1. HOME >
  2. 魔王の森の店内日記 >
  3. テーブルゲームのある風景「フィリット」

魔王の森の店内日記

RSS

テーブルゲームのある風景「フィリット」

FxCam_1543483984781
 今日のテーブルゲームのある風景は「フィリット」です。
 先日東京で開催されたましたゲームマーケットでも出展されていたゲームで、陣取りゲームを自分のチップを出し切ったならば勝ちという形にして、瞬間的にもっとも効率がよい状況を模索するゲームに仕上げています。

 ゲームとしては互いに自分の色の駒とストーン(おはじき)をルールで決められている場所に配置して、さらに自分の色のチップも規定の枚数を手元に置きます。
 プレイ人数やショートゲームにするかロングゲームにするかでこれらの初期配置と配布は変化します。
 さて、ゲームが開始されて自分の手番がきたなら、自分の駒をどの方向でも良いので一直線に進ませて、その進んだ後と停止した自分の駒の真下にチップを配置します。
 この時、他のプレイヤーの駒や自他含まずストーン、そして盤面の端で強制的に停止するのですが、それまでは自動的に前進してしまいます。
 ですので、途中の都合の良い所で停止するという選択肢がないのです。
 さらに自分の手番に自分の色のストーン1個を必ず移動させなければなりせん。
 ストーンは周囲いずれかの方向に1マスだけ移動出来るのですがチップは盤面に配置出来ません。
 そのかわり移動先にあるチップや駒やストーンがあった場合、自分と相手の位置をいれかえてしまうのです。
 これには自分の駒も含まれるので、自分の駒と自分自身とを入れ替える事で移動不能になっていた状況を打開する為にも使えますし、逆に相手の駒を袋小路に押し込める事も出来ます。
 いずれにせよ自分の手番では自分の駒とストーン1個を必ず動かさなければならないのです(パスはありません)。
 なかなか考えさせられるゲームで、手番時に次の手番の時も考慮して最高効率を考えるのは「ヒストリーオブワールド」の雰囲気に少しにています。
 さらにこの手の運の要素がまったくないゲームにしては珍しく4人まで同時プレイが可能になっています。
 是非魔王の森でアプストラクトゲーム(運の要素が無いゲームのタイプ)にチャレンジしてみてはどうでしょうか?
 本当に面白いですしお勧めです。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約950タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):