1. HOME >
  2. 魔王の森の店内日記 >
  3. テーブルゲームのある風景「テオティワカン」と今週末のイベントのご案内

魔王の森の店内日記

RSS

テーブルゲームのある風景「テオティワカン」と今週末のイベントのご案内

FxCam_1538475666512
 今日のテーブルゲームのある風景は「テオティワカン」です。
 大きな反響を呼び、ファンも多い「ツォルキン」というボードゲームのシリーズ第二弾という事らしく、今回もメキシコはアステカ文明の雰囲気をボード全体から感じるつくりになっています。
 「ツォルキン」は全部で三部作の予定らしいので、もしからしたら次は「チチェンイツァ」あたりかもしれません(笑)。
 「テオティワカン」は実際の所アステカ文明も古くて、テオティワカン文明という謎の存在なのだそうです。
 ファンタジー好きの方にとってはテオティワカンという言葉よりもケツアルコァトルまたは羽毛ある蛇とか、テスカポリトカといった名前の方が覚えがあるのではないかと思います(笑)。

 ゲームとしては基本システムは非常にシンプルで各プレイヤーは自分の色の駒を4個持ち、そのうち三つを規定のルールにしたがってメインボードに8ヶ所あるアクションゾーンのいずれかの場所に配置して、残りの1個をボード中央の規定の場所に配置したならばゲーム開始で、自分の手番が来たなら自分の色の駒いずれか1つを3ゾーンまで時計回りに移動させて、止まったアクションゾーンのアクションを実行するというものです。
 つまり8つのアクションゾーンの内容を理解すれば、ゲームはプレイ出来るわけです。
 8種類のアクションゾーンはメインボードの周囲を囲むように用意されていて、1番と8番のゾーン以外はゲームをプレイするたびにランダムに入れ替わる仕様になっている為、毎回異なる手順を考える必要があります。
 さて、8種類のアクシヨンゾーンのうち3種類は木材、石材、黄金を獲得するゾーンになっています。
 そして獲得した資材は別の3種類のアクションゾーンで使用されて、それらは同時に得点を獲得する手段となります。
 木材は死者の道ゾーンで、石材はピラミッド建設ゾーンで、黄金は装飾品作成ゾーンのそれぞれで使用する事になり、これで6種類のアクションゾーンとなります。
 のこった2種類は特殊アクションである礼拝のみが出来る貴族ゾーン、そしてゲーム中のアクションを強化する技術レベルゾーンとがあり、これで合計8種類ですので、特徴的できちんと繋がりと目的が明確化されている為容易に頭に入ってきます。
 各アクションゾーンでは上記の通りそれぞれ独特のアクションが実行出来るのですが、それを行なわない事も出来て、その場合汎用アクションとして礼拝をするか食料であるカカオを入手するかのいずれかを選択する事が出来ます。
 つまり、プレイヤーは手番が来たならゲームボード上の自分の色の駒を時計回りに3ゾーンまで移動させて、止まった場所の特有のアクションか汎用アクションかをする、これを繰り返して、手番が一巡する度にターンマーカーを動かして、規定のターンがすぎたなら1ラウンド終了となり決算が発生して点数を獲得し、3ターンプレイしたならゲーム終了となります。
 面白いのは自分の色の駒として使用するのは色つきの6面体サイコロで、最初は出目1からスタートして、アクションを行なう度に出目を+1づつしてゆきます。
 出目が大きいほど各アクションゾーンにおいて強い効果を発揮するのですが、6の出目になった瞬間に寿命によって昇天して、再び1となってしまうのです。
 昇天によってもターンが進行するルールになっていますので、特に後半は一気にゲームを終了まで持ち込む事が出来ます。
 各アクションゾーンはもう少し細かく処理をする必要があるのですが、基本的なルールはこれだけです。
 ですのでそういう意味では非常に簡単といっても良いかもしれないボードゲームですが、いかに勝つかという事になると一気に悩ましくなるタイプのゲームでもあると思います。
 囲碁・将棋などが基本ルールはシンプルなのに対戦相手を上回ろうと考えはじめた途端に無数に考える必要があるのと似ています。
 とはいえ、それこそがボードゲームの1つの楽しみ方ですし、プレイヤーの様々な考えや思惑、作戦や偽装が勝敗に直結しやすく、そうしたゲームがお好きな方には是非プレイしてほしいゲームにしあがっています。
 魔法の森で是非プレイしてみてはいかがでしょうか?

【今週末14日のイベントのご案内】
Point Blur_20180513_221257
 今週末の10月14日の日曜日は「魔王の森・ゲームデイ」を開催致します。
 場所はシェトワ白揚文具館二階Cホールでいつも同様ミニチュアゲームとボードゲームの合同イベントです。
 時間は13時から20時までで途中の出入りは自由です。
 会場費として500円をお願いしておりますが、お車でお越しの場合はシェトワ白揚書籍館の方の駐車場におとめ頂いて駐車券をお持ちくだされば一日無料に出来ます。

「テーブルゲーム倶楽部」と同時開催となりますので、ボードゲームのフリープレイも卓をご用意しており、自由に遊んで頂けます。
 当日は「ティオティワカン」「コロニー」「ガンシュンクレバー」「クアックサルバー」「ダイスランド」「クウィックス」「トピアリー」「テラミスティカ」「テキサスショーダウン」「ペーパーテイルズ」「パーフェクトホテル」「アズール」「イスタンブール」「ヘラス」「ヴィティカルチャー」などをお店より持っていきますが、持ち込みももちろん大歓迎です。
 また、事前にご連絡頂ければ当店リストのゲームであればよろこんでご用意しますし、ボードゲームをプレイした事のない初心者の方でも、よりプレイしやすいゲームをご案内して丁寧にルールを説明しますのでお気軽に参加して下さい。

 ミニチュアゲームはウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのフリープレイが中心で、ウォーハンマー40000は「キルチーム」という小規模戦闘をテーマにした基本ルールの発売によって非常に面白いゲームをさらに手軽にプレイ出来るようになりました。
 イベントではアーミーの組み方やルールの注意点などの質問も受け付けておりますので、どうぞお気軽にお声掛けして下さい。
 また、事前にご予約を頂ければミニチュアのペイントコーナーなどもご用意しますのでお気軽にお申し付け下さい。
 もちろん、テレインを配置した戦場をご用意しておりますので自由にプレイして頂けますし、体験プレイも随時受け付けております(体験プレイについては事前にメールやここへの書き込みで十分ですのでご連絡下さい、当日ですとお受け出来ない事があります)。

 皆様のご来場をこころからお待ちしております。

前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):