本日 64 人 - 昨日 305 人 - 累計 246438 人 サイトマップ
RSS

テーブルゲームのある風景「リワールド」

FxCam_1516956984117
 今日のテーブルゲームのある風景は「リワールド」です。
 SFをテーマにして、プレイヤーは移民宇宙船の艦長となって、多くの民を新たなる新天地となる惑星へと開拓、移住する為に奮闘する事になります。
 ただ、大規模な移民計画である為、他にも移民宇宙船はいくつも出発する為、自分の船の民をより良い条件で移住させてあげるのは容易な事でありません。
 その為にはまず出発前に様々な担当者と交渉して政治力を使い、必要なシャトルやサテライト、テトラポットなどを揃えるとともに、5大企業のそれぞれを誘致する権利をえなければならず、目的の惑星についてからは5つの居住可能エリアでより大きなシェアを確保する事を目的とします。

 ゲームとしてはそうした背景にしたがって異なる2つのパートで構成されます。
 ゲーム開始時に各プレイヤーは自分の移民宇宙船を示すボードを受け取り、さらに人数に応じた人物カードを手札として配られます。
 人物カードは1~5の数字が描いてあります。
 そして中央にメインボードを配置して、コロニーのイラストを囲むように所定の位置にユニットタイルをランダムに配置していきます。
 ユニットタイルには5大企業のいずれかを示すタイル、農場タイルといった後半パートで陣取りの要素となるものから、5つの居住可能エリアに自分の船の移民達を効果させるテトラポット、得点条件を獲得するサテライト、企業タイルをより素早く配置、または防衛ライン構築のためのシャトルなどがあり、それら全てを袋の中にいれてかきまぜてランダムに取り出してボードに配置します。
 各プレイヤーは自分の手番が来たなら、手札の人物カードを所定の位置にプレイして配置する事で、そこに連動しているユニットタイルを1つ獲得出来、プレイした人物カードの数字と同じナンバーの移民宇宙船ボードの側面に配置して並べていく事になります。
 ただし、人物カードをプレイする時に、すでに人物カードが配置してある隣の位置にプレイする場合は、すでに配置してある人物カードと同じ数字の人物カードをプレイしなければなりません。
 出来ない場合にはどの数字でも良いので2枚を配置しなけれはならないのです。
 配置したい場所の左右にすでに人物カードが配置されている場合、その両方の数字と合致するように2枚の人物カードを配置するか、数字が合わないなら2枚で代用しければならないのです(ですので最大4枚ものカードをプレイしなければならない可能性があります)。
 こうして獲得したユニットタイルは自分がプレイした人物カードの数字の場所にどんどん並べられていきます。
 人物カードの数字は1~5ですので、ボードの左側に描いてある1~5のいずれかの列に並べていく事になり、この並び順については列は当然ですが、列ないの順序も絶対変えてはいけません。
 全プレイヤーが手札がなくなる、またはパスをした事で1ラウンドが終わり、各プレイヤーは手札を全て捨て、さらにメインボードに残っていたユニットタイルも全て箱にもどしてしまいます。
 そうして再び人物カードは配りなおされて、ユニットタイルも全て所定の場所に配置されて次のラウンドを始める事になり、これを5ラウンド繰り返したなら第一パートが終了します。

 続いて第二パートが始まるのですが、今度は各プレイヤーは自分の手番がくる度に、1~5のいずれかの列の「一番外側」のユニットタイルを今度は右側に配置します。
 どのユニットタイルを選ぶかは自由ですが、選ばれたユニットタイルは企業タイル、テトラポット、サテライト、シャトルなど決められた動きがありますので、それにのっとって配置が実行されます。
 この「一番外側」というのがこのゲームの魅力的な部分で、得点を確保するためにはある程度配置する順番が必要なのですが、第一パートで上手にユニットタイルを必要なナンバーの列に並べていかないと、点数がとれなくなってしまうのです。
 しかもある程度の種類をキチンと確保する事で点数は飛躍的にのびますので、あまり無茶な事も出来ません。
 いってみれば第二パートは第一パートで獲得配置した自分のタイルを右に配置しなおす答え合わせの側面があるのです。
 そして、A~Eまでの5つの居住可能区画に獲得した様々なタイルを配置するのですが、その並べた各列の数がより多い方がゲーム終了時に得点がもらえ、より早い段階でタイルを使い切ったプレイヤーへはボーナス得点が与えられるつくりになっている為、どの列をより重要視して、どの列を早く終わらせるのかといった事も考える事になります。
 陣取り要素の部分で得点をとるのであればより多くのユニットタイルを獲得しておけばよいのですが、早くタイルを使い切ることによるボーナスをえるのであればユニットタイルはそれほど多くは取らず、さらに一手番で複数のユニットタイルを移動させる事が出来るユニットタイルをより良い位置に待機させておく必要があるという事になるのです。

 パズル要素に陣取り要素が組み合わさっているゲームであるのに、ルールが非常にシンプルでプレイしやすいので、是非チャレンジしてほしい面白いゲームだと思います。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約550タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):