1. HOME >
  2. 魔王の森の店内日記 >
  3. 今日の一戦「ティラニッドvsタウ・エンパイア」

魔王の森の店内日記

RSS

今日の一戦「ティラニッドvsタウ・エンパイア」

FxCam_1488108855176 FxCam_1488110217695
 今日の一戦はミニチュアゲーム「ウォーハンマー40000」の対戦風景で「ティラニッド勢力vsタウ勢力」です。
 ウォーハンマー40000はミニチュアゲームですので、普段当ブログでも紹介している通り魅力的なモデルを作成しペイントしてその完成度や魅力にほれぼれする楽しみとともに、ゲームとして自分のコレクションを揃えて多彩に用意されている背景設定とともに相手プレイヤーと対戦する楽しみも大いにあります。
 対戦する場合のウォーハンマー40000は戦略ゲームとして非常に良く出来ていて、単体しばりなどというものもなく、ルール上しっかりとした同盟ルールがある為カードゲームでいう所の多色デッキというゲームをする上で大切な構築の自由度とそれにともなう戦術・戦略の多様性をしっかりと持っています。
 もちろん自分ルールで単軍にする自由もありますが、戦闘シーンにおいて様々な理由によって違う国家、または人種が肩をならべて戦うシーンなどは盛り上がらないハズがないとも言えますし、その理由や背景に想像をふくらませるのは本当に楽しいものです(映画のアベンジャーズが嫌いな方なら仕方ないですが、ああした様々な理由で英雄が集まるのが好きな方でしたら盛り上がると思いますし、それがまたシビルウォーのように対立する事も出来るわけです)。
 また戦闘ルールでも軍団による戦いがかなり意識されたものになっていて、特に最近戦場がせまくなった影響もあって、射撃や白兵戦での位置関係や駆け引きや誘導やひっかけなどの部分もより実施しやすくなっています。
 主人公がいて俺ツエー的なものが最良となるとちょっとお勧めできないのですが、様々なタイプのモデル達がそれぞれの有利な点をいかせるように展開させて、そのイメージを表現出来るルールになっているのは映画やアニメのような展開が楽しめて「ミニチュアモデルでゲームをする」という楽しみ方にとてもあっていると言えると思います。
 勝ち方があって、そのパターンにもちこんでれば良いとなると、イメージよりもテレビゲームのようにユニット性能と攻略法を覚えて教えてもらえば勝てるとなってしまって、無理にミニチュアゲームにしないでボードゲームにした方がより深く潔く楽しむ事が出来るはずなので、イメージ優先である程度の揺らぎがシステムの中にあるウォーハンマー40000のプレイは、他のゲームでは代用出来ない楽しさに満ちてると個人的には思います。
FxCam_1488110296037 FxCam_1488112379799
 この写真のプレイでは800ポイントでの戦闘を楽しんでいます。
 ポイントというのはウォーハンマー40000をプレイして楽しむ上でとても重要な部分で、自分がプレイに使用したいと思うモデルには必ずポイントが設定されていますので、それをアーミー構築ルールにしたがったモデル数を守ってかつ、その合計ポイントが始めに対戦相手と話し合ったポイント以下で揃えてプレイする事になります。
 このルールを守ることで、双方の戦力差があまり起きないようにしていると共に、新しくプレイする方とずっとプレイしてきた方とでは持っているモデル数に違いがありすぎるので、それをある程度公平にしてプレイをお互いに楽しめるようにしていると言ってよいと思います。
 新しく始めた方が持っているモデルのポイントに合わせてずっとプレイしている人がモデルを用意すればよいわけですから簡単です。
FxCam_1488114922060
 この時のプレイではタウ・エンパイア勢力が勝利したのですが、戦場(盤面)で生き残っているモデルの数でいったならばティラニッド勢力が間違いなく勝っているほどの差が出ていました。
 しかしながらウォーハンマー40000ではそうした単純な倒した倒されたなどという部分ではなく勝敗を決める為(もちろん全滅させれば勝ちなのでそうした部分も大切ではあるのですが)、作戦やゲーム中の展開しだいによってはモデルの損耗率などが著しく悪化している状態でも冷静に突破口をみつければ勝利出来るのはすばらしい点だと思っています。
 自分好みのモデルを揃えて、そのモデル達を使用して映画やアニメのワンシーンのような展開をジオラマのような絵になる形で視覚化して遊ぶ事の出来るウォーハンマー40000ですので、興味のある方は是非一緒に楽しんで頂きたいと思います。
 是非プレイして楽しんで下さい!

 「魔王の森」は四日市市のアーケード街の三番街にあって、ウォーハンマー40000、エイジ・オブ・シグマーといったミニチュアモデルの販売をしております。
 これらについては独自の背景設定をもったSF的な戦闘機械からパワードスーツなどの歩兵部隊、剣と魔法の世界のモンスターやドラゴン達など様々なプラモデル商品となっており、そのすべてに能力値が設定されていて、作り上げたモデルを使用してゲームをプレイする事が出来て、それはまるで映画やアニメのようなビジュアルの戦闘を楽しむ事が出来るのが大きな特徴です。。
 ウォーハンマー40000やエイジ・オブ・シグマーのモデルについてはお探しの商品がなかった場合でもお取り寄せさせて頂けますので是非ご相談下さい。
 またモデルのペイントについてもシタデルカラーシリーズを多数揃えて販売しておりますので、是非ご利用下さい。
 そして、店内ではこうしたモデル達を使用したミニチュアゲームの無料体験プレイも随時受け付けておりますし、普段からプレイ出来るようにプレイングスペース(ジオラマのような戦場になります)をご用意しております。
FxCam_1451196794036 FxCam_1466314839509
 見学も自由ですし、ゲームのルールなども丁寧にご説明しますのでお気軽に声をかけて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):