1. HOME >
  2. 店内ボードゲーム紹介 >
  3. テーブルゲームのある風景「メディチ」

店内ボードゲーム紹介

テーブルゲームのある風景「メディチ」

FxCam_1497352739869
 今日のテーブルゲームのある風景は「メディチ」です。
 随分昔に発表されたゲームなのですが、最近また再販されて、写真のものはその再販されたバージョンになります。
 プレイヤーは商人となって、様々な商材を他の商人よりもより多くのより質の高いものを仕入れて独占的な立場になることで利益を確保していく事を目的とします。
 
 ゲームとしてはプレイヤーは手番がくる度に山札からカードをめくってゆくのですが、カードには5種類の商品のいずかと、その価値として数字が描かれています。
 プレイヤーは自分の船には5つまでの商品しか乗せる事が出来ません(つまりカードは5枚までしか獲得出来ない)。
 カードをめくったならば、今度は手番プレイヤーの隣のプレイヤーからそのめくったカード群(複数枚めくる事も出来るので1枚以上のカードに対してとなります)について値段をつけて、プレイヤー間で時計回りにその値段よりも高い値段をつけるか、降りるかを選択します。
 降りたプレイヤーは以後その値付けには参加出来なくなり、一人を残して(つまり最高値をつけたプレイヤー)以外全員が降りたならその値付けした金額をそのプレイヤーは支払ってカードを獲得します。
 こうしてカードを獲得してゆき、全員の船がいっぱいになるまでラウンドを続けます。
 船がいっぱいになったなら、その積み込んだ積荷(つまりカード)の種類ごとに中央の得点ボードで自分の駒を動かして、各商品ごとの順位をチェックして、一位と二位に得点である金貨がそれぞれ所定の金額配給されます。
 そして、船に積み込んである5枚のカードの数字の合計(種類は問いません)が最高だったプレイヤーにも金貨が配給されます。
 これを所定のラウンド経過するまで繰り返して、最終的にもっとも金貨(得点)を得ているプレイヤーが勝利します。

 金貨を増やす為のカードを獲得する為に金貨を支払ってオークション形式で進行してゆくため、どれくらい金貨を支払って、リターンがどれくらいあってという商売の根幹の部分をゲームにしてあって、カードをめくる運の要素がしっかりとゲームに偶発性を与えてくれるので、人事を尽くして天命を待つ形になるケースがよくあります。
 どこまで資金をつぎこむのかが悩ましいゲームですので、是非プレイしてみてほしいと思います。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
画像 画像
 お一人様一日500円で、店内にある約550タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):