1. HOME >
  2. 店内ボードゲーム紹介 >
  3. 今日の一枚「クロウドフィーンド」

店内ボードゲーム紹介

今日の一枚「クロウドフィーンド」

FxCam_1505800276517
 今日の一枚はミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」より、残虐なるデュカーリ勢力の「クロウドフィーンド」です。
 ウォーハンマー40000では約15種類ほどの勢力が登場して、それぞれ歴史や独自の文化を持っていて、その背景設定は調べ尽くすのが難しいほどたっぷり用意されています。
 そうした物語として描かれた中に登場する兵器や兵士などがミニチュアモデルとして製品化されているので、興味をもって調べると本当に様々な設定や活躍した戦場、戦歴などをたっぷり楽しむ事が出来ます。 
 デュカーリは遥か太古に栄華を極めた種族で魔法のごとき超々高度な科学を確立していたのですが、怠惰と自堕落によって滅びた文明の生き残りです。
 自分達こそが種として最高峰であり、他は虫けら同然とする選民思想の究極まで突き抜けた種族で、異次元空間に自分達の広大な区画をつくり、そこから現実空間にワームホールを開いて強襲をかけては人々をさらい、それらの者達をゆっくりと死ぬまで拷問にかけて、その苦痛にのたうつさまを見て酒をあおるといった者達です。
 そうしたデュカーリの中でも宇宙中から探し出してきた危険な野獣を配下として戦うビーストマスターと呼ばれる者達がおり、「クロウドフィーンド」はそうした野獣のうちの一体です。
 異常とも言える揚力は素手で戦車の装甲を粉砕するほどで、血を見ると狂乱状態となって暴れ狂います。
 怒れるクロウドフィーンドとの接触は「死」との接触なのです。
 写真のモデルは設定色に近いカラーリングでペイントされていて、とくに頭部の骸骨じみた部分とその目と牙の細かい処理が本当に素晴らしく、写真ではあまりよく分からないのが残念でなりません。
 またモデル自体の前足の親指が初期不良で欠損していたのをパテで復元してあり、言われてもどこが復元されているのか分からないほどです。
 とても丁寧ペイントされていて、見事な作品に仕上がっています。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
FxCam_1451196794036 FxCam_1466314839509
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):