本日 81 人 - 昨日 265 人 - 累計 174915 人 サイトマップ
RSS

今日の対戦風景「ウォーハンマー40000新ルールでのプレイ!」

2017年06月22日
画像 画像
 今日の対戦風景はついに発売されたミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」の新ルールでの対戦風景です。
 今回の新ルールで第8版を数えるウォーハンマー40000ですが、今回は大幅なルール変更と全ユニットの能力値変更という全面改訂といって良い内容の新ルールとなっています。
 プレイの一番基本の部分であるフェイズの進行については変更はないのですが、そのフェイズごとの内容やそれにともなうルール全般はかなり変わっています。
 今までのルールは非常にゲーマー的で細かいルールも多く、戦略性をかなり高めていたのですが、それはつまりルールのむずかしさにも繋がり、煩雑なルールや処理を把握している必要がありました。
 今回のルールではまとめられる処理についてはかなり大胆にまとめて覚えるルールを1/4以下くらいに減らしてプレイアビリティを高めてスピーディなプレイ展開をするとともに、ファンタジー版の「エイジ・オブ・シグマー」で培ったより直観的なシステムをいくつも導入する事で、プレイしている時にルールを把握しやすくなっていると感じました。
 また、アーミー編成ルールも、デタッチメントを複合させ、アライを確認しつつフォーメーションによる特殊構成まで用意されて、ある意味極限まで自由度を高めてゲームとしては本当にどこまででも思考する事が出来る楽しさを提供していたかわりに、すべての構築ルールを把握するのはよほどルールを徹底的に読み込んで様々なコデックスも全部ある程度以上把握する必要があった従来のものから、パワーポイント制とマッチポイント制という2つのアーミー編成ルールを採用し(全ユニットについて2種類のポイントを用意するという、本当に頭の下がる努力がしてあります)作成したミニチュアでちょっとゲームっぽい事をしてみたいユーザー用にパワーポイント、戦略対戦ゲームをミニチュアを利用してプレイしたいというユーザー用にマッチポイントという形で提供しているのは本当に素晴らしいと思います。
 おかげてパワーポイントを使えば購入したモデル1つだけで気楽にゲームが出来ますし、ミニチュアゲームの雰囲気を楽しむには十分なプレイが楽しめますし、対戦ゲームとして、そして背景や雰囲気を活かしてミニチュアゲームを戦略的にプレイして楽しみたい時には制約がいくつもあってより公平な対戦になりやすいマッチポイントによる対戦を楽しむ事も出来るようになっています。

 写真の対戦ではスペースマリーンvsオルクの戦いをパワーポイント制にて楽しんでいる所で、新ルールをまずは把握したい時にはすごくお勧めです。
 また様々なユニットを気軽に使用して対戦出来るので、ユニット性能を実戦の中で把握しやすくて、マッチポイントで将来的に楽しむにあたってもパワーポイントでプレイを楽しんでおくことは非常に意味があると思います。
 実際プレイ時間がかなり短くすむので、アーミーをとっかえひっかえしながら何戦も楽しむ事がパワーポイント制だと出来ます。

 ウォーハンマー40000に興味はあるけどまだプレイされていない方や、他のプレイヤーとの経験の差を気にされている方などはまさに今始めるのが最高のタイミングだと思います。
 ルールが完全に一新されている為、これまでのルールの常識は一切通用しなくなっていますし、なまじ過去のルール知っていると違いに戸惑って間違ってしまう事も多いくらいです。
 是非、この機会に初めて、一緒にルールを覚えてプレイを沢山楽しんで頂きたいと思います。
 魔王の森では随時体験プレイを受け付けておりますし(予約をお願いします)、対戦についても店内に対戦スペースがありますので是非ご利用下さい。
 みんなで新しくなったウォーハンマー40000を遊び尽くしましょう!

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
画像 画像
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

今日の一枚「ウィンドライダージェットバイク」

2017年06月01日
画像
 今日の一枚はミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」より超古代種族エルダー勢力より「ウィンドライダージェットバイク」です。
 ウォーハンマー40000は自分で作成したモデル(多くの商品はプラモデルです)を駒のようにしようして、ジオラマのような戦場でスーパーロボット大戦やタクティクスオウガのような対戦ゲームを楽しむもので、ゲームシステムもより直観的なものが多く、さらに多くの小説(日本でいえばライトノベルのような)や設定資料によって背景世界が沢山紹介されています。
 物語はテラと呼ばれる地球に良く似た惑星を主星とした「インペリウム」という星間国家を中心に、それと敵対するさまさまな勢力が登場します。
 インペリウムによくにた「文化」と「社会」という基盤を持っている勢力もあれば、まったく理解出来ない、まさにエイリアンと呼ぶにふさわしい勢力、さらに邪悪な異次元の存在である勢力やそれらにそそのかされて所謂「悪堕ち」した元インペリウムの者達の勢力など本当に多彩です。
 その中で「エルダー」はインペリウムを構成する「人」が誕生するより遥か昔から存在している種族で、太古には宇宙をほぼ治めていたとも言われる超古代種族として登場します。
 魔法とも見まごう科学の力を駆使して戦う種族なのですが、背景設定上は滅びゆく種族であり、過去の取り返しのつかない事件により自分たちの主星は星域ごと滅び去ってしまい、今はクラフトワールドという住居を兼ね備えたコロニーのような巨大な宇宙船(マクロス艦のようなものだと思って頂ければ十分です)で暮らして、宇宙をさまよう流浪の種族となっているのです。

 そうしたエルダー勢力に属する「ウィンドライダージェットバイク」は、まさに風そのもののように強力な機動力を誇り、エルダー種族特有の超人的な反射神経に裏打ちされたハンドリングにより、戦場を疾風のごとき勢いで走り抜けながら射撃攻撃を敢行します。
 ゲームでもそれはユニット性能に反映されており、移動力はトップクラスで、射撃性能においてもその攻撃力は他の勢力の同水準の武装を大きく凌駕します。
 写真のモデルはエルダー勢力の中でも基本的なカラーリングに準じています。
 実際には背景設定としてエルダー勢力には複数のクラフトワールドシップがあり、その一族ごとにカラーリングが異なるものとなっています。
 漆黒、深い緑、黄色などそれらはさまざまです。
 特に黄色をベースにして青いラインが入っているカラーリングが一番人気で、専用の別冊まで出ているほどです。
 また、ウォーハンマー40000ではオリジナルのカラーリングも推奨しており、物語に登場していないだけで実はこんな氏族もあったのです、といった形でユーザー独自設定の背景やそれに伴うカラーリングなども公式が紹介する形でさまざまに提示されているのも特徴で、自分独自の設定やカラーリングを大いに楽しむ事が出来ます。
 モデルの作成やペイントなどもそうしたオリジナリティ溢れる楽しみ方を出来ますし、設定と違うから云々という事もないので自由に楽しむ事が出来るのも大きな魅力だと思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
画像 画像
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

今日のワンシーン「アストラミリタラム+ティラニッドvsティーンチディーモン」

2017年05月19日
画像
 今日のワンシーンはミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」の対戦風景で、アストラミリタラム+ティラニッドの連合軍と邪神ティーンチに付き従うディーモン勢力との戦いの風景です。
 アストラミリタラムは地球に非常に良く似たテラという惑星を主星とした星間国家インペリウムに所属する一大勢力であり、ティラニッドはそれらを襲う外宇宙からの侵略者、すがたも行動もまさにエイリアンといった勢力です。
 この二つを組み合わせてアーミーを構築するというのは単純なコレクター的な視点からみるとかなり不自然なものに見えるかもしれませんが、これこそがミニチュアゲームの醍醐味の1つなのです。
 ミニチュアゲームというのは文字通りミニチュアモデルを作成し、それを使用してゲームが出来るのですが、それだけではミニチュアゲームと呼ぶには不十分だと思います。
 各ミニチュアに、そしてそのミニチュアが所属している勢力ごとに様々な設定や物語が用意されていて、特に「ウォーハンマー40000」では長い長い歴史、つまりその勢力誕生から現在までの物語も用意されている為に、その背景ストーリーに想いをはせながらミニチュアを作成し、ゲームに興じる事が出来ますし、そうしてこそミニチュアゲームを満喫していると言ってよいのではないかと思います。
 そうした物語は今現在でも更新されていて、年表はどんどん新しい歴史を刻みみつづけているのです。
 こうしたモデルでもゲームシステムでもない部分に大きな魅力があり、そこに注力されているのがミニチュアゲームと言えるのではないかと思います。
 特に「ウォーハンマー40000」は他のミニチュアゲームと呼ばれるものにくらべてこうした物語や設定の部分にかなり力がそそがれていて、多くの設定や物語を楽しむ事が出来ます。
 
 さて、こうした中で考えた場合、アストラミリタラムとティラニッドという本来まじわる事がない勢力をアーミーとして構築するというのは、物語としてアストラミリタラムがティラニッドの力を見事に利用してディーモンとかち合わせ、その両軍が戦っている所に遠くから砲撃を加えたといういかにもというストーリーが思い浮かびます。
 単純なゲームだけの楽しみ方であるなら、そんな物語的な楽しみ方やこだわりなどは無視されて、アストラミリタラムはそれだけ、ティラニッドの力を結果として利用出来たなんて設定なんてものはシステム上受け入れられないとバッサリ切られてしまう所です。
 しかし「ウォーハンマー40000」ではペナルティを大きく負うものの、そうした物語性やストーリー性を重視してそれら二つの勢力をあわせて構築するルールがきっちりあり、大いに楽しませてくれるのです。
 単一勢力だけでシステムに指示されるままにプレイするのも良いのですが、折角のミニチュアゲームですので、物語や背景に想いをはせて楽しむ方がはるかに良いと思います。
 コレクター的にそしてテレビゲーム的に杓子定規に特定の勢力のみでアーミーを構築するのではなく、もっと自由に楽しめるのがミニチュアゲームの大きな魅力です。
 是非楽しんでほしいと思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
画像 画像
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

今日の一枚「エレメンタルとゾンビ」

2017年05月17日
画像
 今日の一枚はボードゲームでありミニチュアゲームでもある「ディセント第二版」より、敵方モンスターであるエレメンタルとゾンビです。
 ディセント第二版は各冒険者をプレイするチームとして参加するプレイヤー達と、シナリオと敵を管理するオーバーロード一人との変則型対戦ゲームです。
 対戦ゲームである以上勝敗が当然あるのですが、基本的には一度で勝負がつくのではなく、シナリオという連続したストーリーの中でより勝利を積み重ねていった方が徐々に徐々に有利に展開していけるようになっています。
 そして最終決戦で勝敗をつけるといった形になっています。
 シナリオにはプレイヤーに有利なものやオーバーロードに有利なものもあり、その有利なシナリオを取りこぼさない事も大切な要素となります。
 しっかりと対戦ゲームをする要素がこうしてある一方、TRPGのように物語そのものを楽しんでいく要素もかなり多く用意されていて、しっかりとしたストーリー展開のもと、ユニットの初期配置や勝利条件、または敗北条件などが決まっていますし、有利、または不利に展開する場合でも、それに応じた物語が用意されています。
 連続したストーリーを楽しむものの為、どうしても何回にもわけて楽しむ形となり、同じメンバーが集まって遊ぶ必要があります。
 そうした不便な部分を差し引いてもかなり面白いゲームですので、是非プレイしてほしいゲームです。

 写真のモデルはそのディセント第二版に登場し、オーバーロードが操るモンスターで、手前の人型のものがゾンビで、奥のかなり大型のものがエレメンタルです。
 ディセント第二版では多数のかなり造形の作り込まれたミニチュアが多数付属していて、それらに写真のようにペイントをほどこしてあげると臨場感が一気に高まります。
 モンスター達にはカラーイラストが用意されているので、配色に迷うようならそれに従えば良いですし、もちろん独自のカラーをペイントするのも自由です。
 写真ではゾンビはかなりイラストに忠実な色でペイントしてあるのですが、エレメンタルは非常に独創的な色合いになっており、それがまた迫力をましていると言ってよいと思います。
 実はこの二つは「魔王の森」の店内で親子でペイントされたもので、エレメンタルの方が息子さんの作品で、ゾンビがお父さんの作品となっています。
 こうして並べて写真をとるとかなり迫力ある素晴らしい出来だと思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
画像 画像
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

今日の一枚「カランドラス」

2017年04月27日
画像
 今日の一枚はミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」から高高度文明を誇るエルダー勢力の長(アウタールーク)の一人である「カランドラス」です。
 ウォーハンマー40000はSFをテーマとして、地球に良く似た惑星テラを主星とするインペリウムを中心に物語が膨大といって良い分量で用意されていて、エルダー勢力はかつて実質宇宙を支配していたといってもよい栄光の時代を持つ者達です。
 しかしながら傲慢ともいえる考え方と、それにともなう堕落と怠惰な生活は凶悪な邪神スラーネッシュを生み出すもとなり、その邪神の誕生とともにエルダー文明は滅び去ったといって過言ではありません。
 現在のエルダー勢力はクラフトワールドと呼ばれる巨大な都市宇宙船(マクロスみたいなものを想像して下さい)で宇宙をさまよう流浪の民となっています。
 そうしたエルダー勢力にあっては様々な戦闘職業の道があるのですが、隠密、偵察、強襲に長けた者達であるストライキングスコーピオンと呼ばれる者達の長がカランドラスです。
 影に潜み、音もなく接近し、強力無比な白兵戦能力で敵を屠るその戦闘能力は味方からも不気味がられるほどです。
 
 写真のモデルはカランドラスの基本設定のカラーリングに忠実にペイントされており、エルダー勢力が自らの魂のお守りとして好んで装飾する各種宝石も見事にペイントされているのが素晴らしいです。
 写真では分かりにくいのですが、金糸装飾なども丁寧にペイントされており、非常に美しい出来あがりになっています。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
画像 画像
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

今日の一枚「シャドウ・ウォー:アルマゲドン」の戦場

2017年04月10日
画像
 今日の一枚は「シャドウ・ウォー:アルマゲドン」の戦場の様子です。
 ミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」の独立型セットとも言うべき「シャドウ・ウォー:アルマゲドン」はミニチュアゲームをする為の戦場を作り出すテレインと、2人でプレイする為の駒の役割をするミニチュアモデルが20体入っていて、ルールブックや付属アイテム、トークンも入っている為、これだけで他に何も購入する必要がないセットとなっています。
 特に戦場を3D化するテレインは素晴らしく、上の階での戦闘が出来る安定した作りになっているのに、独立したパーツを分解組みたて可能な作りになっている為に様々な戦場設定を再現する事が出来るようになっています。
 バラせば持ち運びも用意であり、従来のプラモデルとして完成した運ぶのが大変だったテレインの欠点をあっさり解決してくれます。

 また、ルールブックは各兵の能力値から換装用の武器リスト、さらに基本ルールから慣れてからの上級ルールまですべて網羅しており、前編日本語で非常に分かり易く、またミニチュアモデルで遊ぶ際に必須とも言える背景設定やストーリーについてたっぷりページ数を使って物語が描かれている為イメージをつかみやすくプレイに深みが出る事請け合いです。

 ゲームについてはプレイヤーは最低3体からなる小部隊を率いて戦い、戦場内の作戦目標の回収を目指して戦います。
 プレイ時間もかなり短くて、30分もあれば終わるケースも多く、よほどの事がない限り4~50分くらいで終了します。
 兵は様々な武装を選択する事が出来、それによって戦い方も大きく異なる為、どういう部隊を構築するかという部分からプレイヤーの手腕が問われる事になり、プレイが始まれば、自分が立てた戦略をいかに実行してゆくかといった相手プレイヤーとの駆け引きが非常に熱いものとなります。

 通常の「ウォーハンマー40000」とは基本的な部分は同じですが、処理の仕方や付帯効果などが随所で違う為に、とりあえず違うゲームとして楽しむ事が出来ます。
 とはいえ、基本的な部分が同じであるという事は、そこからさらに選択肢を増やした結果が通常の「ウォーハンマー40000」だという事も出来るので、もっと自由度をあげて、さらに上級者向けのゲームを楽しみたいと思えば、使用しているモデルをそのまま使用して通常ルールで楽しむ事も可能となります。
 逆にウォーハンマー40000をプレイしていた人は、持っている自分のモデルで「シャドウ・ウォー:アルマゲドン」を楽しむ事が出来るという事でもあるわけです。

 シンプルかつユニット数を抑えたつくりになるという事は対戦ゲームであるミニチュアゲームにとっては戦略の幅がどうしても少なくなりますし、ユニット性能(つまり運の要素やただの能力値ゲーム)に頼り易くなってしまったり、「こうしておけば勝ちが固い」という戦い方の均一化を促進させてしまう要素となると思うのですが、それは同時に初心者に対する敷居の低さにも直結していますし、手軽さというのはあらゆるゲームにおいて大きな魅力となる要素だと私は思っています。
 「シャドウ・ウォー:アルマゲドン」はその手軽さを大いに伸ばしたゲームとなっていると思いますまで、興味のある方は是非ゲームをプレイしてみて欲しいと思います。
 また、1対1にこだわらず、1対2といった変則マッチや、2対2のチーム戦などをプレイするとさらに面白さが際立ってきて、特に2対2のチーム戦では各プレイヤーの思惑やチームプレイが楽しみどころとなるのでお勧めです。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
画像 画像
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

今日の一戦「ブラックレギオンvsサウザンドサン」

2017年03月31日
画像 画像
 今日の一戦はミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」での対戦で、本来であれば人類の剣であり盾となって戦う者達が邪神の誘惑によって堕落してしまった存在であり、人類にとってもっとも最悪な形で対峙する事になったケイオスマリーン勢力同士の戦いです。
 ウォーハンマー40000では本当に多彩かつ重厚な背景設定が多数用意されていて、一口にケイオスマリーンといっても数多くの戦団が存在して宇宙を荒らしまわり、邪神の言うがままに人類を滅ぼさんとうごめいています。
 今回の戦いではそうしたケイオスマリーン勢力の中から強襲攻撃を得意とするブラックレギオンという戦団と、魔力を操りそれこそがすべてを犠牲にしてでも手に入れるべき至高の力とするサウザンドサンという戦団との戦いです。

 双方ともにフラグシップという訳ではないのですが大型ユニットを入れていて、ブラックレギオン側はレネゲイドナイトという巨大なロボットが導入されており、対するサウザンドサンでは悪魔に魂を売りわたし悪魔の加護をうけし伝説の大戦団長であり、10000年以上前から生き続けているマグヌスが採用されての1000ポイント戦です。

画像
 この戦いの主役は間違いなくこの紅のマグヌスでしょう。
 空高く飛行している為に白兵戦武器はまったく無効となり、射撃武器も特殊な兵装を用意していない限り命中判定は出目6のみであり、さらに対戦車砲でもない限りダメージ判定でも出目6を出さないと無効となってしまいます。
 その上あらゆるダメージをフォースシールドで弾く能力をもっており、防御判定では出目2以上、つまり出目1でなければダメージは受けず、その上出目1は振りなおせるので連続で1を出さない限りダメージを受ける事はないのです。
 ここまで防御性能を持ち合わせているユニットはウォーハンマー40000の全ユニットを見渡してもあきらかに突出しており、まさに使用禁止にする半歩手前(というか半歩踏み込んでいるというのが正しいでしょう)といえます。
 その上いざ白兵戦を挑むとなればほとんどすべての白兵戦ユニットに勝利する事が可能で、つい最近登場した人類側の最高峰の英雄であるグィリマンすら一騎打ちで退ける戦闘能力をもっていながら、なおかつ強力な魔法力を本来であれば射線を通さなければならないものですら、「すべてを見ている」という特殊能力によって見えているものとして撃ちこんできます。
 その量も尋常ではなく、一般的な兵が所持している武器以上の打撃力の攻撃をたった一人で30発以上放つばかりか対戦車用射撃まで可能であり、それらを射撃の基本ルールを無視して複数の目標にバラバラに撃ちこんで良いのですからやられる側はたまったものではありません。
 確かにコストは通常ユニット3ユニット分ほどかかりますが、上記の能力を持っているユニットにしてみれば安いコストだと表現しても問題ないでしょう。
 
 サウザンドサン側としてはこのマグヌスをどのようにして運用するか、ブラックレギオン側としてはどうさばくかが戦いの焦点となるのは当然の帰結といえると思います。

 この時の戦いではブラックレギオン側はマグヌスとは戦わないという選択肢を選びました。
 防御性能が高いユニットを並べて、マグヌスからの射撃に対する耐性を高め、被害は「受ける事を前提にしながら最小限に抑える」という方向でアーミーを構築したのです。
 ウォーハンマー40000の非常にゲームとして面白い所はどんなに強いユニットを相手が使おうとも、それに対して綿密に作戦をねり、その作戦を遂行する為のユニットをアーミー構築の際に選択し、自分が立てた戦略を実際のプレイで可能な限り実行するという形でプレイする事が出来る所だと思います。
 相手が強力極まりないユニットをだしてきたらどう対処するのか? 
 自分が強力なユニットを使いたい時にはその強さを発揮させる為にサポートユニットになにを選ぶのか?
 プレイする前からすでに楽しみは始まっているわけです。
 その為ウォーハンマー40000ではユニットの種類だけでなく、そのユニットが持つ事が出来る兵装も多岐にわたり設定されていて、持ち替えや人数の変更など使う人が違えばまったく同じユニットでもまるで違う性能でアーミーに組み込まれてくる事も珍しくありません。
 それだけプレイヤー達に自由度が与えられているゲームなのです。


 動画ではゲームの中盤(ウォーハンマー40000では通常5ターンでゲームが終了します)での状況の説明をしています。
 この時のはブラックレギオン側の作戦が上手く機能して、マグヌス以外のサウザンドサンの兵が狙い撃ちされて倒されており、逆にマグヌスはまったく損害をうけていない状態となっていました(実際にはダイス判定の出目の偏りがかなりあったようなので、もう一度やったら違う結果になる可能性が高かったようです)。

画像 画像
 ウォーハンマー40000での対戦は相手ユニットを倒す事がもちろん目的の1つですが、勝敗はゲーム終了時(つまり途中経過は関係ありません)拠点と呼ばれる作戦目標ポイントに自軍ユニットがおり、かつ敵軍ユニットがいない状態一ヶ所ごとに3ポイント獲得し、他にボーナスポイントがあるのでそれを加算してポイントが多い方が勝者となります。
 
 いかにユニット特性をいかすアーミーを構築し、それを活かす戦術を実行するかが勝利の方程式となります。
 経験値がものいう部分もありますし、全く同じシチュエーションが起きる事は非常には是非何度でもプレイしてみて、大いに楽しんでほしいと思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
画像 画像
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

今日の1枚「ドラグーン」

2017年03月27日
画像 画像
 今日の1枚はミニチュアゲームウォーハンマー40000より、背景物語の中心的な勢力であるテラを主星とするインペリウムの兵器関連を一手に引き受けているマーズの勢力「アデプタス・メカニクス」から機動歩兵とも言うべき「ドラグーン」です。
 マーズの勢力は人類勢力とも言うべきインペリウムの兵器兵装をほぼ独占しており、ほんの一部の武器を除いてその修理すら秘匿技術としています。
 結果として機械管理の人員を各軍団に送りこみ、独自のネットワークを占有している特殊な存在として描かれています。
 そして自身も要請に応じて、または新技術の実験や確保のために特殊部隊を派兵することがあるのですが、同じ人類であるはずの彼らの姿はそのほとんどが機械化されており、人としての部分を見つける事の方が困難になってしまっているのです。
 その機械化にはタブーもなく、ロボットとなんら変わらない生身の部分が皆無であるばかりか、下半身を他脚化、またはキャタピラ化、したり片手どころか両手を武器化したり、さらにはロボットそのものに意識だけが移されていたりと、人間的な日常生活を送ることを放棄している、ある意味狂気に侵されているとさえ言える姿で戦場にあらわれるのです。

 「ドラグンーン」はそうしたマーズの勢力の中では「人の姿を保っている」という点でまだまともといえる存在ですが、自分の神経を騎乗しているニ脚歩行メカと直結するという異質な思考は健在です。
 それによって反応速度は著しく上昇しており、驚異的な突撃力を誇っていて、集団であっとまに接近し、後方支援の射撃と完璧な連携をとってからの突撃はほとんどの敵を粉砕してのけるほどに優秀で、特に敵軍機械化部隊に対しては強力な打撃力となります。

 写真のモデルはマーズの基本的なカラーリングでペイントしてあるのですが、黒い銀のイメージをだす為にガンメタルを塗装するのではなく、黒をペイントした後にガンメタルをドライブラシすることで表現しています。
 重ね塗りを基本とするシタデルカラーは色々と面白い塗り方が出来るのでインクを使用するイラストレーターさんからアドバイスをもらうとより表現の幅を広げることが出来るケースが多くてお勧めです。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
画像 画像
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

今日の一戦「タウ・エンパイアvsオルク」

2017年03月24日
画像
 今日の一戦はミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」での新興勢力であり、肉体的な弱さをテクノロジーで補うべく多数のパワードスーツを開発して戦場に投入しているタウ・エンパイアと、生きる事とはこれすなわち戦う事であり、戦いを続ける為に戦っている生粋の戦闘種族オルクとの600ポイント戦です。


 動画の紹介の通りウォーハンマー40000での600ポイント戦は非常に数がすくなく、手軽にプレイ出来る為にユニット性能のお試しや、軽いスパーリング的な感覚でサクッと出来るのが魅力です。
 とはいえ、数の少なさは装備が限定されて、ウォーハンマー40000の大きな魅力の1つであるユニットの武器換装というアーミー構築において考えどころであり、プレイ時にその選択がどれだけ有効であったかを楽しむ部分でもある点がほとんど選択出来ず、「ユニット特性=戦力そのもの」という単純すぎる状態になってしまって考えどころが減ってしまうのが残念な所です。
 まったく同じユニットを使用していても、武器換装によって全然違う働きをさせる事が出来るのがウォーハンマー40000の魅力の1つでもあるので、その部分は1300ポイントくらいから大いに楽しんでいけると思います。
 この対戦の時はタウ・エンパイアの「ストームサージ」という1機で戦局を支配出来るほどの火力をもっている機体のユニット性能確認という目的もあって、600ポイント戦を楽しんでいます。

 タウ・エンパイアは射撃戦闘を得意としており、というか白兵戦は本当にからっきしの為に接近されてしまうと無力化してしまうという弱点を持っており、オルク側は逆に射撃は大したことはないのですが、接近戦こそがその真価を発揮できる仕様となっています。


 動画はオルク先攻で始まった戦いが1ターン目はオルクはひたすらに前進し、タウもそれほど有効な射撃を行えない結果の後の2ターン目で、オルクはさらに前進して今にも接近戦を開始せんばかりの状態となり、タウ・エンパイア側としてはここでどれだけオルク勢力を減らす事が出来るかが勝敗をわけかねない状況でのタウ・エンパイア側ターンの模様です。

 ウォーハンマー40000のルールとしては攻撃する側はまず攻撃するユニットを選びそのユニットの性能による命中判定を行い、命中した数だけ今度はそのユニットが持っている武器の性能によってダメージ判定を行います。
 そのチェックも成功した分だけ相手にダメージがいくのですが、この時攻撃された側のユニットはいくつかの条件を満たせば防御判定をする事ができ、それに失敗したときに初めてダメージが確定してユニット内の兵が倒されていきます。
 その為動画での判定は攻撃側が2回(命中とダメージの判定)判定した後、防御側が1回判定をしているのです。

 600ポイントではなかなか奇抜な戦術はとりずらいので、移動コースや配置などによってしか戦術をたてられない為(1300ポイントになると本当に多彩な戦術がとれます)正面からぶつかる形となり、オルク側が突撃に成功するも立ち位置の良さをタウがキープし続けて勝利をおさめることに成功しました。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
画像 画像
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

今日の一枚「スキタリレンジャー」

2017年03月17日
画像
 今日の一枚はミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」よりアデプタス・メカニクス、通称マーズに所属するスキタリレンジャーです。
 ウォーハンマー40000はインペリウムという地球によくにたテラという星を主星とする人間達の星間国家とそれに敵対する多くの種族との戦いが物語のメインストーリーになるケースが多いのですが、そのインペリウムの兵器開発及びメンテナンスを一手に引き受けているのがマーズという存在です。
 そのマーズ直属の部隊がアデプタス・メカニクスで、人間としての体のほとんどを機械化している者達で、この「スキタリレンジャー」も人型はしていても肉体はほとんどが機械となっています。
 いわゆるサイボーグにかなり近い存在となっているのがスキタリ達で、インペリウムの主力であるスペースマリーン達がブーステッドマン(強化人間)であるのとの対比が興味深い所です。
 「スキタリレンジャー」その名の通り主力部隊からやや先行しての偵察攪乱任務をまかされる事が多く、その為機動力と意外なほどの射撃能力を誇ります。
 頑強さにやや欠けるものの、敵軍の通常歩兵クラスであるなら射撃戦はおろか白兵戦すら対等に渡り合えるポテンシャルをもっていて、ゲーム時にはアーミーに入れる為のコストが安い事から非常に使い勝手の良いユニットとなっています。

 写真のモデルは「スキタリレンジャー」の基本的なカラーパターンでペイントしてあり、機械の体を赤いコートで包んだたたづまいが印象的です。
 ただ、このあたりはウォーハンマー40000の自由度であり楽しみ方であるのですが、カラーパターンにこだわらずにユーザーさんの自由な発想で部隊カラーを設定して、それに従ってペイントする事も大いに推奨されています。
 実際「魔王の森」では真っ黒いオイルコートにような色にして、非常に渋いたたずまいをみせる「スキタリレンジャー」で揃えているお客様もいて、かなり不気味でかっこいいものとなっています。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
画像 画像
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

今日の一戦「サウザンドサンvsデスガード」

2017年03月13日
画像
 今日の一戦は先日の「魔王の森ゲームデイ」でプレイされていました「サウザンドサン」対「デスガード」の戦いです。
 ポイントは1500ポイントで、ウォーハンマー40000でプレイしようと思った時にまず目標にした方から良いポイントでの対戦となりました。
 ウォーハンマー40000では全てのユニットにその強さや使いやすさに応じたポイントが割り振られていて、ポイントが小さいほど手軽で早く遊べ(200ポイントくらいからプレイを楽しめます)、大きくなるほどプレイ時間ものびるのですが、様々なモデルを投入する事が出来るようになっていきます。
 お勧めなのが1500~1900ポイントくらでのプレイで、プレイ時間はなれれば2時間弱くらいでちょっとしたボードゲームを遊ぶくらいの時間で楽しむ事が出来るのと、なによりもそのくらいのポイントでプレイすると13種類ほどウォーハンマー40000では陣営が用意されているのですが、各陣営がそれぞれ独自の戦い方をよりよく表現出来るようになってくるからです。
 それより大きなポイントになってくるとプレイ時間が長くかかるのもそうですが、大味なプレイになりがちになりますし、その時間をかけるなら1500ポイントで二回戦プレイした方がより楽しめると思います(とはいえ、6000ポイントくらいで一日かけて大戦争をプレイするのもまた楽しいです)。
 まずは両軍のアーミー内容の紹介動画がこちらです。
 

 サウザンドサン側はマグヌスという超大型のモンスターを中心としたアーミーに仕上がっていて、基本的にはマグヌスが敵軍を撃破し、かつ自身が撃破されない事を前提になっています。
 実際マグヌスにはそれだけのポテンシャルがあり、対策していない状態でマグヌスを倒すのはかなり無理があると思います。
 とはいえ、そのあたりはメタ勝負となってきますので、マグヌスが来る事を前提にアーミーを構成するという事も出来ますし、「魔王の森」ではそのあたりのアーミー構築の楽しみという部分もより楽しんでもらおうと、事前に対戦相手にどこの陣営を用意するか伝える(細かいユニット構成はもちろん言いません)ようにしています。
 それによって「あの陣営ならあれが入っているはず」とか「あそこの陣営は射撃が強いからその防御を」といったことが出来ますし、それを逆手にとる事だって出来ます。
 ウォーハンマー40000には多数の設定や物語があって、プレイヤー達の対戦はそういった中での戦いと言えますので、全くどこの陣営だか分からないで戦闘に赴く部隊はないですから、どの勢力と戦うか分かって出撃する方が自然ですし、そこから物語は始まっているので、大いに楽しむ事も出来ると思います。
 とはいえ、この日のデスガードのプレイヤーは以前発売された「トレイターレギオン」というアーミー集で紹介されていたアーミー構築方法を試すのが目的だったこともあり、マグヌスに対してまったく対策していなかったのですが、大会でもないので、こうしたお互いに納得した上で自分の楽しみを追求出来るのもウォーハンマー40000の良さだと思います。
 もちろんガチガチの勝負をする事も出来ますし、物語性を重視しての楽しみをする事も出来るわけです。

 サウザンドサンをプレイされているのは「魔王の森」では最近ウォーハンマー40000をプレイし始めた方で、何戦もする上で実力をあげており、この日は特にマグヌスのプレイが冴えわたっていたように思います。
 やはり何度もプレイして失敗して、そこから学んでいくのは一番成長が早いですし、何より本人の対応力があがっていくと思います。
 ウォーハンマー40000ではアーミー構築においてユニットを選択するのは当然ながら、そのユニットにどんな武器を持たせるのか、どういった装備を優先させるのかまでかなり細部にわたりプレイヤーが選択してゆく事が出来ます。
 自分のアーミーの強みはどこで、弱点はなにで、対戦相手のアーミーで予想される戦術や主力ユニットに対する防御と撃破する為の装備など本当にバリエーションが無数にあって、プレイすればするほど楽しみが深くなってゆくと思います。
 この日はまさにサウザンドサンが躍進した日となり、それはそれまでの経験が大いに活かされて素晴らしいプレイがなされていたからです。
 これからも大いに楽しんでほしいと思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
画像 画像
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

今日の一戦「ティラニッドvsタウ・エンパイア」

2017年02月27日
画像 画像
 今日の一戦はミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」の対戦風景で「ティラニッド勢力vsタウ勢力」です。
 ウォーハンマー40000はミニチュアゲームですので、普段当ブログでも紹介している通り魅力的なモデルを作成しペイントしてその完成度や魅力にほれぼれする楽しみとともに、ゲームとして自分のコレクションを揃えて多彩に用意されている背景設定とともに相手プレイヤーと対戦する楽しみも大いにあります。
 対戦する場合のウォーハンマー40000は戦略ゲームとして非常に良く出来ていて、単体しばりなどというものもなく、ルール上しっかりとした同盟ルールがある為カードゲームでいう所の多色デッキというゲームをする上で大切な構築の自由度とそれにともなう戦術・戦略の多様性をしっかりと持っています。
 もちろん自分ルールで単軍にする自由もありますが、戦闘シーンにおいて様々な理由によって違う国家、または人種が肩をならべて戦うシーンなどは盛り上がらないハズがないとも言えますし、その理由や背景に想像をふくらませるのは本当に楽しいものです(映画のアベンジャーズが嫌いな方なら仕方ないですが、ああした様々な理由で英雄が集まるのが好きな方でしたら盛り上がると思いますし、それがまたシビルウォーのように対立する事も出来るわけです)。
 また戦闘ルールでも軍団による戦いがかなり意識されたものになっていて、特に最近戦場がせまくなった影響もあって、射撃や白兵戦での位置関係や駆け引きや誘導やひっかけなどの部分もより実施しやすくなっています。
 主人公がいて俺ツエー的なものが最良となるとちょっとお勧めできないのですが、様々なタイプのモデル達がそれぞれの有利な点をいかせるように展開させて、そのイメージを表現出来るルールになっているのは映画やアニメのような展開が楽しめて「ミニチュアモデルでゲームをする」という楽しみ方にとてもあっていると言えると思います。
 勝ち方があって、そのパターンにもちこんでれば良いとなると、イメージよりもテレビゲームのようにユニット性能と攻略法を覚えて教えてもらえば勝てるとなってしまって、無理にミニチュアゲームにしないでボードゲームにした方がより深く潔く楽しむ事が出来るはずなので、イメージ優先である程度の揺らぎがシステムの中にあるウォーハンマー40000のプレイは、他のゲームでは代用出来ない楽しさに満ちてると個人的には思います。
画像 画像
 この写真のプレイでは800ポイントでの戦闘を楽しんでいます。
 ポイントというのはウォーハンマー40000をプレイして楽しむ上でとても重要な部分で、自分がプレイに使用したいと思うモデルには必ずポイントが設定されていますので、それをアーミー構築ルールにしたがったモデル数を守ってかつ、その合計ポイントが始めに対戦相手と話し合ったポイント以下で揃えてプレイする事になります。
 このルールを守ることで、双方の戦力差があまり起きないようにしていると共に、新しくプレイする方とずっとプレイしてきた方とでは持っているモデル数に違いがありすぎるので、それをある程度公平にしてプレイをお互いに楽しめるようにしていると言ってよいと思います。
 新しく始めた方が持っているモデルのポイントに合わせてずっとプレイしている人がモデルを用意すればよいわけですから簡単です。
画像
 この時のプレイではタウ・エンパイア勢力が勝利したのですが、戦場(盤面)で生き残っているモデルの数でいったならばティラニッド勢力が間違いなく勝っているほどの差が出ていました。
 しかしながらウォーハンマー40000ではそうした単純な倒した倒されたなどという部分ではなく勝敗を決める為(もちろん全滅させれば勝ちなのでそうした部分も大切ではあるのですが)、作戦やゲーム中の展開しだいによってはモデルの損耗率などが著しく悪化している状態でも冷静に突破口をみつければ勝利出来るのはすばらしい点だと思っています。
 自分好みのモデルを揃えて、そのモデル達を使用して映画やアニメのワンシーンのような展開をジオラマのような絵になる形で視覚化して遊ぶ事の出来るウォーハンマー40000ですので、興味のある方は是非一緒に楽しんで頂きたいと思います。
 是非プレイして楽しんで下さい!

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
画像 画像
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

今日の一枚「ロード・オブ・チェンジ」

2017年02月24日
画像
 今日の一枚はミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」の中で異界から出現するディーモン勢力より「ロード・オブ・チェンジ」です。
 ウォーハンマー40000はいわゆるSFを背景としていてロボットやパワードスーツ、戦車やビーム兵器やミサイルが飛び交う戦場(ガンダムやマクロスのようなイメージで十分です)を対戦ゲームとして再現しているのですが、その中にあって異質な存在がディーモン勢力です。
 科学では解明できない異世界、または精神世界の彼方よりくるもので、我々が存在する現実世界(マテリアルプレーン)に侵入してくるのです。
 歪みと表現されるそれは現実世界そのものに「穴」をあけて、異界からディーモンの大群が一斉に飛び出してくるという現象、いわゆるデモニックインカーネイションを引き起こし、人々の悲嘆、絶望、苦痛、怒り、恨みなどの怨念を媒体にしてさらに歪みを増大させ「穴」を広げ、ついには巨大なグレーターディーモンであるこの「ロード・オブ・チェンジ」をマテリアルプレーンに顕著させるのです。
 その力はまさに圧倒的で、戦車やパワードスーツなどはその爪で切り裂き、粉砕し、大出力ビーム砲や熱線砲などの直撃をものともせず、歪みから引き出した強力な力をサイキックパワーとして雷撃に、炎にかえ、幻術から精神支配、自らの肉体のさらなる強化までこなすのです。
 現実世界に顕著したグレーターディーモンとの直接邂逅はまさに死と同意語だといっても過言ではないでしょう。

 写真のモデルはそうした存在である「ロード・オブ・チェンジ」を本当に良く表現していて、隆々たる筋肉と巨大な体躯、威嚇するように広げた翼は実物を是非見てほしいと思うくらい迫力にみちていて、確かにこんなものに出会ったらどんな歴戦の勇者でも死を覚悟せざるえないと納得してくれる圧倒的な存在感です。
 また魔力を操る設定を奇妙にねじくれた杖や体中に付けているタリスマンなどのアイテムが表現してくれていて、かなり細かいディテールは、モデルの大きさに比べて本当に細部まで丁寧に作り込まれている素晴らしいデザインだと思います。
 カラーは「ロード・オブ・チェンジ」の基本色になっていて、写真のモデルではシンプルにペイントしてあるのですが、それでも十分迫力が伝わってきます。
 是非、手に取ってみてほしいモデルの1つです。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
画像 画像
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。