1. HOME >
  2. 魔王の森の店内日記 >
  3. テーブルゲームのある風景「コロニー」

魔王の森の店内日記

RSS

テーブルゲームのある風景「コロニー」

FxCam_1539169440178
 今日のテーブルゲームのある風景は「コロニー」です。
 プレイヤーはSF世界で様々な困難にたちむかいつつ、枯渇してしまった食料資源をプラント工場などによって確保して、自分の民を護るリーダーとなって活躍します。
 実はこのゲームは日本人の方が共同デザイナーとして参加しており、エイジ・オブ・クラフトとして発表している自身のゲームのセルフリメイクに近い側面もあったりします。

 ゲームとしてはダイスゲームで、ゲーム開始時に各プレイヤーには初期カード4枚が配られます。
 これらのカードの内容は全て同じもので、ダイスをプールしておける倉庫カードや、新たなカードを獲得する為の建築カード、獲得しているカードを強化するアップグレードカードなどがあります。
 そして、基本のカード6種(同じものが約6枚ほどづつあります)と、毎回変更されるサプライカード6種を中央にならべて、それらをゲーム中は建築カードによって獲得してゆく事になります。
 各プレイヤーの手番ごとにダイスを3個振って、振った本人から時計回りに1個づつ出た目を変えずにダイスを獲得してゆきます。
 そして、中央にならべられたカードには獲得する為のダイスの出目が指定されているので(例えば5の出目が1つに4の出目が2つなど)、その出目が出ているダイスを支払う事でカードを獲得します。
 獲得したカードは様々な効果をもっており、次のラウンドからその能力を使用する事が出来て、もっとも基本的な能力は特定の出目のダイスを獲得するというもので、そうした能力によってどんどんカードの獲得が容易になってゆく事になります。
 さらにアップグレード効果を使用する事で、すでに獲得しているカードを強化する事が出来て、そうしたならカードを裏返して表現し、それまでのカード効果よりもさらに使い易くなってくれます。
 獲得するカードには下にオレンジ色の半円が描かれており手番終了時にその半円の個数を数えて、それが規定の数に誰かが達したならそのプレイヤーが勝利となってゲームは終了します。
 アップグレードする事でカードを裏返すと、多くのカードは得点が+1点されるので、どんどんカードを獲得するか、ある程度獲得した後はアップグレードによって得点を稼いでいく事も出来ます。
 カードには様々な効果がある為、毎回展開もちがってきて、ダイスを獲得する時にどの出目を優先的にえるのかといった部分の駆け引きもなかなか面白いです。
 ルール自体は獲得したダイスの出目とカードの出目が同じものを支払うといったものなので非常にシンプルで、だれでもプレイ出来ると思います。
 後半にむけて加速度的に出来る事が増えるのでかなり楽しくプレイ出来ると思います。
 気楽に楽しみたい時に是非おすすめしたいゲームです。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約950タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、お一人でご来店された場合などは他のお客様と相席にて楽しんで頂けますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):