1. HOME >
  2. 魔王の森の店内日記 >
  3. テーブルゲームのある風景「ダイスランド」

魔王の森の店内日記

RSS

テーブルゲームのある風景「ダイスランド」

FxCam_1537606179501
 今日のテーブルゲームのある風景は「ダイスランド」です。
 ゲームとしては数字の代わりに6色の色の丸が描かれている特殊なダイスを振って、その出目をつかってパズルのような陣取りのようなことをしてゆくゲームで、シンプルでありながら考えどころもあるゲームになっています。

 ゲームを開始するにはまずプレイヤーは個人用ボードを1枚づつ配ります。
 ボードには六角ヘクスが6色に色分けされていて、ほぼ中央にバツ印が印刷されているのですが、ボードはすべて両面仕様によっていて、ゲーム開始時に好きな面を使用してよいようになっています。
 ちなみにボードの色分布については全て異なります。
 さて、個人ボードを用意したら、手番プレイヤーが専用のサイコロを6個振ります。
 そしてその出目の中から1色だけ選んで取り出します。
 そして残ったダイスを振りなおす事も出来ます。
 その振りなおしたダイスで最初に選んだ色が出ればさらにそれを取り出して残ったダイスを・・・とダイスがなくなるか、選択した色が出なくなるまで繰り返す事が出来ます。
 そして自分が選んだ色のマスに、出た出目の数だけチェックを入れてゆくのですが、残った他の色のダイスについては手番プレイヤーではないプレイヤー全員が各自1色だけ選んでその数だけその色のヘクスにチェックを入れます。
 さて、チェックの数はそれなりに多い方が良いのですが、いくつかのルールがあります。
 まずボードへのチェックは最初のバツ印から必ず隣接マスを繋いでゆくように選ばなければなりません。
 さらにチェックをする際にその色の1つのかたまりのマス目数を超えるようなダイスの数であってはならないというもので、越えてしまったならダイスロールが失敗だったという事になります。
 こうして個人ボードにチェックを増やしてゆくのですが、目標は各色に用意されている星印つきのマスを9個以上チェックしつつ、6色あるどの色でもよいので、自分のボードないのその色のマス全てにチェックを入れるダブルカウントに成功したならば、そのプレイヤーが勝ちとなってゲームは終了します。
 自分のボードの色の配置を見てどのルートでチェックをいれてゆくのが一番効率が良いのかをよく考えてからチェックをしてゆかないと、終盤にチェックを入れる場所がなくなったりすねで注意が必要です。
 とはいえ、ルール自体は非常にシンプルで難しい部分は何もありません。
 むしろどのようにチェックを入れてゆけば理解しやすくなってきますので、是非プレイしてみて欲しいと思います。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約950タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):