1. HOME >
  2. 魔王の森の店内日記 >
  3. 第79回魔王の森ゲームデイ、イベント報告

魔王の森の店内日記

RSS

第79回魔王の森ゲームデイ、イベント報告

Point Blur_20180408_205017 Point Blur_20180409_171740
 先日の8日(日曜日)は第79回魔王の森ゲームデイでした。
 本当に沢山の方に参加頂きまして非常に活況なイベントになることが出来ました、心から感謝いたします、ありがとうございます!

 魔王の森の店舗ではボードゲームを1日500円で遊び放題のお客様達の社交場として営業(ですのでボードゲームの販売はしておりません)するとともに、ミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」と「エイジ・オブ・シグマー」の販売とプレイやモデリングを楽しんで頂けるとともに、ルールのご説明や体験プレイなどもお受けしております。
 「魔王の森・ゲームデイ」はその延長戦上ですので、会場をかりて卓数や席数をご用意してより沢山の方にボードゲームやミニチュアゲームを楽しんで頂けるようにとご用意しております。
 特に心掛けているのがボードゲームに興味はあるのだけどあまりプレイした事がない方や、最近話は聞くし動画などみたけどどういうものなのかあまり分からないといった方、いわゆる初心者大歓迎で運営させて頂いています。
 店員がお客様からこういったゲームがしてみたい、またはこういったものに興味があるといったお話を聞いて、いくつかゲームをご案内したり、プレイしてみたいゲームがある場合にはそれをご用意して、ルールの説明からプレイの簡単なコツのようなものまで丁寧に説明させて頂きます。
 参加されている他のお客様も気の良い方が多く、プレイをせかしたり、必要以上にプレイ方法を指示したりといった事をしないので、本当にお気軽に参加して頂けると思います。
 この日もボードゲームは人生ゲームもやった事ないという方や、小さなお子様をつれたお母さんも参加して頂けて、様々なゲームをプレイされて楽しんで頂けました。
 多くの方に楽しんで頂ければという形で「魔王の森ゲームデイ」のイベントを開いているので、近隣の県からも参加して頂いていて人が多くてちょっと苦手という事であれば、店舗の「魔王の森」にご来店頂ければ、店内での内容はイベント会場となにも変わりませんので、ホードゲームをのんびりと楽しんで頂けると思います。
 ほとんどお客様がお一人かお二人で来られて楽しまれていて、店舗やイベント会場で知り合いになられてボードゲームを楽しまれていますので是非お気軽にご来店、またはご参加頂ければと思います。

FxCam_1523172404204

 この日は先日開催された大阪のゲームマーケットの戦利品を楽しむ事もテーマの1つとなっていたので、さまざまなゲームマーケットに出展されたゲームがたのしまれていて、覚えている範囲で「サイノメコロシアム」「JUST WAFFLE」「リトルタウンビルダーズ」「開拓王」「かみかくし」「マモノノ」「本草」「ねこまねき」「よくばりパフェ」「花咲かポン」などなどまだまだ上げればきりがないほどです。
 もちろん海外、国産ゲームも楽しまれていて「将軍」「ヴィティカルチャー」「コンプレット」「ヘルヴィレッジ」「フリークショップ」「サンファン」「センチュリースバイスゴーレム」「街コロ」「アズール」など、他に様々なゲームを楽しんで頂けました。

FxCam_1523175799766 FxCam_1523175964181
 ミニチュアゲームも非常に活況で特に最近高い人気があり、ホビージャパンの別冊特集本が出た「ウォーハンマー40000」がプレイされていて、プレイ卓は常に誰かがプレイしていて、歓声や拍手、笑いが絶えないプレイ状況でした。
 ウォーハンマー40000については大幅なルール改定が行われてから本当に人気が高く、始めてみたいという方が増えていますし、そのゲームルールの面白さ、手軽さ、直感的なゲームシステムから多くの方に楽しんで頂いています。
 魔王の森では必要以上に難しくする事なく、改訂ルールの良さをそのまま活かしたプレイ環境をご提供させて頂いていますので、より多くの方が分かりやすいゲームを楽しんで頂けている状況です(難しくする追加ルールもあるのですが、それはただ細かくなるだけでプレイ状況が良くなるわけではないので、推奨していないのです)。
 ミニチュアゲームが提供するモデルの作成を楽しみ、そしてゲームをプレイし、戦場を駆ける自分が作成したモデルが見せる映画やアニメのようなシーンを一緒にプレイしている対戦相手だけではなく、ギャラリー達とも共感して楽しめるという楽しみ方が魔王の森では強く推奨しています。
 モデリングだけ、ゲームだけという片方のみに力をいれるのはミニチュアゲームでなくても出来るのですから、例え一色だけでペイントしたものだったとして自分が作成したモデルでプレイしている風景をギャラリーに魅せる!これこそが最高に楽しい瞬間なので是非体験してほしいと思います。
 自分のプレイにギャラリーが息をのみ、拍手喝さいの瞬間があり、まさかとギャラリーが天を仰ぐというグルーブ感を一度味わったら、ただ写真ばえするモデルを作成するだけでは物足りなくなりますし、そうしたまさに最高の舞台に自分のモデルを立たせた時に思いをはせてモデリングする楽しみは格別な時間になると思います。
 皆様の沢山の楽しさをもちよる場所でありたいとイベントを開催しております。

 この日は本当に沢山の参加を頂きましてありがとうございました。
 次回は5月13日に開催いたしますので、今回参加出来なかった方、興味をもって頂いた方もふくめて、是非遊びにいらして下さい!

前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):