1. HOME >
  2. 店内ボードゲーム紹介 >
  3. 今日の一枚「カイロス・フェイトウェーバー」

店内ボードゲーム紹介

今日の一枚「カイロス・フェイトウェーバー」

FxCam_1460269509131 FxCam_1460269526214
 今日の一枚はミニチュアゲーム「エイジ・オブ・シグマー」からディーモン勢力の巨大な悪魔(グレーターディーモン)の一体「カイロス・フェイトウェイバー」です。
 悪魔によって世界が滅ぼされてしまった世界で、人々の自由の為の反撃を開始するという背景世界を持っている「エイジ・オブ・シグマー」の中で、間違いなく悪役といっていいのがディーモン勢力で、それらは4つ邪神のいずれかに属しています。
 その中で変化の邪神ティーンチに属している悪魔の中でも特に巨大な力を与えられているものの一体がこの「カイロス・フェイトウェイバー」です。
 ちなみに「エイジ・オブ・シグマー」と「ウォーハンマー40000」はディーモンは次元も時代も越えて存在している超常的な悪意であるとしている為、同じ名前(当然同じ形のモデル)の悪魔たちがどちらにも存在しているというエターナルストーリー的な展開もしています。
 「ウォーハンマー40000」では二つの首それぞれから異なるサイキック能力を発言させる強力なサイカーとして登場しています。
 変化の邪神ティーンチの眷属たちは人々の運命を狂わせ、歪ませ、本来であれば正しく成長し、進化していったであろう存在を堕落させ、間違った力と文化と意志を与えて、本人は満足しているつもりでもただただ邪神の操られるままに利用されている存在に成り下がってしまうように破滅させていくのが悪魔としての存在意義であり、非常に時間をかけてゆっくりと破滅させていく事を好みます。
 そのためこの「カイロス・フェイトウェイバー」も直接戦闘は本当に最後の手段であり、基本的には戦う事はなく、すぐさま逃げてしまったかのように見える行動をとる悪魔であるとされています。

 写真のモデルは変化の邪神の眷属らしく七色に変色している翼が非常に印象的なモデルとしてペイントされており、いかにも異質な悪魔という存在感をかもしだしています。
 全体的にやや明るい青も生物としてはかなり異様な雰囲気をもたせる事にせいこうしていますし、素晴らしい出来栄えだと思います。
 この悪魔が戦場で暴れるシーンがプレイ中は見れるので、それだけでもうイマジネーションがかきたてられてしまいます。
 ただ飾っておくのも良いのですが、やはりプレイしている時のモデル達の輝きや躍動感は他では見れない素晴らしいものですので、是非一度体験してほしいと思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):