1. HOME >
  2. 魔王の森の店内日記 >
  3. テーブルゲームのある風景「アルケミスト・ストラグル」と今週末のイベントのご案内。

魔王の森の店内日記

RSS

テーブルゲームのある風景「アルケミスト・ストラグル」と今週末のイベントのご案内。

FxCam_1522582426955
 今日のテーブルゲームのある風景は「アルケミト・ストラグル」です。
 昨日に続いてゲームマーケット大阪で入手されたもので、プレイヤーは錬金術師となって様々な薬品を作成してゆく事になります。
 しかし、この世界にも競争はつきものですので、他の錬金術師を蹴落としてでも秘薬を生み出さなくてはなりません。
 そして、その成功の鍵はパートナーが握っているのです。
 といった雰囲気のあるゲームで、2対2のタッグ戦用のゲームなのです。
 タッグ戦用のボードゲームは意外なほど少なくて、タッグではなく、チーム戦用のゲームになってしまう事がほとんどです(チーム戦でももちろん2対2にすればプレイ出来るのですが、多くの場合3対3などにした方が面白い事が多いように思います)。

 さて、ゲームとしては、チームメイト同士は向い合せに座ります。
 そして2~20までの数字の描かれたカードで山札をつくり、各プレイヤーには21の数字カード1枚と、その山札からランダムにカードを配り切って、それを手札として全員が持ちます。
 スタートプレイヤーからカードを1枚もしくは2枚自分の前にだすのですが、そこから時計回りに各プレイヤーはスタートプレイヤーと「同じ数字をプレイする」か「パスする」かを選択します。
 同じ数字とは文字通り同じ数字が描いてあるカードだけでなく、2枚のカードの掛け算の結果がスタートプレイヤーがプレイしたカードの数字と同じであればよいのです。
 同じ数字がだせない、または出したくない場合にはパスを宣言します。
 そして、カードをプレイした最後のプレイヤーが次のスタートプレイヤーとなります。
 もしもスタートプレイヤーがカードをプレイした後、他のプレイヤーが全員パスしたなら、スタートプレイヤーを連続して行うだけではなく、手札から好きなカードを1枚自分の場に伏せて出す事が出来ます。
 各プレイヤーはプレイしたカードは自分の前に並べて配置してゆきます。
 こうしてプレイしてゆき、いずれかのプレイヤーの手札が「0」になったのなら、即ゲームは終了します。
 そして、手札をなくしたプレイヤーの前にならんでいるカードに描かれている魔法陣の数だけ相手チームにダメージを与える事が出来るのです。
 チームはポイントを20ポイント持ってスタートして、それを越える累積ダメージを受けたならば敗北する事になります。

 かなり面白くて駆け引きも読みも楽しめるゲームで、2~20のカードの枚数は一定ではなく、少なかったり多かったりするのですが、その枚数は各プレイヤーにサマリーとして一覧表が渡されますし、プレイされたカードは各プレイヤーの前に公開情報としてならんでゆくので、どの数字のカードが残っているのかは全員が知っている情報となります。
 また、21のカードはいかなる数字の代わりとしてもプレイ出来(ちょっとした制限があり、それも考えどころになるのですが)、さらに言えばスタートプレイヤーが21を出して全員がパスした場合は手札の枚数に関わらずそのラウンドは強制で終了となるといったルールなどもあり、様々な勝ち筋を考える事が出来るようになっています。
 2枚カードをプレイする場合にはその2枚の数字の掛け算の値が使用されて、それは20を越えてはならない制限などがある事から、ラウンドの途中から実質プレイ出来ない数字が増えてゆき、いかにそこに自分の手札を落とし込むかを考える事になります。
 タッグ戦ならではのチームメイトへのフォローなども存分に楽しむことができますので、魔王の森で是非プレイしてみてほしいゲームです。

【今週末8日のイベントのご案内】
Point Blur_20160911_231227
 今週末の4月8日の日曜日は「魔王の森・ゲームデイ」を開催致します。
 場所はシェトワ白揚文具館二階Aホールでいつも同様ミニチュアゲームとボードゲームの合同イベントです。
 時間は13時から20時までで途中の出入りは自由です。
 会場費として500円をお願いしておりますが、お車でお越しの場合はシェトワ白揚書籍館の方の駐車場におとめ頂いて駐車券をお持ちくだされば一日無料に出来ます。

「テーブルゲーム倶楽部」と同時開催となりますので、ボードゲームのフリープレイも卓をご用意しており、自由に遊んで頂けます。
 当日は「アズール」「パトリッツァ」「サグラダ」「ノームの村」「ゼロ」「キルトキャッスル」「リトルタウンビルダーズ」「開拓王」「マトリューシュカ」「リベリウム」「レインボーガーデン」「ヘラス」「ヴィティカルチャー」などをお店より持っていきますが、持ち込みももちろん大歓迎です。
 また、事前にご連絡頂ければ当店リストのゲームであればよろこんでご用意しますし、ボードゲームをプレイした事のない初心者の方でも、よりプレイしやすいゲームをご案内して丁寧にルールを説明しますのでお気軽に参加して下さい。

 ミニチュアゲームはウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのフリープレイが中心で、ウォーハンマー40000は基本ルールの全面改訂によって、より気軽にゲームをプレイ出来るようになりました。
 イベントでは新ルールにおける注意点やアーミーの組み方やルールなどの質問も受け付けておりますので、どうぞお気軽にお声掛けして下さい。
 もちろん、テレインを配置した戦場をご用意しておりますので自由にプレイして頂けますし、体験プレイも随時受け付けております(体験プレイについては事前にメールやここへの書き込みで十分ですのでご連絡下さい、当日ですとお受け出来ない事があります)。

 皆様のご来場をこころからお待ちしております。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):