1. HOME >
  2. 魔王の森の店内日記 >
  3. テーブルゲームのある風景「トリック・オブ・ザ・レイルズ」

魔王の森の店内日記

RSS

テーブルゲームのある風景「トリック・オブ・ザ・レイルズ」

FxCam_1531387559200
 今日のテーブルゲームのある風景は「トリック・オブ・ザ・レイルズ」です。
 プレイヤーは鉄道会社に投資するとともに路線整備をしてより価値の高い会社にして株式価格をあげる事で最終的に資産を増やす事を目的とします。

 ゲームとしてはまずシナリオ予定のように、株式購入、線路敷設、機関車設置といったカードを規定の並び順をまもりつつカテゴリーごとにはランダムに一列に並べます。
 そして5つの鉄道会社を示す路線カードを先ほどの列とT字になるように並べて準備します。
 さらに5色に分けられたカードを良くきって各プレイヤーにすべて配り切ってゲーム開始となります。
 1列に並んだカードについては、どのラウンドで勝利したなら何が処理されるのかといった予告となっていて、プレイヤーはその予定を考えながらラウンドの勝利を目指したり、時としてラウンドの勝利をわざと捨てたりする事も視野にいれてプレイする事になります。
 勝利についてはルールは簡単で、そのラウンドのスタートプレイヤーが手札を1枚プレイして、そこから時計回りにカードを1枚づつ場にだします。
 この出されたカードの中で数字のもっとも大きいプレイヤーが勝利し、他のプレイヤーはこのラウンドについては負けた事になります。
 ただし、このプレイの時に大事ルールがあって、スタートプレイヤーが場に出したカードの色と同じ色のカードを手札に持っている限り、他のプレイヤーのその色のカードをプレイしなければならないという制限があるのです。
 手札にその色がなかったなら、何色のカードでも出してよいのですが、その場合カードの数字がどれほど大きくても負けた扱いになってしまいます。
 こうして各ラウンドは各プレイヤーがカードを1枚づつだしては終了してゆくのですが、そのラウンドの勝者がなにをして、敗者が何をするのかが、一列にならべられた予定カードによって決定されているわけです。
 予定カードの中の株式購入であったなら、勝者はその配置してある株式カードを入手しますが、他のプレイヤーは自分がプレイしたカードを株式として入手します。
 線路敷設カードであるなら、スタートプレイヤーから順にプレイしたカードをその色が同じ路線に並べるのですが、勝利したプレイヤーは追加の路線カードを配置する事が出来ます。
 機関車設置カードの場合はプレイしたカードは全プレイヤーとも路線カードとしてカードと同色の路線に配置するのですが、勝者だけが機関車カードをどの色の路線に設置するかを選択出来るのです。
 5つの路線に対して機関車は4台しかないため、機関車設置については勝利すると大きな意義がありますが、他は勝利しなくてもそれほど大きな影響をあたえないように最初は感じます。
 ゲームか予定カードが全てつかいきられると終了するのですが、点数の計算はまず機関車がある路線のみ行われます。
 そして、機関車によって示されてるカード枚数だけ路線カードのポイントを足してから、機関車コストを引いたものがその路線の1株の得点となります。
 当然複数の株式をもっているなら、その分倍になってゆくのです。

 初めてプレイすると何をしているのかちょっと分かり難く、混乱するかもしれませんが、一度流れを把握すると非常に面白い駆け引きが展開出来る事がわかります。
 初心者にはけしてすすめられないゲームなのですが、ちょっとボードゲームになれてきて、もう少し複雑なゲームをしてみたいなと思っている方などに特におすすめ出来るゲームです。
 是非遊んでみてほしいと思います。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約950タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):