本日 10 人 - 昨日 318 人 - 累計 207690 人 サイトマップ
RSS
画像
 今日の一枚はミニチュアゲーム「エイジ・オブ・シグマー」から死者の軍団であるデス勢力より「スピリットホスト」です。
 まさに実体のない亡霊そのものといった存在が「スピリットホスト」で、死者の怨念や無念などの負の感情が悪霊となって地面から湧き出してきているといった存在です。
 実体を持っていない為に、強力な斬撃や魔獣の一撃といった本来相手の防御力を無効化しやすい能力(ゲーム的にはRend値で表現されます)を全て無視してしまうというたちの悪い特殊能力をもっており、その為強力な一撃をもって敵を倒す事を前提にしている兵にとってはいつもとまったく勝手の違う戦いを強いられる事になります。
 「スピリットホスト」の一撃の攻撃力は何ほどでもないのですが、手数が多いのと、時折発生する死の接触による防御不能のダメージが問題となり、その防御力とあわせて強いユニットというよりとにかく鬱陶しいユニットと言えると思います。

 写真の「スピリットホスト」は作成されている方のデス勢力が紫光の呪力をテーマにして統一している為、やや赤みかがった紫色の不気味な死霊の雰囲気をとてもよくだしていて、丁寧にベースデコレートしている大地との比較により不気味なイメージをとてもよく出していると思います。
 こうした対比を利用した雰囲気だしも作成する上での楽しみになるのではないかと思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

画像 画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「アンドロイド:ネットランナー」です。
 2人専用のカードゲームで、マジック・ザ・ギャザリングなどのデッキ構築して対戦するカードゲームをイメージして頂ければほぼ間違いありません。
 ただ、この「アンドロイド:ネットランナー」についてはリビングカードゲームと呼ばれて、いわゆるトレーディングカードゲームとは一線をひくものとなります。
 率直な意見になりますが、マジックザギャザリングなどのトレーディングカードゲームの現状はスマホのアプリに課金するがごとく、まともに対戦するには相当の課金を必要とする傾向が非常に強くなってきていて、お金をかけた方が基本的に強いアイテムを入手するのもアプリゲームと構造的にそっくりになっているように感じます(そうしなくても遊ぶ事は出来るという言い方も、アプリゲームの無課金でも何とかなるよ、という言い方にそっくりです、個人的にMTGは大好きだったのでそうなってしまったと感じるのは非常に悲しい事なのですが)。
 この「アンドロイド:ネットランナー」はそうしたTCGとは異なり、いわゆるボードゲームのように一つ購入したならばそれで投資は完結しています。
 TCG的な感覚で言えば、構築済みのデッキが7つ入っていて、それを使用して遊ぶ対戦ゲームなのです。
 そしてよりボードゲーム的な部分として拡張セットがある程度出ているのですが、これは言ってみれば追加エキスパッションと同じと考えてよいものの、それらはランダムなカードセットではなく、TCG的な言い方をすればフルコンブセットという商品形態で発売される形となっているのです。
 当然レアリティといった区分もなく、無理してシングル価格という二次商売に付き合う必要もありません。
 対戦するプレイヤー同士、ボードゲームの基本概念である完全に互角の条件化(資金的に所有カードリソース的にという意味でです)で席にすわる事が出来ます。
 所有カード力による差がでないので、レアカードの威力というものさしもありません。
 あるのはプレイヤー同士の駆け引きというゲーム本来の楽しさの部分という事になります(拡張セットを購入するかどうかという部分がありますが、日本語版のみでプレイしている限り現状では発生しませんし、仮に日本語版で拡張が出たとしても投資額を考えると誤差の範囲に思えます)。

 何を言いたいかといえば、「アンドロイド:ネットランナー」というボードゲームはTCGの対戦ゲームのゲームの部分を非常に上手に抽出した商品になっているという事です。
 対戦を楽しむ事ができ、デッキ構築の楽しさもあり、ゲームにおいては駆け引きやプレイングの妙によって勝敗が決まる比率が高い(つまりゲームが好きな人にとっては満足度が高い)といえるものだと思います。
 逆に言うとTCGのトレーディングの部分、つまりカードをコレクションしていく楽しさについては味わえないのですが、TCGでトレーディングによるカードコレクションをのんびり楽しんでいるユーザーはゲームの部分を重視しないはずですので、ボードゲームをプレイする機会も少なく、その部分によるマイナス要素は考慮しなくても良いように思えます。

 とはいえ困った事もあります。
 「アンドロイド:ネットランナー」はそのゲームの背景テーマとして近未来のサイバーパンク的な世界観の中で、巨大企業であるコーポレート側と自由に生きるハッカー達であるネットランナー側との対戦という形になります。
 その雰囲気を大事にするあまり、コーポレート側とネットランナー側では同じ「アンドロイド:ネットランナー」をプレイしているのにまったく違うルールを利用してプレイしているのです。
 つまり、「アンドロイド:ネットランナー」というゲームをお客様に説明しようとする場合、通常のゲームと異なりコーポレート側とネットランナー側の二つのルールを説明しなければならないのです。
 カードとしてもコーボレート側とネットランナー側のカードはまぜる事は出来ませんし、カードタイプすら全く違います。
 これはネットランナー側でプレイした事がある人がコーポレート側でプレイしようと思うと、違うゲームを覚える感覚になるという事で、二つのシステムを同時に把握したくなるのがゲームをプレイして楽しみたい方の人情というものなので、敷居が高くなる傾向があるという事を意味してしまうと思います。
 また、違うシステムで対戦するという特色は新鮮ですが、その特色ゆえに「同じルールで優劣を競いたい」という部分を重視されるプレイヤーさんにとっては不公平な感覚を覚えてしまうかもしれません(相手が出来る事が自分は出来ないという前提でいくつかのルールが成立しているからです)。
 とはいえ、そこら辺がこのゲームの魅力でもあり背景世界を十分に感じられるプレイ感をかもしだすことに成功していると思います。
 ちなみに蛇足になりますが「アンドロイド:ネットランナー」というゲームそのものはマジックザギャザリングを生み出したリチャード・ガーフィールド氏がもともとは作っており、その後版権をボードゲームを多数だしているファンタジー・フライト社が買い取ってルールをある程度修正して現在にいたっているというのも面白い部分だと思います。
 そういった経緯からMTGのオールドユーザーにしたならば、駆け引き重視のプレイ感は非常に琴線にふれる、熱い想いを再び滾らされるものではないかと思います。
 また雰囲気を大事にしている部分のあるカードゲームですので、シャドウランや東京NOVAといったTRPGにおけるサイバーパンクの雰囲気が好きな人などは思わずニヤリとしてしまう用語が飛び交うことになり、とくにシャドウランでのハッカーの雰囲気は非常に似ていて楽しいと思います。
 是非プレイしてみてほしいボードゲームです。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街の中にあってボードゲームサロンとして子供から大人まで誰もが交流出来る社交場としても営業しております。
 お一人様一日500円で、店内にある200タイトル以上のボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりません、ご了承下さい

画像
 今日のワンシーンはミニチュアゲーム「エイジ・オブ・シグマー」から死者の軍勢であるデスの勢力と、邪神のしもべたるケイオスの勢力との戦いです。
 「エイジ・オブ・シグマー」はいわゆる剣と魔法と怪物の世界、ファンタジーをテーマとしたオリジナルストーリーをもとにしているミニチュアプラモデルのシリーズで、モデルの種類は百種類を楽々と超えます。
 かなり精密なモデルで、ディテールも細かく、作成からペイントまでじっくりモデリングを楽しんでいけますし、作り込み要素も満載です。
 そして、さらにその作成したモデルを使用して映画やアニメのワンシーンのようなゲームを楽しむ事が出来ます。
 対戦戦略ゲームとして、全てのモデルに固有の能力値が決められているので、ダイスを振って戦闘結果を判定する非常にシンプルなシステムながら、それゆえに自由度の高い、初心者でも気軽に楽しめますし、やりこめば様々な戦術をプレイする事が出来ます。
 写真の時はお客様が作成したモデルを使って、体験プレイとしてルールを説明していた時のもので、デス勢力とケイオス勢力という図式でプレイしています。
 死者の王である巨大なナガッシュに対して、混沌の勢力のミノタウロスの一段が突撃している所です。
 白兵戦の雄であるミノタウロスですが、さすがに不死王ナガッシュ相手では荷が重く、手傷は負わせますがこの後全滅してしまいます。
 「エイジ・オブ・シグマー」ではゲームのプレイ中の風景が本当に映画をとっているかのように素晴らしくて、綺麗にモデリングされた様々なモンスターや人間の英雄、騎士や悪魔達が縦横に動いて戦いを繰り広げる姿を見る事が出来ます。
 さらにルールのテーマが英雄譚なので、強力な主力モデルはその見た目や設定通りの派手な活躍をする事が出来るようになっているのも嬉しい所です。
 その辺りは勝ち負けを追求するゲームというより、雰囲気や展開そのものを楽しむTRPGでの戦闘に近いものがあると思います。
 魔王の森ではいつでも体験プレイをうけつけておりますし、プレイする為の戦場(ジオラマのような家々や森や岩などをセッティングしてあります)も用意してありますので、より雰囲気を深く楽しんで頂けると思います。
 興味をお持ち頂けましたら、是非お気軽にお声をかけて下さい。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

画像 画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「ブリュージュ」です。
 日本語版でのタイトルは「ブリュージュ」なのですが、一応発音としては「ブルッヘ」ですので、海外版のみでプレイされている方や、その辺りに非常にこだわる方と話す時にはゲームタイトルが全く違って聞こえてしまうのでちょっと注意が必要かもしれません。
 
 さて、ゲームとしては中央ボードはあるのですが、それは得点計算などのある意味メーターとして利用されるもので、このゲームは実際にはカードゲームです。
 実に160枚以上ある効果も絵柄も異なるカード群を駆使して、町の発展に寄与していく事になります。
 とはいえ、町には様々な天災がふりかかり、疫病や家事、水難や経済難などが襲い掛かってくるので、それをかわしつつ、家を建てて住人を住まわせて、その住民の能力によって得点を稼ぎます。
 カードゲームなのに家を建てるの?と思って下さった方、よくぞ聞いて下さいました(笑)。
 このゲームでは5色のカードに分かれているのですが、実は裏面もちゃんと5色のままです。
 そして山札は常に2つあるので、ある程度までは自分で色を選んでカードを引く事が出来きて、カードを裏面のまま自分の場に配置するとそれが家となって、そこに人物カードを配置する事が出来るようになるわけです。

 かなり大雑把にプレイ出来るのですが、天災に翻弄される事もあり、この天災によって他のプレイヤーを妨害したりも出来ます。
 比較的気楽にプレイ出来るゲームですので、是非プレイしてみて下さい。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街の中にあってボードゲームサロンとして子供から大人まで誰もが交流出来る社交場としても営業しております。
 お一人様一日500円で、店内にある200タイトル以上のボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりません、ご了承下さい

画像 画像
 今日の一枚はミニチュアゲーム「エイジ・オブ・シグマー」より「不死王ナガッシュ」です。
 「エイジ・オブ・シグマー」では最終戦争に悪魔達「ケイオスの勢力」が勝利してしまい破滅してしまった世界が舞台で、神々の力をその身に受けた英雄達である「オーダーの勢力」が世界を取り戻す為に反撃を開始するという背景ストーリーを持っているのですが、その破滅して悪魔に支配された世界に「死の領域」という不可侵の領土を生み出して支配していて、悪魔たちですら攻略出来ないでいるのが「デスの勢力」です。
 その「デスの勢力」の王が「不死王ナガッシュ」なのです。
 とはいえ、実はそれさえ控えめの表現で、ある意味においてこの「不死王ナガッシュ」こそが「デスの勢力」そのものであり、始まりであり全てといってすら良い存在なのです。
 ゲームにおいてもそれだけの力を十分もっており、ある意味圧倒的な戦闘能力と防御能力、継戦能力を誇ります。
 「エイジ・オブ・シグマー」は自分で作成したモデルを使用して対戦ゲームが出来る、つまり自分の作品が実際に戦場を駆けてアニメや映画のワンシーンのように敵と戦う姿を実際に見れるもので、そのゲームシステムも非常に英雄の戦いをイメージしやすいものになっており、物語の中心的なモデルはしっかりと活躍出来るようになっているのが嬉しい所だと思います。

画像
 写真の「不死王ナガッシュ」は紫光の呪文体系を駆使する亡霊というイメージを大切にしており、全体的にどことなく紫色のペイントとなっています。
 また、瞳の奥に特殊塗料を使用する事でブラックライトを当てる事で光ってくえるなど、かなり工夫したペイントになっているのが素晴らしいと思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

画像 画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「ピクトマニア」です。
 いわゆる「お絵かきゲーム」の一つなのですが、リアルタイム進行で自分のお題を「書く」事と他の人が書いている絵のお題を「当てる」行為を同時に行うのが特徴的で、上手く絵を描く事よりも、いかに相手に伝わる簡単な絵を描くか、そして他のプレイヤーが何を描いているのかをいかにイメージして理解するかといった想像力が楽しめるゲームです。
 「テーブルゲーム倶楽部」では絵を描く仕事をしている方もいるので、他のお絵かきゲームではゲームにならないケースが生まれてしまって(いやぁ、お金もらって絵を描いている方はやっぱり桁違いですよ(笑))ややプレイしにくいのですが、このゲームでは絵そのものの上手さよりも、純粋に伝わりやすさ、表現力ともちょっと違うアピール性などが問われます。
 それでいながらお絵かきゲームによくある「楽しめればいいんだよ」的なプレイによるプレイヤー間の温度差が出てしまう要素もひくくて、盛り上がりますが一生懸命プレイすればしっかり得点が獲得出来て、ばか騒ぎして終わりという形になりにくいのも見逃せない素敵な点だと思います。
 気軽に楽しめるゲームである事は間違いないので、是非独特の感じをプレイしてみてほしいと思います。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街の中にあってボードゲームサロンとして子供から大人まで誰もが交流出来る社交場としても営業しております。
 お一人様一日500円で、店内にある200タイトル以上のボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりません、ご了承下さい

画像 画像
 今日の1枚はミニチュアゲーム「エイジ・オブ・シグマー」のデスの陣営に属する「モルガイスト・ハービンジャー」です。
 死者の軍勢であるデスの陣営は、破滅し悪魔が支配する世界観の中で独自の領土を確立し、悪魔の軍勢といえども侵入が出来ない領域を支配しています。
 そして、そのデスの陣営の中でも先触れ(ハービンジャー)の名を持つこの「モルガイスト・ハービンジャー」は名前の通りに圧倒的な強襲能力を誇り、死者の軍勢の最先頭にたって命ある敵どもを打ち倒していきます。

 写真の「モルガイスト・ハービンジャー」は亡霊のような雰囲気をよく出していて、紫光の呪力を得て活動している様子が伺えます。
 さらに両手の大剣には呪いのルーンが描かれており、いかにも死そのものを与えにくる巨大な死霊の迫力が出ていると思います。
 非常に丁寧にペイントされていて、迫力ある存在としてアーミーの中核を担ってくれ事を伝えてきます。

【本日のイベントご案内】
 本日2月21日(日)は今月唯一の「魔王の森・ゲームデイ」で「魔王の森」と「テーブルゲーム倶楽部」合同開催となります。
 会場はシュトワ白楊文具館2階Aホールで、時間は13時から20時までで、参加費に500円をお願い致します。
 なお、駐車場についてシュトワ白楊書籍館の駐車場にお止め頂き駐車券をお持ち頂ければ無料に出来ます。
 会場についてはイベント時間内は出入りは自由となりますので、ご都合の良い時間にご来場頂けますし、途中抜けなども大丈夫です。

 「魔王の森」としてはミニチュアゲームの販売とフリープレイを楽しんで頂きたいと思います。
 ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーの各種商品を会場で手にってご覧頂けますし、その場で体験プレイも楽しんで頂けます(体験プレイには1時間くらいはかかりますのでお時間に余裕をもって下さい)。
 同時にそれらのフリープレイを楽しんだり、持ち込んだモデルの写真撮影が出来るように様々な情景モデルを配置した戦場をご用意させて頂いておりますので、それを自由にご利用頂けます。

 今回も「テーブルゲーム倶楽部」と合同開催となっております、こちらでは「マングロービア」「ブリュージュ」「ランカスター」「ケンオスインジオールドワールド」「ストーンエイジ」「キーフラワー」「ドッグ」「マギVSドラゴン」「ピクトマニア」などを持っていく予定です。
 さらにテーブルゲーム倶楽部でプレイ出来るリストは「店内取り扱いゲームのリスト」からご確認できますので、プレイしてみたいゲームなどのご希望のゲームがありましたら是非ここへの書き込みなどで教えてください。
 よろこんで会場に持っていかさせて頂きます。
 より多くの皆様にテーブルゲームを楽しんで頂けたらと思っておりますので、どうぞお気軽にご来場下さい。

画像 画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「ケイオス・イン・ザ・オールドワールド」です。
 このゲームは現在「魔王の森」で取り扱っておりますミニチュアゲーム「エイジ・オブ・シグマー」の世界観がそのままボードゲームとしてつくりあげられたもので、「エイジ・オブ・シグマー」では悪魔の軍勢が世界を滅ぼしてしまった後の世界を扱っているのですが、この「ケイオス・イン・ザ・オールドワールド」では、悪魔達がいかにして世界を滅ぼしたかという部分をテーマにしてあります。
 そう、この段階でお気づきだと思いますが、プレイヤーは「エイジ・オブ・シグマー」の世界観にある4大邪神のいずれかとなって、世界を滅ぼすべく暗躍します。

画像
 「エイジ・オブ・シグマー」の世界観では邪神は「血と暴力の邪神コーン」「腐敗と疫病の邪神ナーグル」「変化と歪んだ運命の邪神ティーンチ」「快楽と怠惰の邪神スラーネッシュ」を筆頭としていて、悪魔たちはいずれかの邪神の配下となって世界を破滅させるべく活動しています。
 この「ケイオス・イン・ザ・オールドワールド」でもそれにちなんでプレイヤーはいずれかの邪神を選択してゲームを開始するのですが、背景にそってゲームのシステムがしっかりと作られていて、それぞれの邪神の勝ち点の取り方(つまり支配の方法)が異なって設定されています。
 さらに、4大邪神が足をひっぱりあって、自らが世界を滅ぼした第一人者になろうと変に対立してしまうと、人間やエルフ、ドワーフといった世界の英雄たちの反撃にあって敗北してしまう(世界を滅ぼせずにプレイヤー全員が敗北)という終わり方もあって、なかなかスリリングな展開を楽しむ事が出来ます。

 たまには違う視点と立場からゲームの展開や世界観を楽しんでみたいと思う方には大いにおすすめしたいゲームです。
 是非、邪神の力を存分にふるってみて下さい!

【明日のイベントご案内】
 明日の2月21日(日)は今月唯一の「魔王の森・ゲームデイ」で「魔王の森」と「テーブルゲーム倶楽部」合同開催となります。
 会場はシュトワ白楊文具館2階Aホールで、時間は13時から20時までで、参加費に500円をお願い致します。
 なお、駐車場についてシュトワ白楊書籍館の駐車場にお止め頂き駐車券をお持ち頂ければ無料に出来ます。
 会場についてはイベント時間内は出入りは自由となりますので、ご都合の良い時間にご来場頂けますし、途中抜けなども大丈夫です。

 「魔王の森」としてはミニチュアゲームの販売とフリープレイを楽しんで頂きたいと思います。
 ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーの各種商品を会場で手にってご覧頂けますし、その場で体験プレイも楽しんで頂けます(体験プレイには1時間くらいはかかりますのでお時間に余裕をもって下さい)。
 同時にそれらのフリープレイを楽しんだり、持ち込んだモデルの写真撮影が出来るように様々な情景モデルを配置した戦場をご用意させて頂いておりますので、それを自由にご利用頂けます。

 今回も「テーブルゲーム倶楽部」と合同開催となっております、こちらでは「マングロービア」「ブリュージュ」「ランカスター」「ケンオスインジオールドワールド」「ストーンエイジ」「キーフラワー」「ドッグ」「マギVSドラゴン」「ピクトマニア」などを持っていく予定です。
 さらにテーブルゲーム倶楽部でプレイ出来るリストは「店内取り扱いゲームのリスト」からご確認できますので、プレイしてみたいゲームなどのご希望のゲームがありましたら是非ここへの書き込みなどで教えてください。
 よろこんで会場に持っていかさせて頂きます。
 より多くの皆様にテーブルゲームを楽しんで頂けたらと思っておりますので、どうぞお気軽にご来場下さい。

画像
 今日の一枚は剣と魔法と怪物のファンタジー世界のストーリーを背景にしたミニチュアゲーム「エイジ・オブ・シグマー」からケイオス勢力の大軍団の総大将たる「アーケイオン・エバーチョーズン」です。
 「エイジ・オブ・シグマー」の世界では4大邪神が世界を滅ぼしてしまっており、神々の力をかりた人間たちの大反攻がテーマになっているのですが、本来であれば邪神の1柱からしか加護が得られないはずなのに、4大邪神全てから加護を得ているのが「アーケイオン・エバーチョーズン」なのです。
 加護の証として三つ首のドラゴンに騎乗し、その圧倒的な力で人間たちを打ち倒し、絶大なカリスマ性で混沌の軍団を束ねあげています。
 実際ゲームで使用する際にも極めて強力なユニットとしてデータが作られていて、まともにぶつかったのでは命(ユニット)がいくつあっても足らないほどです。
 「エイジ・オブ・シグマー」は英雄譚としてのストーリーをゲームに反映できるようにルーリングされているので、ストーリー上強力なユニットは、データ的にもはじけるくらいに強いので、使っていて安心感があります。

 写真の「アーケイオン・エバーチョーズン」は組み立てて下地剤を塗布しただけの状態です。
 たったそれだけなのに、ディテールの細かさや滑らかさが十分に伝わってきて格好いいことこの上ないです。
 ここからどのうよに色にペイントされていくのかを期待してしまいます。

【今週末のイベントご案内】
 今週末の2月21日(日)は今月唯一の「魔王の森・ゲームデイ」で「魔王の森」と「テーブルゲーム倶楽部」合同開催となります。
 会場はシュトワ白楊文具館2階Aホールで、時間は13時から20時までで、参加費に500円をお願い致します。
 なお、駐車場についてシュトワ白楊書籍館の駐車場にお止め頂き駐車券をお持ち頂ければ無料に出来ます。
 会場についてはイベント時間内は出入りは自由となりますので、ご都合の良い時間にご来場頂けますし、途中抜けなども大丈夫です。

 「魔王の森」としてはミニチュアゲームの販売とフリープレイを楽しんで頂きたいと思います。
 ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーの各種商品を会場で手にってご覧頂けますし、その場で体験プレイも楽しんで頂けます(体験プレイには1時間くらいはかかりますのでお時間に余裕をもって下さい)。
 同時にそれらのフリープレイを楽しんだり、持ち込んだモデルの写真撮影が出来るように様々な情景モデルを配置した戦場をご用意させて頂いておりますので、それを自由にご利用頂けます。

 今回も「テーブルゲーム倶楽部」と合同開催となっております、こちらでは「マングロービア」「ブリュージュ」「ランカスター」「ケンオスインジオールドワールド」「ストーンエイジ」「キーフラワー」「ドッグ」「マギVSドラゴン」「ピクトマニア」などを持っていく予定です。
 さらにテーブルゲーム倶楽部でプレイ出来るリストは「店内取り扱いゲームのリスト」からご確認できますので、プレイしてみたいゲームなどのご希望のゲームがありましたら是非ここへの書き込みなどで教えてください。
 よろこんで会場に持っていかさせて頂きます。
 より多くの皆様にテーブルゲームを楽しんで頂けたらと思っておりますので、どうぞお気軽にご来場下さい。

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「マンカラ」です。
 アフリカの方で古くからあるゲームという認識だったのですが、東南アジアなどにも似たようなものがあり、エジプトでも遊ばれていた痕跡があったりするそうです。
 実際いつから遊ばれていたのかは不明で、少なくても紀元前にまでさかのぼれるのは確かのような、様々なゲームの源流の一つなのかもしれないゲームです。

 ルールはいたってシンプルですし、正直道具も大したものは必要ありません。
 地面と小石があればよくて、昔でいえば広場で楽々出来る遊びといって良いと思います(まぁ、現代では逆にそういう土のある場所がないので難しいかもしれませんが)。
 写真のような窪みが二列あって、その両端に大きめの窪みがある構造があれば十分で、あとは小石があればOKです。
 各小さな窪みに小石を4個づついれて列を挟んで向かい合ってゲーム開始です。
 自分の側の列の右端の大きなくぼみが自分の得点ゾーンです。
 手番がきたら、自分の側の列の窪みのいずれかから小石を全てとって、右回りに各窪みに一つづつ小石を入れていきます。
 この時、最後の1つの小石をいれた場所が自分の得点ゾーンだった場合は連続して手番が出来るというルールがあります。
 また、自分の側の列の窪みで空の状態の場所に最後の1つの小石を入れた場合は向かいの窪みの小石すべてと今入れた自分の側の窪みの1つの小石を全てとって、自分の得点ゾーンに入れる特別なルールもあります。
 こうして互いにプレイをつづけいって、自分の側の窪みの小石全てがなくなったならば、相手側の小さな窪みに残っているすべての小石を自分の得点ゾーンに入れてゲームは終了。
 お互いに得点ゾーンにある小石の数を数えて、多い方が勝ちとなります。

 一応ルールを説明したのですが、実際には「マンカラ」には無数といって良いルールがあって、さらに地方ルールや派生ルールなど数えたらきりがないようです。
 どのルールが正しいとかそういったものは一切なくて、昔からあるゲームですので、時代や地域や文化にあわせて様々にその時の人々が「楽しい」と感じたルールが追加され、改変されてきた結果だと私は思っています。
 人類のテーブルゲームの歴史を感じさせてくれるこの「マンカラ」を、魔王の森で是非一度はプレイしてほしいと思います。

【今週末のイベントご案内】
 今週末の2月21日(日)は今月唯一の「魔王の森・ゲームデイ」で「魔王の森」と「テーブルゲーム倶楽部」合同開催となります。
 会場はシュトワ白楊文具館2階Aホールで、時間は13時から20時までで、参加費に500円をお願い致します。
 なお、駐車場についてシュトワ白楊書籍館の駐車場にお止め頂き駐車券をお持ち頂ければ無料に出来ます。
 会場についてはイベント時間内は出入りは自由となりますので、ご都合の良い時間にご来場頂けますし、途中抜けなども大丈夫です。

 「魔王の森」としてはミニチュアゲームの販売とフリープレイを楽しんで頂きたいと思います。
 ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーの各種商品を会場で手にってご覧頂けますし、その場で体験プレイも楽しんで頂けます(体験プレイには1時間くらいはかかりますのでお時間に余裕をもって下さい)。
 同時にそれらのフリープレイを楽しんだり、持ち込んだモデルの写真撮影が出来るように様々な情景モデルを配置した戦場をご用意させて頂いておりますので、それを自由にご利用頂けます。

 今回も「テーブルゲーム倶楽部」と合同開催となっております、こちらでは「マングロービア」「ブリュージュ」「ランカスター」「ケンオスインジオールドワールド」「ストーンエイジ」「キーフラワー」「ドッグ」「マギVSドラゴン」「ピクトマニア」などを持っていく予定です。
 さらにテーブルゲーム倶楽部でプレイ出来るリストは「店内取り扱いゲームのリスト」からご確認できますので、プレイしてみたいゲームなどのご希望のゲームがありましたら是非ここへの書き込みなどで教えてください。
 よろこんで会場に持っていかさせて頂きます。
 より多くの皆様にテーブルゲームを楽しんで頂けたらと思っておりますので、どうぞお気軽にご来場下さい。

画像
 今日の一枚はウォーハンマー40000から、外宇宙よりの侵略者ティラニッド陣営の「フライングハイブタイラント」です。
 ティラニッドはウォーハンマー40000に登場する陣営の中でも極めて異質な存在で、文化も文明ももたず、コミュニケーションすら出来ない存在で、他のあらゆる種族を喰らいつくすという底知れない飢えに突き動かされる存在です。
 そして極めて大きな問題点として、ティラニッドという存在はそれを可能にする程の凶悪な戦闘能力を持っているという事実があります。
 「フライングハイブタイラント」はティラニッド陣営の中核として存在して、思念ネットワークによって他の小型個体を手足のように操って圧倒的な数と統率力によって敵を蹂躙します。
 そしていざ白兵戦が始まったなら、圧倒的といって良い攻撃力を見せつける事が出来ます。
 ティラニッドと敵対した時には思念ネットワークの中心であるハイブタイラントを倒す事がもっとも効率が良いのですが、そのハイブタイラントを倒す事がもっとも至難であるとも言えるのです。
 
 写真の「フライングハイブタイラント」は白兵戦仕様になっており、射撃武器については持っていません(もっともハイブタイラントは二つの武器を持てるので、二つ目の武器として射撃兵器を装備していると言えるのが良いと思います。
 カラーリングは自分のアーミーになっており、揃った時の見栄えが素晴らしい事になると思います。

【今週末のイベントご案内】
 今週末の2月21日(日)は今月唯一の「魔王の森・ゲームデイ」で「魔王の森」と「テーブルゲーム倶楽部」合同開催となります。
 会場はシュトワ白楊文具館2階Aホールで、時間は13時から20時までで、参加費に500円をお願い致します。
 なお、駐車場についてシュトワ白楊書籍館の駐車場にお止め頂き駐車券をお持ち頂ければ無料に出来ます。
 詳しくは「2月のイベント予定」をご確認下さい。
 会場についてはイベント時間内は出入りは自由となりますので、ご都合の良い時間にご来場頂けますし、途中抜けなども大丈夫です。

 「魔王の森」としてはミニチュアゲームの販売とフリープレイを楽しんで頂きたいと思います。
 ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーの各種商品を会場で手にってご覧頂けますし、その場で体験プレイも楽しんで頂けます(体験プレイには1時間くらいはかかりますのでお時間に余裕をもって下さい)。
 同時にそれらのフリープレイを楽しんだり、持ち込んだモデルの写真撮影が出来るように様々な情景モデルを配置した戦場をご用意させて頂いておりますので、それを自由にご利用頂けます。

 今回も「テーブルゲーム倶楽部」と合同開催となっております、こちらでは「マングロービア」「ブリュージュ」「ランカスター」「ケンオスインジオールドワールド」「ストーンエイジ」「キーフラワー」「ドッグ」「マギVSドラゴン」「ピクトマニア」などを持っていく予定です。
 さらにテーブルゲーム倶楽部でプレイ出来るリストは「店内取り扱いゲームのリスト」からご確認できますので、プレイしてみたいゲームなどのご希望のゲームがありましたら是非ここへの書き込みなどで教えてください。
 よろこんで会場に持っていかさせて頂きます。
 より多くの皆様にテーブルゲームを楽しんで頂けたらと思っておりますので、どうぞお気軽にご来場下さい。

画像 画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「ドッグ」です。
 日本語版の正式な名前としては「クラマー&キースリングのドッグカードゲーム」というかなり長い名前となっています。
 この「ドッグ」は名前の通りカードゲームとなっていて、文庫本サイズの箱にカードのみが入っているセットとなっています。
 セットの内容としては1~14まで書かれたカードの13種類が各8枚づつ用意されています。
 ちなみに1~14なのに14種類でないは11は1と同一札になっていて「1/11」となっているからです。
 そして相手のカードを奪ってくるドロボウカードが8枚、ジョーカーとしてどのカードの代用も出来る?カードが8枚用意されています。

 ゲームの内容としては「1」もしくは「13」のカードを基点として場に出す事からはじめて、自分の場に1~14までの数字の列を2列つくりだした方が勝ちとなります。
 作り出す列は「1」から始めたなら「2、3、4、5・・・」とカードをプレイしていかなければならず、「2」の次に「4」をだすなどは出来ません。
 当然そうそう簡単に都合の良い数字のカードが手元にくるはずはないでカードを引いて手札を充実させたくなり、そのサポートのひとつのなるのがゲームスタート時に共通の場として表にした13枚のカードとなります。
 手札を1枚捨てて共通の山札から1毎引いてくるのか基本的な行動ですが、手札の数字と同じ番号の位置にあるカードをもらってくることが出来る訳です(カードが貰われていったのなら、山札からすぐに補充します)。

 この「ドッグ」なのですが、た2~4人までなのですが、プレイヤーが4人である場合にはなんと2対2のタッグ戦となります。
 こうしたゲームでタッグ戦になるというのは非常に珍しいと思います。
 通常の対戦プレイも良いですが、二組のに分かれてのチーム戦も是非プレイしていってくださいね。


【今週末のイベントご案内】
 今週末の2月21日(日)は今月唯一の「魔王の森・ゲームデイ」で「魔王の森」と「テーブルゲーム倶楽部」合同開催となります。
 会場はシュトワ白楊文具館2階Aホールで、時間は13時から20時までで、参加費に500円をお願い致します。
 なお、駐車場についてシュトワ白楊書籍館の駐車場にお止め頂き駐車券をお持ち頂ければ無料に出来ます。
 会場についてはイベント時間内は出入りは自由となりますので、ご都合の良い時間にご来場頂けますし、途中抜けなども大丈夫です。

 「魔王の森」としてはミニチュアゲームの販売とフリープレイを楽しんで頂きたいと思います。
 ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーの各種商品を会場で手にってご覧頂けますし、その場で体験プレイも楽しんで頂けます(体験プレイには1時間くらいはかかりますのでお時間に余裕をもって下さい)。
 同時にそれらのフリープレイを楽しんだり、持ち込んだモデルの写真撮影が出来るように様々な情景モデルを配置した戦場をご用意させて頂いておりますので、それを自由にご利用頂けます。

 今回も「テーブルゲーム倶楽部」と合同開催となっております、こちらでは「マングロービア」「ブリュージュ」「ランカスター」「ケンオスインジオールドワールド」「ストーンエイジ」「キーフラワー」「ドッグ」「マギVSドラゴン」「ピクトマニア」などを持っていく予定です。
 さらにテーブルゲーム倶楽部でプレイ出来るリストは「店内取り扱いゲームのリスト」からご確認できますので、プレイしてみたいゲームなどのご希望のゲームがありましたら是非ここへの書き込みなどで教えてください。
 よろこんで会場に持っていかさせて頂きます。
 より多くの皆様にテーブルゲームを楽しんで頂けたらと思っておりますので、どうぞお気軽にご来場下さい。

画像
 今日の一枚はウォーハンマー40000の悪魔に魂を売った邪悪なる軍団ケイオススペースマリーン陣営から「ヘルブルート」です。
 悪魔の歪んだ力によって、機械と人間がいびつに融合してしまっている恐ろしい姿をしていて、永劫なる苦悶の中ですべての生物を憎悪しているという設定の恐ろしい殲滅兵器です。
 ゲーム的にも戦車並みの装甲値から生存率が高く、接近戦から射撃戦まですべてを高い次元で実現し装備しており、ビーム砲による長距離支援から近距離での打撃戦までこなす事が出来ます。
 対策する兵器を持っていないかぎり白兵戦をヘルブルートにいどまれたユニットは殲滅されるしかないというくらい絶対的な攻撃力を誇ると言えます。

 写真の「ヘルブルート」は四大邪神の一柱である変化の邪神ティーンチのカラーでペイントしてあるもので、ウォーハンマーでは邪神の加護のある色が決まっているので、それにあわせてペイントする事も出来て、色を揃えて軍勢を構成する楽しみもあります。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「ノートルダム」です。
 ゲームのテーマとしてはノートルダム大聖堂を中心としたパリの街の各区画をプレイヤーは治める立場となって、ネズミによる疫病のリスクに配慮しつつ、銀行や公園、ゲストハウス、講堂といった建物を建てる(たぶん影響力を増しているのだと思います)といった行為をして、自分の区画の名声を高めていくことを目的とします。
 
 ゲームのシステムとしては各人同一の組合せの9枚のカードを自分の山札として、各ラウンドの開始時に自分の山札(というほど枚数はないわけですが)から3枚のカードを引いて、その中の1枚を手元にのこし、残りを左隣のプレイヤーに渡します。
 こうして渡された2枚の中から1枚を選び、残った1枚を再び左隣のプレイヤーに渡します。
 これによって手元に残ったカードは再び3枚となるのですが、その後アクションフェイズの自分の手番がきたら1枚カードをプレイして効果を発揮させ、2回目に自分の手番が来たら残っている2枚の手札のどちらかの効果を発揮させつつ2枚同時に捨ててしまいます。
 つまり3枚の手札の中から2枚のカードの効果しか使用出来ないわけです。
 その後に毎ラウンド変化する人物カードなる者の効果を使い、疫病に対応してラウンドが終了します。
 そして次のラウンドは再び3枚カードをひくのですが、当然第3ラウンドに3枚引いたら山札はなくなりますので、そのラウンドの終了をもって1ターンが終了したものとして扱い、一度特殊ポイント(ボード中央のノートルダム聖堂の効果で得点が入ります)を清算します。
 この「ターン」を1セットとして3回繰り返せばゲームは終了です。
 逆に言えば自分の山札は9枚であり、3枚引いて1枚だけを選ぶのですから、自分の山札のカードそのものは3枚しか手元に残せないわけです。
 もちろん他のプレイヤーの山札の内容も全員同一なので、同じ効果のカードが回ってくる可能性は高いわけですが、得点を伸ばし、アクションする為のポイントを確保して、人物カードの効果を使う為の金を手に入れて、疫病をケアしてといった行為は誰もが行う必要性にせまられる為に、ベストカードが回ってくるとは限りません。
 さらに言えば変にベストカードがまとめて回ってきてしまった場合は1枚しか手元に残せませんし、手元に残した3枚全てがベストカードだった場合、そのうち2枚しか使用出来ないのですからやっぱり1枚は無駄カードになってしまうという問題を抱えてしまうのです。
 その辺りのバランスやチョイスがこのゲームの肝になっているように感じます。

 文章にすると複雑に聞こえますが、実際には30分程度で終われるゲームで、「うーん上手くいかなかったからもう一回やろう」と気軽に言えるのもこのゲームの魅力だと思います。
 ドラフトシステムと呼ばれるカードをチョイスして隣の人に回していくタイプのゲームをしてみたい方には是非おすすめしたいゲームです。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街の中にあってボードゲームサロンとして子供から大人まで誰もが交流出来る社交場としても営業しております。
 お一人様一日500円で、店内にある200タイトル以上のボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりません、ご了承下さい

画像
 ボードゲームの中でも立体のコマを使って遊ぶタイプのものは、見た目の臨場感にあふれていて、数字だけ、効率だけのゲームではなく、よりイメージを大切にしてプレイする事がしやすいものだと思います。
 そうした中でプレイヤー達が協力してシナリオに挑戦して、そのシナリオをまるで連載漫画やアニメのようにいくつも連続して遊んでいくキャンペーンというシステムを持っているのが「ディセント第二版」です。
 ゲームでは物語の主人公となるキャラクター達一人一人を、プレイヤーがそれぞれ担当して、ファイナルファンタジーシリーズやテイルズシリーズのように様々なストーリーが展開しつつ、そのストーリーの結果として戦闘があるといった形をとってプレイされます。
 そして、それらテレビゲームのプログラム側を引き受けるのがマスターとなるプレイヤーで、まったく違う立場の参加者同士の対戦ゲームであり、ストーリーテラーゲームでもある訳です。
 マスター役プレイヤーはシナリオを事前によく読み、展開されるストーリーを把握して、登場する敵をルールに従って選択します。
 そして、用意されているシナリオに従ってマップタイルを組み立ててモンスターを配置するといった作業を引き受けます。
 キャラクター役のプレイヤー達は一人で一体のキャラクターを選択して、キャンペーン中ずっとそのキャラクターをプレイしていきます。
 シナリオを終えるごとに経験値が入るので、それを消費する形でキャラクターはレベルアップしていき、様々な技や呪文が増え、装備も強化されていきます。
 キャンペーンではたとえば5つのシナリオで構成されたキャンペーンであったとするなら、各シナリオ毎にキャラクター側とマスター側の勝利条件があり、どちらかが満たした段階でシナリオは終了するのですが、マスター側が勝利条件を満たしたからといってキャンペーンが終了するのではなく、そのまま次のシナリオへと続いていきます。
 ただ、マスター側が勝ちつづけた場合キャンペーンはどんどんバッドエンドへと進んでいってしまい、逆にプレイヤーが勝ちつづけた場合にはキャンペーンがグッドエンドへと進んでいく事になるわけです。
 最終的にそのキャンペーンのストーリーがハッピーエンドになるのか、破滅的な終わり方をするのかは、最後まで分からないつくりになっています。
 5つのシナリオのキャンペーンで、4つ目のシナリオまでキャラクター側が全て敗北していたとしても、最後のシナリオで逆転勝利が出来なくはないというわけです(非常に劇的な逆転劇となるでしょうが、可能性は限りなく0に近い絶望的な挑戦になるとは思いますが)。

 マスターが常に1人必要で、キャラクター側が2~4人までのゲームですので一応「ディセント第二版」としては3~5人でプレイ出来るゲームと言えます。
 ただ、写真の時はキャラクター側が5人となっていて、その分だけ敵を強くして調整してプレイしていて、そういった微調整でいくらでも楽しむ事が出来る柔軟性も魅力だと思います。

 数字とにらめっこして、最高効率を求めるボードゲームも良いですが、「ディセント第二版」のような想像力の翼を大きく広げて、イメージを共有して物語を楽しむボードゲームも素晴らしい魅力があります。
 魔王の森ではキャラクター側のみでも参加できるように、マスター側を店員が担当させて頂けるようになっておりますので、是非お気軽にファンタジー世界を楽しんでみてほしいと思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

画像 画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「カルカソンヌ・農場」です。
 ボードゲームとしてはかなり昔からあって、世界大会が開かれるくらい有名な「カルカソンヌ」のアナザーゲームというべきか新バージョンというべきかといったゲームで、ゲームのシステムそのものは本家「カルカソンヌ」とほぼ同じですが、得点方法が若干違います。
 また多数出ている本家「カルカソンヌ」の追加セットというのでは全くなく、完全に独立した一つのゲームとなっていて、むしろ本家「カルカソンヌ」に混ぜる事は出来ないのが「カルカソンヌ・農場」です。

 ゲーム内容としては「農場」の名の通り自分の農地を広げていきながら、放牧をして、地域を視察していく雰囲気です。
 システムとしては柵にかこまれた農地、道、家畜などが描かれた正方形のタイルを裏返してよく混ぜて山札にします。
 自分の手番がきたら、そのタイル山からタイルを一枚引いて即表替えして、すでにおいてある場のタイルにつなげます。
 この時、タイルに描いてある道や農地などが上下左右を見て矛盾なくつながっていなくてはいけません。
 つまり勝手に道を終わらせたり、柵に囲まれていない農地を完成させる事は出来ないわけです。
 この辺りはちょっとしたパズル的な要素で、上手につなげて広げていく楽しみがあると思います。
 さて、こうしてタイルを配置したならば、自分の作業員(4人持ってスタートします)か家(2つ持ってスタートします)のいずれか一つを今配置したタイル上に配置出来ます。
 この時作業員は道に配置するか農地に配置するかでその後の得点の処理が異なりますし、家を配置した場合ももちろん違います。
 道に配置した作業員はその道を伸ばすように自分が配置する毎にその方向へ前進して、1タイル進む毎に1点を獲得します。
 農地に配置した場合その農地が完成したなら農地を構成するタイル1つにつき2点を獲得します。
 この「完成した」という所がこのゲームのチャームポイントで、ちゃんと周囲を柵で囲まれた状態に上手にタイルを配置したときに初めて「完成した」状態になります。
 それまではどれだけ農地を広げても点数にならないのです(ゲームの終了時に一応半分の点数はもらえますが)。
 さらに「カルカソンヌ・農場」では農地を完成した場合、その農地のイラスト内に描いてある農作物のチットが獲得出来ます。
 農作物は5種類あって、それにかかしを入れて6種類存在します。
 それらはゲーム終了時に各1点となるのですが、かかしをジョーカーとして、農作物5つのセットをつくるごとに1セットにつき追加で5点を獲得出来るので、なかなかあなどれません。
 さらに家のコマについては配置すると、配置されたタイルと周囲1タイルの中に描かれている家畜の数だけゲーム終了時に点数がもらえます。
 こちらはなかなか大量得点をする事が難しくて、どちらかと言えば農作物の種類を集めた方が効率がよさそうな点数です。
 こうして作業員が敷地の道をテクテクと歩いて様子をみながら、農地を耕してちゃんと柵で囲んで、家(家畜小屋?)の周囲にちゃんと家畜を管理していたプレイヤーが勝ちとなります。
 のんびりとした牧歌的なイラストで、農場がだんだん大きくなっていくにつれてテーマにそって得点が獲得されていくので、非常に分かりやすいゲームになっています。
 得点計算やゲームの進行、プレイの方法もすごくシンプルにまとまっているので、まったくボードゲームをプレイした事がなくても2手順目くらいで自分がどうしたらいいのか自分で考える余裕が生まれて、ゲームを楽しんでもらえる良さがあると思います。
 タイル山からタイルを引いてくる為、都合よく道や農地がつながる絵柄のタイルを引いてこれるかは運になるのですが、そこもまた「ここで農場が完成するタイルこい!」といったノリで楽しくプレイする要素になっています。

 4人くらいでパーティゲームとして楽しくプレイする事も、タイルの絵柄を全部覚えて2人でガチプレイを楽しむ事も出来る、とても良いゲームだと思います。
 ちなみに本家「カルカソンヌ」とちがって平地での点数は家によるせいぜい10点程度しかないため、常に相手との点差が離れないようなプレイングにしないといけないガチプレイになって、点差を離されると逆転要素に乏しい非常に厳しいプレイを要求されてしまうようです。

 楽しくプレイする事も、競技的に楽しむ事も出来るとても良いゲームですので、是非プレイしてみて下さい。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街の中にあってボードゲームサロンとして子供から大人まで誰もが交流出来る社交場としても営業しております。
 お一人様一日500円で、店内にある200タイトル以上のボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりません、ご了承下さい

画像
 今日の1枚はディーモン勢力の中でも腐敗の邪神ナーグルの眷属である下級ディーモンの「ナーグリング」です。
 常に群れで行動して、攻撃力は高くないもののその異常なまでの耐久力と無限ともいえる再生能力によって、高い生存率を誇ります。
 ミニチュアゲームであるウォーハンマー40000とエイジ・オブ・シグマーは実は同一の世界観をもっていて、次元を超越した悪意そのものの存在であるディーモンは実はどちらのゲームでも使用して遊ぶ事が出来ます(とはいえ、ウォーハンマー40000とエイジ・オブ・シグマーではチョイスするユニットが当然異なるでしょうから、まったく同じように使う事は出来ません)。
 どちらの舞台でプレイするにせよ、この「ナーグリング」が高い耐久性能を持っているのはかわらないと言えると思います。
 SFであり、戦略ゲームであるウォーハンマー40000でプレイすることも出来、ヒロイックファンタジーであり、英雄同士のぶつかり合いこそが戦場の華であるエイジ・オブ・シグマーでプレイすることも出来るディーモンはそういう意味では非常感があると思います。
 どちらもプレイしてみたい欲張りな方にはまさにうってつけです。
 是非プレイしてみて下さい!

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

【お知らせ】
 いつもご来店下さいます皆様には非常にお気遣いいただき、ありがとうございます。
 おかげさまで、手術も無事に終わり現在のところ経過も順調です。
 今週末は第二日曜日である為に本来であれば「魔王の森・ゲームデイ」なのですが、どうしても難しいために開催を延期させていただきまして、第3日曜日の21日に今月の「魔王の森・ゲームデイ」は開催する予定です。
 日付が確定しだい、「イベント予定」のところに記載させていただます。
 どうぞよろしくお願いいたします。

 本日2月9日は「ボードゲームナイト」で本来であれば22時までの営業ではありますが、事情により申し訳ないのですが20時までとさせて頂きます。
 開店時間は本来通り14時からとなります。
 ご迷惑をかけて申し訳ありません、どうぞよろしくお願いします。

画像 画像
 今日のミニチュアボードゲームは「スーパーダンジョンエクスプロウラー」です。
 ポップなイメージな英雄達をプレイヤーが担当し、マップ上に点在する敵ユニットを倒していって、最終的に出現するボスキャラを倒す事を目的とします。
 ヴィラン(敵)役をTRPGのマスターのように一人のプレイヤーが担当してもよいですし、この「スーパーダンジョンエクスプロウラー」では参加プレイヤー全員がキャラクターを担当する協力型ゲームとしてもプレイ出来ます。
 ヴィラン役をプレイヤーが担当する場合には特殊な対戦型ゲームとする事が出来て、能力を駆使しての戦いは手に汗握る展開となります。
 
 この「スーバーダンジョンエクスプロウラー」はミニチュアボードゲームなので、プレイ中の見た目もかなり派手で楽しめますし、ヒーローキャラクターや敵キャラクターも追加で発売されていく事から、ゲーム展開も毎回違うものに出来てリプレイ性も非常に高いものだと思います。

 ルールもダイスを利用して非常にわかりやすいもので、プレイ時間も90分程度で遊べながら、かなり駆け引きを楽しむ事が出来ます。

 魔王の森ではいつでもプレイ出来るように用意されておりますので、是非、仲間とともに冒険の旅へと出発してみて欲しいと思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「ストーンエイジ」です。
 ゲームの背景としては、プレイヤーは原始時代の一家族の長となって、狩りをして食事を賄い、農耕を徐々に覚え、様々な資材を集めてきて家を作り、時には石斧などの石器をつくっていきます。
 ゲームの内容としてはプレイヤーは各自自分用のミニボードを配られます。
 そして、そこに自分の原始人の家族駒が置かれ、家をつくったならば家タイルを(これは得点になります)、石器をつくったのなら石器タイル(これはダイスの出目を修正出来るようになります)を配置するもので、それ以外にも木、石、レンガ(粘土?)、金といった資材、そして家族を養う食料と、探検によって得られるカード類などを獲得していきます。
 手番がきたならプレイヤーは上記のいずれかの資材やカードが獲得出来るメインボードの指定の場所に自分の家族駒を配置していきます。
 家タイル、冒険カード、農耕、夫婦の家(家族が増えます(笑))、石器作成については、その指定の場所に家族を1人(夫婦の家だけ当然2人)送れば自動的に所定の効果が得られます。
 しかしながら食料、木、石、レンガ、金の場所については、派遣した家族の人数だけ6面体を振りって出た目を2~6で割った数(切り捨て)だけ入手出来ます(上記の順に割り算が厳しくなるもので、食料なら割る2、金なら割る6となります)。
 食料の場所以外には派遣出来る人数の上限が設定されていて、自分の家族がまだ1人も派遣出来ていないのに、他のプレイヤー達が派遣した人数の合計が規定の人数になってしまったなら、そのターンはその場所には行かれない事となります。
 全プレイヤーが持っている家族駒すべてを派遣したならば、その派遣先に応じて資材を得たり得点を得たりカードを得たりして、自分の家族駒を回収します。
 そしてそのラウンドの終了時に自分の家族の人数分だけ食料を支払って(この時農耕レベル1に付き1食分の食料が自動的に入手出来ます)次のラウンドを再び始めるという流れになります。

 ゲームの終了は冒険カードの山札が尽きた時か、4ヶ所ある家タイルのいずれかの場所のタイルがなくなった時となります。
 冒険カードを引ききるまで長引くようにすると得点はかなりのびますが、早い段階で家タイルの山の1つを集中的に狙ってなくす事で、ゲームを早い展開にしてじっくり高得点をあげようとしているプレイヤーの思惑を外す事も出来るため、ゲームの得点効率はもちろんの事、ペース配分も重要な要素となります。

 非常によくできたゲームなのですが、個人的に特に気に入っているのが、このゲームの背景との整合性を取り方、イメージのしやすさです。
 ゲーム中に実際に原始時代ライフを楽しむようにプレイする事が容易で、自分がプレイしている状況をすごくイメージしやすいのです。
 「そろそろ我が家は農耕に目覚めたよ」
 「大木切り倒して木を一杯手に入れたいな」
 「よぉし、今回は一家総出で食料の為に狩りだ!」
 といった会話を楽しみながらプレイ出来るのです。

 ダイスを振るゲームなので運の要素はそれなりにありますが、それも正直言って誤差の範囲におさめる事が出来るケースが多くて、運要素のみで勝つ事はよっぽとの事だと思います。
 むしろ原始人ライフを楽しみながら思考していくゲームなので是非プレイしてほしい素晴らしいゲームだと思います。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街の中にあってボードゲームサロンとして子供から大人まで誰もが交流出来る社交場としても営業しております。
 お一人様一日500円で、店内にある200タイトル以上のボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりません、ご了承下さい

画像
 ゲームズワークショップから発売されているボードゲーム「ホルスヘレシー」のマップを利用して、同社から発売されているミニチュア対戦ゲームウォーハンマー40000をプレイするルールで遊んでみました。
 基本的なルールはウォーハンマー40000なのですが、ホルスヘレシーがもっているパルクという1ヘクスに入れるコマ数を制限するルールがかなり秀逸で、ウォーハンマー40000をプレイする上で無理なく対応できるようになります。
 この時は「ダークエンジェル」vs「オルク」でプレイしたのですが、ウォーハンマー40000のアーミー規模で500ポイント戦くらいであれば丁度良く楽しむ事が出来ると思います。
 プレイ時間も1時間程度ですので、ウォーハンマー40000に興味がある方はお試しプレイとして是非チャレンジしてみてほしいと思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

画像 画像
 今日のテーブルゲームのある風景は「王と枢機卿」です。
 10年以上前に発売されたゲームで、ルールも非常にシンプルです。
 ゲームの背景としては中世ヨーロッパを舞台としていて、ゲームボード上には色分けされた地図が描かれているのですが、馴染み深い地名が並んでいると思います。
 ゲームとしては3枚の手札が配られて、そのカードにはシンプルにマップの色分けされたいずれかの色が印刷されています。
 プレイヤーは自分の手番にカードをプレイしてそのプレイした色の地域に自分の修道院(家の形をしたコマ)を建設するか、枢機卿(円柱のコマ)を派遣する事が出来ます。
 この時同じ地域であるなら2つまで建設&派遣する事が出来るのですが、当然この場合は同じ色のカードを2枚プレイする必要があります(ちなみに同色のカードを2枚セットとしてプレイするなら、それは好きな色のカードとしてプレイ出来ます)。
 また修道院はボード上に印刷してある町に各1つしか建設出来ないのでおのずとその数には限度がありますし、枢機卿は実はその国に建設してある修道院の中で一番多く建設しているプレイヤーの修道院の数までしかその国の総枢機卿人数が派遣出来ない為、やはりおのずと限界があります。
 こうしてカードをプレイしたあと、再び3枚になるようにカードを補充して手番を終了します。
 山札が1回尽きた段階で中間の得点計算、そして捨て札をもう一度切りなおして再びゲームを続けて、2回目に山札が尽きた時にゲームが終了して最終得点計算となります。
 得点計算は修道院については各国で一番多く建設しているプレイヤーと二番のプレイヤーがそれぞれ所定の得点、そして枢機卿については隣り合った国(正直に言うと海路もあるので隣り合っているは語弊があるのですが)の両方で一人のプレイヤーが一番人数を派遣しているのならやはり所定の得点が入ります。

 ルールは(細かい部分を除けば)これでほぼ全てで、非常にわかりやすいシンプルなものなのです。
 でも、ゲームというのはルールがシンプルであるほどプレイヤーのプレイングに勝敗が依存する傾向が強いように私は思っています。
 このゲームはまさにその典型で、修道院をどの国にいつのタイミングで建てたなら一番多くなれるのか、特に修道院では2番手になっても状況によっては高得点が狙える為無理して一番にならないシーンも考えられたりしますし、枢機卿については繋がりのある二か国で一位になる必要がある為に限られた人数(コマ)をどこに割り振るかも重要な要素になってくると思います。
 テンポよくプレイすれば比較的短い時間(だいたい1時間以内くらい)で終われるゲームにも関わらず、思考性についてはかなり高いゲームで非常にお勧めです。
 戦略性の高いゲームをシンプルなルールで楽しみたい時に是非プレイしてみてほしいと思います。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街の中にあってボードゲームサロンとして子供から大人まで誰もが交流出来る社交場としても営業しております。
 お一人様一日500円で、店内にある200タイトル以上のボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりません、ご了承下さい

画像
 今日の一枚は壮大な宇宙戦争の背景設定をもつウォーハンマー40000の人類側の守護者たるスペースウルフとともに戦場に立つ「フェンリスウルフ」です。
 スペースウルフは巨大な狼型の獣である「フェンリスウルフ」を友として扱い、寝食をともにして生活し、戦場でも互いに助け合って戦う設定があり、実際にウォーハンマー40000のゲームをプレイする場合では、「フェンリスウルフ」の能力値もしっかり用意されていて、ともに戦場を駆ける事が出来るゲームシステムになっています。
 そして、背景設定ではフェンリスウルフと呼ばれる種にはさらに大型のブラックメインウルフと呼ばれるものがいるとの事で、写真のものは「フェンリスウルフ」の商品ではあるのですが、ブラックメインウルフをイメージしてペイントされたものです。
 ゲームを楽しむ上では能力値的には何も違いはないのですが、そこは雰囲気や背景設定もどうじに楽しむミニチュア対戦ゲームですので、こうした設定作りも大いに楽しむ事が出来ると思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。