1. HOME >
  2. 魔王の森の店内日記

魔王の森の店内日記

RSS
FxCam_1523972393275 FxCam_1524385691894
 今日のテーブルゲームのある風景は「ロールプレイヤー」です。
 このゲームはTRPGなどのキャラクターメイキングの部分だけを抜き取ってゲームにしたようなノリで、テレビゲームのオールドプレイヤーさんならウィザードリィのキャラクターメイクに夢中になった経験があるでしょうし、TRPGなども昔からあるシステムだとキャラメイクそのものが楽しめてしまうダンジョンズ&ドラゴンズやトラベラーやそれにつらなる作品などのキャラクターをつくる工程そのものに、その後の冒険が想像出来て楽しめるものになっているTRPGに夢中になった事がある方もいるのではないでしょうか。
 この「ロールプレイヤー」ではそうした楽しみをボードゲームにしてあるのです。

 ゲームとしてはますプレイヤーは種族を選択します。
 この段階で人間、エルフ、ドワーフなどのファンタジーではおなじみの者たちからドラゴン人、カエル人など元ネタを語りたくなるものなどが選べ、選んだ種族のキャラクターシートを受け取ります。
 そしてゲームの目的とも言える「職業カード」「設定カード」「アライメントカード」が配られます。
 これら3種類のカードは各プレイヤーの目的カードになっていて、指定された条件を満たす事で得点する事が出来ます。
 キャラクターシートには筋力、敏捷、耐久、知力などいかにもという能力値が6種類ならんでいて、各能力値につきダイスを3個配置出来るくぼみが作られています。
 プレイヤー人数に応じた6面体ダイスを袋から取り出してふって、出目を変えないようにそれぞれ好きな能力値のくぼみに配置して、それがスタートの能力値となります。
 ダイスは6色あって、「職業カード」によって各能力値の目標値が決まっていて、配置したダイス3個の出目合計がそれを満たしていたなら得点となります。
 また、「設定カード」によって6つの能力値の特定の場所に指定された色のダイスを配置できたならば得点となり、「アライメントカード」ではゲーム中購入する商品カードによって上下左右に移動して、ゲーム終了時の位置によって得点がきまるシステムになっています。
 ゲームが開始されたなら、まず親番のプレイヤーがプレイヤー人数に応じたダイスを振って場にならべてある買い物順カードの上に1個づつ配置して、親番プレイヤーから時計回りに1個のダイスがのった買い物順カードをとって、その上にあるダイスをキャラクターシートに配置します。
 6つの能力値のいずれかにダイスを配置するのですが、ゲーム中ではダイスを配置する毎にその能力値特有の効果を発揮させてもよく、キャラクターシートに配置済みのダイスを裏返したり、入れ替えたり、振り直したりなど能力値ごとに様々な能力が規定されています。
 そして、買い物順カードによってきまった順番で、買い物カードを戻しつつ、場にならんだ商品カードを購入して、そのカードを効果を活用してゆきます。
 これを繰り返して、最終的にはすべての能力値の3個づつのダイスが配置されてゲームが終了し、目標として設定されていたものをどれだけ達成したかによって得点が加算されてゆく事になります。

 テーマがキャラクターメイクなので、昔ながらのTRPGシステムが好きな方にはなじみ深いですし、ルールもけして難しいものではありません。
 ボードゲームが初心者の方でも十分楽しんで頂けているゲームですので、魔王の森に来られた時には是非プレイしてみて下さい。
 ゲームがおわった時には素敵なキャラクターが出来あがっていますので、みんなで今後自分のキャラクターがどんな冒険をしたのかを話すのも面白いと思います。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約850タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

FxCam_1524303854205 FxCam_1524303920079
 今日のワンモデルはミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」から人類の帝国の主力たる「アストラ・ミリタラム」勢力の主力戦車「レマンラス」です。
 アストラ・ミリタラムはSFをテーマとするウォーハンマー40000の世界観の中で、現代の兵器に良く似た形状の兵器の構成で戦っている勢力で、戦車や高射砲、自走砲などのタンクシリーズや、攻撃機などの航空戦力、そして歩兵を展開することを戦術の基本としています。
 「レマンラス」は「アストラ・ミリタラム」勢力の中での主力戦車であるがゆえに様々なパリエーションが生まれており、長距離支援砲撃から突撃戦車としての役割など様々なシチュエーションに武器換装によって対応出来る上に高い汎用性を持っています。
 実際ゲームにもそれは反映されていて、ズラリと「レマンラス」戦車を並べた戦車大隊をつくりだすはロマンの実現でありかつ、ゲームとしても強力な火力を揃えた魅力溢れる構成にもなってくれます。
 ついつい様々に出ている他種類のタンクを用意したくなるのですが、「レマンラス」のバージョン違いをならべた時の素晴らしい雰囲気は是非体験してほしいと思ってしまいます。
FxCam_1524303883397 FxCam_1524303953844
 
 写真のモデルは寒冷地仕様になっている「レマンラス」で、転戦につぐ転戦
かさねてきた機体の雰囲気が丁寧なペイントによって再現されています。
 細かい位置まで気を配った汚しによって、「戦車らしさ」をみごとに表現していると思います。
 ミニチュアモデルは通常のスケールモデルとくらべて派手なペイントを心掛けた方が戦場では映えてくれて、そのあたり飾ってあったり写真など接写したらカッコいいのとは違うものなので、汚しなども「やりすぎかな?」と思うくらいが丁度よいようです。
 写真のモデルはまさにそういう意味で丁度よい具合で汚れを強調していて、素晴らしいモデルに仕上がっていると思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
FxCam_1451196794036 FxCam_1466314839509
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

FxCam_1524221221964
 今日のテーブルゲームのある風景は「MOW」です。
 プレイヤーは牧場主となって放牧している牛を管理しているのですが、牛には蠅がたかってしまっている牛もまじってしまっているのです。
 自分の牛舎に蠅がたかっていない牛をちゃんとつれてかえってこれるかどうかという設定なのですが、蠅がたかっている牛ってどんなんだろう?とちょっと考えてしまう部分もある背景です(笑)。

 ゲームとしては、カードゲームでまず山札をよくきって各プレイヤーに6枚づつくばります。
 カードには牛とともに0~16のいずれかの数字が描かれていて、プレイヤーは自分の手番がきたなら、場に一列にならんでいるカード列の前側か後ろ側に手札からカードを1枚プレイしなければいけません。
 前側にだす場合にはその列の先頭のカードよりも小さい数字、後ろ側に出す場合には列の最後尾のカードよりも大きい数字をプレイしなければならず、それが出来ない場合は列のすべてのカードを引き取って自分の手元に伏せて置き(手札にはまぜません)、自分の手札から1枚を場に出す事で、そこから列が再びつくられてゆく事になります。
 そして、手番の最後に山札からカードを1枚引きます。
 ですので、プレイ中は常に手番終了時には手札は6枚になっているわけです。
 山札がなくなり、その後場の列をだれかが引き取ったならば、その瞬間にゲームは終了します。
 引き取った(大抵の場合には引き取らされた)カードを見て、イラストの中の蠅の数をかぞえます。
 その蠅の数がそのままマイナス点になるわけです。
 もちろんマイナスがもっとも少ないプレイヤーが勝者となります(このゲームでは「0」点が最高点です)。
 特殊なカードも何枚かあり、手番順を逆まわりにしてみたり、すでに作られている列の間に割り込むようにして場に出せたり、他のカードの上に配置出来てしまったりといったカードで、ここぞという時につかうと予想が大幅にズレる為に強力です。
 ゲームのルールは非常にシンプルで、それでいて考えどころもちゃんとあるゲームですのでボードゲームにあまりなれてないプレイヤーでも楽しめるゲームだと思います。
 いかにして自分ではなく他のプレイヤーに列をひきとらせるかを良く考えてプレイしてみて下さい。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約850タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

FxCam_1522824680918
 今日のワンモデルはミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」の外宇宙からの侵略者であり、決して交わってはいけない存在、怪物と怪獣のみで構成されている「ティラニッド」勢力から「ハルスペックス」です。
 ウォーハンマー40000では膨大な設定資料と物語によって様々な勢力の歴史やそのユニット達の特徴や発見された戦場、どのように活躍したかなどがサポートされているのですが、ティラニッドはとにかく異質の存在で、ある意味において完全な敵役と言って良いものです。
 機械を持たず、すべて生命体で構成されており、怪物や怪獣の大軍団が不気味な生命体の体内に満載されて宇宙を航行し、標的とした惑星の成層圏から地表へと怪獣達とともに細菌にもにた胞子をばらまき、あらゆる有機物を喰らい尽くして不毛の荒野にしては次の惑星を目指す、その行動原理は「飢え」のみであり、交渉も共闘も降伏も全ては無意味であり、意思疎通すら不可能な存在。
 アニメや映画においてこれほど完璧かつ不気味な敵役はいないのではないでしょうか。
 そうしたティラニッド勢力には数多くの怪物や怪獣が確認されているのですが(意思疎通が全く出来ないので、呼称などは人類側が勝手につけたものです)、この「ハルスペックス」はパワードスーツ兵すらやすやすと丸呑みにしてしまう存在で、距離をとっての攻撃力はないのですが、突進してきた「ハルスペックス」を支える事の出来る存在もほとんどいないでしょう。
 自分の胴体ほどの巨大な口を触手とともに開いて、周囲を攻撃するとともにひときわ長い舌ににた器官で獲物を掴み取るとそのまま丸呑みしてしまいます。
 異常な吸収力と循環機能をもっているのか、食べれば食べた分だけ外傷が回復してゆくため、歩兵の中に飛び込まれたならダメージを与えるそばから周囲の兵士を貪り食って回復してゆく不死身とも思える戦闘能力をゆうします。
 接近されるまえに強力な電磁砲や熱線砲による集中砲撃によって葬らなければ、歩兵部隊にとってただ死をむかえるだけでなく、敵の力にされてしまう恐怖がつきまとうのです。
 「ハルスペックス」との白兵戦は歩兵にとって確実なる無念の死を意味していると言えるでしょう。

 写真のモデルは「ハルスペックス」の最大の特徴である触手を展開した口蓋のインパクトを非常によく表現していて、ぬらついた口の中が写真からでも伝わってくると思います。
 シンプルな配色は生物としてのリアリティをだしているとともに、口の部分のインパクトをより一層引き出す役にもたっています。
 こうした見た瞬間の印象を重視したペイントは、ミニチュアゲームでは特に有効に感じるもので、実際プレイ時にはこうしたインパクトあるモデルの方が戦場にならべた時、動かしている時はよりリアルに、より格好よく見えるものだったりします。
 素晴らしいモデルに仕上がっていると思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
FxCam_1451196794036 FxCam_1466314839509
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

FxCam_1523704861150
 今日のテーブルゲームのある風景は「キズナと蛍の物語」です。
 このゲームはいわゆる協力型ゲームで、参加するプレイヤーは全員仲間という形で、ゲームシステム上指定された目標を全員で達成すれば勝利、出来なければ全員敗北というタイプのゲームです。
 背景設定は現代伝奇的なもので、この世界に出現する穢れと戦う為に少年少女が様々な理由から力を貸しあう形となって協力して戦い、穢れを倒すといったもので、それぞれのキャラクターに簡単な背景設定があり、プレイヤーはそれらのキャラクターの中から一人を選んでプレイする事になります。

 ゲームとしてはエリアマップをかねたゲームボードを組み立てて(かなりしっかりした4つのボードを組み合わせるタイプです)、各プレイヤーが選んだキャラクターカードをプレイ人数によって指定されているスタートポイントにそれぞれ配置します。
 各キャラクターは必ず違う位置からスタートする事になり、その位置はボード中央から蜘蛛の巣状に展開してある線の端の1つになっています。
 「キズナと蛍の物語」には10種のシナリオがついていて、シナリオ1から進める事で物語の展開とともにシナリオをクリアしてゆくストーリーモードとして楽しめるようになっていますが、どのシナリオも独立しているので、10種あるシナリオの好きなものを1つ選択します(とはいえ、シナリオ1から楽しむ方が個人的にはお勧めです)。
 そしてそのシナリオ毎に勝利条件、敗北条件、敵である穢れの出現方法や制限時間(ターン数)などが決められています。
 ゲーム中は参加プレイヤーのだれからでも手番を開始する事が出来て、基本的には2アクションを行ないます。
 どの順番でプレイヤーが手番を行なっても良いのですが、他のプレイヤーの手番に割り込む事は基本的に出来ません。
 手番でプレイ出来る事は自分のスタート地点から蜘蛛の巣状のラインの分岐点に自分のマーカーを配置する、敵である穢れを攻撃する、という基本的には二択となり、特殊な状況で自分の覚醒能力を使う事が出来るのと、他のプレイヤーの攻撃補助として、自分がまだそのラウンドに何もしていなければ、自分の行動を飛ばすかわりに攻撃力を追加出来る、という二種類が選択可能になっています。
 自分のマーカーは蜘蛛の巣状のラインの分岐点ごとに配置する事が出来、かならず自分のスタートポイントとつながっている必要があります。
 他のプレイヤーが配置しているポイントに重ねて配置する事も出来、この状態を「キズナ」と呼んでプレイヤーが覚醒する条件であったり、攻撃力があがったりといった要因となります。
 攻撃についてはボード上にいるどの敵でも攻撃する事ができて、そのHP以上の攻撃値を六面体ダイス1個+自身の攻撃ボーナスで出す事がもとめられます。
 この攻撃ボーナスについては1~3程度で、そこに自身の配置したマーカーの数や「キズナ」の数などがキャラクターによって足せる者達がいます。
 最初の敵は3~9程度のHPですが、中盤には13くらいが目標になり、ボス設定の敵となると20くらいになってきます。
 各キャラクターは指定された数のマーカーを配置するか、「キズナ」をつくりだすと「覚醒状態」になるのですが、そうなると攻撃力もアップし、アクション回数も増えます。
 仲間のどのメンバーを早期に覚醒させ、どのメンバーがサポートにまわるかなどプレイヤー間で相談する事になり、さらに攻撃時にはダイスを1個振るのですが、6の出目は攻撃の自動失敗となるのでそのリスクヘッジの為に誰の行動順を残しておくべきかなど、相談する事は多いと思います。
 面白い事に全員覚醒させれば戦闘は圧倒的にらくになるのですが、そうなった場合にシナリオが一気に難しくなるものもあり、様々なパターンを楽しむ事が出来ます。
 また、シナリオ1から順番にプレイしていく事で物語としても楽しめて、キャラクターに愛着もわきますし、何よりもプレイが盛り上がります。
 4人でプレイする場合さほど難易度も高くないので、協力プレイ初心者の方でもチャレンジしやすいゲームだと思います。
 是非、キャラクターの一人となって、穢れを払い、世界をすくってみてはいかがでしょう!
 魔王の森でお待ちしております。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約850タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

次の5件 >>