本日 116 人 - 昨日 338 人 - 累計 223290 人 サイトマップ
RSS
画像 画像
 今日の一枚はミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」のエルダー勢力の「ストライキングスコーピオン」です。
 ウォーハンマー40000はいわゆるSFをテーマにした膨大な背景設定をもっていて、発売されているモデル(基本的にはプラモデルです)はその物語に登場して活躍している存在です。
 いってみればガンダムのアニメに基づいてガンプラが出ているようなものです。
 さらにミニチュア「ゲーム」ですので、そのモデルを使用して戦略ゲームを大いに楽しむ事が出来ます。
 自分が作成したモデル達がジオラマのような戦場でアニメや映画のシーンそのままに自在に動き回り射撃して白兵戦をするのを目の当たりにするのは作成冥利につきるのではないかと思います。
 美しく作成して飾るのが静止画像だとすれば、ミニチュアゲームはまさに動画を楽しんでいるのだと思います。
 さて、「ストライキングスコーピオン」は影に潜む静かなる殺し屋で、敵陣深くに単独で潜入し、その心臓部を強襲する戦い方を得意としています。
 ゲームでも当然それは再現されていて、戦場に通常通りモデルを初期配置するのではなく、ある程度の制限はありますが敵軍近くに自由に配置してゲームを開始する事が出来ますし、そもそも敵軍が配置を終えてそれを確認してから後置きで有利なポジショニングが出来るのです。
 また、白兵戦能力にすぐれていて、敵軍の後方重火力部隊などを一気に白兵戦で殲滅して敵軍の援護を不能にさせるなどはまさに「ストライキングスコーピオン」のもっとも得意とする戦術となっています。

 写真のモデルではエルダー勢力独特の小さな宝石が多数ちりばめられた装飾品まで細かく丁寧にペイントされていて、その見栄えにびっくりさせられます。
 また、エルダー特有のルーン文字がヘルメットに描かれているのですが、これ全部筆で手書きでなされているのです。
 ここまで細かく美しく作成出来るのは本当に素晴らしいと思います。
 全体的な配色も設定されているストライキングスコーピオンをかなり丁寧に再現していて、月夜に長く伸びた影からゆっくりと実体化するかのようにこいつらが出現する雰囲気が伝わってくるようです。
 とても素敵なモデルになっていると思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
画像 画像
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「ウルムの黄金時代」です。
 プレイヤーはウルムの大聖堂を囲む街の貴族として、自身の家の支配力を広げてゆく事が目的となります。

 ゲームの内容としては毎ラウンドタイルを袋の中から引いて、それをボードにある3×3のタイル置き場の上下左右どこでも良いので差し込んで、その差し込んだ列のタイル3つのアクションを行う事が出来ます。
 タイルには5種類あり、「資金を得られる」「資金を使って街の支配権を得る」「タイルを獲得する」「タイルを使用してカードを引く」「自分のゴンドラを進ませる」の5つとなります。
 街を横切る河には自分のゴンドラがあり、それを進めてゆく事で街の様々な場所の支配権が手に入ってくる形となります。
 またカードをプレイしておく事でゲーム終了時に得点が得られ、このゲームでは他でも得点は入りますが主要な得点源は配置したカードとなります。
 そしてこのカードなのですが、自分の手番に1枚無料でプレイする事が出来るのです。
 すごく得ですししない理由がないのですが、カードを入手する方法が大変で、初期には1枚もない状態でスタートして、タイル効果で引いてこなくてはならないのですが、引いてくるには手元にタイルを獲得しておかなければならないといった事になります。
 それをいかに引いてくるかが勝負の分かれ目とも言えると思います。

 非常に美しい絵柄のボードで、さらにウルムの大聖堂のペーパークラフトが印象的なゲームで、実はルールは分かりやすくて直観的です。
 初心者でも十分楽しんで頂けますので、是非ボードゲームを満喫する気持ちでプレイして頂ければと思います。
 かなり楽しくプレイして頂けると思います。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街でボードゲームカフェとして子供から大人まで誰もがテーブルゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
画像 画像
 お一人様一日500円で、店内にある約450タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりませんどうぞご了承下さい。

画像 画像
 今日の一枚はミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」のティラニッド勢力から「マウロック」です。
 ウォーハンマー40000はいわゆるSFをテーマした背景設定で、地球に良く似たテラという惑星から発展していった人類が広大な宇宙を舞台に様々な種族、文明と遭遇するなかで無限とも言える戦争を繰り広げる物語になっていて、ティラニッド勢力はその中でも突出して不気味な勢力です。
 遥か外宇宙からやってきた怪物のみで構成された勢力で、交渉も共有も共存も一切出来ない、ただひたすらに進路上にある惑星を浸食してすべての生物資源を喰い尽くしていくすべての種族にとっての絶対的な敵となる存在です。
 その中で写真のマウロックは地中深くを進行し、敵陣の中央に突然地面の下から出現して周囲に死をまき散らす存在として恐れられています。
 出現時に周囲の者達を文字通り丸のみにしてしまい、それはゲーム上でもあらわされて、強力な範囲攻撃として敵ユニットを粉砕してしまいます。

 写真のモデルは実は女性が作成してペイントしたもので、鮮やかな色合いと独特のカラーリングが特徴的で、いかにも恐ろしい怪物という雰囲気をしっかりだしつつも、甲殻の青の発色などは美しい色合いだと思います。
 カラーリングには実はテーマ性があって、他のティラニッドにも法則性があるのも素晴らしいと思います。
 そうしたテーマを用意してあると、並べて軍団となった時の見栄えがさらにかあがってきますのでお勧めです。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
画像 画像
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「炭鉱讃歌カードゲーム」です。
 名前から分かる通り「炭鉱讃歌」というボードゲームがあって、それのスピンオフ的なカードゲームがこちらとなります。
 プレイヤーは炭鉱で働く労働者のマネジメント的な立場となって、炭鉱それぞれの特性に応じて品物と列車を用意して注文書におうじて出荷し、さらにその出荷先の株券を購入する事で利益をさらに押し上げてより多くも利益(勝利点)を獲得する事を目的とします。
  
 ゲームとしては非常に分かりやすいもので、中央に並べられたトロッコや貨物車両、機関車、注文書、株券、積み込み作業などの山札や権利カードの列に自分の手札にある1~5(プレイ人数によって4や5のカードは使用されません)のカードを配置してそのアクションを行うというものです。
 面白いのは各列には最初が1の労働者カード、次に2の労働者カード、以後ぴったり+1された数字の労働者カードしか配置出来ないというもので、しかもカードの値を合計してもよいので、3の労働者カードの次に2の労働者カード2枚で4としてカードを配置してアクションを行ってもよいのです。
 もちろん複数のカードを足し算してしまえばその分そのターンのアクション回数が減ってしまうのですが、それでもプレイしたい時はあるものです。
 また同時にアクション回数が減るというペナルティがあるものの、基本的には他のプレイヤーのカットプレイによって自分の手番にやれる事がなくなるといった事態が少なくなるのでストレスが少なく、初心者のプレイヤーさんでも楽しんでプレイする事が出来るシステムとも言えると思います。
 また、山札は全てオープンになった状態ですので、カードを説明しながらプレイが進行出来るのも初心者のプレイヤーさんがプレイするのに良い点だと思います。
 プレイも6ターンくらいで「もう少しプレイしたい」くらいのタイミングで終わる為、プレイ感が非常に軽く感じられます。
 ボードゲームをあまりプレイした事がない方にもおすすめで、最初のルールを説明してもらえる環境で是非プレイしてみてほしいと思います。
 もちろん「魔王の森」ではルールの説明も丁寧にしていますのでご安心下さい!

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街でボードゲームカフェとして子供から大人まで誰もがテーブルゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
画像 画像
 お一人様一日500円で、店内にある約450タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりませんどうぞご了承下さい。

画像
 今日の一枚はミニチュアゲーム「エイジ・オブ・シグマー」のディストラクション勢力から「ウォーチャンター」です。
 エイジ・オブ・シグマーは剣と魔法と怪物のいわゆるファンタジー世界をテーマにしていて、背景ストーリーは最終戦争で邪神側が勝利してしまって破滅した世界というかなりダークな物語からスタートします。
 邪神の従僕たるケイオスの勢力と、それに対して種族の自由を求めて立ちあがったオーダーの勢力の戦いが中心となりますが、それに絡んでくるのが死者の勢力であるデス、そしていずれにも属さず、戦いの為に戦いを行う破壊の集団であるディストラクション勢力です。
 今回の「ウォーチャンター」はそのディストラクション勢力の中でも打撃力と凶暴さで有名なオーク種族の「アイアンジョウズ族」です。
 日本だとオークというとファンタジー世界のやられ役的なイメージが強いかもしれませんが、人間をはるかに超える戦闘能力をもった屈強な種族という描かれ方をしている作品も実はかなり多くて、エイジ・オブ・シグマーでもそのような描かれた方をしています。
 人間では一対一で勝負するのは無謀なくらいの種族的な戦闘能力の差があるといっても良いかもしれません。
 その中でもさらに屈強な、というか屈強すぎるものだけで構成さているのがアイアンジョウズ族なので、その攻撃力や突破力のすさまじさは語るまでもないでしょう。
 「ウォーチャンター」そうした中で部隊の士気をあげて、さらに狂乱状態にして異常な攻撃力を発揮させる扇動者といってよいと思います。
 魔力を利用するわけではないのですが、周囲のアイアンジョウズの攻撃力を一気にひきあげる事が出来るのです。

 写真のモデルは典型的なアイアンジョウズのカラーリングを表現していて、イエローのアーマーはアイアンジョウズの代表的なカラーで、その色が戦場に現れただけで敵軍は恐慌状態になりかねません。
 両手にかがげるスティックは呪術的な要素ももっていて、オークの神への信仰の証でもあり、かつ打撃武器でもあります。
 不気味な脈動を感じさせるペイントは素晴らしいのではないでしょうか。
 全体的な黄色というのは綺麗に発色させるのが実は結構難しくて、写真のように綺麗な黄色に発色させるのはお見事というほかない素敵なモデルだと思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
画像 画像
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「ヴィラ・ネビュラ」です。
 ゲームの背景設定はファンタジー世界で長く闇の時代が続いたあと、やっと人間の時代が始まり、人々は村をでて霧をかきわけて開墾と開発を開始したというもので、プレイヤーは村長となってボード上に点在する様々な資材を集めて発明品や建物のカード(これが得点になります)をプレイしていきます。

 ゲームのシステム自体は本当にシンプルで、自分の手番が来たなら霧で覆われているメインボードに平地タイルをおいて開拓するか、開拓地マスに自分部の開拓タイルを配置するか、資材タイルが配置されているマスに自分の人材コマを配置してそのマスに資材を生み出すか、または平地タイルがつながっている事を条件に自分の開拓タイルの上に資材を移動させる、そして資材が必要なだけたまったならばそれを消費して建物カードを獲得するの5つのアクションを組み合わせてプレイします。
 文書にしたのでやや煩雑に聞こえるかもしれませんが、これはボードを前にして口頭で説明されると非常に直感的なシステムでもあるので初心者の方でもすんなりと何が出来るのかを理解出来ると思います。
 そして、このゲームの魅力はここからで、直感的で理解しやすいルールですので「何が出来るのか?」は簡単に理解出来るのですが、では「何をすれば良いのか?」は非常に説明しにくくなやましいのです。
 資材タイルのあるマスに人材コマを配置して資材が生まれる、開拓地マスに開拓タイルを配置する、この二つのマスをつなぐように平地タイルを配置する、つなげたなら資材を開拓タイル上に持ってくる、必要な資材が揃ったらそれを支払ってボード上部に並んでいる建物カードを購入する。
 やる事は一直線でなんてことはないのですが、それを自分だけでやろうとすると非常に手間がかかる上に困難なのです。
 資材は複数種類あるので、出来れば他のプレイヤーと分担して生み出したいですし、開拓地マスには開拓タイルを2枚まで配置出来るので、他のプレイヤーと分け合う形にして各地の資材マスまでの平地タイルの配置を分担したい所です。
 つまり、間違いなく対戦ゲームであるにもかかわらず協力プレイがあちこちで発生するわけです。
 それも純粋な協力というよりも互いの利益を求めるビジネス的な共同同盟のような形があちこちに生まれるわけです。
 この各プレイヤーの思惑が入り乱れる状況こそがこのゲームをもっとも面白くしている部分で、それぞれのプレイヤーがこっちでは敵対しつつあっちでは協力し、ここで協力するから向こうでは自分を優先してくれるよね?などという状況でプレイが進み、どこかで相手を出し抜くチャンスを狙ってゆく状況が生まれやすくなっています。
 もちろん1人が突出して他のプレイヤーがそれを追いかける形になるケースも発生はしますが、それも基本的にはプレイヤー間のやり取りの結果としてそうなる場合が多いので、次のプレイの時には上手く立ち回りたいと思わせるものになっていると思います。
 3人くらいでプレイするのがプレイ時間も1時間程度で手軽に終われ、それでいて考える部分もしっかりあるのでお勧めです。
 是非友人同士で、または個人同士でプレイしてみて欲しい素敵なゲームです。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街でボードゲームカフェとして子供から大人まで誰もがテーブルゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
画像 画像
 お一人様一日500円で、店内にある約450タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりませんどうぞご了承下さい。

画像
 今日の一枚はミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」のエルダー勢力から「モウガン・ラー」です。
 ウォーハンマー40000は作成したミニチュアモデル(歩兵から戦車、戦闘機、ロボット、怪物などのプラモデル(一部違うものもありますが)の総称と思って下さい)を使用した対戦戦略ゲームを楽しむ事が出来るのですが、それぞれのミニチュアモデルには様々な、そしてかなり膨大な背景設定が用意されていて、それらはルールブックや設定資料集はもとより、毎月刊行されている日本でいうライトノベルのような形式での小説で展開されていて、ゲームをする上で、またはミニチュアを作成する上で想像の幅を大いに広げてくれるのが魅力の1つだと思います。
 この「モウガン・ラー」は超古代種族エルダー勢力の英雄で、部隊名などではなく個人名です。
 宇宙の邪悪なる歪みの奥に仲間が飲み込まれてしまった時に単身助けにいって奇跡の生還を果たした物語や、凶悪な怪物達の軍団であるティラニッドの熾烈極まる猛攻をただ1人で防ぎきった逸話などさまざまな武勇伝がストーリーとなっていて、読んでいるだけで楽しくなってきます。
 超人的な身体能力をもつエルダーの精鋭達の中でもたった6人のみが名乗る事が許されているフェニックスロードの1人にしてダークリーパー部隊の長でもあるのが「モウガン・ラー」なのです。

 写真のモデルはそうした歴戦の英雄である雰囲気を十分に感じさせるペイントで、特に骸骨をもしてあるアーマーのペイントが二重にシェイドをかける事でざらついた骨の色合いを見事にだしていて、写真だと分かりづらいのですが、絶妙な色合いになっています。
 また、腰布が深い紫でペイントされていて、丁寧に影とハイライトがついている事から布の柔らかいイメージがでていると共に、「モウガン・ラー」の戦歴を表現するような足元の血糊も上半身のモノクロ感との対比がでていて、とてもミニチュアが映えるものになっているのが素敵だと思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
画像 画像
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「トレジャーハンター」です。
 プレイヤーは冒険者となって雪山、ジャングル、地下迷宮を巡り、仲間やしもべ、さらには魔法のアイテムを駆使して他の冒険者チームを出し抜いて宝をより多く集めます。
 そして帰り道のゴブリンを退けて無事宝を持ちかえってこなければいけないのです。
 
 ゲームとしては最初に配られた9枚のカードの中から1枚を選択して自分のカードとして伏せて残りのカードの束を隣のプレイヤーに渡す、いわゆるドラフトをカードの束がなくなるまで行います(当然手元には再び9枚のカードが揃うわけです)。
 そして、雪山、ジャングル、地下迷宮と冒険をするのですが、この時それぞれの場所には最高の戦力(カードの数字の合計でしめされます)と最低の戦力のチームがそれぞれ得られる宝タイルが配置されているのですが、これは完全にランダムなので、最低の戦力の枠の宝タイルの価値(勝利点)が最高の戦力の枠の宝タイルの何倍にもなっていたり、減点の宝タイルもあるのですが、それもどちらにでも配置される可能性があります。
 9枚のカードをドラフトする前に宝タイルは配置されてオープンされますので、それを見ながら各プレイヤーはカードを選択してドラフトしてゆく事になります。
 各冒険地にはそれに対応した冒険者しか出す事は出来ないのですが、対応した冒険者(雪山は青いカード、ジャングルは緑のカード、地下迷宮は赤いカードとなっています)カードを持っていた場合には「必ず全部」出さなくてはならないのです。
 そうして全員がその冒険地に対応した冒険者を全部プレイした後に最高値と最低値が決定して、それぞれの宝タイルを獲得します。
 ですので、最高値についてはドラフトで対応する冒険者カードをとにかく集めれば良いという事になりますが、最低値を狙いたい場合はかなり慎重にドラフトする必要があるという事になります。
 そしてスパイスとして魔法カードが存在していて、自分の出した冒険者カードに対して数値を足したり引いたり、倍にしたり0にしたりといった事が出来るので、それも考慮しながら最初にドラフトしてゆくわけです。
 最後にゴブリン達の襲撃が処理されるのですが、この時は番犬カードによって撃退する事になり、番犬カードの戦力がゴブリン達の戦力以上であれば大丈夫ですが、小さい場合示されている数値分の得点チップをゴブリンタイルの上に置かなければならず、番犬カードの合計数値がもっとも高いプレイヤーがそれらを総取りしていってしまいます。
 手札は残っていたとしても全て破棄してターンが終了となり、それを5ターン続けてもっとも得点の高いプレイヤーが勝利となります。

 毎ターンカードは9枚づつ配りなおされるので、かなり手なり感はありますが、それはどのプレイヤーも同じですので、軽いドラフトゲームとしては目標がハッキリしている分だけ分かりやすく、同時に悩ましくなります。
 宝タイルの内容も単純に得点が描いてあるものだけではなく、減点タイルや自分がそのターンにプレイしたカードの種類によって得点がもらえるものや、ゲーム終了時に特定の条件で得点がもらえるものまであり、自分がどこの場所を狙うか、または他のプレイヤーがどこの場所を狙いにいくのかといった思惑が交錯するとても良いゲームだと思います。
 6人までプレイ出来ますが、9枚のカードで6枚ですと運の要素が相当高くなってしまいますので、4人くらいでプレイすると様々な駆け引きが出来て盛り上がれるのではないかと思います。
 是非プレイしてみてほしいゲームです。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街でボードゲームカフェとして子供から大人まで誰もがテーブルゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
画像 画像
 お一人様一日500円で、店内にある約450タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりませんどうぞご了承下さい。

画像 画像
 今日の一枚はミニチュアゲーム「エイジ・オブ・シグマー」からオーダー勢力の「ウォーヒドラ」です。
 エイジ・オブ・シグマーは剣と魔法と怪物の世界、いわゆるファンタジー世界をテーマとしていて、そこでは最終戦争で邪神側が勝利してしまった破滅した世界から物語がスタートしています。
 そう、まさに物語で、毎月刊行される小説で沢山のエピソードが追加されつづけていて、ルールブックや背景設定集なども多数刊行されているのが大きな魅力です。
 エイジ・オブ・シグマーの世界での戦いの様子や様々な種族がどのように戦い、どのような関係を結び、有名な英雄はどの戦場でどんな武功をあげているのかなど、ミニチュアを作成する時はもとより、ゲームをプレイする上で盛り上がる要素が本当に沢山用意されています。
 TRPGのように物語や背景を楽しんだり、ゲームをプレイする上で映画やアニメのような雰囲気を感じる助けを本当に多数用意してくれている(ミニチュアメーカーなのにユーザーが趣味そのものを幅広く楽しんでもらおうと、ある意味やりすぎなくらいになっているのはオタク魂の象徴のようです(笑))のは大きな魅力だと思います。
 そうしたエイジ・オブ・シグマーでは破滅した世界で邪神の奴隷となっている全ての命ある者達が自由を取り戻す為に人間達が反撃にうって出る物語となっています。
 「ウォーヒドラ」そうした自由なる民の勢力である「オーダー」に属しているダークエルフ達が使役するもので、強力な接近戦能力と無限再生する耐久力をもっている非常に戦闘能力の高い怪物で、それはゲームにも反映されています。
 実際大ダメージを一撃で与えられるユニットで攻撃しないことには、あっという間に傷を回復させてしまう為、小さなダメージの積み重ねはほとんど意味をなさないでしょう。
 さらに多数の首からも分かりますが、攻撃回数も驚異的で、ちょっとした部隊程度なら一瞬で壊滅させてしまう攻撃力を持っています。

 写真のモデルはそうした凶悪なモンスターを生き生きとした形で表現していて、特に首元の肌の感じが爬虫類というより恐竜などに近い形でペイントされていて、分厚い皮膚を強く印象付けてくれます。
 多数ある顔の目元と口元に陰影をハッキリつける事で、「ウォーヒドラ」がもつ攻撃性を象徴するような好戦的な雰囲気が出ていて、迫力がさらにまして素晴らしい仕上がりになっていると思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
画像 画像
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

画像
 先週末は土曜日の夕方から本格的に雪が降って、時間帯によっては吹雪いている程の天気になりました。
 そして、翌日曜日はそのまま雪が降り続けて、個人的な記憶ではここ10年くらいでみたこともないほど、びっくりするくらいの積雪になりました。
 平地で20センチ以上も積もる雪がふるのは四日市では相当珍しいのではないかと思います。
 そんな悪天候のなかでしたので、日曜日の「魔王の森」は開店時にはお客様はさすがにいらっしゃれない(交通機関にも影響が出ていました)だろうし、来られても少ないだろうと思っていたのですが、新規のお客様もふくめてぞくぞくとご来店して頂き、満席状態になるほどで、ボードゲームやミニチュアゲーム(ウォーハンマー40000)の現状での盛り上がりや熱気に驚くとともに、あの悪天候の中わざわざご来店頂きました皆様に本当に感謝しております。
 ありがとうございました。
 事前に開店しているか確認して下さったお客様もいらして、お気づかい頂きましてありがとうございます。
 「魔王の森」では台風でもそうですが、避難勧告が出ていない限り(笑)、営業時間には開店しております。
 悪天候な時ほど、「そうだ、ちょっと寄って行こうか」となった時に開いていないと寂しいじゃないですか。
 ボードゲームやミニチュアゲームの仲間が集まって楽しんで趣味を満喫出来る「場所と時間の提供」が私が目指す魔王の森という場所ですので、それがお届け出来ていたなら、本当に嬉しい限りなんです。

画像
 さて、今日のテーブルゲームのある風景は「ピーナッツ」です。
 ある意味非常にシンプルなゲームで、「モノポリー」または日本だと「いただきストリート」というと通りが良いのかもしれないのですが、そういったゲームを極限までシンプルしたゲームという感じのゲームというのが個人的な印象です。
 手番が来たらサイコロを振り、その出た目だけボード上に描かれている円形の周囲のマスを移動していきます。
 各マスにはそれぞれ金額が描かれており、その金額を支払えば再びサイコロを振り足して進む事も出来ます。
 こうして各プレイヤーが自分が納得のいく(まぁ、支払う金額が手持ちになければ納得いかなくても)場所で停止したなら、その中でもっとも高い金額のマスにいるプレイヤーに、他のプレイヤーは自分のいるマスの金額とそのプレイヤーの金額との差額を支払い(この時、自分がいるマスの所有者が自分であるなら支払いは免除されます)、さらにそのもっとも高い金額のマスにいるプレイヤーはまだ所有者の決まっていないいずれかのマスの金額を支払ってその所有者になる権利が与えられます。
 これで1ターン終了で、これを繰り返して誰かが所持金がなくなって破産した時に所持金の最も多い者が勝利する、またはだれかが6ヶ所のマスの所有者となって勝利するかのいずれかの条件がそろったのならゲームが終了します。
 サイコロを振るルールがちょっと特殊なものですので、どんどんサイコロを振り足して一回の手番で一周してくるなんて事も起こせるゲームで、5人くらいでプレイすると非常に楽しめると思います。
 どこまで無理をして、どこまで所持金をキープ出来るのかの感覚が熱い展開になります。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街でボードゲームカフェとして子供から大人まで誰もがテーブルゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
画像 画像
 お一人様一日500円で、店内にある約450タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりませんどうぞご了承下さい。

画像
 今日の一枚はミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」より機械化文明ネクロンと血と暴力の邪神の信徒コーンディーモンキンの戦いです。
 ウォーハンマー40000はいわゆるSFの世界で、ネクロンは全ての者が機械化された存在となっている絶対機械圏ともいうべき領域を浸食していったいる勢力で、コーンディーモンキンは血と暴力の邪神の配下である悪魔と、その信徒である狂信者達の軍団となっています。
 ゲーム的な側面でみると中間距離での射撃性能と全勢力中最高の防御力を誇るネクロンと、白兵戦能力特化で攻撃力こそがすべてのコーンディーモンキンという真逆の戦略の対戦となりました。

 写真は魔王の森の店内でプレイされた時のもので、ゲーム最序盤から一気に距離をつめて攻勢をかけるコーンディーモンキンに対してネクロンがどこまで距離を確保出来るかといった予想通りの戦いとなりました。
 ネクロン側の壁となるユニットがコーンディーモンキン側の足止めユニットにからみとられて一気に勝負をきめられるかといった所だったのですが、コーンディーモンキン側のダイスの出目が極端に悪く、そのまま消耗戦にもちこまれる形となりました。
 こうなると防御力が限りなくないコーンディーモンキン側は相当不利な状況になってしまいます。
 小さなリソースのやりとりが続くのですが、ネクロン側が粘り強くプレイすれば、それはそのままネクロン側の有利に傾く展開になっていきました。
 ウォーハンマー40000はそうした小さなリソースの積み重ねが有効になるシーンが沢山あり、「○○というユニットつかって、××という戦い方すれば安泰」などといったユニット性能におんぶにだっこになれない状況を生み出せるのも魅力だと思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
画像 画像
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「フィルムをまいて」です。
 プレイヤーはミニカメラを持って街を散策する現代の若者となって、きままにあちこちのスナップショットを撮ります。
 そして上手にフィルムを巻く事で、一つの思いでとして形作っていく事になります。

 かなりポップな背景ですし、カードセットを使用したゲームなのですがそのカードイラストも独特なタッチで、かついかにも気軽にノリでとった写真ですといった不思議なアングルのイラスト(というか多分失敗していると思われるものも(笑))なのですが、なかなかどうしてパズル的な面白さがあります。
 場には縦横4枚づつの16枚のカードが並べられて、プレイヤーは自分の手番にいずれか一枚を獲得するのですが、その時横並びの列にならんでいるカードは好きな枚数まで続けて獲得して構わないのです(連続写真をとった雰囲気でしょうか)。
 そしてこのゲームの最大の特徴でもあるのですが、手札のカードの順番を入れ替えてはならず、獲得したカードはそのままの順番で手札の手前側に重ねて持たなければなりません。
 そして手札の好きな場所から1枚だけを好きな場所(ただし、元の位置よりもかならず手前側に移動しなければなりません)に移動させなければなりません。
 最後に手札の一番奥側から順に獲得した枚数分だけのカードを自分の前の場に出さなくてはなりません。
 この時場に出すカードは同じ色でならべて、数字が昇順か降順に必ずならんでいなければならず、並べられなかったカードはミスショットとして裏向きにださなければならないのです。
 ただし、人数によって多少変動するのですが、だいたい3枚並べて出す事が出来たならば得点カードが獲得出来ます。

 ルールを聞いてプレイすると、最初はなにをどうして良いのか不思議な感覚なのですが、機械的に1周するとなるほどとプレイのイメージがつかめると思います。

 とにかく同じ色で昇順か降順にしか自分の前の場にカードが並べられないので、手札の中で上手に順番を確保しつつ、新たに獲得したカードにも気を配って、毎手番に1枚だけ手札のカードを移動出来る権利を上手に生かして、時には壁役に、時には並び順をつくる切り札として機能させてゆきます。
 
 パズルチックなゲームで個人的なプレイ感は落ちゲーとよばれるテレビゲームに近いイメージでした。
 そうしたゲームが好きな方は何度でもチャレンジしたくなる楽しさがあると思いますので、是非チャレンジしてみて下さい。

 今週末は寒波で非常に気温が下がると聞いております。
 こんな時こそ、「魔王の森」の店内で暖まりながらのんびりとテーブルゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか。
 ご来店を心よりお待ちしております。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街でボードゲームカフェとして子供から大人まで誰もがテーブルゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
画像 画像
 お一人様一日500円で、店内にある約450タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりませんどうぞご了承下さい。

画像 画像
 今日の1モデルはミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」の「エルダー」勢力から「アバター・オブ・カイン」です。
 ウォーハンマー40000はいわゆるSFをテーマしたミニチュアゲームで、インペリウムという人間の勢力が外宇宙へと勢力を広げていった結果遭遇した様々な文明や種族との抗争を中心に大量の背景設定が用意されていて、読み物としても毎月小説が発売されています。
 登場する約13勢力の1つである「エルダー」は遥か神話の時代から存在している種族で、その昔は宇宙のほとんどを支配していたほどの超文明をもっていたのですが、堕落し、ついに邪神を生み出すという消す事の出来ない大罪を犯して星間文明としては滅んでしまうのですが、その時生まれた邪神に「エルダー」の神々もそのほとんどが殺されて喰われてしまいました。
 そしてたった2柱の神のみがかろうじて生き残り、現在のエルダーに信仰されているのですが、その1柱が死と破壊の神である「カイン神」です。
 そしてエルダー勢力が種の存亡をかけて戦う時に、生贄をささげてカイン神をこの世に具現化させて戦いに臨むのですが、それがこの「アバター・オブ・カイン」という訳です。

 写真のモデルは炎の化身でもある「アバター・オブ・カイン」の特徴を本当に見事に表現していて、さらに神の現身である事から宝石や様々な装飾品でかざられているのですが、それらが細かく丁寧にペイントされています。
画像
 そして個人的に本当に素晴らしいと思うのが前垂れのエルダーの印なのですが、制作者の方は筆で自分で描いているのです。
 見事な出来栄えだと思います。
 また、足元の溶岩のようなベースデコレート、さらには下半身の内側から灼熱のマグマが噴出さんとする様子など、本当にあちらこちらに気をくばられた作品になっていて、とても魅力あふれるものになっていると思います。

 ちなみに「魔王の森」ではペイントスペースも用意してあり、そこで自由にペイントや作成を楽しんで頂けるのですが、この「アバター・オブ・カイン」もそこでペイントされているのをまじかで見させて頂いていました。
 いやー、やはり他の方の、とくに上手な方のペイント作業の様子を実際に見れるのは個人的にすごく素敵な体験です。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
画像 画像
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「コーンウォール」です。
 プレイヤーは土地を開墾して自分の所有地を増やして得点を獲得すると共に新たな土地を発見して広げてゆく事で資金を獲得します。
 ゲームとしては非常にシンプルで、様々な地形が描かれている六角マスが3つ合体しているタイルで山札を作り、各手番プレイヤーはそれを1枚引いて場のタイルにつなげてゆきます。
 この時のルールとしてすでに場にあるタイルのどこにつなげても良いのですが、少なくとも一ヶ所は同じ地形が描かれているものをつなげなければならず、かつ二つ以上の六角マスが場にあるタイルと接触する形で配置しなければならないというものです。
 さらに、付け加えると決算が終わっている地形については今度は逆に同じ地形をつなげてはいけない、というルールが追加されます。
 そうして土地をつなげた時に2種類の地形を広げる形で配置出来たのなら1コインの報酬がもらえます。
 
 さて、タイルを配置した後に、自分が配置したタイルに自分の手持ちの労働駒を置く事が出来ます。
 これによって土地が決算を迎えた時に得点が得られるかどうかが決まります。
 同じ地形続きに何人のそしてどのプレイヤーのものであろうとも労働駒が並んでいても良くて、いざ決算の時にもっとも労働者駒のポイントが高いプレイヤーが得点を得ます(一応二位の人にも点数がいくときもあります)。
 さらに得点は土地の広さによって決定されるので、どんどん同じ地形がつなげられて得点が高くなった地形にはより多くのプレイヤーが自分の労働者を配置しようとして、その結果その地形はさらに広がってゆくという事が起こりえます。

 得点ボードがカルカソンヌというゲームにそっくりなので、一見同じようなタイプのゲームに思えますが、陣取りの要素と得点獲得の要素がタイルの引き運を強くしてある為に非常に軽いバランスになっていて、ボードゲームにあまり慣れていないプレイヤーがまじっている場合でもバランスよく、かつテンポよくゲームが進行出来るのが大きな魅力になっていると感じます。
 タイルの引き運の要素は大きいですが、それについてはタイルの配置のテクニックである程度対抗する事が出来ます。
 もちろん運の要素が強めのバランスなのでなすすべもない時ありえますが、それもこのゲームの要素だという心の余裕がある方ならばとても楽しんでプレイ出来るレベルのだと思います。
 短時間でプレイ出来る軽めのタイル配置ゲームとして、是非楽しんでほしいゲームです。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街でボードゲームカフェとして子供から大人まで誰もがテーブルゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
画像 画像
 お一人様一日500円で、店内にある約450タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりませんどうぞご了承下さい。

 明日1月8日は祝日営業で、月曜日ですが魔王の森は営業させて頂きます。
 時間は13時から19時までとさせて頂きますので、どうぞお気軽に遊びにきて下さい。 


画像
 今日は今年最初の「魔王の森・ゲームデイ」を開催しまして、あいにくの悪天候にもかかわらず多くのお客様にご来場頂きまして本当にありがとうございました。
 また、桑名の庵様がどうぶつしょうぎキャパンとしてコラボ参加して下さいまして、どうぶつしょうぎのレクチャーなどをして下さり、すごく素敵なイベントにして下さいました。
 感謝するばかりです、ありがとうございました!
 ボードゲームでは新規のお客様も含め参加して頂きまして、「キャントストップ」「モルタールの門」「シティビルダー」「ロータス」「サンダーストーン」「エスカレイション」「エイジ・オブ・サモナー」「デモンワーカー」などをプレイして頂きまして非常ににぎやかなイベントとなりました。
 今年も毎月第二日曜日に「魔王の森・ゲームデイ」を開催していきますので、どうぞよろしくお願い致します。

画像
 今日の一枚はミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」より、超古代種族エルダー勢力の「バハロス」です。
 ウォーハンマー40000はいわゆるSFをテーマにして地球によく似たテラという星を主星とするインペリウムを物語の中心として宇宙を舞台にした壮大な戦争史を背景としているミニチュアゲームなのですが、その中でインペリウム、つまり人間という種族が生まれるはるか以前から宇宙のほとんどを支配するほどに栄えたいたのがエルダーという種族です。
 人間からは魔法とも見える超科学力をもっていたのですが、慢心からくる堕落に種全体がおかされ、ついには悪魔をこの世に誕生させてしまい、エルダーはその星々も種のほとんどを失ってしまい、いまや滅びゆく種族となってしまったのです。
 とはいえ、その超絶な戦闘能力は健在で、それはゲームにも大いに(ある意味やり過ぎな勢いで)反映されています。

 「バハロス」はそうしたエルダーの軍隊を率いる6人しかいないフェニックスロードの一人です。
 背中の翼は科学によって生み出されたもので、ブースターの一種であり、空を自由に飛ぶ事が出来ます。
 その機動力を生かした一撃離脱戦法や奇襲攻撃が「バハロス」率いるスィーピングホークの戦い方といって良いと思います。

 写真のモデルは翼の雰囲気や全身のあちこに守護として埋め込まれて宝石や装飾品なども細かく丁寧にペイントされていて、近くで見るほど本当に美しい仕上がりになっています。
 神秘的なエルダーという種族の雰囲気を良くだしていますし、翼を広げた躍動感のあるポーズをより強く印象づける素敵なモデルになっていると思います。

【明日のイベントご案内】
画像
 明日1月8日(日)は今年最初の「魔王の森・ゲームデイ」を開催致します。
 もちろん今年も「テーブルゲーム倶楽部」と合同開催でいきますので、ミニチュアゲームのフリープレイだけでなく、ボードゲームやTRPGを楽しんで頂けく事が出来ます。
 さらに!今回は桑名の庵様とのコラボ企画で「どうぶつしょうぎ」のイベントも同時開催とさせて頂きます。
 ご家族で楽しめる企画ですので、是非参加して頂ければと思います。


 場所はシェトワ白揚文具館二階Aホールで、時間は13時から20時までとなります。
 会場費はお一人様500円で、入場や途中退場などの制限はないので、何時からでも、何時まででもお気軽に参加して頂ければと思います。
 ミニチュアゲームはウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーを中心に遊べるように戦場をご用意しております。
 ボードゲームについては「テーブルゲーム倶楽部」より「オケアノス」「ロータス」「モルタールの門」「世界の7不思議」「アクアスフィア」「キャントストップ」「コーンウォール」「イゾルデ」「大いなる狂気の書」「デウス」「デモンワーカー」などを持っていきますが、店内取り扱いリスト(取扱いテーブルゲームのリスト)の中にプレイしてみたいタイトルがありましたら、ここの返信に書き込んで頂ければ喜んでご用意させて頂きます。
 皆様のご来場を心よりお待ちしております。

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「モルタールの門」です。
 プレイヤーはナルニア物語の主人公達さながらタンスや鏡台、水槽などに開いた異次元への門を通じて他の世界の住人を呼び出して仲間を集めてゆく事になります。

 ゲームとしては1~8の数字が描かれた宝石カードと、異世界の住人達のカードのふたつの山札を使って遊ぶようになっており、宝石カード山からは常に4枚、住人カードの山からは常に2枚のカードが表向きに場に並べられた状態になります。
 プレイヤーは自分の手番に3回までの行動を起こす事が出来て、出来る行動の種類としては「1、宝石カードを1枚引く」「2、住人カードを自分のボード上に持ってくる」「3、手札の宝石カードを使って自分のボード上にいる住人を召喚して仲間とする」「4、4枚の宝石カードを全て捨て札にして、新たに4枚めくりなおす」の4種類となっていて、3回までならどれを選ぼうと、同じ行動を繰り返そうとかまいません。
 基本的には宝石カードを手札に集めて、自分のボード(これがタンスや鏡台などの絵になっています)に持ってきた住人に指示された宝石カードの組合せになるように捨て札にして仲間にするというのがゲームの流れで、住人達は仲間になると様々な特殊能力を発揮して手助けしてくれるだけでなく、勝利点にもなっています。
 特定の勝利点をだれかが集めたらなら最後の手順を全員が行って、勝利点が最も高かったプレイヤーの勝利となります。
 ルールはシンプルで誰でも覚えられますし、住人の召喚についても手札の宝石カードを「4,5,6」を揃えて捨てるなどいった感覚的に理解しやすいものなので誰でも楽しめると思います。
 イラストも非常に雰囲気のあるものですので、普段あまりボードゲームなどをされた事のない方でも十分楽しんで頂けるのではないかと思います。
 是非、一度試してほしいゲームです。

【週末のイベントご案内】
画像
 今週末の1月8日(日)は今年最初の「魔王の森・ゲームデイ」を開催致します。
 もちろん今年も「テーブルゲーム倶楽部」と合同開催でいきますので、ミニチュアゲームのフリープレイだけでなく、ボードゲームやTRPGを楽しんで頂けく事が出来ます。
 さらに!今回は桑名の庵様とのコラボ企画で「どうぶつしょうぎ」のイベントも同時開催とさせて頂きます。
 ご家族で楽しめる企画ですので、是非参加して頂ければと思います。


 場所はシェトワ白揚文具館二階Aホールで、時間は13時から20時までとなります。
 会場費はお一人様500円で、入場や途中退場などの制限はないので、何時からでも、何時まででもお気軽に参加して頂ければと思います。
 ミニチュアゲームはウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーを中心に遊べるように戦場をご用意しております。
 ボードゲームについては「テーブルゲーム倶楽部」より「オケアノス」「ロータス」「モルタールの門」「世界の7不思議」「アクアスフィア」「キャントストップ」「コーンウォール」「イゾルデ」「大いなる狂気の書」「デウス」「デモンワーカー」などを持っていきますが、店内取り扱いリスト(取扱いテーブルゲームのリスト)の中にプレイしてみたいタイトルがありましたら、ここの返信に書き込んで頂ければ喜んでご用意させて頂きます。
 皆様のご来場を心よりお待ちしております。

画像
 今日の一枚はミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」の体験プレイで、「タウvsオルク」です。
 最近ウーハンマー40000を新規で始める方が増えていて、「魔王の森」では無料で体験プレイを受け付けております。
 写真のシーンは事前にご予約頂いていたもので、先だって雑談もかねてご来店して頂いた時に簡単な形でウォーハンマー40000の勢力を説明し、気になったのがタウとオルクという事で、その二つの勢力での体験プレイとなりました。
 中間距離の射撃を得意とするタウと、接近戦こそがその信条であるオルクの戦いは「寄るか」「寄らせないか」という真逆の発想での対戦ですので非常に緊張感のあるプレイになりました。
 特に公証ルールでの戦場サイズが小さくなった影響は果てしなく大きく、白兵ユニットの圧力は一層ましているというのが素直な感想です。
 ほぼすべてのルールを説明しながらの体験プレイだったので2時間と少し時間がかかったのですが、白熱した対戦で時間を忘れて楽しんで頂けたようで私としてもうれしい限りでした。
 文章を読むより、口頭で話を聞くより、体験してみるのがウォーハンマー40000は一番理解が早いですし、何よりも楽しんで頂けると思います。
 対戦ゲームである以上当然勝ち負けはありますし、勝利する為に最善はつくしますが、対戦そのものの過程にこそウォーハンマー40000の楽しみがあり、それを是非体験してほしいとも願っております。
 「魔王の森」ではいつでも対戦が出来ますのでお気軽に遊びに来て頂ければと思います。
 ただ、体験プレイについては準備もありますので、事前予約をして頂けるとスムースになれると思います。
 興味を持って頂けましたら、是非お声をかけて下さい。
 一緒に楽しみましょう!

【週末のイベントご案内】
画像
 今週末の1月8日(日)は今年最初の「魔王の森・ゲームデイ」を開催致します。
 もちろん今年も「テーブルゲーム倶楽部」と合同開催でいきますので、ミニチュアゲームのフリープレイだけでなく、ボードゲームやTRPGを楽しんで頂けく事が出来ます。
 さらに!今回は桑名の庵様とのコラボ企画で「どうぶつしょうぎ」のイベントも同時開催とさせて頂きます。
 ご家族で楽しめる企画ですので、是非参加して頂ければと思います。

 場所はシェトワ白揚文具館二階Aホールで、時間は13時から20時までとなります。
 会場費はお一人様500円で、入場や途中退場などの制限はないので、何時からでも、何時まででもお気軽に参加して頂ければと思います。
 ミニチュアゲームはウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーを中心に遊べるように戦場をご用意しております。
 ボードゲームについては「テーブルゲーム倶楽部」より「オケアノス」「ロータス」「モルタールの門」「世界の7不思議」「アクアスフィア」「キャントストップ」「コーンウォール」「イゾルデ」「大いなる狂気の書」「デウス」「デモンワーカー」などを持っていきますが、店内取り扱いリスト(取扱いテーブルゲームのリスト)の中にプレイしてみたいタイトルがありましたら、ここの返信に書き込んで頂ければ喜んでご用意させて頂きます。
 皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 今日の今年最初の「魔王の森」の開店にご来店いただきましてありがとうございました。
 本当に多くのお客様ご来店頂きまして、感謝するばかりです。
 今年の目標はより多くの方にボードゲームの楽しさに触れていただき、ウォーハンマー40000をプレイする仲間と出会える、仲間と楽しい時間を過ごせる場所である事ですので、それを目指して努力していきたいと思います。
 昨年の後半よりウォーハンマー40000を新規に始めるお客様がぐっと増えて、プレイについて楽しげに店内で話しているのを聞くと、私としても嬉しくてたまらなくなります。
 さらにテーブルゲーム倶楽部ではボードゲームのユーザーが徐々に増えて下さり、プレイを常に楽しんで頂ける環境となってまいりました
 さらに店内整理などを充実させ、時間が出来たらちょっと寄っていこうかといってもらえる店作りにまい進したいと思っております。

 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「ルーンバウンド第二版」です。
 実はと言うほどではないのですが、私は毎年お正月一日か二日に時間を作って「ルーンバウンド第二版」を協力プレイでクリアするのが恒例行事となっていたりします。
 去年は「ルーンバウンド第三版」が発売されて、「魔王の森」にもちゃんと用意されているのですが、やはり伝統的なというか、ある意味げんかつぎ的な部分もあるので、今年も「第二版」の方がプレイされました。

 「ルーンバウンド」はいってみればRPGをボードゲームでプレイするような雰囲気で、プレイヤーはキャラクターを1人ランダムに選択し、そのキャラクターで世界を救うたびへと出かけます。
 旅の途中で出会った仲間達(NPC)とパーティを組んで魔物を打ち倒し、レベルアップを図りながらお金を貯めてよりよい武器や防具、アーティファクトなどいったアイテムを集め、最終的にはドラゴンロード・マーガスを打ち倒すことを目的とします。
 他のプレイヤーは競争相手であり、ドラゴンロード・マーガスを倒した者こそが竜殺しの栄誉を得て英雄として待遇されて勝者となる為に、他のプレイヤーは絶対的な協力者ではなく、誰もが英雄となることを目的とした競争相手となっています。
 とはいえ、1人がスタンドプレーに走ると最終的に全滅して終了してしまうので、そのあたりはロールプレイング的な協力ゲームの雰囲気が、非常に色濃くでてきます。 
 完全な仲間ではないけど、互いを尊重、リスペクトしてプレイするタイプと言えば良いでしょうか。
 ルール的には他のプレイヤーを攻撃することも出来ますが、ルールで出来るからやっていいんだなどといった考えていると、全滅して結局何も手に入らないといった事になるのです。
 ルールがあるという事と、それを実行して良いのとは違うという部分もTRPGと似ていると思います。

画像
 これが今回私が担当した凶人カルソス、キャラクターは射撃、白兵、魔力のカテゴリーで戦闘力が区分分けされているのですが、このキャラクターは白兵戦と魔力では優れてるものの、射撃戦はからっきしというタイプ。
 射撃戦能力は戦闘の最初に処理されるためにもっとも後に処理される魔法が強いというのは、実はこのゲームでは不利な条件だったりしますし、射撃能力値で逃走判定をする為逃げる事も出来ないと、能力的には効率が悪いと思われるキャラクターでした。
 成長過程としては苦手の射撃戦能力を一段階だけひきあげた後は、強力な白兵戦武器が手に入ったこともあり、戦士としての自分に覚醒させてあげた感が多数のこります。

 相方となったのはレッドスコーピオンで、攻守において非常にバランスの良いキャラクターで、とても使いやすい主人公キャラクターといって良いタイプでした。

 世界中の街をまわり、装備を整えて怪物たちを打倒して経験値とゴールドを貯め、仲間を集めながら都市国家の領主に邪竜の襲来にそなえよと警告してあるきます。
 時間は無限にあるのではなく、限られたターン数内で成長を行う必要がありますし、手に入る装備は街のマーケット次第です。
 マップ上にちらばっている敵は4段階に分かれており、より強い敵ほど報酬もよいのですが、手強さもかなり容赦ないくらいあがりますので、ランク上の敵と戦うのは相当な勇気がいります。
 また、イベントが随時起こり、時間が経つにつれて世界に暗雲が立ち込めていくのが分かるようになっているのが雰囲気を盛り上げてくれます。
 実際に都市の一つはドラゴンの強襲を受けて攻め滅ぼされて立ち入る事が出来なくなってしまいました。
 
画像
 こちらは成長させた相方のレッドスコーピンで能力値は写真の通りです。
 序盤は当然自分がマーガスを倒す為に行動しますが、中盤から後半にかけての成長過程や装備(特に今回は仲間たち)が、半歩レッドスコービオンが安定した強さを発揮させてきていたので、最終版には使い捨ての強化アイテムなどは彼女にさずけて安定した強さを発揮してもらう作戦に切り替えました。
 とはいえ、自分が戦える分は残しておかないと、自分が襲われた時にどうしようもないので、そこは気を配る必要があります。
 そしてよみがえりしドラゴン軍団との最終戦争へと突入!
 最初の1体と戦おうとカードをめくると、なんとラスボスのハイロード・マーカス!
 この予想外の強襲により初戦がそく決戦となったのです。
 ラストバトルはドラゴン達との連戦になるのですが、倒したドラゴンは強力なアイテムにもなります。
 それを見越してアイテムの再利用や連戦用の回復効果などをレッドスコーピオンは準備していたのですが、この奇襲によりその辺りの準備が全てムダとなり、イヤな雰囲気が漂います。
 無数のアイテムが乱れ飛び、着実にマーガスのライフを削っていきますが、「レッドスコーピオン」もギリギリの戦いに終始します。
 なにせ一撃でもマーガスの攻撃が当たれば即死亡してしまいかねない打撃力をマーガスはもっているのです。

画像
 用意してあったほとんど全てのリソースを使い切り、最後の一撃を躱されて、ドラゴンブレスが直撃!
 ここまでか‥と溜息をついた時に、成長過程で私の助言で1点だけHPを増やしていた事を思い出し、光の盾というアイテムをかざし、満身創痍になりながらもドラゴンブレスの一部を反射!ついに無限にも思えたマーガスのHPを削りきり、からくも「レッドスコーピオン」がマーガスを打倒して勝利する事ができました!
 ライフも気力もすべてがリミットいっぱいギリギリで、キャラクター的にはもはや一歩も動けない状態というところまで追い詰められての勝利でした。
 いやーラストシーンはアニメ化出来るくらいカッコいいシーンになって盛り上がりました(笑)。
 
 今年も無事ドラゴンロードの封印に成功し、より良いお正月と一年をすごせそうです(笑)。

【明日の営業についてのご案内】
 明日1月3日は「魔王の森・初売り!」です。
 営業時間は13時から19時までとさせて頂きますが、店内では毎年恒例の初売り割引きセールを開催しておりますので、どうぞお気軽にお寄り下さい。
 もちろんテーブルゲーム倶楽部も営業しております。
 お正月のテーブルゲームを満喫していただけたらと思っております。

 皆さんのご来店を心よりお待ちしております。

 新年あけましておめでとうございます。
 昨年はミニチュアゲームのお店「魔王の森」として、またボードゲームサロン「テーブルゲーム倶楽部」として、本当に沢山のお客様にご利用頂きました。
 本当にありがとうございます。
 ミニチュアゲームではウォーハンマー40000を中心に新規のお客様が増え、特に年の後半に活気づいてきました。
 新しくご来店される方やご友人の紹介でいらして下さった方など、様々な形で当店をご利用頂きまして感謝するばかりです。
 また、ボードゲームサロンとしては沢山のお客様にご来店頂き、また毎週来て頂けるお客様も増えて、常に誰かがボードゲームをプレイしているという環境に育ってこれたのは、ひとえにご来店頂き、また様々に意見とアドバイスを下さったお客様のおかけです。
 まさにお客様によって育てて頂いた一年であったと思います。
 ありがとうございました。

 今年はより一層テーブルゲームが遊べる場所であり、仲間と趣味を満喫出来る場所である事を目指していきたいと思います。
 今年の「魔王の森」&「テーブルゲーム倶楽部」の目標は「仲間と気楽に楽しい時間を過ごせる場所の提供」として、より一層努力してゆきますので、本年もどうぞよろしくお願い致します。

 なお、明日1月3日より初売りとしさせて頂きまして、13時から19時まで営業させて頂きます。
 4日以降は通常通りの営業時間となりますので、どうぞお気軽にお寄り下さい。