1. HOME >
  2. 魔王の森の店内日記 >
  3. テーブルゲームのある風景「すずめ雀」

魔王の森の店内日記

RSS

テーブルゲームのある風景「すずめ雀」

FxCam_1542701528488
 今日のテーブルゲームのある風景は「すずめ雀」です。
 写真からも分かるとおり、あまりにも有名なテーブルゲームの1つであるゲームにそっくりなゲームです(笑)。
 いってみれば麻雀から竹の絵柄のシリーズ(索子)とハツと中のみでゲームを進めます。

 ゲームとしては牌を裏のままよくまぜて、そこから各自5枚づつとって自分だけが見えるようにします。
 親の人は場の牌を1枚とってドラとして所定の場所に配置します。
 準備はこれだけで、ここからゲーム開始です。
 自分の番がきたなら場から1枚とってきて自分の5枚の牌に加えて6枚で所定の条件が満たされたなら上がりとなって手牌を公開して、条件によって決められている得点を他のプレイヤーから獲得出来ます。
 基本的に条件とは6枚の牌を3枚づつの2セットとして、各セットが同じ数字のみ3枚で構成されているか、連番3枚で構成されているかの条件となります。
 これについては上がる為には必須条件で、それ以外の様々な条件によって得点が得られるのですが、それらはこの二つの条件のいずれかを2セットとも満たしている事が前提となります。
 同じ数字3枚の場合は2点、連番3枚の場合は1点の役となり、それ以外に模様が真っ赤な牌は+1点、ドラとして表示されている牌は+1点などの条件があり、点数が5点以上であれば上がりを宣言する事が出来ます。
 また、自分が引いてきたものでなくても、他のプレイヤーが捨てた牌で上がる事も出来ます。
 いずれの場合でも計算した得点を獲得するのですが、自分で場から引いてきた場合はその得点を他のプレイヤー全員で割って切り上げた点数を各プレイヤーが上がったプレイヤーに支払います。
 他のプレイヤーが捨てた牌で上がる場合はそのプレイヤーからのみ支払を受けます。
 つまり、4人プレイで5点をあがった場合、他のプレイヤーの捨てた牌から上がった場合にはそのプレイヤーから5点獲得出来るのみですが、自分で場から引いてきて上がった場合は他の3人から2点づつ合計6点獲得する事になるため、引いてきて上がった方が得点としては良い事になります。
 相手だって場を見ていますから、そうそう簡単には上がらせてもらえないもので、簡単であるものの、様々な駆け引きがあります。
 とはいえ、本当にシンプルなルールで誰でも楽しめるゲームで比較的短時間で終わるので是非プレイしてみて下さい。
 ちなみに麻雀的な打ち方をするとあまり勝てないようです(笑)。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約950タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):