1. HOME >
  2. 魔王の森の店内日記 >
  3. テーブルゲームのある風景「ウォールストリート1920」

魔王の森の店内日記

RSS

テーブルゲームのある風景「ウォールストリート1920」

FxCam_1539682965661 FxCam_1539419143488
 今日のテーブルゲームのある風景は「ウォールストリート1920」です。
 1920年代アメリカ、特にニューヨークのウォール街で歴史的な株価上昇と投機ブームに沸いて時期から、一般に大暴落やブラックマンデーとして知られる株価崩壊までをテーマにした株式ゲームです。
 プレイヤーは4種類用意されている投機商品の株式を獲得する事でゲーム終了時にもっとも資産を集める事を目的とします。
 
 ゲームとしてはプレイヤーは自分の資金カードと初期株式カード、さらに初期のコインを渡されます。
 このゲームの特徴的で面白いのは資金カードに表記してある数字までの額の購入は「無料」になる点です。
 資金カードが現在5の水準であるなら、5金までの支払いは何もコインを消費する必要はありません。
 6金以上の支払いの時にのみその差額をコインで支払うという形になります。
 共通の場には山札を中心に初期セッティング用のカードと山札から引いたカードが円形にならべられます。
 ゲームが開始されたなら、プレイヤーはその円形に並べられたカードを矢印カードの方向にカード上を進む形で、ほしいカードの上まで進み、その際進んだカードの枚数+獲得するカードの価格の合計を支払って手札とします。
 カードの種類は株式カードやイベントカードがあり、株価を上げる、または下げる効果から他人の手札を強制的に徴収するといったものまであり、様々な効果を利用します。
 カードを獲得したら、山札から新しいカードを引いて表にして、その場所に補充します。
 基本的にはこうして手札の株式を増やしつつ、自分の集めている株の商品の価格を挙げるようにして動きます。
 それ以外のアクションとしては自分の資金カードの額を上昇させる、または手持ちの株式を売ってコインを得るという二種類があり、手番毎に3種類の中から1つを選択して宣言する形となります。
 こうして手番をおこなってゆき、最後に山札のした9枚にゲーム開始時に混ぜた終了カードが引かれるまで行って、最終的な株価に自分の株カードの枚数を掛けたものが勝利点となります。
 非常にシンプルでよくできた株ゲームで、難しい処理もなく、株ゲームが初めての方でもプレイ出来ると思います。
 マネーゲームを楽しんでみたい方は是非プレイしてみて欲しいと思います。
 ただ、株ゲームですので、十分注意して、値上がりする勝ち馬に乗る事をお忘れなく。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約950タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):