本日 117 人 - 昨日 338 人 - 累計 223291 人 サイトマップ
RSS
画像
 今日の一枚はミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」でストーリーの中心的な存在であるスペースマリーンの歩兵部隊「タクティカルスカッド」です。
 まさにスペースマリーン勢力の中心であり中核であるとも言える万能部隊で、長距離から中間、近距離までのあらゆる武器を使いこなし、さらに白兵戦戦闘能力、防御力についても総じて高い能力を有している者達で、この「タクティカルスカッド」なしにスペースマリーンを語る事は許されないといっても過言ではないでしょう。
 ストーリーの中心にある勢力の中核部隊だけあり、ミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」の歴史とともにあって、いくつものバージョンが出ているモデルでもあります。
 当然限定モデルもいくつかあって、写真の「タクティカルスカッド」はストーリーとして約一世紀前での戦いを描いている中に出てくる限定モデルで、現在販売されている「タクティカルスカッド」の過去の姿というわけです。
 ただ、「ウォーハンマー40000」の世界観では科学はかならずしも前にすすみ続けているわけでなく、長い長い血みどろの戦いの歴史の中で失われてしまった遺失技術も多数存在しているという設定があって、ものによっては現在よりも強力な設定やルールを持っているケースもあります。
 もちろん写真の限定モデルも通常のゲームで使用出来るのが「ウォーハンマー40000」の懐の深さでもあります。
 ですので見事に作成したモデルを、実際のプレイに登場させる事も十分出来る仕様になっています。
 このモデルは「ホルスヘレシー」というボードゲームに混入されているモデルで今はまだ購入出来ますが、出来なくなってからあわてても意味がありません。
 どんな限定モデルでも、当初は普通に購入出来たもので、その時に購入しなかったから後から苦労したりするわけです。
 こうしたモデルを入手出来るうちにコレクションの一環として揃えてみるのも素敵な事だと思います。

【ゴールデンウィークを楽しみましょう!】
 魔王の森では今週末の4月29日(金)から5月8日(日)までの超大型連休中休まず営業します。
 ミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」「エイジ・オブ・シグマー」などの販売、またそれらでプレイを楽しんで頂けるようにご用意するとともに、体験プレイも無料で受け付けております。
 さらに店内には約300種類以上のボードゲームをご用意しており、ボードゲームカフェとして一日500円で遊び放題となり、ゴールデンウィーク期間中にはワンドリンクが無料サービスとなります。
 お一人で、またはご友人とご一緒に是非ご来店下さい。
 心よりお待ちしております。

 第三回目となるボードゲームの実況「テーブルゲームを楽しもう!」の企画でとりあげるのは「シティビルダー」です。
 自分専用に用意されているボードにタイルをつなげていくタイプのゲームで、自分だけの街をつくっていくゲームです。


 最終盤に抜きつ抜かれつの激しいポイント争いになり、市の破産と紙一重という綱渡り的な状況で店長がねこもちさんに勝利したのですが、その最終クォーターの動画が保存時にデータがうまくセーブされていなかったようで、途中で動画が途切れてしまったのが本当に残念ですし申し訳ないです。
 ボードゲームのプレイ風景や雰囲気を伝えたくて動画を撮っているのですが完全な初心者で、まだまだ勉強中です。
 少しづつでも良いものにしていきますので、これからもどうぞよろしくお願い致します。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街でボードゲームカフェとして子供から大人まで誰もがテーブルゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
画像 お一人様一日500円で、店内にある300タイトル以上のボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりません、ご了承下さい。

 勝敗がつく競技であった場合、それがある程度公平であり、さらにプレイ人口が増えていったならば「誰が一番強い、または上手にプレイ出来るのだろう?」と考えるのは至極当然の帰結だったりします。
 そして、ルールがある程度公平であるものであるならば、その疑問を解決するのは非常に簡単で、その競技においてトーナメントや総当たりなど実際に対戦をしてみてはどうだろうかと思うのもまた自然な発想だと思います。

 さて、ボードゲームというものも、一つのボードゲームには統一されたルールがあり、それは楽しむ為に公平性がたもたれているものばかりです。
 となればボードゲームでの大会が開かれるのも当然といえば当然です。
 競技としての大会であれば、ゲームの楽しみ方の一つである「皆で共に楽しむ」という事よりも「勝利する事」こそが当然最優先の目的となりますので、日常的なプレイとは違うものになりますが、その方向性は方向性で非常に楽しいものであるのも確かです。
 気をつけるべきは、プレイに参加している方々が同じ方向性の楽しみを求めているかどうかなのだと私は思っているのですが、競技大会ならば参加する以上は当然方向性については同じなハズですので、おもう存分勝利の為に邁進出来ると思います。
 
 何をこんなにながながと語ってしまったかというと、先日突然、なんの前触れもなく「魔王の森・テーブルゲーム倶楽部」にポスターが届きました。
 内容はなんと「カルカソンヌ日本選手権」についてのものだったのです。
 カルカソンヌというボードゲームに世界大会がある事はしっておりましたが、その世界予選である日本選手権についてのポスターが当店のようなまだまだ小さな個人店に届けられるとは思っていなかったのでびっくりしてしまいました。
 むしろどこでうちの店を知ったのだろう?という気持ちでした(笑)。
 ともあれ、せっかく送って頂いたものですので、近隣の予選会場をしらべてポスターに記入してみました。
画像
 名古屋の瑞穂区でメーカルさんという団体さんが4月30日に開催するそうです。
 普段のプレイは皆で仲良く、一種のコミュニケーションツールとして楽しむのがボードゲームの本来の姿だと思っている私ですが、こうした競技大会、つまり勝利こそが最優先されるプレイというのも大好きです。
 地元四日市でも開催する事が実は可能でして、10人あつまれば日本選手権出場枠の為の予選が開けるとのことで、「魔王の森・テーブルゲーム倶楽部」のお客様がもう少し増えて、こうした競技大会に参加される方が10人以上集まるくらいになって(こういうのは前述の趣味や方向性の違いがあるので、参加人数となると常連というか普段からご来店頂ける人数の1/3くらいになると思いますので、当店で開く事を考えるともっと精進が必要だと痛感します)での大会が開けたら素敵だと思ってしまいます。
 
 それはそれとして、さっそく店頭に公示してみました(笑)。
画像
 いやぁ、なんでもやりたがってしまうし、声をかけて頂ければなんでも試してみてしまうのが私だったりします(笑)。
 4月30日に名古屋のメーカルさん主催の予選大会に興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

 日本ではボードゲームは子供のおままごとのような印象か、遊戯王やMTGなどのように大量にお金をかける課金アプリのような印象が非常につよくて、大人がのんびりと、あるいは真剣に楽しむに足る素晴らしい娯楽であるという印象にはなかなか結びついていないというお話をよく耳にします。
 娯楽というものはその人が楽しめればそれが一番なのは確かなので、どれが良いなどという事は決してないのですが、楽しさが伝わっていないというのは個人的には非常に残念に感じます。
 こうした世界大会も行える、プレイしがいのある一面もしっかりもっているのがボードゲームであり、気楽に楽しめるのもまたボードゲームであるという幅の広さこそがボードゲームの一番の魅力だと思います。
 きっかけは様々だと思います。
 より多くの方にテーブルゲームの魅力を知って頂ければと思っております。

 魔王の森でプレイしているボードゲームのゲーム実況をしてみようという企画「テーブルゲームを楽しもう!」の第二回です。
 今回のゲームは二人対戦専用のボードゲーム「パッチワーク」です。
 お互いに自分専用の碁盤の目のようなボードを持って、そこにパッチワークをするかのように様々なタイルを並べていくゲームです。
 自分の手番が来たら管理人さんと動画で呼んでいるポーンから時計回りに3個以内のタイルを購入(代金はぼたんでひようげんされます)して自分のタイルに置くか、中央の共有ボードの時間マーカーを相手のマーカーより一歩だけ進めた所まで移動させ、その移動したマス目の分だけボタン(資金)をえるかのいずれかを行います。

 なお、動画の中ではボードの端から初めて、タイルを置くときはすでに配置してあるタイルに接するようにプレイしてますが、本来のルールは、どこからタイルを置き始めても良く、新しくタイルを置く場合にもすでに置いてあるタイルに接する必要はありません。
 その点どうかご了承下さい。
 また、動画撮影についてはまったくの手探りで、まだまだ勉強中でして、ボードゲームのプレイ風景をなんとかして伝えられないかという気持ちでチャレンジしている次第です。
 ボードゲームってこんなにも色々あって、面白いものなんだというのが伝わってくれたのなら、とても嬉しいです。


 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街でボードゲームカフェとして子供から大人まで誰もがテーブルゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
画像 お一人様一日500円で、店内にある300タイトル以上のボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりません、ご了承下さい。

画像 画像
 今日の一枚は「闇夜の死:マンフレッド(原文は「Mannfred,Mortarch of Night」で、「闇夜の死」は正確な訳ではなく個人的な雰囲気ですのでご了承下さい)です。
 ミニチュアゲーム「エイジ・オブ・シグマー」では人間、エルフ、ドワーフなどのいわゆる自由の民達が蛮族、ディーモン、獣人などの邪神の従僕達に敗れて世界が滅んでしまった後の物語となっていおり、邪神の命ずるままにただひたすらに世界を破壊する混沌の軍勢に自由をかけて反撃をする者達の物語でもあります。
 そうした世界観のなかで第三勢力として登場するのが「死の領域」ともいうべきものを支配している「デス」の軍勢です。
 ファンタジー世界ではメジャーな存在でもあるアンデット達の軍勢で、自由を取り戻すべく立ちあがったオーダーの勢力と邪神の支配と隷属を至上とするケイオスとの戦いのなか、ただひたすらに変化も進化も捨てて永遠のみを求めて存在している勢力と見る事が出来ます(まぁ、アンデットに勉学と文化を求められても困るというものです)。
 そうしたデスの軍勢の中でも最前線で戦う極めて戦闘能力にすぐれた将のひとりがこの「マンフレット」です。
 乗騎である深淵の巨獣は近寄るものすべてを引き裂き食い千切るのはもちろんの事、マンフレット自身も暗黒の鎧と魔力の剣をたずさえて、並みの騎士ではとても立ち向かえない戦闘能力わ持っているだけではなく、魔法使いとしての実力も兼ね備えているのです。
 もちろん、アンデット特有の打たれ強さと恐怖にたいする絶対的な耐性をもっているのはいうまでもありません。

 写真のモデルは深淵の巨獣の体内のしゃれこうべもしっかりペイントされていて、巨獣の黒金色との対比が非常によく出ていると思います。
 マンフレットのたくましい肉体を表現する影についても丁寧にペイントされていて、歴戦の剣士としての雰囲気が伝わってきます。
 そして、巨獣やマンフレット本人、さらには巨獣の体内のしゃれこうべなどの目が写真ではわかりにくいのですがぼんやりと光っていて、いかにもアンデットという表現になっているのが素敵だと思います。
 
 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

画像
 毎週火曜日は普段の平日は20時までの営業時間の所を「魔王の森・テーブルゲームナイト」として夜の22時まで営業しているのですが、この度すく近くのお店と提携して、「テーブルゲームナイト」では簡単な軽食の提供が出来るようになりました。
 写真のような盛り合わせでワンコイン、500円で注文が出来ますので是非ご利用いただければと思います。
 皆様のご支持を頂けるようならば、土日など営業時間が22時までやっている時には提供出来るようにしていきたいと思います。
 これから暖かくなってきますので、持込みの飲食自由となる火曜日の「テーブルゲームナイト」ではこうした軽食とあわせて飲んで食べて、楽しくテーブルゲームで盛り上がれたら素敵ではないかと思い、企画してみました。
 ご利用頂ければ嬉しい限りです。
 店内でご用意しているボードゲームの種類もお客様のご厚意によって置いて下さっているものも含めますと、ついに300種類の大台を突破してなお増加中です。
 昔からの定番ゲームから新しい新作ゲーム、ドイツゲーム賞をとったようなタイプのゲームから国産のすごろく色の強いゲームなどなど、知力の限りをつくすゲームから皆で盛り上がるようなパーティゲームまで、様々なジャンルからご用意しております。
 ボードゲームをした事がない方でも丁寧にルールを説明しますので、是非何人ものプレイヤーと直に対戦するテーブルゲームの魅力を楽しみをあじわってほしいと思います。
 そしてボードゲームをすでに楽しんでおられる皆様、是非「魔王の森」で共に楽しい時間を共有しましょう!

 テーブルゲームを楽しもう!というテーマで、実際にテーブルゲーム(つまりボードゲームやカードゲーム、ミニチュアゲームなど)をプレイしている様子を動画でご案内したいとおもいます。

 記念すべき第一回は「ストライク」というゲームです。
 ゲームである以上、プレイする前にルールを説明するのは当然なのですが、このゲームについてはほとんど説明なしでスタートしても最初にプレイするプレイヤーの手番をみていれば分かってしまいそうなくらい簡単なものです。
 動画(YouTubeにアップしてあるもので約5分程度です)でもプレイする前に説明していますが、プレイヤーは自分の手番がきたなら手持ちのダイスを1つアリーナの中に投げ込みます。
 この時ともともとアリーナの中にあったダイスに当たって出目が変化してもまったくかまいません。
 そして、投げ入れたダイスだけではなく、アリーナの中にあるダイスでゾロ目が出たのなら、そのダイス全てを回収して自分の手持ちのダイスとして次のプレイヤーに手番がうつります。
 ゾロ目がなかったなら、さらに1つ投げ入れる事も出来ますし、パスを宣言して次のプレイヤーにまわす事も出来ます。
 こうして手持ちのダイスが無くなったプレイヤーから脱落していき、最後まで手持ちのダイスを持っていたプレイヤーが勝者となります。
 ルールは本当に簡単で、プレイ時間もどんなに長引いても10分かかる事はないでしょう。
 作戦は多少はあるとはいえ、はっきり言って勢いを楽しむものなのですが、パーティゲームとしては非常に優秀で、ついつい熱くなってダイスを振って盛り上がってしまいます。
 難しい確立や理論で対戦するのもボードゲームの楽しみですが、こうした勢いと雰囲気を楽しむ事も出来るのも、ボードゲームの魅力だと思います。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街でボードゲームカフェとして子供から大人まで誰もがテーブルゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
画像 お一人様一日500円で、店内にある300タイトル以上のボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりません、ご了承下さい。

画像 画像
 今日の一枚はミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」から悪しき存在ディーモンの軍勢の中でも最も残虐で獰猛な血と暴力の邪神コーン配下の「スカルキャノン」です。
 邪神コーンは白兵戦での流血をもっとも求めているディーモンですので、射撃攻撃はほとんどする事がなく、ゲームバランス的な面はともかくとして、実は戦力としてもほとんど持っていません。
 この「スカルキャノン」はその中では極めて異質な存在で、コーンの軍団の中ではほぼ唯一の射撃ユニットと呼んでいいかもしれません。
 とはいえ、白兵戦を信条とするコーンですので、このスカルキャノンも強力な範囲射撃攻撃をもっていながら、白兵戦によって特殊能力が発動するというやや矛盾した能力をもっているのが、設定を大切にしている「ウォーハンマー40000」ならではの部分だと思います。
 打ち倒した敵の骨や恨みの力を砲弾として、まさに怨霊散弾的な形で爆撃のような射撃攻撃を行う一方で、敵軍に突撃して喰らいつき、血肉を貪って再生能力を発動させる事が出来ます。
 
 写真のモデルは通常の作り方ではなく、この商品では「スカルキャノン」を作成するか「ブラッドスローン」を作成するか選べるのですが、「ブラッドスローン」の組み方を一部する事で特徴的なモデルにしあげています。
 血の赤がコーンのディーモンの基本カラーで、赤錆びた真鍮色の鎧をまとっているのですが、金色のイメージを強くしたカラーリングで、色の方でも特徴をだしていると思います。
 「ウォーハンマー40000」のモデルは基本的な組み方だけではなく、自分なりの設定をつくってモデルを作成するなどして特殊な個体を表現してみたり、カラーリングを特徴的にし、かつそのカラーリングで揃える事でより一層軍団としての圧迫感や一体感を表現する事が出来ると思います。
 是非、オリジナル設定のアーミーを揃えてプレイすると、プレイ中の光景が非常に美しくカッコいいものになるのではないでしょうか。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「シティビルダー」です。
 「魔王の森」で最近人気のあるボードゲームの1つ「ノイシュバンシュタイン城」と同じデザイナーさんが作成したゲーム(正確にはこの「シティビルダー」が先に作り出されています)だけあって雰囲気がよく似ています。
 この「シティビルダー」ではプレイヤーは街開発の担当者となって、公共事業や住宅地、商業、企業誘致などを行い街を発展していく事が目的となります。
 すべての街の要素は六角タイル化されていて、それを上手に組み合わせていく事で得点(人口)を増やし、資金を得ていくわけです。
 住宅地、空港、オフィス街、公園、コンビニ、レストラン、スタジアム、小学校、農場、カジノなどなど様々なタイルが登場するのですが、自分の街にそのタイルを配置する時に気をつけないと、住宅地の隣に空港タイルを配置すると騒音問題で突き上げをうけてしまいますし、高級レストランを建てたあとに近隣にレストランを建ててしまうと価値が低下してまったり、逆に住宅地の隣に小学校タイルを配置するとボーナスを得られたりといった形でかなりイメージが掴みやすい内容でペナルティとボーナスが発生し、それが新たにタイルを自分の街に配置するだけでなく、空港など、他のプレイヤーの街にあるタイル数によってボーナスを得るものも多数登場します。
 また、街が大きくなってくると様々な問題を誘発させてしまい、資金力が低下したり集客力が下がったりしてしまうなど、かなりリアルな内容になったりしてその状況が想像しやすく、ついつい場が盛り上がってきます。
 自分だけの理想の街を作り出す事ができますので、ぜひ、すばらしい手腕で素敵な街をつくる事に挑戦してみてほしいと思います。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街でボードゲームカフェとして子供から大人まで誰もがテーブルゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
画像 お一人様一日500円で、店内にある300タイトル以上のボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりません、ご了承下さい。

画像 画像
 今日のワンシーンはミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」の対戦風景で「タウvsティラニッド」です。
 「ウォーハンマー40000」は遥か未来の世界、いわゆるSFをテーマにしていて地球によく似たテラという星を主星としたインペリウムを物語の基本的な中心として約13勢力の様々な種族、様々な文明の宇宙の勢力達が侵略の為、欲望の為、生存の為、捕食の為、復讐の為などさまざまな理由で血で血を洗う戦いを続けている闘争の世界観が用意されています。
 その中でタウ帝国は新興勢力として登場としており、肉体的には脆弱な種族的な欠点を補う為にパワードスーツを量産実戦投入しているある意味ロボット部隊が主力となります。
 中間距離での強力な火力と、地形を無視して空中移動する機動力に非常にすぐれています。
 逆に言うと長距離射撃ではやや決定力に欠け、接近戦はほとんど出来ない為に戦いではエリアコントロールが何よりも大切な勢力ですが、非常に強力な勢力です。
 対してティラニッドは外宇宙から静かに、しかし着実に侵略してきつつある正体不明の怪物達で、痛みも恐怖も知らず、対話も交渉も出来ない、ただひたすらにあらゆる他の種族、文化、勢力を虐殺し捕食しつづけるだけの存在です。
 接近戦にすぐれるものの、いわゆる怪物達のみの勢力なので有効な射撃攻撃はすくなく、また防御力も極めて低く、数もそれほど多く軍勢として入らないというややゲーム的には不利な部分が多いのですが、搦め手を多数持っているトリッキーな勢力です。

 写真の対戦では「ウォーハンマー40000」のゲームをプレイしてみたいという事で体験プレイをかねてルールを説明している時のものです。
 タウ勢力を使っているのが体験プレイをしている側の方ですが、写っているタウのモデルはすべてその方が作成したもので、最初はモデルそのものを気にいって頂いて揃えてくれていたのですが、折角揃ってきたのだからとプレイしてみたいと言って下さったというわけです。
 ウオーハンマー40000では純粋にモデルの作成として楽しむ事も出来ますし、揃ってきたら自分の自慢のモデル達が戦場を疾駆し敵と激しく戦う素晴らしい姿をゲームで実際に見て、他の人々とシーンを共有する事が出来るのも魅力だと思います。
 もちろん、ゲームの方を楽しむ場合にもTRPGのようにしっかりとした世界観と各勢力の歴史や軍編成などががっつり用意されているので、その方面で楽しむ事も出来るのです。
 自分にあったペースで、楽しめる部分から是非ウォーハンマーの世界を共に楽しんで頂ければと思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「グラスロード」です。
 個人的に「箱庭ゲーム」と呼んでいるタイプのゲームで、各プレイヤーにそれぞれ専用の個人ボードが配布されて、そのボードを開拓していくものです。
 テーマとしてはガラス商品華やかし時代に、ガラス工房をつくって自分の土地を開拓していくというものです。
 ゲームとしては二つの円形のメーターを利用して複数の資材の数をコントロールして、その資材がある程度増えると自動的に作成されるガラスとレンガをどのようにして利用するかというのがテーマとなります。
 何を言っているのかというと、各円形メーターは素材である粘土や水、食料などといったものの数を示すマーカーがあるのですが、それらを増やしてメーターの長い針から離れていく程プラスになるのですが、素材の在庫全てが1以上になると、針は自動的にどれかの素材にあたるまで開店して、その分のガラスやレンガが作成されてしまいます。
 つまり、いずれかの素材をわざと「0」にしておかないといけないという矛盾したプレイが要求されます。
 ゲームの進行にはカードを利用して、ターンの開始時15枚の自分のカード群の中から5枚を選択します。
 そして自分の手番ごとに1枚のカードを使用してその効果を適用するのですが、他のプレイヤーは同じカードを手札にもっていたならばプレイして、その効果を分け合う事になります。
 つまり相手と上手くカードをかぶせる事でアクションそのものを増やしていく発想が必要になります。
 非常にのんびりとした展開のゲームなのですが、獲得出来る点数が低い為、上手に計画をたてておかないと後半一気に逆転という手法は取りにくいゲームでもあります。
 まさに土地開発は計画的に行う事がなによりも大切だという事が肌で感じられまい(笑)。
 かなり牧歌的な雰囲気で派手さはないものの穏やかで静かに対戦を楽しむ事が出来るゲームですので、じっくりプレイするのが好きな方にはたまらないと思います。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街でボードゲームカフェとして子供から大人まで誰もがテーブルゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
 お一人様一日500円で、店内にある300タイトル以上のボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりません、ご了承下さい。

画像
 昨日は「魔王の森」と「テーブルゲーム倶楽部」の合同開催の「魔王の森・ゲームデイ」をシュトワ白楊文具館にて開催し、沢山の参加者にご来場頂きまして本当にありがとうございました。
 ミニチュアゲームにボードゲームにと一日楽しんで頂き、またミニチュアゲームでは自慢のアーミーのお披露目や、そのまま実戦という流れで盛り上がっていましたし、ボードゲームではご用意させて頂いたゲームはもとよりお持込み頂いたゲームをいくつも楽しんで頂けていて、私としても嬉しい限りでした。
 
画像
 ミニチュアゲームでは「エイジ・オブ・シグマー」の対戦や、「ウォーマー40000」の各モデルのお披露目などが行われていました。
 「エイジ・オブ・シグマー」はルールがシンプルですので気軽に楽しめるのが魅力ですし、「ウォーハンマー40000」はまさにSFアニメや映画の世界にがっつりひたりながらもゲームシステムが適度に細かく用意されているので(細かすぎるとルールという権威にふりまわされてしまうので)、イメージや想像力を十分に楽しみながらもしっかりとした対戦ゲームで駆け引きでしのぎを削ることが出来るのが素晴らしい部分だと思います。
 また「ウォーハンマー40000」では対戦ボードゲームのラインナップも最近は増えていていて、個人的なお勧めは新作の「オーバーキル」です。
 ボードゲームとしての楽しみもしっかり出来ると同時に、ミニチュアゲームの楽しみや雰囲気がよく出ていてお気に入りです。

画像 画像 画像
 ボードゲームは「テーブルゲーム倶楽部」でご用意したゲームをいくつも楽しんで頂き、開場から閉場まで終始いくつものゲームがプレイされ続けている状況でした(いやぁ、皆さん体力があるなと感心してしまいました(笑))。
 「ケルト」「パフャーム」「世界の7不思議」「マチュピチュの王子」「ルーム25」などなどご用意させて頂いたゲームがどんどんプレイされていくのは本当に楽しかったです。
 また、参加して下さった方々の中にはボードゲームを普段から楽しんでいる方や、私などよりずっと前から深く楽しんでおられる方々もいらしていて、沢山のゲームを持ち込んで自ら説明して楽しんで頂いていました。
 「4つの評議会」「ボンペイ」「カッラーラの宮殿」「インディゴ」などなど素敵なゲームがプレイされていました。
 個人的に嬉しかったのはずっと欲しいと思いながらも諸般の事情でちょっと手がだしづらいでいる「ヴィレッジ・オブ・ファミリア」を見る事が出来た事で、非常にポップなイラストで、可愛らしい雰囲気の予想通り素敵なゲームでした。
 心よく内容を見せてくださった事を感謝致します。
 また、ずっと興味があった「ケルトタイル」も見れたのは嬉しかったです(参加者の方がプレイして非常に盛り上がってました)。
 沢山持ちこんで頂いたのに全部をプレイ出来なかったのは残念で、是非また参加、またはお店の方にも遊びに来ていただければと思います。
 またのご来場をお待ちしておりますとともに、「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」へのご来店も心よりお待ちしております。
 
 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街でボードゲームカフェとして子供から大人まで誰もがテーブルゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
 お一人様一日500円で、店内にある300タイトル以上のボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりません、ご了承下さい。

画像 画像
 4月も本格的に始まり、会社が学校でも新しい環境がスタートしたと思います。
 また転勤や進学などで生活環境そのものが変化した方も多いのではないでしょうか。 
 そうした4月は気持ちも新たに趣味や活動範囲を広げて、新しい交流が生まれやすい時期でもあります。
 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」では300種類以上の海外及び国内のボードゲームを中心にテーブルゲームを各種を揃えて、それを皆さんにプレイして頂ける場を提供しております。
画像 画像
 いわゆるボードゲームカフェ形式で、1日500円で店内にあるボードゲームをどれでも好きなだけプレイして頂く事が出来ます。
 ボードゲームはゲームマーケットとして同人ボードゲームの祭典が開かれて年々盛り上がっていますし、首都圏では次々とボードゲームカフェが開店して盛り上がっています。
 海外ボードゲームとなると子供よりも大人が楽しむ戦略性の高い、チェスや将棋のような要素の強いものや、初対面の人とでも大いに盛り上がる事が出来るものまで様々なタイプのものがあり、国内のゲームデザイナーさんの作品も高く評価されるものがどんどん出始めています。
画像 画像
 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」ではボードゲームに興味を持って下さった初心者の方でも、ルール説明など店員が丁寧に行いますし、お好みのゲームを見つける為のご相談も喜んでお受けしております。
 是非、多くの皆様にボードゲームの楽しさをお伝え出来ればと思っています。
 カラオケに行くよりも安く、一日中友達同士で、または一人でも楽しんで頂けますので、是非お気軽にお寄りください。
 もちろん、ボードゲームが好きな方や、ご自分のボードゲームを持ち込んでのプレイも大歓迎ですし、見学は無料です。
 皆様のご来店をお待ちしております。

     【今週末のイベントのご案内】
 今週末の4月10日(日)は「魔王の森・ゲームデイ」として、シュトワ白楊文具館2階Aホールにて、テーブルゲームのイベントを開催します。
 時間は13時から20時までで、参加費は500円となります。
 またお車でお越しの方はシュトワ白楊書籍館の方の駐車場に止めて頂き、駐車券を「魔王の森」の店員に渡して頂ければ一日無料に出来ます。
 「魔王の森・ゲームデイ」ではミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」や「エイジ・オブ・シグマー」用に戦場をご用意しておりますのでフリープレイを楽しんで頂けますし、興味のある方は体験プレイも受け付けております。
 また「テーブルゲーム倶楽部」としては各種ボードゲームを会場にご用意してのフリープレイを楽しんで頂けます。
 「マチュピチュの王子」「プリュージュ」「ブルゴーニュ」「4つの評議会」「ムラーノ島」「キーフラワー」「マングロービア」「ケルト」「シティビルダー」「7ワンダー」など様々なボードゲームを持ち込んでまいります。
 また、「テーブルゲーム倶楽部」の「店内プレイ可能リスト」をご覧になってプレイしてみたいゲームがありましたら、ここに書き込んで頂ければ喜んでご用意させて頂きます。
 皆様のご来場を心よりお待ちしております。

画像 画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「ムラーノ島」です。
 このゲームではボードに描かれた5つの島を開拓して、街路を整備してガラス工房、商店、信仰の場などを建設して住民たちから信頼を得る形で勝利点を獲得していきます。
 しかしながら実際にガラス工房を稼働させると、熱や煙などが周囲に蔓延してしまい、住民から非難されて勝利点が下がってしまうのです。
 いかに地元住民の理解を得ながら(またはうまく言いくるめながら(汗))収益をあげていくかといったバランス感覚が問われます。

 ゲームとしてはゲームボードの周囲にぐるりと各種アクションスペースが描かれていて、ゴンドラ駒が複数それらを周回しているので、プレイヤーは好きなゴンドラ駒を自分の手番順に選んで前進させ、止まった場所のアクションを実行出来ます。
 ただしこの時に前のゴンドラ駒を追い越す事が出来ない上、収益を上げたり特殊カードを獲得する要素を得るアクションスペースは1ヶ所しかない為、誰かが使用したならその次のプレイヤーはその場所のゴンドラ駒をどかさないといけなくなり、どかすためには資金が必要となってくるというシステムになっています。
 他のプレイヤーと競合するようなプレイ手法をとればとるほど余計な資金がかかるものの、そうそう余っているアクションスペースの効果だけでは資金が回らなくなったり、肝心の建物が建てられなくなったりしますし、なによりもこのゲームではゲーム終了時に特定の条件を満たす事でそれぞれのプレイヤーが勝利点を得ていくのですが、その勝利点の条件カードは各自がゲーム中にそれ専用のアクションスペースを利用する事で獲得していくのです。
 勝利点の条件カードは各人が個々に所有して、そのカードで得点出来るのも所有しているプレイヤーだけですので、複数枚のカードを獲得しておく必要が生まれる為、どのプレイヤーもそれが出来るアクションスペースを狙っている事になります。
 また勝利点の条件カードの内容は5つの島のいずれかの島で建物の配置や数、島に来ているお客様や信仰の場の紋章など様々なものがあり、勝利点の条件カードを獲得したならば今度はその条件を満たせるようにプレイしていく事になります。
 一見複雑に聞こえるゲームですが、手番で行う作業は非常にシンプルでルールもまとまっている為にプレイしやすいように仕上がっています。
 美しいデザインのボードを楽しみながら、是非プレイしてみてほしいゲームです。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街でボードゲームカフェとして子供から大人まで誰もがテーブルゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
 お一人様一日500円で、店内にある300タイトル以上のボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりません、ご了承下さい。

画像 画像
 今日の一枚はミニチュアゲーム「エイジ・オブ・シグマー」から死者の軍勢であるデスの勢力の「ヘックスレイス」です。
 実体を持たない亡霊騎士たちで、いかなる強打であろうとも非実体の彼らには有効打とならず、逆に怨念の塊である彼らに触れただけで通常の人間は恐怖に心が凍りついて死んでしまう恐ろしい存在です。
 ゲームでも相手の防御力を低下させる効果を無視して防御し、壁などをすり抜けて移動し、さらに相手を通過したならばそれだけでダメージを与えてくる非常にやっかいな存在です。
 騎兵ならでは移動力を利用して戦場をかき回し、他の兵と共同して戦線を崩しに来た時には頭を悩ます存在となるでしょう。

 写真のモデルはデスの勢力の死の呪文のイメージカラーである紫色をうっすらとのせる事で瘴気や死気をイメージさせるようにペイントされており、もはや残骸になりつつある身に着けている服や鎧なども丁寧にペイントされて、さび付きボロボロになっている雰囲気がとても良くででいます。
 シタデルカラーのウォッシュで影を深くしつつ、ドライでかすれ、汚れた雰囲気を出す事で、こういった雰囲気を出しやすくなってくるのではないかと思います。
 写真のモデルはそういった雰囲気がとてもよく出ていると思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「ケルト」です。
 ストーリー的なテーマがあるタイプのゲームではなく、イメージとしてはドルイドの儀式的なイメージがあるゲームではないかと思います。
 写真のように非常に印象的なボードを使用してプレイするゲームで、随所にルーンが描かれています。
 ゲームのシステムは非常にシンプルで、プレイヤーは全員中央下に自分の駒をおいて、放射状に延びた「道」には5色の色が割り当てられています。
 配られたカードを手札として、自分の手番がきたなら手札から一枚のカードをプレイ(または捨て札に)して、その後カードを一枚共通の山札から引くという手順となります。
 カードは0~10まで数字が5色それぞれに2枚づつあります(つまりカードは全部で110枚あるわけです)。
 プレイされた場合には、数字に関係なく、その該当する色の「道」で自分の駒を1マス進めます。
 では数字はなにに使用するかというと、プレイする条件です。
 各プレイヤーは手札からカードをプレイする際に5色それぞれ別の列として自分の前に並べながらプレイします。
 そして、同じ色のカードはかならず自分の前の同じ色の列の上にプレイしなければいけないのですが、この時各列の2枚目にプレイするカードが多くの場合重要な意味をもちます。
 2枚目にプレイしたカードが1枚目にプレイしたカードより小さいならばそれ以降自分のその列のカードは常に小さい数字のカードしかプレイ出来なくなり、大きいカードをプレイしたならば、それ以降常に大きい数字のカードしかプレイ出来なくなります(実際にはルールは「以下」「以上」なので小さい方になるか大きい方になるのかは2枚目に1枚目と同じ数字のカードをプレイ出来たなら、3枚目で決まるケースもあります)。
 ここまで説明すると気付くと思うのですが、普通は1枚目をプレイする段階で自分はその色をより小さい数字としてプレイしていくかその逆なのかを計画してプレイするハズです。
 カードは0~10なのですから、大きい方向にプレイしたいと思いながら1枚目の数字を[9」でプレイする人はまずめったにいないでしょう。

 こうして自分の駒を前進させていって、スタートポイントよりもより遠くに進める事でより多くの点数が獲得出来ます。
 ただ、気をつけるべき重要なルールがあります。
 各色ともに「道」を進み始めたならば4歩以上すすまないと点数は「マイナス」になってしまいます。
 つまりたいして進めないのであればその色の「道」は進まない方が良いのです。
 このルールがある為にどの色を優先して進めるのか、またはどの色はもう諦めるのかといった作戦や、他のプレイヤーを見て駆け引きしたりといったゲームプレイの部分が発生します。

 非常にシンプルなルールでプレイ時間も短いのですが、プレイすると駆け引きや運の要素などが適度にまざっていて非常にもりあがるタイプのゲームです。
 是非プレイして欲しいゲームの一つです。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街の中にあってボードゲームサロンとして子供から大人まで誰もが交流出来る社交場としても営業しております。
 お一人様一日500円で、店内にある200タイトル以上のボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりません、ご了承下さい。

画像
 今日の一枚はミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」より人型装甲機動兵器「ドレッドノート(ホルスヘレシーver」です。
 「ウォーハンマー40000」ではミニチュアによる戦略ゲームが楽しめるのですが、そうしたゲームの部分をより深く楽しむ為に、というよりミニチュアゲームそのものが映画やアニメ、漫画的なシーンを自分達で再現して楽しむものである為に、ゲームとして利用するシステム的な要素以外に様々な設定や背景ストーリーがたっぷり用意されています。
 それらを読んだり見たりする事で、ただ綺麗に作られたプラモデルというだけではなく、ストーリーの中に存在する躍動する存在としてのモデルという一歩踏み込んだものになるのだと思います。
 「ドレッドノート」は「ウォーハンマー40000」に登場する数々の勢力の中の「インペリウム」に所属している人型装甲機動兵器、まぁ簡単に言えば人型のロボット兵器です。
 そして中に搭乗しているのはパイロットなどではなく、戦場に倒れて肉体的には死にゆくはずだった英雄達で、生命維持装置と神経接続インターフェースを「ドレッドノート」と直結させて、つまりまさにドレッドノートの中に意識だけを残す形で存在しているのです。
 食べる事も余暇を楽しむ事も眠る事ももはや出来ず、ただひたすらに人類の為「インペリウム」の為に戦い続けている存在が「ドレッドノート」なのです。
 かなりヘビィな設定ではありますが、死んで護国の鬼とならんとするシーンなどは日本のロボットアニメでも割と見かけるものでもあるように思います。
 そして、「ウォーハンマー40000」はその名の通り第41千年紀の壮大な宇宙戦争をテーマにしているのですが、その背景設定として歴史的な展開もしていて、第30千年紀頃のストーリーも扱っています。
 「ドレッドノート(ホルスヘレシーver)」は、その第30千年紀の時代の「ドレッドノート」ですので、現在ウォーハンマー40000で登場してくるドレッドノートとはずいぶん形が違います。
 とはいえ、こうした歴史的な存在をゲームに登場させたり、モデルとして作成したりするのはまた格別な気持ちで楽しむ事が出来ると思います。

 写真のモデルはボードゲーム「ザ・ホルスヘレシー」でのみ入手出来る限定バージョンで、入手難易度はなかなか高いものですし、俗っぽい言い方をすればレア度がかなり高いモデルだと思います(笑)。
 独自のペイントでかなり趣がある色合いになっていて、さらにスマホのデコなどに使われるパーツを利用する事(よく上手に見つけてくると感心してしまいました)で、紋章や飾りを表現していてオリジナル性の高い素晴らしいモデルになっていると思います。
 モデリングというと難しく考えがちですが、決してそんな事ありません。 
 自分の気に入った色あいや装飾で、まさに思うがままに作成する楽しみが当然あって、上手に作成されたものを見本のように、またはそれを正解のようにしてまねるのではなく、独自の感性で作成されたものも最高に素晴らしいモデルだと思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

画像 画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「ブルームサービス」です。
 このゲームを一言で表現するならまさに「魔女の宅急便」です。
 プレイヤーは魔法の薬をボード上の様々な場所に届けてまわる事で得点を得るのですが、平地あり山あり丘あり森ありと様々な地形をその地形に秀でた魔女やドルイドの力を借りて通りぬけ、あるいは魔法の薬をお届けします。
 魔法の薬は3種類あって、薬を待つお客さんが必要としているものも決まっていますので、様々な薬草から抽出させた魔法の薬を作ってくれる採取者達から渡されて宅急便するわけです。
 しかし、この世界の天気は非常にあれる事でも有名で、分厚い雲の中に箒に乗って入ってしまうと大けがをしてしまいますし魔法の薬も全てなくしてしまうかもしれません。
 そこで、魔法を使ってそれらの雲を霧散させながら進んでいくことになるのです。

 こうしてテーマでプレイされる「ブルームサービス」のゲームシステムは、各プレイヤーは上記の設定の全く同じ内容の役割カード10枚をゲームの最初に渡されて、それぞれその中から他のプレイヤーには隠して4枚を選びます(残った6枚は脇によけておきます)。
 そしてスタートプレイヤーからカードを一枚プレイするのですが、この時次のプレイヤーから順に同じカードが手札にあったのなら必ずプレイしなくてはならず、手札にないのならばパスを宣言しなければなりません。
 そしてカードにはそれぞれ効果の強い「勇敢な効果」と比較的効果の弱い「臆病な効果」があり、プレイする時にどちらかを宣言して場にださなくてはなりません。
 「臆病な効果」を宣言したのならばすぐさまその効果を適用します(ボード上を移動したり、魔法の薬を少しだけ得たりします)
 「勇敢な効果」を宣言したのなら(ボード上を移動しながら魔法の薬を届けたり、魔法の薬を沢山得たり出来ます)、一巡するまで効果は適用されず、もしも一巡する間に他のプレイヤーが同じカードを持っていて(同じカードをプレイしなければならず、持っていなければパスしなければいけない訳ですから)、そのプレイヤーが「勇敢な効果」を宣言したならぱ先に「勇敢な効果」を宣言していたプレイヤーは何もカード効果を得られないのです。
 「勇敢な効果」はスタートプレイヤーから一巡する間の「最後に宣言したプレイヤー」以外は効果は得られず、それ以外のプレイヤーは全員カード効果が得られないハイリスクハイリターンの宣言という事になります。

 こうして全員が手札を使い切るまでプレイを行い、使い切ったならはラウンドが終了して、プレイしていた4枚を含めた10枚の中から再び4枚のカードを選んで次のラウンドが開始されます。
 ゲームは7ラウンドで終了してしまいますので、思っているよりずっと早くゲームが終わってしまう事になります。
 プレイ時間も短く、それでいながら非常にテーマ性にとんだゲームをしっかり楽しめるゲームで非常にお勧めです。
 他のプレイヤーがどのカードを選んでいるのか予想して、「勇敢な効果」で一気に得点や魔法の薬を取りに行くのか、それとも「臆病な効果」で地道に小さく稼いでチャンスを待つのかといった読み合いがとても楽しいと思います。
 ゲームとしては2人からプレイ出来るのですが、やはり4人~5人くらいの人数でワイワイとプレイする方が楽しいゲームですので、是非プレイしてみてほしいと思います。
 あと、プレイヤー駒が魔女の帽子をちゃんとかぶった可愛らしいスタイルになっているのもチャームポイントです。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街の中にあってボードゲームサロンとして子供から大人まで誰もが交流出来る社交場としても営業しております。
 お一人様一日500円で、店内にある200タイトル以上のボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりません、ご了承下さい。

 今日のワンシーンはミニチュアゲーム「エイジ・オブ・シグマー」のプレイ風景で、混沌の勢力同士の激突です。
 「エイジ・オブ・シグマー」は剣と魔法と怪物の所謂ファンタジー世界を背景にしているのですが、かなりダークな設定で、すでに人間やエルフ、ドワーフ達の世界は邪悪なる神々の先兵たる混沌の軍勢によって攻め滅ぼされてしまい、多元宇宙の9層世界全てを邪神に支配されてしまっているという世界観です。
 そして、天界の神々の力を借りて人間の英雄が多くの英霊と共に肉体を授かり、地上にひしめく邪神の先兵を駆逐し、虐げられ続けている同胞達の命と魂を救済するべく反攻作戦を開始した、という物語が設定となっています。
 勢力としてはまさに反攻軍ともいうべき「オーダー」、邪神のしもべ達である「ケイオス」、死者の領域に巣食う「デス」、そしてただ血と破壊のみを求める狂える暴徒「ディストラクション」の4勢力となっていて、その中に様々な陣営があるのですが、同じ勢力内であれば混在して戦っているのが当たり前の状態になっているので、自分が気に入ったモデルを自由に組み合わせて自分だけの部隊をつくる事が可能になっています。
 というか、個人的にはこれだけ混沌とした世界観を用意されているので、世界観を再現するなら1つの陣営だけにするより、様々な陣営から精鋭が集まっている陣容を用意する事の方がいかにもといった感じですし、世界観としての雰囲気を出していると思います。
 そして、今回プレイしているように同一勢力であっても「ケイオス」や「ディストラクション」では邪神の戯れであったり、破壊衝動に突き動かされて戦うのはごく普通ですし、「オーダー」や「デス」であっても思想や立場の違いから戦いになってしまっているケースは十分にありえるのでプレイの時はそんなストーリーを想像するのも楽しめます。

画像
 この写真のシーンでは「ケイオスウォリアー」+「ディーモン」の勢力が「スケイブン」の勢力とぶつかっているもので、「プラージファーネス」を中心に陣をひくスケイブン達に対して、「ソウルグラインダー」が単騎で突撃を敢行してくる所です。
 「エイジ・オブ・シグマー」ではゲームのシステムそのものが英雄譚を表現しやすいようになっていて、こうした怪物の単騎突貫は時として大きな戦果をあげる事になります。

画像
 この時も「ソウルグラインダー」の圧倒的といってもよい攻撃力の前に「プラージファーネス」は破壊され、「ケイオスウォリアー」+「ディーモン」勢力としてはその特殊な範囲攻撃を封じる事に成功しています。
 とはいえそれだけでは勝てないのも「エイジ・オブ・シグマー」のプレイしていて楽しい部分で、この後「ソウルグラインダー」は射撃攻撃の集中打を浴びて沈められてしまいました。
 高機動型ユニット、特に飛行能力をもったユニットや召喚呪文によって距離をけずるなどして敵の射撃ユニットを抑え込む事が重要なのは、かなりリアルな感覚として再現されているので、そのあたりバランスよくアーミー編成を考えつつ、その中でいかに自分らしさや自分の中の美学を表現していくかというのもアーミー構築の楽しみですのです。
 ただ自分のこだわりに固執してそれを押し通すだけなら誰にでも出来る事です。
 柔軟に、でもこだわる部分はしっかりと残してアーミー構築をして、その上で対戦に勝利する事が出来た時の満足感と充実感を、そして残念にも負けてしまった時の悔しいと思えるくらいのこだわりを是非楽しんでほしいと思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。