1. HOME >
  2. 魔王の森の店内日記 >
  3. テーブルゲームのある風景「ハンザの女王」

魔王の森の店内日記

テーブルゲームのある風景「ハンザの女王」

FxCam_1568884205441
 今日のテーブルゲームのある風景は「ハンザの女王」です。
 プレイヤーは商人となって世界中の4つの港で交易を繰り返して、より多くの都市で地位を高める事を目的とします。
 もともとはゲームマーケットで同人ゲームとして発表されたゲームでしたが、ホビージャパンゲームコンテストで採用されて製品化されたという経緯をたどっているゲームです。

 さて、ゲームとしては場の中央にゲームボードを広げて、それに得点ボードを横付けする形で配置します。
 ゲームボードにはプレイ人数によって設定された規定の枚数のカードをよくきってから表向きにして配置してゆきます。
 得点ボードのほうでは各プレイヤーの得点とともに、4つの都市の変動する価値の現在値が分かるようになっています。
 各プレイヤーには2枚の手札がくばられてゲーム開始です。
 ゲーム中各プレイヤーは自分の番がくるたびに手札のカード1枚を表にして自分の前に出すか、裏にして自分の前にだすかを選択します。
 表にした場合はそのカードの色(赤、青、黄色、黒の4色があります)と同じ色の港からカードを選択して手札に入れます。
 裏にした場合は得点ボードにある4つの都市の価値マーカーどれか1つを1段階上げるか下げるかをして、ゲームボード上の4つの港の好きな場所からカードを1枚手札に入れます。
 つまり手番では手札から一枚を表か裏で自分の前に出してから、ゲームボード上港にあるカードから1枚選んで手札に入れるという非常にシンプルなルールになっているわけです。
 こうしてプレイ人数に応じて決められた回数の手番を各プレイヤーがおこなったならラウンドが終了して中間決算となります。
 得点ボードにある4つの都市の価値に応じた得点を自分の前に並べてあるカードの色ごとの合計値によって比べて獲得してゆく事になります。
 赤の都市の得点を獲得するのは、赤いカードの数字の合計が一番多いプレイヤーというわけです。
 この時2位や3位でも得点を獲得する事が出来るのですが、状況によっては2位の方が1位よりも点数を獲得する事が出来るというのがこのゲームの面白い所といえるのではないかと思います。
 こうして3ラウンドゲームを行なって、3ラウンド目が終了したなら最終決算を行ない、ここでは船カードが一番のプレイヤーや人物カードの種類による得点、裏向きにだしていたカードによる得点などによってさらに点数が大きく入りゲーム終了となります。
 中間決算の得点は無視してよいものではありませんが、最終決算の獲得点数が非常に大きい為、ゲーム中は目安程度にした方がよいかもしれません。
 ルールがとてもシンプルにまとめられているのに、4つの都市の陣取り的な要素や得点が変動する点、さらには自分の前に並べたカードの種類による点数など様々な要素が無駄なくはいっているとても良いゲームだと思います。
 カードゲームを少しプレイして、ちょっとルールが多めのボードゲームを楽しんでみたいと思っている方に是非おすすめしたいゲームです。

「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約1000タイトル以上のボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):