1. HOME >
  2. 魔王の森の店内日記 >
  3. 今日の一戦「キルチーム戦:クラフトワールドvsネクロン」

魔王の森の店内日記

RSS

今日の一戦「キルチーム戦:クラフトワールドvsネクロン」

FxCam_1532867689528
戦場のあちこちに兵達が展開しています。
 FxCam_1532869133125
忍び寄った兵が真横から銃をつきつけ万事休すです。
 FxCam_1532869336241
高所からの撃ちおろしは恐怖以外なにものでもありません。

 今日の一戦はミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」の小規模戦闘用の独立ルールである「キルチーム」での対戦風景です。
 ウォーハンマー40000には個性豊かな様々な星系間国家が登場しており、その数は18勢力を越えます。
 プレイヤーはその中から自分好みの勢力を選択するのですが、今回は母星を失って宇宙を彷徨う巨大な方舟で生活している超科学を駆使する滅びゆく文明クラフトワールドと遥か神話の時代には宇宙を事実上支配していた絶対機械圏を持つ蘇りし古代文明ネクロンの対戦です。
 「キルチーム」は本来軍隊戦であるウォーハンマー40000を小部隊のみの遭遇戦で楽しむための独立型ルールで、ウォーハンマー40000のルールと類似はしていますがプレイするとかなり違うものになっています。
 「キルチーム」では小部隊での対戦をテーマとしているので、パワードスーツや戦車、モンスターといった大型兵器はいっさい使用出来ず、基本的に歩兵戦力のみでのプレイを楽しむ事が出来ます。
 これはつまり大型ユニットや一部の強力な能力をもったユニットが使用出来ない事を意味していて、プレイヤーの技量がそのままプレイの結果にさらに直結しやすくなっている事を意味していますし、あれを買ってこれも必要らしいなどといった事もなく、自分のモデルを装備や設定などにこだわりまくってモデリングを大いに楽しむ事が出来る事にもなっています(予算も少なくて良いですしね(笑))。
 ウォーハンマー40000のルールはかなり直感的なルールが採用されていて、採用されているシステム的なルールは必要最小限まで削ぎおとされています。
 それがゆえに初めての方でも簡単にルールを把握出来ますし、ルールを知っている者が相手をシステム的にハメ殺すというゲームをする上でもっとも退屈かつつまらない事態が起こらないという事も意味しています(ボードゲームなどでもそうですが、そういった事態を頻繁に起こすのはゲームを楽しむ人にとっては一番なくなってほしい部分だと思います)。
 これはつまり戦い方を誰かに教わって、「このユニットでこうしたら勝てるよ」などといったテレビゲームのようなパターンを繰り返すといった事が出来ない、つまり自分の感覚や感性(まぁ、カッコよく言えば戦術眼などです(笑))をもとにアナログゲーム、つまりはミニチュアゲームならではのプレイを対戦相手と楽しんでゆけるという事につながると思います。
 それをさらに発展させているのがキルチームのルールですので、プレイして頂いた方々の実際に撃合ってる感じがとても良かったとか、敵陣に切り込んでゆく緊張感がたまらなかったなどいう「臨場感」というミニチュアゲーム独特の楽しさを大いに味わえるものになっていると思います。
 キルチームでは対戦スペースもミニチュアゲームとしては非常に小さく、ちょっとしたボードゲームサイズのスペースがあればプレイ出来てしまいますし、様々な対戦シナリオが用意されているのでが、4人でのプレイも非常に面白いものがあります。
 プレイ時間も60分少々といった所ですので本当に手頃なものですし、それゆえに何回も部隊や相手を替えて楽しむ事が出来るようになっています。
 ミニチュアゲームの魅力を大いにかつ手軽に楽しめるのがキルチームだと思いますので、興味のある方は是非プレイしてみてほしいと思います。

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
FxCam_1451196794036 FxCam_1466314839509
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):