本日 139 人 - 昨日 219 人 - 累計 174453 人 サイトマップ

5名推奨のゲームリスト(あ~そ)

  1. HOME >
  2. テーブルゲーム倶楽部のご案内 >
  3. 5名推奨のゲームリスト(あ~そ)
画像 5人でプレイするゲームを探している場合にお勧めしたいシリーズです。
 あくまで個人的な「推奨」ですので、もっと人数が多くても、または少なくても楽しめるゲームも沢山ある事もご理解下さい。
「ゲーム名」
人数:そのゲームの案内に表記しているプレイ人数です。
時間:5人でプレイした時のおおよその時間です。思考時間等たっぷりとったり、運の要素、慣れなどで大きく前後する可能性があります。
内容:ざっくりとしたゲームの内容と、たまに個人的な見解です。 プレイの感想は個人によって違うので、参考程度に思って下さい。

画像「アップル・トゥ・アップル」
人数:4~10名
時間:20分
内容:出されたお題にそった内容のカードをプレイして、無理やり理由づけをしてゆくパーティゲームです。

画像「あやつり人形」
人数:4~8名
時間:40分
内容:一つのカードセットを手番順にまわしながら1枚だけ選択してそのカード効果を発揮させていく読み合いのゲームで、慣れるほどに読みが深まるのでゲーム時間が伸びてしまう不思議なゲームです。

画像「イカロス」
人数:3~7名
時間:20分
内容:映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」ではダイスとカップで行っていたゲームのカードゲームバージョンです。

画像「イスラ・ドラーダ」
人数:3~6名
時間:60分
内容:プレイヤーは全員同じ探検チームとなって、自分だけの目的地の為に探検チームの行先をひそかにコントロールしていきます。

画像「裏切りの工作員」
人数:2~9名
時間:20分
内容:三陣営に分かれて、正体を隠したまま自軍の勝利条件を目指します。
 自分のチームメイトも分からないまま誰を妨害して誰を助けるのか、さまざまなカード効果を駆使して他のプレイヤーを出し抜いて下さい。

画像「Coup(クー)」
人数:3~6名
時間:15分
内容:手札わずか2枚で、参加者の手札を予測しながら相手を脱落させてゆく読み合いのサバイバルゲームです。

画像「クク」
人数:2~15名
時間:20分
内容:特殊なカードだらけの中で、いかに自分が脱落しないようにプレイするか、相手の手札は自分よりも強いのか、弱いのか。シンプルなシステムですがそれだけにプレイヤーの読みが勝敗をきめていきます。

画像「グリモリア」
人数:2~5名
時間:70分
内容:プレイヤーは専用の魔導書を使って様々な呪文を駆使して得点をしていくのですが、実際に本を利用してプレイするコンポーネントが素敵です。

画像「ゴキブリポーカーロワイヤル」
人数:2~6名
時間:30分
内容:カード名言いながら伏せてプレイして、それが本当かどうかを判断しながら相手のプレイヤーは対応していくパーティゲームです。

画像「コルセア」
人数:2~6名
時間:30分
内容:職業海賊を駆使して出来るだけ交易品を自分のものにするカードゲームです。 周囲への配慮やタイミングが試されるシステムですよ。

画像「コロッサルアリーナ」
人数:2~5名
時間:40分
内容:闘技場で戦くモンスター達のどれが勝つかを賭けていくゲームで、有名モンスターが目白押しです。

画像「スカルキング」
人数:2~5名
時間:40分
内容:所謂トリックテイキングと呼ばれるカードゲームで、自分が負ける事に賭けた方が楽な状況をどういじっていくかが作戦となります。

画像「Skull&Roses赤」
人数:3~6名
時間:15分
内容:あまりにシンプルなシステムに最初は驚くと思いますが、プレイしてみるとそのシンプルさゆえのドキドキ感にまた驚くと思います。
タイルを使ったチキンレースと言えます。

画像「スコットランドヤード」
人数:3~6名
時間:90分
内容:犯人役のプレイヤーが警察役のプレイヤーのコマから逃げ回る追跡型のゲームです。

画像「スティールドライバー」
人数:3~6名
時間:100分
内容:鉄道会社の株券を買い取り、線路の方向を指示して大陸を巡り、より大きな会社の株券を所有する事を目的とします。

画像「さまよえるオランダ人」
人数:3~6名

画像「イカサマージ」
人数:3~6名

画像「知ったか映画研究家」
人数:3~10名

画像「ヴァンパイアクィーン」
人数:3~12名

画像「キャッツ&チョコレート:日常編」
人数:3~6名

画像「GO-STOP」
人数:2~6名

画像「キャッツ&チョコレート:冠婚葬祭編」
人数:3~6名

画像「セレスティア」
人数:2~6名

画像「エスカレーション」
人数:2~6名

画像「イエティ」
人数:2~5名
内容:雪山を登りながら伝説のイエティを見つけるゲームで、自分の手番になったら特別な六面体を複数振って、その出た目によって雪山を登り、イエティの足跡をみつけ、現地の方に協力を仰ぎといったアクションをしてゆくゲームで簡単ゆえに盛り上がれます。

画像「ゾンビ噛む」
人数:3~5名

画像「ギフトトラップ」
人数:4~8名

画像「巨竜のはみがき」
人数:3~5名

画像「コルセア」
人数:2~6名

画像「ストラングル・エンパイア」
人数:2~7名

画像「コスタリカ」
人数:2~5名

画像「新・電力会社デラックス」
人数:2~6名