1. HOME >
  2. 魔王の森の店内日記 >
  3. テーブルゲームのある風景「フィールド・オブ・グリーン」

魔王の森の店内日記

RSS

テーブルゲームのある風景「フィールド・オブ・グリーン」

FxCam_1518341014885
 今日のテーブルゲームのある風景は「フィールド・オブ・グリーン」です。
 プレイヤーは企業を脱サラして、政府の資金援助のもとで農場経営にチャレンジします。
 のんびりとした田舎で自然に囲まれたスローライフを満喫・・・する予定が農場経営は決して楽ではなく、日々様々な困難の連続!
 それでも作物を育て、家畜を世話して自分の理想の場所をつくる為に頑張ってゆくといったテーマのゲームです。

 ゲームシステムとしては、正方形の特殊サイズのカードでゲームを進行してゆくもので、まず各プレイヤーはゲーム開始時にサイロと給水塔のカードを1枚づつもらって自分の場に並べて置きます。
 サイロの上には麦トークンを1つ、給水塔の上には水トークンを3つ配置します。
 そして緑、赤、黄色、紫に色分けされたカードをそれぞれの山として4つの山札を作ります。
 この状態からゲームは開始となり、まずゲーム開始時にスタートプレイヤーから4つの山札から自由に選んで6枚のカードを引いて手札とします。
 その後時計回りに各プレイヤーが自由な配分で山札からカードを引いてそれぞれの手札とします(慣れない状態では推奨の枚数があるので、その枚数だけ各山からカードをひくのが良いと思います)。
 プレイヤーが全員6枚の手札を持ったなら、その中からカード1枚を選び自分の前に伏せ、残った5枚のカードを隣のプレイヤーに渡して、伏せたカードを公開して自分の場に配置します。
 カードの配置についてはすでに置いてあるカードのいずれかに対して辺でつながっていれば良いだけなので、かなり自由に配置する事が出来ます。
 しかしながらカード効果について「〇〇と隣接しているなら」「〇〇から何枚以上離れている」「〇〇が2枚以内の距離にある数だけ特典」など様々なものがある為、将来を見据えてどの位置に配置するのか色々と考える事が出来ます。
 公開したカードはすぐに配置しなければならず、一度配置したならば移動する事は出来ない為ゲーム後半に何故自分はこの位置にしてしまったのかと後悔する時や、さすがは自分だ、素晴らしい配置じゃないか!と思ってしまうくらい都合よくなっている時などがあり、まさに一喜一憂してしまいます。
 全員が配置したならば、隣からまわってきていたカードからまた1枚選んで伏せて、残りを隣へと回し、全員同時にそれを公開してという手順を回すカードがなくなるまで続けます。
 回すカードがなくなったら次に収穫フェイズとなります。
 配置したカードの多くはこの収穫フェイズに起動して恩恵をもたらします(カードの中には即時という種類もあり、それについては配置した瞬間に能力が発動して、以後なにも効果はなくなります)。
 ほとんどのカードは資金か麦か水かを必要としていて、それぞれ必要な分だけ支払えば、その効果によってより多くの資金、麦、水を生み出してくれるだけでなく、得点化もこの収穫によって行われます。
 ただ、この支払については資金と麦については良いのですが、水については配置したカードの2枚以内の距離にある給水塔からしか支払えない(そんなに長く水路は伸ばせないのです)などの制限があります。
 さらに、起動させなかったカードは「荒地」扱いとなってしまい、カードを裏返さなければなりません。
 裏返ったカードはステップ1のカードドラフト時に伏せたカードをそのまま破棄する事で1枚表返す事が出来るのですが、効率は低下するので、そのあたりをよく考える必要があります。
 こうして収穫を終えたならラウンドが終了します。
 そして、4ラウンド行って得点をもっとも多く獲得しているプレイヤーが勝者となります。
 カードドラフトしながら自分の土地の中で資源のサイクルをつくり、その効率
をあげる事で得点を伸ばしてゆくゲームで、様々な効果のあるカードを一回一回確認しながらのプレイは手なり感はかなりありますが、コンボ要素による爽快感もあり、非常に面白いです。
 まで、ほとんどの行為を全員が同時にしているので待ち時間がないのと、ルール自体は非常にシンプルなため、初心者の方にもおすすめ出来るゲームとなっています。
 是非魔王の森でプレイしてほしいゲームの1つです。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約550タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):