本日 28 人 - 昨日 245 人 - 累計 183273 人 サイトマップ
RSS

テーブルゲームのある風景「マジックメイズ」

画像
 今日のテーブルゲームのある風景はマジックメイズです。
 このゲームはいわゆる協力型ゲームと呼ばれるもので、参加プレイヤーは全員で協力してボードで提示されたシナリオをクリアしてゆく事を目的とします。
 つまり参加プレイヤー全員が勝利するか、全員が敗北するかしかなく、どのプレイヤーが一番だとか、どのプレイヤーだけが負けたとかいったものがいっさいありません。

 さて、ゲームの背景としてはある事情によって身ぐるみはがされてしまった冒険者達が再起の為にデパートに侵入してアイテムを集めて脱出しようというもので、ファンタジーでありながら監視カメラやエスカレーターなどが存在する不思議な世界観で、そのあたりちょっとTRPGのシャドウラン的なイメージで良いかもしれません(シャドウランTRPGでは科学と魔法、ネットダイブとドラゴンがすべて存在している世界です)。
 プレイヤーは4人の冒険者すべてにアイテムを持たせ、それぞれ所定の脱出ゾーンから脱出させればゲームに勝利する事になり、マス目のの描かれた迷路マップの上の駒を移動させてゆくのですが、各プレイヤーは例えば「駒を東にのみ動かせる」とか「駒を北にのみ動かせて、エスカレーターの上り下りをさせれる」などと、それぞれやれる事が分担されています。
 つまり駒を上下左右に動かすには複数のプレイヤーが自分の動かせる方向を活用させあう必要があるのです。
 さらに、駒を動かしている間はしゃべったり指さしたりといった行為が出来ず、時間制限もあるのです。
 時間制限は砂時計で管理して砂時計を動かしてから駒にプレイヤーの誰かが触るまで間は相談してよく、迷宮ボードには砂時計をひっくりかえすアクションが出来るマスもあるので、その相談タイムをうまく利用する事も大事になってきます(ただ、相談中も時間はどんどん消費されているので注意が必要です)。
 目的とするポイントをおさえ、ルートについての意識を出来るだけ共有し、今自分が出来る事はないか常に注意を払う形で参加プレイヤーの協力体制を築いていくため、成功した時の達成感が非常に大きいです。
 難易度もどんどんあがっていくので、友人同士でレベルいくつまでの迷宮を突破出来るのか、是非試してみて下さい。
 非常に面白いゲームです。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街で「お洒落しないで普段着で気軽に利用出来るボードゲームサロン」をテーマに、子供から大人まで誰もがボードゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
画像 画像
 お一人様一日500円で、店内にある約550タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます(たまに質問されるのですが、追加料金等は一切ありません。より多くの方がボードゲームに親しんで頂けるように価格を安く設定させて頂いております)。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がないという方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合などでも遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、プレイ人数や時間などに応じてゲームを紹介、ご案内させて頂きますし、そういった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますのでボードゲームの販売はしておりません、販売についてはミニチュアゲームのみとなっておりますので、どうぞご了承下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):