1. HOME >
  2. 魔王の森の店内日記 >
  3. テーブルゲームのある風景「世界の七不思議拡張・艦隊」

魔王の森の店内日記

テーブルゲームのある風景「世界の七不思議拡張・艦隊」

FxCam_1568551208068
 今日のテーブルゲームのある風景は「世界の七不思議」の拡張セットである「艦隊」です。
 「世界の七不思議」はドラフトと呼ばれる最初に配られた手札の中から1枚だけ選んだ後に残りのカードを隣のプレイヤーに渡すというルールを利用したカードゲームで、参加プレイヤー全員が同時にプレイする独特のプレイスタイルをもった人気ゲームです。
 日本語版も発売されていて、その拡張セットである「バベル」に続いて日本語版として発売されたのが今回の「艦隊」となります。
 この拡張では各プレイヤーに新たなボードが配られて、そこに船駒を配置して進ませる事で様々な恩恵や、他のプレイヤーへの影響力を発揮する仕様になっています。

 ゲームとしては「世界の七不思議」の準備の時に、「艦隊」で追加されたカードをプレイ人数だけ追加して準備します。
 「世界の七不思議では1~3世代の3つの山札をプレイ人数によって決められたカードでつくり、各プレイヤーに7枚づつ配られるのですが、今回の「艦隊」がはいった事で各プレイヤーには8枚づつ配られるようになります。
 そして各プレイヤーに個人ボードとなる七不思議ボードと今回追加された艦隊ボードを配ります。
 その後通常ルール通りに最初の手札から1枚を選んで裏向きに全員が自分の前に配置して、残りのカードを隣のプレイヤーに渡した後で、全員一斉に配置したカードを表にして自分の七不思議ボードの前に配置してゆくのですが、この時5色あるカードのうちどの色のカードをプレイしたかによって艦隊ボード上で船が前進してゆきます。
 資源カードである茶色と灰色のカードではなにも起きないのですが、赤、緑、黄色、青のカードをプレイしたならば艦隊ボードによって決められている追加資源を支払う事で船が1段階前進し、そこにあるボーナスを獲得する事が出来ます。 
 獲得出来るボーナスは赤でしたら海戦というもう一つの戦いの戦力点、緑ならば島の探索となって今回の拡張で追加されて島カードから1枚を獲得(得点などが得られるようになっています)、青ならばそのまま追加得点、黄色ならば他のプレイヤーに資金の消耗の強制が出来るようになっています。
 拡張なので当たり前といえばそうなのですが、基本的には「世界の七不思議」を何度もプレイして、進化のみの展開や戦争をまったくしないなどの極端な戦略をやや不利にしたり、他のプレイヤーに影響を与えにくい「世界の七不思議」というゲームの中で資金の消耗をしいるというからみを持たせるなど、本来「世界の七不思議」では発生しにくかった効果をより直接的かつ安易に生み出せるように方向づけされた拡張セットになっているのではないかと思います。
 実際魔王の森でプレイされた時も黄色の船をどんどん動かす事で他のプレイヤーの資金を完全に枯渇させて、資源カードをあまり取らずにお金で隣のプレイヤーから資源を貿易によってまかなうプレイ方法が瓦解する光景などがみれました。
 拡張セットとして「世界の七不思議」を十分に遊んだ事のあるプレイヤーにとっては新設かつ新しいプレイ環境で非常に面白く、また楽しめるとても良い拡張セットなのですが、逆に「世界の七不思議」をあまりプレイした事がない、または初めてプレイする方がいる場合には導入はさけたほうがよい「拡張セット」なのではないかと思います。
 とはいえ、慣れたプレイヤーにとっては非常に面白いセット内容になっていると思いますので、是非この「艦隊」を入れてプレイしてみてほしいと思います。
 「世界の七不思議」というゲームで事実上のロック状態が発生するとは本当に想定外でしたし、そうした「今までにない想定外」または「今まで強かった手法の瓦解」が発生する可能性があるのはとても面白いと思います。

「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約1000タイトル以上のボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):