1. HOME >
  2. 店内ボードゲーム紹介 >
  3. 今日の一枚「ガーゴイル」

店内ボードゲーム紹介

今日の一枚「ガーゴイル」

FxCam_1480665383897
 今日の一枚はミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」のティラニッド勢力から「ガーゴイル」です。
 ウォーハンマー40000はいわゆるSFの世界観で物語がつくられていて、テラと呼ばれる地球に良く似た惑星を主星としたインペリウムが広大な宇宙を開拓してゆく過程で様々な種族や謎の宇宙人、または怪物達と遭遇して戦争と闘争を延々と続けているダークストーリーを背景設定としていて、物語は様々な視点から描かれているのですが、基本的にはインペリウムを中心に進んでいます。
 そのインペリウムが遭遇した外宇宙からの無慈悲な侵略者、というより捕食者がティラニッドです。
 あらゆる交渉も対話も意思疎通すら不可能な怪物だけの勢力で、宇宙艦のような生物が無数に群れて宇宙を渡り、その侵攻上にある惑星を攻撃してあらゆる生命を食い潰しては次の惑星へと移動してゆきのです。
 それは文字通り浸食であり、ティラニッドが通過した惑星は赤茶けた、あらゆる生命と呼べるものから水にいたるまで全てが失われた荒野だけの星が残るのみとなるのです。
 「ガーゴイル」はそのティラニッドの惑星侵攻の先兵となり、空が黒くなるほど無数に飛び交い、それを撃墜する為に砲撃するもその弾丸が足りなくなるほどの数が侵攻してくるのです。
 一体一体の攻撃力はさほどではないのですが、そのとてつもない数の力は防衛線を着実に疲弊させ、削り取ってゆき、抵抗力は弱まっていってしまい、後からくる大型の怪物たちに対する有効な戦力が残らなくなってしまうのです。

 写真のモデルはかなりカラフルでポップなカラーリングになっていますが、これは全体を通してきちんとカラーが設定されていて、その種別ごとにちゃんと特徴づけられています。
 また、こうした色合いの怪物が先述の通り無数にそらを飛び交い、奇怪な鳴き声をあげて襲いかかってくるとなると、逆に迫力があると言わざるえないと思います。
 素晴らしい設定と色合いのモデルだと思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
FxCam_1451196794036 FxCam_1466314839509
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):