートにより衛生軌道上のバトルシップから到着する奇襲戦法と得意としています。
 対する「ティラニッド」はウォーハンマー40000の世界には人類の敵が多数登場しますが、その中でもっとも理解不能で、もっとも根源的な恐怖そのもので、もっとも原始的なのがこの「ティラニッド」です。
 一切の機械をもたず、あらゆるコミュニケーションは無効、ただひたすらに侵攻上にある惑星の生命と名のつくものすべてを殺しつくして喰い尽くし、無限の捕食行動を行い続けている外宇宙かの侵略者が「ティラニッド」という存在です。

 写真は「魔王の森」の店内で体験プレイを初心者の方がされている時のもので、「ダークエンジェル」側はいかに「ティラニッド」側の猛攻をしのいで、射撃攻撃で致命的な損害を与えるのかがテーマになっていたのですが、障害物とカメレオン効果ともいうべきステルス能力をもったティラニッドの接近をかなり許してしまい、徐々に戦力をけずらて、ついてには壊滅させられてしまいました。
 ウォーハンマー40000では能力値が強いユニットが必ずしもプレイで大活躍するとは限らず(例外はありますが(笑))、それを使用するプレイヤーのプレイングに大きく勝敗を依存するゲームでもあります。
 興味のある方は眼前に広がる戦場で戦う自軍部隊の有志を見てほしいと思います。
 魔王の森では随時ウォーハンマー40000の無料体験プレイを受け付けておりますので、是非遊びに来て、自分の目で実際に見て触って確かめてみて下さい。
 心よりお待ちしております。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
FxCam_1451196794036
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):