1. HOME >
  2. 店内ボードゲーム紹介 >
  3. 今日の一枚「スペースマリーン(サラマンダー)vsオルク」

店内ボードゲーム紹介

今日の一枚「スペースマリーン(サラマンダー)vsオルク」

FxCam_1505033322436
 今日の一枚は先日の「魔王の森ゲームデイ」の会場でプレイされていたミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」の「スペースマリーン勢力のサラマンダー戦団」と「オルク」との戦いのワンシーンです。
 ウォーハンマー40000では様々な勢力に対して個別に、そして全体像として相互に様々な物語が語られていてその勢力の年表や宇宙暦的な年表まで用意されているのですが、ゲームにおいてもそれぞれの背景設定を反映させるような特徴を持っています。
 スペースマリーンは我々人間とよく似た者達の勢力であるインペリウムの精鋭部隊で、高い水準で能力値が平均化しており、絶対的な強さの部分はないですが、弱点も見当たらない勢力です。
 対するオルクは白兵戦での手数と打点は見るべきものがありますが、移動力、射撃による攻撃力、射程、連射といった部分、さらに防御力についてはお世辞にも高いとは言えません。
 ただ、コストが安い為数の暴力という他の勢力を圧倒できる爆発力が魅力の勢力です。
 対戦開始早々に火力と射程に勝るスペースマリーンが攻勢をかけてオルク側勢力に大打撃を与え、特にスペースマリーン勢力が今回用意している攻撃戦車プレデターを攻撃する予定だった人型機動メカ、デフドレッドが粉砕されてしまいます。
 そのまま隊列を維持して銃の掃射をくりかえしながら徐々に前進してくるスペースマリーンの前にオルクの損害は増える一方で、このままなすすべもなく掃討されるのかと思われました。
 しかし、前線を維持するべく前進してきたプレイデターにオルクのバーナボウイ達が無謀とも言える突貫を決行し、甚大な被害をだしつつもなんと殴って粉砕する事に成功します。
 写真にある小高い丘をオルク側が占拠し、そうする事によってその両脇に展開していたスペースマリーン勢力を分断する事に成功します。
 その機を逃さず、それまでやや引き気味に展開していたメガノブ、ウォーボスなどが一気に前線を押し上げにかかり、さらにウォーバイクによる側面からの強襲に成功します。
 流れをあっというまにもっていかれたスペースマリーンは銃弾の嵐によってそれをおさえようとしますが、勢いにのったオルク達は銃弾をものともせずに(筋肉防御だと盛り上がりました(笑))さらに前進。
 やむえずスペースマリーン側はキャプテンが単身オルクの筋肉の津波の前に立ちはだかり、部下たちが後方に下がって陣形を立て直すための貴重な時間を稼ぎます。
 スペースマリーンキャプテンの英雄的な行為によってギリギリの所でスペースマリーン側も体制をたてなおす事に成功しますが、それでもなお勢いのついたオルクの突進を食い止めるにはいたらない状態になっていました。
 短時間の間の激しい戦闘は本当にドラマがふんだんにあって、ギャラリーともども大歓声で盛り上がりました。
 ウォーハンマー40000の楽しみ方として最高のものであったと思います。
 興味のある方は是非一緒に楽しみましょう!

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
FxCam_1451196794036 FxCam_1466314839509
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):