1. HOME >
  2. 店内ボードゲーム紹介 >
  3. テーブルゲームのある風景「シトラス」

店内ボードゲーム紹介

テーブルゲームのある風景「シトラス」

FxCam_1540902148771
 今日のテーブルゲームのある風景は「シトラス」です。
 プレイヤーは果樹園の開拓者兼オーナーとなって、荒地を開拓してより広く、より良い敷地の果樹園をつくりだす事が目的ですが、土地はそれほど肥沃とはいえないので、開拓の中心となる水地から同じ種類の果樹は植えられないのです。
 いかにして他の開拓者よりも良い土地と種類を植えてゆくかが腕のみせどろことなります。

 ゲームとしては碁盤の目のようにマスで区切られたメインボードと、育てるべき4種の果樹園タイルを置く市場ボードを全員の手の届くところに広げます。
 メインボードには最初の開拓開始地であるマーカー3つを所定のマス目に配置して、市場ボードにはマス目を埋めるように四種の果樹園タイルを袋にいれてからランダムに出して配置します。
 各プレイヤーは自分の色の労働者駒を受け取ります。
 一応プレイヤーの個人ボードもあるのですが、所持金の管理をメインに使うくらいです。

 ゲームが開始されて手番がきたなら、市場ボードから果樹園タイルを購入するか、メインボードにいる労働者を手元にもどして資金を得るかをしなくてはなりません。
 市場ボードについては縦、または横一列の果樹園タイルをすべて買う必要があるのですが、誰かが一列購入すれば、そこは空マスとなって補充はしばらくされないため、手番順などによっては1枚しか購入できない事もあります。
 市場ボードは果樹園タイルが所定の枚数よりも少なくなったなら、そのターンのプレイヤーが袋から1枚だしては空のマスに配置する、という行為をマス目が全て埋まるまで行います。
 基本的には同じ種類の果樹園タイルを一気に購入した方がプレイが楽な為、この配置の時には駆け引きが発生してしまう事でしよう。
 果樹園タイルを購入したならそれをとっておくことは出来ず、必ずすぐさまメインボードに配置しなければなりません。
 配置場所は開拓開始地に辺でせっしているマスか、自分の労働者が配置してある果樹園と同じ種類の果樹園タイルを辺でせっするように配置するかになります。
 さらに、開拓開始地の4つの辺には全てことなる果樹園タイルしか配置出来ない為、市場ボードでどのタイルを購入するかはかなり考える事になります。
 また、開拓開始地の周囲のマス全て(縦横だけでなく斜めも含む周囲8マス)にタイルが配置されたならそこで得点計算を行う必要があります。
 市場で果樹園タイルを購入する場合、2~3ラウンドで早々に資金がそこをつくのが珍しくありません。
 資金調達の方法はメインボードに配置してある自分の労働者駒を手元にもどすこどで、これによって資金を得る事が出来ます。
 自分のタイルを沢山つなげてあるほど資金は手に入るのですが、そうしたエリアは得点計算の時には大量の得点を生み出します。
 どこの労働者をもどし、さらにどこに配置しなおすのかといった事を終始考え続ける必要があります。
 陣取り要素まるだしのパズル的なゲームですが、ルールは最初混乱するものの落ち着いてプレイすればそれほど難しいものではない為、陣取り型ボードゲームをあまりプレイした事なくても十分に対処できる思います。
 是非プレイしてみて欲しいゲームです。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約950タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):