1. HOME >
  2. 魔王の森の店内日記 >
  3. テーブルゲームのある風景「テーベの東」

魔王の森の店内日記

RSS

テーブルゲームのある風景「テーベの東」

FxCam_1484648171885
 今日のテーブルゲームのある風景は「テーベの東」です。
 プレイヤーはインディジョーンズよろしくアクティブな考古学者となってカイロからロンドンまであちこちを移動しながら知識を蓄え、発掘にせいをだし、そして自分の発掘した遺物を揃えて展覧会を開いてゆきます。

 ゲームとしては山札から所定の枚数めくられるカードによって示された場所にいって目標とする発掘場所の知識を蓄えてゆきます。
 発掘現場ごとに異なる知識が必要で、その蓄えた知識レベルによって発掘タイルを引いてこれる回数が異なるのです。
 各発掘現場についてはタイルが入った袋が用意されていて、中を見ずに所定の枚数だけタイルを引いてくる事で発掘アクションとなります。
 タイルに書いてある点数を得てゆくわけですが、何もかいてない「ハズレ」タイルも実は相当数まじっています。
 そのタイルはただの砂でしかなく、引いた得点タイルはプレイヤーのものになるのですが、砂タイルはそのまま袋にもどします。
 つまり後半ほど「ハズレ」タイルの引く確率がどんどん上昇してゆくという事なのです。
 ゲームは2年半から3年というタイムスケジュールをもしたボードの外周表にそってすすめられるのですが、各プレイヤーともに各発掘現場では1回しか発掘行為は行えません。
 そしてその貴重な発掘アクションで何枚袋からタイルを引いてこれるかはその発掘現場の知識量とその現場にどれだけ時間をかけて発掘するかによって決まるのです。
 当然沢山タイルをひいた方が得点タイルを獲得するチャンスは増えるのですが、その為に下準備をして知識量を増やしていると他のプレイヤーが運だよりにタイルを引いて、高得点タイルをかすめとられてしまうかもしれません。
 また時間をかけて発掘したならば、他の発掘現場にいく時間がなくなってしまうという部分が非常に悩ましくも楽しいゲームです。
 運を天にまかせるのか、入念な下準備なのか、是非ともロマンあふれる発掘の旅を楽しんでみて下さい。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街でボードゲームカフェとして子供から大人まで誰もがテーブルゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約450タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりませんどうぞご了承下さい。

前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):