1. HOME >
  2. 魔王の森の店内日記 >
  3. テーブルゲームのある風景「セイロン」

魔王の森の店内日記

テーブルゲームのある風景「セイロン」

FxCam_1567761903998
 今日のテーブルゲームのある風景は「セイロン」です。
 セイロンのタイトルはセイロン紅茶のことで、プレイヤーはより良い位置に茶畑をつくり、収穫しそれを出荷する事で得点を獲得してゆく事が出来ます。

 ゲームとしてはゲームボードを広げて、そこに規定にしたがって一段高くなるように厚くて変わった形のタイルを配置して、さらにそのタイルの上に1マス分のタイルを重ねます。
 ゲームボードは4つのエリアに分かれていてそれぞれのエリアが一段目二段目と高低差が出来るように配置されます。
 プレイヤーは他のプレイヤーと同じエリアにならないように順番に自分の駒をいずれかのエリアの平地に配置してゲーム開始となります。
 各プレイヤーには3枚のカードが配られてそれが手札となり、ゲーム中に自分の手番になったプレイヤーは手札からカードを一枚プレイして、そのカードの効果を発揮するのですが、このゲームでは他のプレイヤーも効果を発揮します。
 具体的にはカードには上下に二つの効果がかかれていて、手番プレイヤーが選んだ効果を発揮した後、他のプレイヤーは選ばれなかった方の効果を発揮させる事が出来るのです。
 効果には自分の駒がいるマス目に茶畑をつくる、自分のいるマス目とその周囲1マス分のマス目の茶畑から収穫する、収穫してある茶葉を注文書に合わせて出荷する、4つのエリアのオーナーと契約を結ぶ、技術革新してランクを上げるといった5種類があり、そのどれか二つの組合せで1枚のカードとなっているのです。
 さらにカードには真ん中に二つの共通効果があり、それは2資金得る事と自分の駒をゲームボード上で移動させる効果で、これは手番プレイヤーも、それ以外のプレイヤーも選択する事が出来ます。
 つまり、手番プレイヤーも他のプレイヤーも共通効果2種とカード効果1種の3択の中から1つだけの効果を実施するという事になります。
 自分にとって有効でも、他のプレイヤーにとってはもっとも有効になってしまうかもしれない点がこのゲームの面白さとなっています。
 ルールとしてはカードをプレイして5種類の効果のいずれかを実施するだけですので非常にシンプルです。
 でも、自分の手番にプレイしたカードによって他のプレイヤーも全員効果を実施できるとなると一気に悩ましい事になってくる事が体験できるとても良いゲームだと思います。
 プレイ時間も1時間くらいで終わる手頃感がありますので、ボードゲームにあまりなれていない方でも是非チャレンジしてほしいゲームです。
 お勧めのゲームですよ。

「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約1000タイトル以上のボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):