1. HOME >
  2. 店内ボードゲーム紹介 >
  3. テーブルゲームのある風景「宝石泥棒」

店内ボードゲーム紹介

テーブルゲームのある風景「宝石泥棒」

FxCam_1558694685763
 今日のテーブルゲームのある風景は「宝石泥棒」です。
 プレイヤーは盗賊団の一員となって、街道をとおりかかる貴族の馬車を強奪して宝を集める事を目的とします。
 ただし、ゲームが終わった時に一番宝石を集めていてはいけません、他の盗賊たちのやっかみを買って迷宮に閉じ込められてしまうからです。
 あくまで二番手がよいのですよ、二番手が。
 といった設定で、カードをプレイして宝石を集めてゆくゲームなのですが、最終的に一番になった人は脱落あつかいのなかなかクセのあるゲームです。

 ゲームとしては各プレイヤーには0~7までの同じ内容のカード1セットが渡されて、これは全て手札となります。
 そして、貴族カードをよくきって8枚抜き出して、抜き出したカードを全て公開します。
 そしてそれらのカードのみを再びよくきって山札とします(残った方の貴族カードは使用しません)。
 つまり、今回の貴族カードはどんなものがいるのかは分かっているが、それらがどのタイミングででてくるのかが分からない、という状態にするわけです。
 ゲームがはじまったなら貴族カードの山札の一番上一枚を公開します。
 その後全プレイヤーは手札から1枚だけカードを選んで裏向きに自分の前にだしてから、全員一斉に表にします。
 各プレイヤーが表にしたカードの数字を比べて、もっとも大きい数字をだしていたプレイヤーが貴族カードに記載されている報酬をえて、もっとも小さな数字を出したプレイヤーはその数字だけの宝石を獲得出来ます。
 つまり、一番大きいか一番小さいかすれば基本的には宝石は貰えて、その間の数字をだしているプレイヤーは無報酬というわけです。
 これを8回くりかえして最終的に宝石の数の合計が「2位」のプレイヤーが勝利します。
 貴族カードは数の大小こそあれ基本的には宝石をもらえる効果なのですが、一部他のプレイヤーに宝石を渡したり、場合によっては宝石を奪われたりする効果があります。
 それらの効果をよく吟味して、1位にならず、かといって3位いかにもならない絶妙なラインをねらってゆくゲームなのです。
 ルールはもう誰でも出来るくらいシンプルで、しかも10分とかからないプレイ時間ですので、あいた時間に軽くプレイしたり、ボードゲームにあまりなれていない方をまぜて軽くプレイしたりするときになどにオススメです。
 意外に熱いかけひきがうまれたりして面白いですよ。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
画像 画像
 お一人様一日500円で、店内にある約1000タイトル以上のボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):