本日 238 人 - 昨日 305 人 - 累計 246612 人 サイトマップ
RSS
FxCam_1518246363404
 今日のテーブルゲームのある風景は「ワールドフェア1893」です。
 このゲームは1893年に実際に開催されたシカゴの万国博覧会をテーマにしたもので、当時初めてだった大きな観覧車がモチーフになったボードが特徴的なゲームです。
 昨今かなり多くなってきた感があるのですが、このゲームそのものが実はキックスターターによる資金集めで作られた経緯があって、話題にもなりました。
 プレイヤーは展示物を出店して万博を成功させようとする立場となって様々な出店を誘致したり、人を招いて関心を集めたりといったことで得点を得てゆきます。

 ゲームとしてはプレイヤーはそれぞれ自分の色のキューブ駒を全部持ちます。
 そして山札を準備して、観覧車を模したゲームボードは6か所に区分けされてそれぞれ色分けされているのですが、そのエリアの周囲外側にカードを配置してゲームがスタートします。
 プレイヤーは自分の手番にラウンドをカウントする観覧車の乗り込み口に当たる場所以外の5つのエリアのいずれかに自分の色のキューブを配置しつつ、そのエリアに配置してあるカードを全て獲得します。
 そして、カードがなくなったそのエリアから開始して時計回りに山札からカードを1枚づつ3エリアに配置して手番を終わります。
 獲得したカードについては色分けされた5つのエリアに該当するカードと、人物カード、そして観覧車カードがあるのですが、観覧車カードはめくられた時にラウンド進行の役目になっているだけでなく、ラウンド終了時にもっとも多く持っていると得点が獲得出来ます。
 そして5色の展示物カードについてはその色のエリアに自分のキューブがもっとも多い状態でラウンドが終了した場合、規定枚数だけ展示会タイルが獲得出来る仕組みになっていて、ゲーム終了時(3ラウンドで終了します)に5色の展示会タイルのセット毎に得点が出来る仕組みになっているのです。
 ですので、ゲーム中は展示物カードを手にいれるとともに、そのカードを展示会タイルと交換する為にその色のエリアに自分のキューブをより多く配置出来るようにプレイしていかなくてはならないわけです。
 人物カードについては獲得した次の手番で使わなければならず、使用しないならそのまま捨て札になってしまいます(つまりとっておく事が出来ません)。
 使用したならカードの効果は基本的にキューブを追加で置くもので、各エリアでのキューブの数を争うゲームですので、その有用性は非常に高いものになっています。
 複雑に見えて実はシンプルなルールで上手くまとまっているゲームで、プレイ時間も45分ほどですのでボードゲームになれていない方でも楽しめるようになっています。
 手ごろなゲームとも言えますので、是非プレイしてほしいゲームです。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約550タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

FxCam_1519128167814
 今日のテーブルゲームのある風景は「モンコレデッキビルディング~エレメンタルストーム」です。
 往年の国産TCGである「モンスターコレクション」の背景やカード名、イラストなどを使用して、昨今流行りになりつつあるボードゲームに持ってきた作品となりますでしょうか。
 プレイヤーの立場も召喚術師であり、モンスターカードを自分の場に出して、それによってモンスターを討伐してゆくというものになっています。

 ゲームの方は各プレイヤーは同じ内容の初期デッキとなる8枚のカードを個人の山札として持ち、さらについたてと自分のカードを並べる場が必要となります。
 そしてメインとなる場には4枚のカードが購入カードが2列、施設カードが1列、モンスター達であるクエストカードが3列ならべられて、それぞれの列には専用の山札が用意されますので、通常のゲームボードを広げるゲームよりもさらに場所がとられてしまう、結構広い場所が必要で4人でプレイする場合、こたつ机くらいの広さではプレイ出来ませんので注意が必要です。
 ゲームが始まったなら、手番プレイヤーは手札のカードを召喚として場に出すか、捨て札にしてお金の支払いとして購入カードを獲得して自分の捨て札置場に置くことで、山札が尽きて、捨て札をよくきって再び山札にする行程の中で手札にまわってくる形になります。
 そして、場に既にだしてあるカードの属性を合わせる形でクエストカードであるモンスターカードを倒し、得点を得る形となります。
 一定数のモンスターを倒すとボスモンスターとプレイヤー全員が戦うというイベントが発生し、それによって得点が得られるスタイルになっています。
 この時一定数の自分のカードが破棄されるシステムになっているので、次の列のモンスターカードを倒すにあたって再び購入と召喚のサイクルが必要になってくるわけです。
 ルールの概略は難しくはなく、ゲームになれていない方でも要点をおさえておけばさほど難しいものではないと思います。
 ただ、カードゲームである上に変化をもたようとした為なのか例外要素や特殊処理が多く、さらにスタートプレイヤーは手番をすると4人プレイでは7手番先まで自分の手番がまわってこないシステムになっていて、待ち時間が後半信じられないレベルになってきてしまうのが残念な部分です。
 プレイ時間もそうとう長くなる為、そういう意味で初心者では辛いのではないかと心配になりますし、かといって、一度ついた差を縮めるのが至難のシステムになっていることから好き嫌いも分かれるのではないかと思います。
 もっとシンプルに余計な部分をダイエットすればとても面白い要素があるのにな、というのがプレイした方の素直な感想になっていました。
 2人プレイの場合、そのあたりがかなり解消されるので、実は2人プレイ専用なのではないかなとも思っています。
 ちょっとゆっくりと2人プレイのカードゲームをプレイしてみたい時にプレイしてみて欲しいゲームです。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約550タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

FxCam_1518873277897
 今日のテーブルゲームのある風景は「シラ」です。
 ローマ帝国衰退期がテーマとなっていて、プレイヤーは元老院の一人として人材を集め、自分の派閥をつくり、様々に起こる災害や困難を乗り越え、またはそれを利用して政治的発言力をまして、栄誉を掴み取る事を目的とします。

 ゲームとしてはある意味徹頭徹尾セリをし続けるゲームになるのではないかと思います。
 各プレイヤーは神官、将軍、商人、奴隷、元老院などのカードを2枚づづのカードセットを渡されて、その中から初期カードを自分で好きな組み合わせで選び、残りを全員分集めてよくきって山札とします。
 この山札はゲーム中人物カードとしてラウンド開始時に6枚オープンされる事になります。
 各プレイヤーは初期カードを自分の前に並べてついたてを用意してゲーム開始です。
 スタートプレイヤーについてはゲームの開始時のみはランダムに決めますが、以後はセリによって決定します。
 このセリについてですが、このゲームではスタートプレイヤーから好きな価格を宣言し、時計回りに全プレイヤーがパスがそれより大きい価格を宣言するかを1回づつ行って、その1回で決定します。
 つまり何度も競り上げる事は出来ないルールになっています。
 さて、スタートプレイヤーをセリで決めたなら、そのプレイヤーから時計回りに人物カードを獲得し、次に建物タイルを競りによって獲得し、発生する災害をある意味投票のようにして決定し、次に偉業の達成とその時の獲得ポイントをセリによって決定するのです。
 人物カードは資産によって、建物タイルは人物カードによって、災害は特定の人物カードによってなど、支払う要素は様々なのですが、終始ゲームのテーマとしてはセリによって物事は解決してゆきます。
 ゲームとしては派手な部分がすくなく、かなり地味目なボードゲームですが、ルール自体が予想よりも簡単で把握しやすく、それでいて他のプレイヤーの動向をいかに読んでいくかという部分を楽しむゲームになって個人的にはかなり面白いプレイ感でした。
 参加プレイヤー間の思惑がからみあう為、プレイする度にかなり変わった展開が楽しめて何度でもやりたくなってしまうゲームだと思います。
 是非一度プレイしてみて下さい!

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約550タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

FxCam_1518944410901
 今日のテーブルゲームのある風景は「クロンダイクラッシュ」です。
 プレイヤーは雪山に金鉱がみつかったと聞いてやってきた資産家で、やはり金鉱の話を聞いてやってきている4つの鉱山会社に投資して利益をあげるか、あるいやは恐ろしい雪男(イエティ)がいるという伝説をときあかして、イエティをとらえて賞金をえる冒険でひとやま当てようともくろんでいる、といった背景のゲームです。

 ゲームとしてはプレイヤーは初期資金をもって、注文書を2枚持ってゲームをスタートします。
 中央のゲームボードには〇とそれをつなぐ道が描かれていて、その〇の場所にランダムに選択した1枚づの獲物チップを配置して表にしておきます。
 チップには宝石、鹿、毛皮、魚、そして雪男などの絵がかいてあります。
 そして鉱山会社カードと注文書カードを良く切って裏向きの山札にします。
 さて、ゲームか始まったなら手番プレイヤーはまず鉱山会社カードを一枚表にして、自分から値段付けを開始して、右側のプレイヤーはパスをするかより大きい数字をいわなければなりません。
 カードを獲得したらその鉱山会社カードの色と同じ色の家コマと、場合によっては注文書カードを獲得します。
 いわゆる競売ルールなのですが、一周しか値段付けをしません。
 ですので、自分が値段を言うチャンスは1ラウンドに一回しかないわけです。
 つづいて、それまでに獲得している(今獲得したものでも可能)家コマをゲームボードに配置してゆくのですが、スタートの村、または既に配置してある家コマの今から置こうとしている家コマと同色のものから配置したい場所までの順路にある数字の数の合計だむ資金を支払い、家コマを配置したなら、その場所に置いてあった獲物チップを回収します、そして、ゲームボード上の右上の端にある鉱山価値メーターを配置した家コマの同色のものを1段階アップさせます。
 注文書カードにはなんの獲物チップを何枚集めなさいと書いてあるので、チップがその通りに獲得出来たなら注文書カードをオープンして表記してある金額の資金を得ます。
 これを繰り返してゆきます。
 ゲームをプレイしてみると、鉱山会社カードをかなりのスピートで資金がなくなってゆくのですが、ゲーム中一回だけ使用出来る収益カードというものを各プレイヤーはもっており、それを使用する事で現在自分が持っている鉱山会社カードの投資シンボルの数×その色の鉱山価値メーターの数字の値だけ資金を得る事が出来るのですが、これはゲーム通じてたった一回しか出来ません。
 最初ゲームをプレイすると、何をしてよいのか分からない感じがするのですが、実はこのゲームは同色の家コマをつなげる事によってより安価に獲物チップを獲得し、それを支払って資金を得て、その得た資金によって鉱山会社カードをセリおとして、4つある鉱山会社(つまり4色に分かれた家コマ)の内自分が集めている鉱山会社カードの家だけを出来るだけ建てて鉱山会社の価値を引き挙げていゆくゲームなわけです。
 ですので、家コマはなんでもかんでも使うのではなく、他のプレイヤーが集めている企業の色の家コマはゲームボード上に配置せずに握りつぶして、企業価値があがらなくして、自分が集めている企業カードの色の家だけを出来るだけボード上に配置して企業価値を引き上げるタイプのゲームなのだと思います。
 かなりクセの強いゲームですので、初プレイではかなり戸惑う可能性もあるのですが、上記のようなシステムなんだと理解してプレイすれば、家コマの配置場所やどの家コマを盤面にだすか、そしてそれぞれのプレイヤーは資金をショートさせずにどこまで他のプレイヤーが集めている色の家コマを配置しないで我慢出来るのかといった部分が分かってくるので、そうとう苦しい駆け引きが展開されるものと思います。
 いきづまる心理戦や駆け引きが好き、という方はチャレンジしてみると大いに楽しめるのではないかと思います。
 ただし、資金繰りは本当に苦しいので、他のプレイヤーの資金と目的を見事に読み切って、このにわかにゴールドラッシュで沸く雪山で富を得て下さい!

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約550タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

FxCam_1518341014885
 今日のテーブルゲームのある風景は「フィールド・オブ・グリーン」です。
 プレイヤーは企業を脱サラして、政府の資金援助のもとで農場経営にチャレンジします。
 のんびりとした田舎で自然に囲まれたスローライフを満喫・・・する予定が農場経営は決して楽ではなく、日々様々な困難の連続!
 それでも作物を育て、家畜を世話して自分の理想の場所をつくる為に頑張ってゆくといったテーマのゲームです。

 ゲームシステムとしては、正方形の特殊サイズのカードでゲームを進行してゆくもので、まず各プレイヤーはゲーム開始時にサイロと給水塔のカードを1枚づつもらって自分の場に並べて置きます。
 サイロの上には麦トークンを1つ、給水塔の上には水トークンを3つ配置します。
 そして緑、赤、黄色、紫に色分けされたカードをそれぞれの山として4つの山札を作ります。
 この状態からゲームは開始となり、まずゲーム開始時にスタートプレイヤーから4つの山札から自由に選んで6枚のカードを引いて手札とします。
 その後時計回りに各プレイヤーが自由な配分で山札からカードを引いてそれぞれの手札とします(慣れない状態では推奨の枚数があるので、その枚数だけ各山からカードをひくのが良いと思います)。
 プレイヤーが全員6枚の手札を持ったなら、その中からカード1枚を選び自分の前に伏せ、残った5枚のカードを隣のプレイヤーに渡して、伏せたカードを公開して自分の場に配置します。
 カードの配置についてはすでに置いてあるカードのいずれかに対して辺でつながっていれば良いだけなので、かなり自由に配置する事が出来ます。
 しかしながらカード効果について「〇〇と隣接しているなら」「〇〇から何枚以上離れている」「〇〇が2枚以内の距離にある数だけ特典」など様々なものがある為、将来を見据えてどの位置に配置するのか色々と考える事が出来ます。
 公開したカードはすぐに配置しなければならず、一度配置したならば移動する事は出来ない為ゲーム後半に何故自分はこの位置にしてしまったのかと後悔する時や、さすがは自分だ、素晴らしい配置じゃないか!と思ってしまうくらい都合よくなっている時などがあり、まさに一喜一憂してしまいます。
 全員が配置したならば、隣からまわってきていたカードからまた1枚選んで伏せて、残りを隣へと回し、全員同時にそれを公開してという手順を回すカードがなくなるまで続けます。
 回すカードがなくなったら次に収穫フェイズとなります。
 配置したカードの多くはこの収穫フェイズに起動して恩恵をもたらします(カードの中には即時という種類もあり、それについては配置した瞬間に能力が発動して、以後なにも効果はなくなります)。
 ほとんどのカードは資金か麦か水かを必要としていて、それぞれ必要な分だけ支払えば、その効果によってより多くの資金、麦、水を生み出してくれるだけでなく、得点化もこの収穫によって行われます。
 ただ、この支払については資金と麦については良いのですが、水については配置したカードの2枚以内の距離にある給水塔からしか支払えない(そんなに長く水路は伸ばせないのです)などの制限があります。
 さらに、起動させなかったカードは「荒地」扱いとなってしまい、カードを裏返さなければなりません。
 裏返ったカードはステップ1のカードドラフト時に伏せたカードをそのまま破棄する事で1枚表返す事が出来るのですが、効率は低下するので、そのあたりをよく考える必要があります。
 こうして収穫を終えたならラウンドが終了します。
 そして、4ラウンド行って得点をもっとも多く獲得しているプレイヤーが勝者となります。
 カードドラフトしながら自分の土地の中で資源のサイクルをつくり、その効率
をあげる事で得点を伸ばしてゆくゲームで、様々な効果のあるカードを一回一回確認しながらのプレイは手なり感はかなりありますが、コンボ要素による爽快感もあり、非常に面白いです。
 まで、ほとんどの行為を全員が同時にしているので待ち時間がないのと、ルール自体は非常にシンプルなため、初心者の方にもおすすめ出来るゲームとなっています。
 是非魔王の森でプレイしてほしいゲームの1つです。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約550タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

次の5件 >>