本日 10 人 - 昨日 318 人 - 累計 207690 人 サイトマップ
RSS
画像
 今日の一枚はミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」の勢力の1つである「アストラ・ミリタラム」の独立エリート部隊「テンペトゥスサイオン」が使用する装甲車「タウロックス・プライム」です。
 ウォーハンマー40000はいわゆるSF的なストーリー背景をもとにさまざまな勢力に属するミニチュアモデルを販売展開しているのですが、その背景ストーリーが非常に豊富かつ細かい設定がなされていて、その背景ストーリーを描くうえで中心的な存在となっているのがテラを主星とするインペリウム(帝国軍)勢力です。
 そのインペリウムには強力な矛にして盾であるスペースマリーン軍団と、そのサポート役でありながら膨大な人海戦術と無骨な戦闘マシンを使用するアストラ・ミリタラムがあるのです。
 そうしたアストラ・ミリタラムの中でも特別なエリート部隊として存在しているのが「テンペトゥス・サイオン」となります。
 素養のある者を見解まで強化したブーステッドマンであるスペースマリーンに対して、アストラミリタラムは訓練されているとはいえ普通の人間で、それは「テンペトゥスサイオン」もかわりません。
 しかし高度に専門化さされた知識と、インペリアル勢力におけるほとんど全ての武器を使用してよいとなっています。
 ゲームの中では防御力に不安が残るものの、その強力が火力による攻撃力で大いに活躍してくれるでしょう。

 写真のモデルはそうした「テンペトゥスサイオン」の防御力の低さをカバーしてくれる装甲車です。
 くすんだ青色が「テンペトゥスサイオン」のオリジナルカラーで、見事にそれを再現している素晴らしい作品です。

画像
 また、ゲームズワーク商品の特徴で、本来見えなくなってしまうような部分もモデルとして手を抜かずに作ってあるのですが、この作品ではそうした中まできっちりとペイントされています。
 その為もあって、写真の「タウロックス・プライム」は装甲上部が取り外しできるようになっています。
 細部までこだわって作成された非常に魅力的な作品になっていると思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
画像 画像
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

画像
 今日のは魔王の森の店内にてハロウィンパーティのイベントを行いました。

画像 画像
 協力ゲームやダイスゲームなどの軽めのボードゲームを楽しみながら、ノンアルコールシャンパンやジュース、近隣のLOLさんからのカップケーキ、ドーナツなどを味わうという形で、ご来店頂きましたお客様に楽しんで頂きました。

画像
 ご自身の自作ゲームを持ち込んでくだった方などもいらして、みなさん非常に盛り上がって楽しんで頂いていたご様子です。
 また、ボードゲームをパソコンゲームに落としているタイプのもののプレイ画面を見せて下さる為にわざわざノートパソコンを持ち込んで下さった方もいて、本当にありがたい気持ちでいっぱいになりました。

画像
 夜になって、やはりハロウィンという事はこのゲームではないかという話でもりあがって「ミステリウム」などもプレイ、幽霊からのメッセージを受け取るゲームを楽しんで頂く事が出来ました。
 
 おかげさまで今年のハロウィンも楽しい時間にする事が出来ました。
 参加して下さったみなさま、そしていつもご来店頂いている皆様にも感謝の気持ちでいっぱいになります。
 明日のハロウィン当日も素敵な夜をすごして下さい。
 ハッピーハロウィン!!

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「ボヘミア村」です。
 村のガラス工房や小麦小屋、宿屋、教会などに人を送ってより大きく村を盛り上げてゆく事を目的とします。
 人数によってある程度変わるのですが、9枚ほどの牧歌的な村の様子が描かれたタイルをならべて、そこに自分の駒を配置する事で様々な形で得点を得てゆくのですが、どの場所に配置するかはダイスによって決定されます。
 自分の手番になったら4つ6面体ダイスをふって、それを2個以上の組合せにしてその合計値の場所に自分の駒を置けます。
 2個づつ合計すれば2ヶ所に自分の駒がおけて有利になりますが、ダイスの出目しだいでは3個、または4個の合計値を利用しなくてはならない事が多々おきます。
 そしてダイス1個では駒を置く権利が発生しないというのがこのゲームの肝になっている部分だと思います。
 村の様々な建物には番号がふってあって、それはそれぞれガラス工房は「7」、教会は「11」などという形で違うタイル同士だったとしても建物の番号じたいは同じものとなります。
 実は同じ出目が何度も出る方が有利な時があったり、かならずしも出目が大きい方が有利というわけでもないのが面白い所で、3~4人くらいでワイワイ言いながらダイスを振ってどんどん駒をおいてゆくのが楽しいゲームです。
 かなり気軽に出来るゲームですので、是非魔王の森で試してみて下さい!

【明日のイベントのご案内】
  画像
 明日10月30日は魔王の森のハロウィンインベントを開催します。
 営業時間は13時~22時までとかわらないのですが、16時からはハロウィンイベントとして、ミニケーキやノンアルコールシャンパンなどをご用意して、ボードゲームをしながらハロウィンパーティ風に楽しんで頂けるような時間とします。
  画像
 なお、カップケーキについては魔王の森の斜向かいにある「LOL」さんのご提供となります(美味しいですよぉ)。
 もちろんお飲み物などの持ち込みは自由ですので、お気軽に参加して下さい(ただしあくまで当店はボードゲームを楽しむお店ですので、その点についてはご理解下さい)。

 料金についてはこの日だけは魔王の森ボードゲーム倶楽部の料金は1000となります。
 ただ、16時までのご利用でしたら通常通り500円となりますので、ご都合にあわせてご利用下さい。

 皆様が魔王の森で楽しい時間を過ごせたらと思って企画しました。
 ボードゲームに興味ある方など、この機会に是非お気軽に参加して頂ければと思います。

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「ブルゴーニュ・カードゲーム」です。
 もともと「ブルゴーニュ」というボードゲームがあって、個人ボードにタイルを置いてゆく私が個人的に箱庭ゲームと呼んで愛好しているタイプのゲームなのですが、それをカードゲームにして手軽にプレイ出来るようにデザインされなおされているのがこの「ブルゴーニュ・カードゲーム」です。
 1枚のカードに様々な情報をいれて、プレイの仕方や配置されている場所によって効果を変えてゆくタイプのもので、それだけに最初やや戸惑いますが、慣れるとなにほどでもなく理解出来ると思います。
 ゲームとしては城、建物、知識、港、教会、牧草地などを表現した7種類の計画地カードが中央にならびますので、毎ターン6枚配られて6枚だけの山札をつまり、そこから最初は2枚、以後手番がくる度に1枚引いて1枚プレイする事でさまざまなカードを獲得します。
 獲得するカードには中央の計画地カードだけではなく、労働者、銀、家畜、貿易品など様々なもので、それらの組合せによって得点を得てゆく事になります。
 本来ダイスを振って、その出目を利用する事で個人ボードに中央ボードよりタイルを獲得してゆくスタイルを手札のカードによってダイスのかわりにして、中央ボードの代わりに中央のカード列にして、個人ボードに配置する事による連鎖の代わりにセットボーナスによる得点の獲得というように変化している事になります。
 とても面白い構造ですし、プレイしていて、様々なセットを構築したり、計画地による特典ボーナス連鎖など楽しみどころが沢山あるのですが、本家ブルゴーニュを忠実にオマージュした結果、この「ブルゴーニュ・カードゲーム」をプレイすると本家の「ブルゴーニュ」をプレイしたくなってしまいたい気持ちになってしまいます。
 これはある意味において「ブルゴーニュ」への誘いとして大成功しているともいえますし、このゲーム単体として考えた場合にはもう一つインパクトに欠けているのではないか?という疑惑を生んでしまう部分でもあります(笑)。
 ただ、このゲーム自体は本当にシンプルで面白いゲームですので、是非プレイしてみてほしいと思います。

【週末イベントのご案内】
  画像
 今週末の10月30日は魔王の森のハロウィンインベントを開催します。
 営業時間は13時~22時までとかわらないのですが、16時からはハロウィンイベントとして、ミニケーキやノンアルコールシャンパンなどをご用意して、ボードゲームをしながらハロウィンパーティ風に楽しんで頂けるような時間とします。
  画像
 なお、カップケーキについては魔王の森の斜向かいにある「LOL」さんのご提供となります(美味しいですよぉ)。
 もちろんお飲み物などの持ち込みは自由ですので、お気軽に参加して下さい(ただしあくまで当店はボードゲームを楽しむお店ですので、その点についてはご理解下さい)。

 料金についてはこの日だけは魔王の森ボードゲーム倶楽部の料金は1000となります。
 ただ、16時までのご利用でしたら通常通り500円となりますので、ご都合にあわせてご利用下さい。

 皆様が魔王の森で楽しい時間を過ごせたらと思って企画しました。
 是非お気軽に参加して頂ければと思います。
 なお、席数に限りがありますので、場合によっては満席になる可能性があります。参加ご予定の方は事前にメールや店頭による口頭などによってご予約を頂けますとリザーブさせて頂きます。
 ご予約を頂いていない場合は16時より前にご来店頂いていた場合でも、イベント参加が出来ない場合もありますので、その点についてはどうかご了承ください。

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「カルカソンヌ・南洋」です。
 「カルカソンヌ」自体は歴史が長いボードゲームに入るものだと思うのですが、世界大会も開かれている認知度の高いものです。
 さまざまな拡張セットも発売されていて、それらをレギュレーションとして採用して楽しむ事が出来るゲームとなっている(なお、全部採用するのは無理があるくらいの拡張セットの量です)のですが、この「カルカソンヌ・南洋」は基本ルールを採用しつつも完全な独立セットとなっていますので、「カルカソンヌ」自体との互換性はありません。
 ゲームのシステムとしてはタイルを山札として、各プレイヤーは自分の手番にそこから引いたらそく表にして、中央に全員共通の場として並べてゆきます。
 タイルには海に島や桟橋などが描かれているのですが、タイルを配置する時にはそれら描かれた地形が矛盾なくなるように配置されなければなりません。
 つまり島の途中がいきなり海になったり、海にいきなり桟橋が出現したりするようには配置出来ないというわけです。
 そして、自分がタイルを配置する時に、そのタイルに自分の駒を配置する事が出来ます。
 この配置された駒によって魚や貝、バナナといった様々なトークンを獲得する事が出来ます。
 そして、自分の手番の終わりにそれらのトークンを支払って船タイルを獲得する事が出来、この船タイルが得点としてゲームの最後に利用されます。
 このゲームでは「カルカソンヌ」で採用されている得点ボードがなく、この船タイルによって得点をカウントするのも特徴の1つだと思います。
 様々な細かな部分を上手に改良されていて、従来の「カルカソンヌ」に対してプレイしやすく、また自由度もましていると思います。
 また、さまざまな魚や貝のトークンなどはなかなか可愛らしく、初心者の方でも気軽に楽しんで頂いております。
 是非プレイしてみて下さい。


画像
 今週末の10月30日は魔王の森のハロウィンインベントを開催します。
 営業時間は13時~22時までとかわらないのですが、16時からはハロウィンイベントとして、ミニケーキやノンアルコールシャンパンなどをご用意して、ボードゲームをしながらハロウィンパーティ風に楽しんで頂けるような時間とします。
画像
 なお、カップケーキについては魔王の森の斜向かいにある「LOL」さんのご提供となります(美味しいですよぉ)。
 もちろんお飲み物などの持ち込みは自由ですので、お気軽に参加して下さい(ただしあくまで当店はボードゲームを楽しむお店ですので、その点についてはご理解下さい)。

 料金についてはこの日だけは魔王の森ボードゲーム倶楽部の料金は1000となります。
 ただ、16時までのご利用でしたら通常通り500円となりますので、ご都合にあわせてご利用下さい。

 皆様が魔王の森で楽しい時間を過ごせたらと思って企画しました。
 是非お気軽に参加して頂ければと思います。
 なお、席数に限りがありますので、場合によっては満席になる可能性があります。参加ご予定の方は事前にメールや店頭による口頭などによってご予約を頂けますとリザーブさせて頂きます。
 ご予約を頂いていない場合は16時より前にご来店頂いていた場合でも、イベント参加が出来ない場合もありますので、その点についてはどうかご了承ください。

画像
 今週末の10月30日は魔王の森のハロウィンインベントを開催します。
 営業時間は13時~22時までとかわらないのですが、16時からはハロウィンイベントとして、ミニケーキやノンアルコールシャンパンなどをご用意して、ボードゲームをしながらハロウィンパーティ風に楽しんで頂けるような時間とします。
画像
 なお、カップケーキについては魔王の森の斜向かいにある「LOL」さんのケーキをご用意しております。
 もちろんお飲み物などの持ち込みは自由ですので、お気軽に参加して下さい(ただしあくまで当店はボードゲームを楽しむお店ですので、その点についてはご理解下さい)。

 料金についてはこの日だけは魔王の森ボードゲーム倶楽部の料金は1000となります。
 ただ、16時までのご利用でしたら通常通り500円となりますので、ご都合にあわせてご利用下さい。

 皆様が魔王の森で楽しい時間を過ごせたらと思って企画しました。
 是非お気軽に参加して頂ければと思います。
 なお、席数に限りがありますので、場合によっては満席になる可能性があります。参加ご予定の方は事前にメールや店頭による口頭などによってご予約を頂けますとリザーブさせて頂きます。
 ご予約を頂いていない場合は16時より前にご来店頂いていた場合でも、イベント参加が出来ない場合もありますので、その点についてはどうかご了承ください。
 

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「カカオ」に拡張セットであるショコラトルを入れたバージョンです。
 「カカオ」はプレイヤーは村の責任者となって森の中に村人を派遣してカカオ畑を見つけたり水場を確保したり、神殿に参拝したりといった形で得点を得てゆきます。
 ゲームとしては各プレイヤーは内容はまったく同じタイルの山札をそれぞれ持って、そこから最初の手札3枚を引いて、以後自分の手番がくるたびに中央の場に自分のタイルを置いて1枚引いて手番を交代してゆきます。
 自分のタイルの置き方としては場にある土地タイルに隣接するように配置しなければならず、他のプレイヤーのタイルと隣接させてはいけません。
 つまり、土地タイルとプレイヤータイルは格子模様のように互い違いに配置するというルールにしたがって配置するのです。
 こうするとプレイヤータイル同士の辺が直角となる空間が生まれるので、そうしたなら、土地タイル山札から常に2枚オープン状態となっているタイルのうちいずれかを配置する事になります。
 いずれの場合でも、プレイヤータイルの4つの辺に描かれている村人マークの人数分だけ、その辺が土地タイルと面した時にアクションが実行されます。
 これは自分のターンではなく、他のプレイヤーは土地タイルを配置した結果土地タイルの辺と隣接してもアクションが起こります。
 カカオ畑からカカオを確保して、それを市場で売って得点するのが基本行動で、それ以外に水場を確保して村の水事情を改善する事も大切です。
 拡張セット「ショコラトル」では、カカオを煮詰めてチョコレートにするタイルが登場し、それを市場に売ると倍以上の金額になります。
 さらに村長の家が登場して、手に入れた資金で購入する事出来て、様々な効果を発揮します。
 本来の「カカオ」のパーティゲーム感をそこなわずに、よりワクワクする展開を提供しやすくなったすごく良い拡張セットだと思います。
 みんなでタイルを配置してジャングルを切り開いてゆく感じ見ていてもとてもテンションがあがりますし、みんなでワイワイ言いながらプレイするのは非常に楽しいものです。
 是非、皆様も魔王の森で体験してみて下さい!

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街でボードゲームカフェとして子供から大人まで誰もがテーブルゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
画像 画像
 お一人様一日500円で、店内にある約450タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりません、ご了承下さい。

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「ラ・グランハ」です。
 個人的に箱庭ゲームとよく呼んでいるタイプの、個人ボードが用意されていて、その個人ボードに様々な要素を注いで点数を得てゆく系のゲームです。
 「ラ・グランハ」では、個人ボードは自分の農場で、そこでオリーブや葡萄などを育てて、それを加工して食材やワインを作成したり、豚を育ててハムを作ってみたりしつつ、中央ボードで示されている市場に荷物を出荷して市場での発言権を強化したり、建物を建てたりといった様々な発展を行う事が出来ます。
 契約をとってきて、荷馬車として用意されている品物リストの通りに品物を出荷すれば市場での発言権は強まりますし、中央の建物によって指定されている商品を出荷すれば建物ごとの様々な特典を得る事も出来ます。
 それと同時に自分の農場の屋根を改築してよりよい建物にしてゆく事でボーナスを得る事も出来ます。
 とにかくやれる事が沢山あって、最初のプレイでは何から手をつけてよいか分からないくらいです。
 ゲームのプレイ自体は非常に簡単で、ボードゲームをまったくプレイした事がなくても自分の行為がどういった事なのかを把握しながらしっかりとプレイ出来るくらいシンプルといっても良いと思います。
 箱庭ゲームは自分のプレイがゲームにどういった影響を与えているのか可視化されてイメージしやすいので、自分の行為がゲームにどんや影響を与えていて、何をしたら点数になっているのか分かりづらい、または分からない部分こそが良しとされる傾向のある経済ゲーム(株系のゲーム)にない素晴らしい部分だと私は思います。
 ですからそういう意味ではストレスなくプレイする事が出来るのですが、「ラ・グランハ」では大量にやける事と手順が用意されているので、まとまった点数を獲得しようとすると俄然難しくなりますし、6ターンしかない時間をどうやって有効に活用するのかを考える必要が出てくると思います。
 でも、プレイするのは簡単ですし、農場経営アプリと同じとまではいいませんが、それよりもちょっとボードゲームらしい事をしようと思ったら是非魔王の森へご来店下さい。
 ルールを丁寧に説明させて頂きます。
 そうではなくボードゲームに慣れていて、がっつり遊びたい方にも十分お応え出来るのが「ラ・グランハ」だと思うので、そういう場合は最高効率を考えてじっくり腰をすえる形でプレイしてほしいと思います。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街でボードゲームカフェとして子供から大人まで誰もがテーブルゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
画像 画像
 お一人様一日500円で、店内にある約450タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりません、ご了承下さい。

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「古代の建築士」です。
 ちょっと珍しい缶入りのボードゲームで、古代エジプト時代あたりの時代設定で、プレイヤーは建築士となって労働者を雇い、道具を仕入れて建築現場へと自分の労働チームを派遣しながら様々な建築物を建てていくといった内容となります。

 ゲームとしては自分の手番に3アクション出来て、場の建築現場カードを獲得する、労働者を雇う、雇った労働者を建築現場へと賃金を払って派遣する、道具や奴隷などを確保したり資金を借金してくる、お金を得るといった中から基本的に好きな組み合わせで(同じアクションをしてもOKです)行う事が出来ます。
 さらに5金を支払えば追加のアクションをどんどん買い足すことも出来るのです。
 各労働者には能力がメーターとして表記されていて、石材、木材、設計、ペイントの各能力が違いどれも一緒ではありません。
 そのメーターと建築予定の建物のメーターを比べて、自分の方が大きければ建築成功となります。
 足りない場合には眺めていても仕方ないので、二人目三人目の労働者を派遣しましょう。
 完成した建物は資金を与えてくれると共に勝利点となり、17点を獲得したものが基本的に勝者となります。

 プレイしてみると非常にイメージしやすい手軽なゲームで、ボードゲームをほとんどプレイし事のない方でも楽々とプレイする事が出来ました。
 魔王の森にお寄りいただいたさいには是非プレイしてみて下さい。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街でボードゲームカフェとして子供から大人まで誰もがテーブルゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
画像 画像
 お一人様一日500円で、店内にある約450タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりません、ご了承下さい。

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「エリジウム」です。
 このゲームは日本でも馴染みがあるギリシャ神話をモチーフにしていて、セットにはゼウス、ポセイドン、ハデス、アテナ、アレス、ヘパイトス、アポロンなどなど有名所の神々ごとに用意されているカード群があります。
 そして、ゲームを始める前にそれらの神々のセットから5つを選んで混ぜ合わせて山札をつくります。
 つまり、この神々の組合せを変えるたびに戦略や戦術、ゲームの方向性などが変化するので、色々な遊び方が出来るという事になります。
 さて、ゲームとしては場に人数×3+1枚のカードが山札からめくって並べられて、各プレイヤーは赤、黄色、青、緑の四本の柱を持ってターンをスタートし、自分の手番がきたなら場の並べられているカードの中から1枚を選んで獲得し、自分のボードの上側に配置します。
 各カードには獲得する為の条件が色によって分けられていて、その色の柱を持っていないと獲得出来ません。
 持っていないとと表現したのは、カードを獲得する度に、自分が持っている4色各1本づつしかない柱のいずれかを一時的に消費しなければならないからです。
 獲得したカードの条件と同じ色を消費する必要がない為、どの柱を消費してゆくべきなのかという駆け引きが大いに行われます。
 なにせそのターンに獲得出来るカードは全て公開されていますし、各プレイヤーがどの色の柱を消費していっているかも公開情報ですので、他のプレイヤーがどの色のカードを獲得しようとしているのか、またはどのカードの優先順位が低そうなのかといった思惑によってカードを獲得するタイミングや、時には相手が何も獲得出来ないようにハメてみたりなど熱いバトルが繰り広げられます。
 同時にカードにはさまざまな特殊能力があり、獲得した瞬間に能力が発動するカード、毎ターン1度だけ能力を発動出来るカード、さらには極めて強力な能力をゲーム中1回だけ発動出来るカードなどなど神々の特性にちなんだ形でバリエーションが豊富です。
 そして、それらのカードを個人ボードの下側に移動させる事で得点を獲得してゆく事になり、その時には同一神のカードで揃えたセット、または全て異なる神で揃えたセットのいずれかの形で揃えてゆかなければならない為、どの神のカードを獲得するかというのは非常に悩む事になると思います。

 トレーディングカードゲームのドラフト戦のような雰囲気があるゲームで、まさにプレイヤーの選択、つまりプレイングで勝敗をつけるものですので、駆け引きを大いに満喫出来ると思います。
 興味のある方は魔王の森で是非プレイしてみて下さい。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街でボードゲームカフェとして子供から大人まで誰もがテーブルゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
画像 画像
 お一人様一日500円で、店内にある約450タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりません、ご了承下さい。

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「ヘックメック」です。
 21から始まるかなりしっかりとしたつくりの白い牌をダイスを使ってとりあってゆくシンプルかつ盛り上がれるゲームです。
 ダイスは専用の6面体を使用して、6の目の場所には赤い芋虫が描かれています。
 プレイヤーは自分の手番がきたら8個の専用ダイスをいっぺんに振ります。
 そして、出た出目の中から好きな出目を1つ選んで、その出目のダイスをすべて取り除きます(とり除く時は出目を変えないように気を付けて下さい)。
 例えば、8個の出目が「1、1、2、3、4、4、4、5」となっていた場合、4の出目を選んだなら3個のダイスを取り除き、2や3や5を選んだなら1つのダイスを取り除く事になります。
 そうしたら、ダイスを振るのをやめるか、または残ったダイスを全て振ります。
 ダイスを振ったなら、出た出目からさっきと同じように出目を1つ選んで取り除くのですが、この時すでに選んでいた出目は選択出来ないのです。
 もしも選択出来る出目がなかった場合はチャレンジ失敗で、手番はそれで終了する上に、中央の場の牌のうち最も高い数字の牌を裏返し(その牌はもうゲーム中に使用される事はありません)もしも自分がすでに牌を獲得していたなら中央の場に戻さなくてはなりません。
 このチャレンジ失敗については、ダイスを振るのをやめた時に「取り除いてあるダイスの中に芋虫の出目がない」または「取り除いたダイスの出目の合計が中央の場の一番小さい数字よりも小さく、また他の人が獲得した牌の山の一番上の数字のどれても一致しない」場合にも発生します。

 さて、ダイスを振るのをやめたなら、それまでの取り除いた出目の合計を出して場に並んでいる牌の中からその数字の牌、またはそれがなければそれよりも小さくてもっとも近い数字の牌を取って自分の前に置きます。
 すでに自分の前に牌を置いていたならば、新しく獲得した牌はその上に重ねて置きます。
 この時、出目の合計値が他のプレイヤーが獲得している牌の山の一番上の数字とぴったり同じならば、そのプレイヤーの牌を奪って自分の牌の山の上に置く事が出来るのです。

 こうして中央の場の牌が全てなくなったらゲーム終了で、各プレイヤーは自分が獲得している牌に描かれている芋虫の数を全て合計し、もっともその値が高かったプレイヤーが勝ちとなります。

 非常にシンプルなルールで、4人くらいでプレイすると非常に盛り上がります。
 友人同士などで是非気軽にプレイしてみて下さい!

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街でボードゲームカフェとして子供から大人まで誰もがテーブルゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
画像 画像
 お一人様一日500円で、店内にある約450タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりません、ご了承下さい。

画像 画像
 今日の対戦風景は魔王の森店内でプレイされたミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」での「ネクロンvsジーンスティーラーカルト」の様子です。
 ウォーハンマー40000はいわゆるSFの世界観をもっており、宇宙各地の様々な種族、多様な文明が生存をかけて、または領土拡大、または復讐や捕食などの目的で無限に戦い続けている背景物語が全ての勢力に用意されています。
 その中でネクロンは太古に宇宙の無数の星系を支配していた強大な勢力で、謎の理由によって宇宙中の惑星の地下深くに墳墓を築いて眠りについていたのですが、近年次々に地の底から蘇り自分たちが眠っている間に不遜にも領土を得たと勘違いしている者達に正しい在り方を示してやらんと侵攻を開始しています。
 対してジーンスティーラーカルトはティラニッドという外宇宙から侵略してきた交信も交渉もまったく成立しない、破壊の為に破壊を行い、ただひたすら無限の飢えを満たす為に侵攻ルートにあるすべての生命を根こそぎ食べつくしてさらに勢力を拡大しては次の惑星へと移動しつづける正体不明の怪物達の先兵として密かに侵入したジーンスティーラー、文字通りジーン(遺伝子)をスティール(奪う)者達によって変異させられ、癌細胞のように社会の影の部分で狂気のカルト集団としてティラニッドに襲いかかられるその日を審判の日として待ち望む集団です。

 対戦は800ポイントの手軽な対戦として行われ(このポイント域だと通常1時間ちょっとくらいの時間でプレイ出来ます)、楽しんで頂きました。
 射撃攻撃によって持久戦に持ち込みたいネクロンとしては出来るだけ距離をとって、相手の戦力を削り、可能な限り白兵戦をさける戦いをしたい所なのですが、ジーンスティーラーカルトは戦場の端から次々と不規則に出現して突撃する戦法を得意としており、ネクロン勢力のプレイヤーがまだプレイなれされてない事もあり、振り回される展開となりました。
 それでもネクロン勢力の自力の強さでかなりの戦果をあげたのですが、ギリギリの所でジーンスティーラーカルトが押し切った形となりました。
 
 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
画像 画像
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「私の村の人生」です。
 中世くらいのヨーロッパの村をテーマにしていて、その村人達の素朴な生活を再現しつつ楽しめるゲームで、システム的にはダイスを毎ターン開始時に規定の個数振って、各プレイヤーがその中から2個づつ獲得しつつその獲得した2個のダイス目の合計の数字のタイルを得たり、その数字で示されているアクションを行ったりしてゆきます。
 修道院、村議会、露天商、畑仕事、樽や幌馬車の作成や馬などの飼育、そして旅などといったアクションそれぞれに数字が割り振られていて、出来るだけ自分がプレイしたいアクションの数字になるようにダイスを獲得してゆく形となります。
 面白いのはタイルを獲得した後は自分の個人ボードの所定の場所に配置して以後効果を利用出来るのですが、この個人ボードに配置されたタイル等については数字が同じであれば、一回のダイスアクションで全部プレイして良い点です。
 このルールの為に出来るだけタイルの数字を偏らせて、一回のダイスでいくつものアクションが同時に出来るようになるとプレイしていて非常に気分が良いです(笑)。
 人生をテーマにしているゲームなので、寿命によって村人は世代交代をしていくのですが、この世代交代を何回したかによってゲームの終了条件となります。
 何かをなして墓に名を刻んでいく人生を村人達におくらせてあげれるかどうかはプレイヤーの力量しだいです。
 是非、厳しいながらも穏やかで助け合っている村の生活を楽しんでみて下さい。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街でボードゲームカフェとして子供から大人まで誰もがテーブルゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
画像 画像
 お一人様一日500円で、店内にある約450タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりません、ご了承下さい。

画像 画像
 今日のワンモデルはミニチュアゲーム「エイジ・オブ・シグマー」のオーダー勢力にいるストームキャストエターナルより「スタードレイク」です。
 剣と魔法と怪物の世界観をもつエイジ・オブ・シグマーでは邪神が最終決戦に勝利して悪魔とその銃僕が多層世界のほぼ全てを支配していて、オーダー勢力は自らの自由を求めて立ちあがった者達の勢力です。
 その先頭に立っていると言って良いストームキャストエターナル陣営はいわゆる歩兵部隊を中心としており、フルプレートメイルに身をつつんだ屈強の戦士達の陣営と言えます。
 その為、数の上では多くの場合劣勢にたたされる事になるのですが、個々の白兵戦能力は非常に高いものであり、なによりもその防御力の水準の高さにおいてはエイジ・オブ・シグマーのさまざまな陣営のどれと比べても最高クラスと言ってよい特徴があります。
 とはいえ、騎士団である陣営である事からモンスターなどの大型クリーチャーを倒す腕をもつユニットはいても、自軍にモンスターがいなかったのですが、このスタードレイクの参陣によってその決定力と基幹ユニットという今までの弱点が一気に改善されたと言ってよいと思います。
 他の多くの一線級モンスター達とくらべても防御力、機動力、継戦能力ともに非常に高いレベルであり、相手のモンスターなどの主力とぶつかった時の決戦能力にやや欠けるものの、それを補ってありあまるほどの小型ユニット掃討能力においては随一とも言える強さがあり、現在のエイジ・オブ・シグマーにおける基本ルールである拠点確保戦ではそうとう「強い」と言ってよいユニットだと思います。

 写真のモデルは銀色を基本色として赤い装飾色をほどこした鎧に身をつつんだスタードレイクで、この配色は持ち主の方のストームキャストエターナルのアーミーカラーとして統一されているものです。
 騎士団的なイメージが非常に強いストームキャストエターナルではアーミーカラーが統一されていると本当に見栄えがよく、ゲームをする上でも初期配置をした時の迫力と見栄えが素晴らしいです。
 また、このモデルではベースの部分に溶岩地帯をイメージして美しく処理されていますし、スタードレイクに騎乗しているモデルも丁寧に作成されていて、持ち主の方の思い入れの深さが伝わってくると思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
画像 画像
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「エンシェントワールド」です。
 ファンタジー世界を背景として、プレイヤーはそれぞれ自分の帝国を大きくして、内政を充実しつつ軍隊を整備し、国境沿いを荒らす魔物達を退治して名声を上げてゆく事を目的とします。

 ゲームシステムとしてはメインボードに1から3までの数字で区別された自国の国民マーカーを派遣して、その場所に応じたアクションをしていくのですが、そこにすでに他の国民マーカーがいた場合、そのマーカーの数字よりも大きい数字のマーカーしか配置出来ない(一部例外の場所があります)、というルールにより、どの地区に派遣するかの順番と優先順位を考える必要が出てきます。
 他のプレイヤーを妨害すべく真っ先に大きな数字を配置する事はできますが、一手目からそうしたあからさまな行為をした場合、以後のターンどころかゲーム終了まで他の全てのプレイヤーから敵視されて順次妨害される事は目に見えています。
 かと言っていつまでも遠慮しているわけにもいかないといった、タイミングと判断力が求められることになってくると思います。
 アクションについては都市カードの獲得、軍隊の獲得などから財力や領地、新しい国民など様々なものが用意されています。
 そして、財力を利用して軍隊を派兵する事が出来、それによって怪物討伐をはたしてゆきます。
 こうして倒した怪物カードと、獲得した都市カードには6種類の旗印があり、ゲーム終了時に同一の旗印をいくつ持っているかで得点が決定します。
 なかなかハデに戦闘結果が表現されますし(都市カードが破壊されてしまいます)、国民マーカーの派遣しどころなど様々な思惑が絡んで色々と楽しいわりにはルールや得点方法それ自体はいたって簡単で気軽に楽しむことが出来ますので、ボードゲームをまだあまりプレイしてない方でも楽しんで頂けると思います。
 是非プレイしてみて下さい。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街でボードゲームカフェとして子供から大人まで誰もがテーブルゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
画像 画像
 お一人様一日500円で、店内にある約450タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりません、ご了承下さい。

画像 画像
 今日のワンシーンはミニチュアゲーム「エイジ・オブ・シグマー」からオーダーvsケイオスの戦いのシーンです。
 エイジ・オブ・シグマーは剣と魔法と怪物が登場するいわゆるファンタジー世界をテーマにしたゲームなのですが、その背景ストーリーも沢山語られていて(実際小説もいくつも出ています)、邪神が勝ってしまっている世界から物語が始まります。
 世界の全ては邪神とその従僕達のものになっていて、生物は自らの意志による決定をなす事の出来ない、邪神の奴隷としてしか存在出来ない世界であり、それに従わない者達は全て滅ぼされていきました。
 しかし、天界と英霊の力を借りた黄金の騎士たちであるストームキャストエターナルの軍勢が天の門を開いて世界中に降臨して自由を取り戻す戦いが始まったのだという展開へと物語が進んでいます(というのも物語は現在進行形なのです)。
 自由を求める者達であるオーダーの勢力に属するストームキャストエターナルを中心とした軍勢と、邪神の従僕であるケイオスの勢力に属するスケイブンを中心とした軍勢のぶつかり合いとなったのがこの時のプレイの様子でした。
 強力な射撃武器を要するケイオス勢力は、疫病による範囲攻撃などを駆使したい所なのですが、白兵戦をその主力攻撃とするオーダー勢力の突撃をどれだけ支えられるかも注文される所でした。
 2000ポイントというかなり大規模な戦いであった為に、双方のアーミー構築や、その際の作戦などが相当自由度があり、どれだけ自分の想定していた展開によせられるかといった部分も大切となったと思います。
 敵が小型ユニットの大群であるほうが真価を発揮出来るオーダー勢力のスタードレイクなどはケイオス勢力のスケイブン軍勢の小型兵力に対してはかなり相性が良いですし、対スタードレイクとして入ってくるであろうモンスターに対して相性の良いヒーローなども投入されていました。
 対するケイオス勢力はどちらかと言えば中型ユニット勢が沢山いてくれた方が真価が発揮されるつくりとなっていたようで、射撃攻撃についても強力なモンスターに対する長距離砲ではなく、範囲射撃攻撃が主体となった構成になっていました。
 エイジ・オブ・シグマーではゲームをする上でこうしたメタ思考も大切な要素となりますし、また腕の見せ所かつ楽しめる部分でもあります(まぁ、気にせず気軽にプレイ出来るのもまた、このゲームの大きな魅力なのですが(笑))。
 
 写真は両軍がぶつかっている所をとったものですが、ゲーム的な側面からの楽しみと共に、こうした綺麗に作成されたモデルが戦場で暴れているシーンを映画のように観る事が出来るという側面もミニチュアゲームの非常に大きな魅力だと思います。
 実際この日はミニチュアゲームをまったくプレイされていない方がギャラリーして観戦するなど非常に魅力あふれる対戦風景となっていました。
 
 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
画像 画像
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

 明日の10月10日(月)は祝日につき、魔王の森は営業致します!
 時間は13時から20時までとなります。
 祝日は案外穴場的な日になりやすいので、のんびりゲームが出来ますし、ウォーハンマーなどもプレイ出来ますので、どうぞお気軽に遊びに来て下さい。
 皆様のご来店をお待ちしております。

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「コスタリカ」です。
 タイルを六
角形に並べてその頂点に自分の冒険者駒を配置してゲームスタート。
 自分の手番では自分の色の駒がまだいるいずれかのチームの隣接タイルをめくって、それを獲得するかパスするかを選択します。
 獲得する場合はそのタイルを手元に置いて、チームから自分の駒を取り除いてチームをそのタイルの場所まで移動させて手番終了。
 パスする場合は隣のプレイヤーが獲得するかどうかを選択して、誰かが獲得するならその人の駒を取り除いてチームを前進させます。
 全員がパスしたなら手番プレイヤーはさらにタイルをめくって同様の事を繰り返していきます。
 タイルは3種類あって、それぞれ2種類づつの動物(というか爬虫類や昆虫もいます)が設定されています。
 最終的にすべての探検者チームが盤上からなくなった時に同じ動物のタイルを何枚集めていたかで得点が決定されるというシステムです。
 非常にシンプルなルールで、ボードゲームが初心者の方でも簡単に参加できる手軽さが魅力です。
 しかしながらチームを移動させていく陣取りのような要素がある為、ある程度経験値が同じくらいのプレイヤーでないと、シンプルなルールはプレイスキルの誤魔化しがまったくきかない為、かなり偏った結果となってしまう可能性もあるにはあります。
 とはいえ、そのあたりはタイルのめくり運である程度軽減されてくれるので、パーティゲームとして楽しむ限り、かなり盛り上がって楽しめるゲームだと思います。
 友人同士で是非プレイしてほしいゲームです。

【週末のイベントのご案内】
 今週末の10月9日の日曜日は「魔王の森・ゲームデイ」としてシェトワ白揚文具館二階Aホールでミニチュアゲームとボードゲームのイベントを開催致します。
 時間は13時から20時までで途中の出入りは自由です。
 会場費として500円をお願いしておりますが、お車でお越しの場合はシェトワ白揚書籍館の方の駐車場におとめ頂いて駐車券をお持ちくだされば一日無料に出来ます。

 ミニチュアゲームはウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのフリープレイが中心で、ウォーハンマー40000は1000ポイントから1500ポイントを中心にプレイされていますし、エイジ・オブ・シグマーは対戦ルールが整理されてよりプレイしやすくて楽しめる形となって、基本的には1000ポイントを推奨しています(もちろん2000ポイントや2500ポイントでもプレイして頂けます)。
 テレインを配置した戦場をご用意しておりますので自由にプレイして頂けますし、体験プレイも随時受け付けております(事前にメールやここへの書き込みで十分ですのでご連絡頂けますとよりスムースに体験プレイをして頂けますので、どうぞよろしくお願い致します)。

 また「テーブルゲーム倶楽部」とも同時開催となりますので、ボードゲームのフリープレイも卓をご用意しておりますので自由に遊んで頂けます。
 当日は「コスタリカ」「ロール・フォー・ザ・ギャラクシー」「エリジウム」「ブルゴーニュ」「トラヤヌス」「K2」「ファイブ・トライブス」「スカイアイランド」「パレード」「大いなる狂気の書」などをお店より持っていきますが、持ち込みももちろん大歓迎です。
 また、事前にご連絡頂ければ当店リストのゲームであればよろこんでご用意しますし、ボードゲームをプレイした事のない初心者の方でも、よりプレイしやすいゲームをご案内して丁寧にルールを説明しますのでお気軽に参加して下さい。

 皆様のご来場をこころからお待ちしております。

画像
 今日の一枚はミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」で、遥か古代、もはや伝説すら残っていない時代からよみがえってきた無慈悲な機械の軍団である「ネクロン」勢力より「クリプテック」です。
 ネクロン人達は亜神に騙されて機械の体へとその姿を変えられて(自らが望んで変わったものも多いのですが)しまい、永劫の生命と苦悩と苦痛を手に入れてしまった銀河の太古の種族で、その後亜神をも打ち倒し、隷属させ、全宇宙の覇者とならんとしたのですが、ある理由によりみずからの全勢力を永劫の眠りにつかせてしまい、その理由については全くの謎となってしまっています。
 そして、ついにその太古のネクロン勢力が続々と大地の下の墳墓より蘇り、絶対機械圏とも言うべき自らの領域を確実にひろげつつあるのです。
 「クリプテック」はそうしたネクロン勢力にあって様々な物理法則を研究する学者であり、あまりに進化してしまった科学は魔法と同一であるという有名な言葉通り、魔法物理学ともいうべき奇怪な現象をも引き起こす者達です。

 写真の「クリプテック」は濃い青を基調にしており、細かい部分まで丁寧に塗り込んである作品で、制作者の思い入れの深さがビシビシ伝わってきます。
 特に単眼の輝きはなかなか素晴らしい迫力をもっているのではないかと思います。
 ネクロンのように機械化軍団なども色を統一して揃えると非常に見栄えがするもので、そうした統一感がアーミーの中にあると近衛兵だけ色を変える、または肩アーマーだけを変えるなどとするだけで一気に目立ちますし、特別感が出てきます。
 それはまずアーミー全体の色の基調を統一する事が大切ともいえますので、色を揃えてペイントするのもお勧めです。

【週末のイベントのご案内】
 今週末の10月9日の日曜日は「魔王の森・ゲームデイ」としてシェトワ白揚文具館二階Aホールでミニチュアゲームとボードゲームのイベントを開催致します。
 時間は13時から20時までで途中の出入りは自由です。
 会場費として500円をお願いしておりますが、お車でお越しの場合はシェトワ白揚書籍館の方の駐車場におとめ頂いて駐車券をお持ちくだされば一日無料に出来ます。

 ミニチュアゲームはウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのフリープレイが中心で、ウォーハンマー40000は1000ポイントから1500ポイントを中心にプレイされていますし、エイジ・オブ・シグマーは対戦ルールが整理されてよりプレイしやすくて楽しめる形となって、基本的には1000ポイントを推奨しています(もちろん2000ポイントや2500ポイントでもプレイして頂けます)。
 テレインを配置した戦場をご用意しておりますので自由にプレイして頂けますし、体験プレイも随時受け付けております(事前にメールやここへの書き込みで十分ですのでご連絡頂けますとよりスムースに体験プレイをして頂けますので、どうぞよろしくお願い致します)。

 また「テーブルゲーム倶楽部」とも同時開催となりますので、ボードゲームのフリープレイも卓をご用意しておりますので自由に遊んで頂けます。
 当日は「コスタリカ」「ロール・フォー・ザ・ギャラクシー」「エリジウム」「ブルゴーニュ」「トラヤヌス」「K2」「ファイブ・トライブス」「スカイアイランド」「パレード」「大いなる狂気の書」などをお店より持っていきますが、持ち込みももちろん大歓迎です。
 また、事前にご連絡頂ければ当店リストのゲームであればよろこんでご用意しますし、ボードゲームをプレイした事のない初心者の方でも、よりプレイしやすいゲームをご案内して丁寧にルールを説明しますのでお気軽に参加して下さい。

 皆様のご来場をこころからお待ちしております。

画像 画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「ベア・ヴァレー」です。
 若者たちがベア・ヴァレーと呼ばれる深い森の峡谷にキャンプにきたのですが、凶悪な熊に襲われてふもとまで何とかして生きて逃げ延びるというのがテーマのゲームで、なんで「熊谷」なんて凶悪な場所にキャンプに来たのかとか、冷静に協力しながら逃げないのかとか、何故意味もなく熊は人間を追い回すのかなどという突っ込み所満載なあたりB級映画のノリをいかんなく発揮出来るゲームとなっています。
 最初の峡谷の川をセットアップしてスタートのキャンプ地と下流にあるゴールである管理小屋が用意されます。
 プレイヤーは自分の番が来たら山札からカードを引いていくのですが、引いたカードに熊が出た、または引いたカードの出口の数がその引いた回数と同一であった(ただし6回目のドロー以降は常に出口6つが該当するものとされます)、またはそもそも道がつながらないのいずれかに該当しない限り引き続ける事が出来ますし、途中でとめて、その最後に引いたカード上まで自分の駒を移動させてもかまいません。
 基本的にはめくった運によってゲームが進行しますので、深い戦略を考えるものではなく、B級映画のおバカな主人公達的なノリで楽しむゲームです。
 実際6ドロー以降でない限り熊カードをめくっても食べられてしまうのではなく、そのターンの開始位置から移動できない(実質一回休み)になるだけという非常に平和なルールです。
 ちょっとスリルに欠けるかな?というほど軽いゲームで、ほんの10分ほどで終了してしまうタイプのものですので、何かのゲームの合間などにサクッとプレイして楽しむのが良いと思います。
 キャラクターカードがついていて、いかにもといった風体やペナルティがついていますので、なりきりプレイ的なノリで楽しんでみてはいかがでしょうか。

【週末のイベントのご案内】
 今週末の10月9日の日曜日は「魔王の森・ゲームデイ」としてシェトワ白揚文具館二階Aホールでミニチュアゲームとボードゲームのイベントを開催致します。
 時間は13時から20時までで途中の出入りは自由です。
 会場費として500円をお願いしておりますが、お車でお越しの場合はシェトワ白揚書籍館の方の駐車場におとめ頂いて駐車券をお持ちくだされば一日無料に出来ます。

 ミニチュアゲームはウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのフリープレイが中心で、ウォーハンマー40000は1000ポイントから1500ポイントを中心にプレイされていますし、エイジ・オブ・シグマーは対戦ルールが整理されてよりプレイしやすくて楽しめる形となって、基本的には1000ポイントを推奨しています(もちろん2000ポイントや2500ポイントでもプレイして頂けます)。
 テレインを配置した戦場をご用意しておりますので自由にプレイして頂けますし、体験プレイも随時受け付けております(事前にメールやここへの書き込みで十分ですのでご連絡頂けますとよりスムースに体験プレイをして頂けますので、どうぞよろしくお願い致します)。

 また「テーブルゲーム倶楽部」とも同時開催となりますので、ボードゲームのフリープレイも卓をご用意しておりますので自由に遊んで頂けます。
 当日は「コスタリカ」「ロール・フォー・ザ・ギャラクシー」「エリジウム」「ブルゴーニュ」「トラヤヌス」「K2」「ファイブ・トライブス」「スカイアイランド」「パレード」「大いなる狂気の書」などをお店より持っていきますが、持ち込みももちろん大歓迎です。
 また、事前にご連絡頂ければ当店リストのゲームであればよろこんでご用意しますし、ボードゲームをプレイした事のない初心者の方でも、よりプレイしやすいゲームをご案内して丁寧にルールを説明しますのでお気軽に参加して下さい。

 皆様のご来場をこころからお待ちしております。

画像 画像
 今日のワンバトルはミニチュアゲームの「エイジ・オブ・シグマー」で、剣と魔法と怪物の世界観で、すでに世界は邪神が勝利して破滅してしまった世界で、邪神の従僕である「ケイオス」の勢力から獣人とディーモンの複合軍団と、戦いこそが存在価値であり、戦闘の為に戦闘をしている「ディストラクシヨン」の勢力から強力なオークの軍勢「アイアンジョーズ」の軍団との戦いです。

画像 画像
 アイアンジョーズに属するユニット達はとにかく個体性能が高く、まさに一騎当千の部隊である為正面決戦は臨む所であり、特に騎兵部隊であるゴアグランツは一気に距離をつめていきます。
 しかしながらケイオス陣営のミノタウロスの部隊も個体戦闘能力でやや劣りますが、その部分は数の力で一気に押し込める上、突撃に成功する事でその戦闘能力の最大値を利用し、ゴアグランツを最初の衝突力で一気に殲滅します。
 それと同時に拠点確保要員であるアイアンジョーズの「アードボウイ」をケイオスの「マイティスカルクラッシャー」が騎兵部隊ならではの移動力を駆使して回り込むように突撃します。
 しかしながらアードボウイは頑強な抵抗力を見せつけ、最大の攻撃力である突撃による衝突力を抑え込み、混戦に持ち込みます。
 こうなると単純な数の力がものを言い始め、ひたすらに消耗戦を強いられる展開となってしまい、騎兵としての優位性はまったく失われる結果となりました。

画像 画像
 一方中央の戦いでは後方からやや遅れる形となって到着したアイアンジョーズの主力モンスターであり、純粋な暴力の結晶である「マウ・クラッシャー」がミノタウロスに突撃、これを一瞬にして粉砕して全滅させてしまい、さらに後方から回り込んできたチャリオットオブスラーネッシュの突撃すらもものともせずに弾きかえしてしまいます。
 まさに驚愕すべてマウ・クラッシャーの戦闘能力で、圧倒的ともいえる結果でした。
 その勢いのままマウ・クラッシャーがぐいぐいと戦場を押し込みますが、ケイオス側はまともにぶつかっては勝ち目がないと今度は遅滞戦術を選択し、拠点を抑えるユニット以外を防御にまわして時間かせぎをしつつ、ディストラクション側の拠点確保要員を削り取っていきます。
 結果としてゲーム終了時に拠点を確保しているのがケイオス側で、勝利はケイオス側となったのですが、後1ターンゲームが続いていたのならディストラクション側がケイオス側を殲滅していたことは確実といっていい状態での決着でした。
 アーミー構築ルールと拠点によるポイントを導入した「エイジ・オブ・シグマー」はユニットの性能も大切ですが、拠点をいかにおさえて相手の主力ユニットの戦闘能力を逸らすかといった部分でも楽しめる為、よりタクティカルゲームとしての楽しみ方も出来るようになったと思います。
 シンプルなゲームながらプレイングによる勝利も十分狙えるゲームですので、興味のある方は是非プレイしてみて欲しいと思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
画像 画像
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「リグーリア」です。
 プレイヤーは港をもった島を支配している者となって、周辺の島々を開拓するとともに他のプレイヤーの港へいって商売(略奪?)を行うとともに外交官を派遣するなどして得点を伸ばしてゆく内容となります。

 各プレイヤーの配布される個人ボードがそのまま港を表していて、所有者のいない島タイルをつかってプレイヤー間がぐるりと円形になるようにタイルとボードを並べます。
 そして、各プレイヤーの船タイルがその円形の諸島間を行き来する形でゲームは進行します。
 船にはキューブを10個まで詰めるようになっていて、キューブは3色あってそれぞれ規定の個数を集めて自分の港に置いておくとゲーム終了時に得点となります。
 ただし、他のプレイヤーが自分の港に寄港すると、問答無用で好きな商品キューブを選んで運んでいってしまうのです。
 当然奪い返す、または島を開拓して商品を生み出してせっせと自分の港にもってくるなどをします。
 船の移動には毎ターンプレイヤー人数分を山札からカードを公開し、それを1枚づつ獲得して、そこに書かれている舵輪の数だけ移動出来るのですが、それに先立って獲得して個人ボードに配置出来るタイルによって基本移動力を増やす事が出来ます。
 このタイルの獲得とカードの確保がこのゲームの大切な部分となっています。
 タイルを獲得する事で船の移動力や一度に積み込む事の出来る商品の数がきまりますし、さらに得点を直接確保したり、島を開拓する為の騎士団、他のプレイヤーの港に派遣する外交官、商品キューブを集める事による得点化タイルなどの種類があります。
 それらを上手にバランス良く、またはわざと偏らせる事で特定の勝ち筋に特化して得点を獲得してゆく事が出来るようになります。

 ゲームのルールは実にシンプルである意味地味なゲームなのですが、それだけに他のプレイヤーとの思惑のからみあいなどが実にほどよくブレンドされて楽しむ事が出来ます。
 友人同士で是非プレイしてほしいゲームです。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街でボードゲームカフェとして子供から大人まで誰もがテーブルゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
画像 画像
 お一人様一日500円で、店内にある約450タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりません、ご了承下さい。