1. HOME >
  2. 店長ブログ >
  3. テーブルゲームのある風景「カカオinショコラ」

店長ブログ

テーブルゲームのある風景「カカオinショコラ」

FxCam_1476955278503
 今日のテーブルゲームのある風景は「カカオ」に拡張セットであるショコラトルを入れたバージョンです。
 「カカオ」はプレイヤーは村の責任者となって森の中に村人を派遣してカカオ畑を見つけたり水場を確保したり、神殿に参拝したりといった形で得点を得てゆきます。
 ゲームとしては各プレイヤーは内容はまったく同じタイルの山札をそれぞれ持って、そこから最初の手札3枚を引いて、以後自分の手番がくるたびに中央の場に自分のタイルを置いて1枚引いて手番を交代してゆきます。
 自分のタイルの置き方としては場にある土地タイルに隣接するように配置しなければならず、他のプレイヤーのタイルと隣接させてはいけません。
 つまり、土地タイルとプレイヤータイルは格子模様のように互い違いに配置するというルールにしたがって配置するのです。
 こうするとプレイヤータイル同士の辺が直角となる空間が生まれるので、そうしたなら、土地タイル山札から常に2枚オープン状態となっているタイルのうちいずれかを配置する事になります。
 いずれの場合でも、プレイヤータイルの4つの辺に描かれている村人マークの人数分だけ、その辺が土地タイルと面した時にアクションが実行されます。
 これは自分のターンではなく、他のプレイヤーは土地タイルを配置した結果土地タイルの辺と隣接してもアクションが起こります。
 カカオ畑からカカオを確保して、それを市場で売って得点するのが基本行動で、それ以外に水場を確保して村の水事情を改善する事も大切です。
 拡張セット「ショコラトル」では、カカオを煮詰めてチョコレートにするタイルが登場し、それを市場に売ると倍以上の金額になります。
 さらに村長の家が登場して、手に入れた資金で購入する事出来て、様々な効果を発揮します。
 本来の「カカオ」のパーティゲーム感をそこなわずに、よりワクワクする展開を提供しやすくなったすごく良い拡張セットだと思います。
 みんなでタイルを配置してジャングルを切り開いてゆく感じ見ていてもとてもテンションがあがりますし、みんなでワイワイ言いながらプレイするのは非常に楽しいものです。
 是非、皆様も魔王の森で体験してみて下さい!

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街でボードゲームカフェとして子供から大人まで誰もがテーブルゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約450タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりません、ご了承下さい。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):