1. HOME >
  2. 店内ボードゲーム紹介 >
  3. テーブルゲームのある風景「ブードゥープリンス」

店内ボードゲーム紹介

テーブルゲームのある風景「ブードゥープリンス」

FxCam_1551783549389
 今日のテーブルゲームのある風景は「ブードゥープリンス」です。
 ブードゥーはゾンビと関連付けられて有名になってしまった感のあるブードゥー教からもってきているようすで、なかなか不気味で趣のあるイラストのカードゲームとなっています。

 ゲームとしてはプレイヤーは規定のカードを配られて、スタートプレイヤーから順に手札のカードを一枚づつプレイしてゆきます。
 全員がカードを一枚づつプレイしたならばそこで勝敗を一度決めて、勝利したプレイヤーが全員が出したカードをひとまとめにして自分の前に置いておきます。
 これを規定のセット数あつめたプレイヤーから順にゲームから抜けて行って、最後の一人になった段階で一ランウドが終了したものとして、何ラウンドが行って勝敗を決めます。
 さて、カードをプレイするルールなのですが、スタートプレイヤーがプレイした色のカードを持っているならば必ずプレイしなければいけません。
 もしもスタートプレイヤーがプレイした色のカードをもっていないのならば他の何色でもプレイ出来ます。
 もしもこの時にラウンドの開始時に決定した切り札の色をだしたならばそのセットに勝利する事が容易になります。
 上記のルールにしたがって各プレイヤーが一枚づつカードをプレイしたならばそのセットの勝敗を決めるのですが、スタートプレイヤーがプレイした色のカードで一番大きい数字を出していたプレイヤーが勝利ます。
 どんなに大きな数字であっても、スタートプレイヤーがプレイしたカードと同じ色でない限り勝利出来ないのです。
 ただし例外は、切り札をプレイした時で、その場合はスタートプレイヤーがプレイしたカードの色とは関係なく、切り札の色を出したプレイヤー同士のみで数字を比べる事になります。
 こうして勝敗をつけて、セットを各プレイヤーが獲得してゆくのですが、このゲームの本質はここからです。
 こういったゲームの場合、セットを獲得する事でポイントになるか、またはセットを獲得しない方が勝利するなどのルールが一般的なのですが、このブードゥープリンスではちょっと違います。
 プレイ人数によっていくつのセットを獲得したらゲームから抜けてゆくのかが違うのですが、この規定数のセットを最初に達成したプレイヤーは、他のプレイヤーが獲得しているセットの数だけのポイントを獲得してそのラウンドから抜けます。
 そうして規定のセット数獲得したプレイヤーは順次「自分以外のプレイヤーの」獲得セット数のポイントを得てラウンドから抜けてゆくのです。
 つまり、出来るだけ後の方でラウンドから抜けた方が獲得ポイントは高い事になるわけです。
 ただし、最後の一人になってしまった場合には「自分だけの」獲得セット数がポイントとなります。
 ですので、最後になりたくはないという不思議な駆け引きになるわけです。

 ルールは簡単ですので、初心者の方でも十分プレイ出来ます。
 不思議なプレイ感がありますので、是非プレイしてみてほしいゲームです。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
画像 画像
 お一人様一日500円で、店内にある約950タイトル以上のボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):