1. HOME >
  2. 魔王の森の店内日記 >
  3. テーブルゲームのある風景「ノックスフォード」

魔王の森の店内日記

RSS

テーブルゲームのある風景「ノックスフォード」

FxCam_1482652740983
 今日のテーブルゲームのある風景は「ノックスフォード」です。
 スチームパンクの世界観の中でプレイヤーは街の影に生きる権力者となって自分の組織の勢力を密かに兵士達にみつからないように広げていく事を目的とします。

 ゲームとしてはカードを使用したかなりシンプルな陣取りをするのが基本です。
 各プレイヤーは自分の組織の象徴である色の専用カードを手札として、さらに街並みを構築するカードを共通の山札として常に2枚めくっておきます。
 自分の手番がきたなら街並みカードをプレイして街を大きくするか、自分の手札をプレイして街並みカードにそって配置します。
 配置に若干のルールがあるのですが、基本的には街並みカードの四方はいずれかのプレイヤーの組織カードが配置されていきます。
 こうして山札がつきるまでプレイされてゲームが終了するのですが、ゲームが終了した段階で街並みカードの周囲にある組織カードの点数をカウントし、もっとも大きい点数のプレイヤーがその街並みカードを獲得します。
 こうして獲得した街並みカードの点数がもっとも高いプレイヤーが勝利するわけですが、周囲の組織カードで単独トップでないと街並みカードが獲得できなかったり、兵士カードに隣接された組織カードの点数は0として扱われたりといったルールがあり、それらを駆使して街の支配権を争っていくことになります。
 プレイ自体はシンプルで地味目な展開ではありますが、雰囲気のあるカードとテーマが素敵で、こうした陣取りが好きなプレイヤーならたまらない面白さがあると思います。
 是非チャレンジしてみて下さい。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街でボードゲームカフェとして子供から大人まで誰もがテーブルゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160502_210853 FxCam_1464496005305
 お一人様一日500円で、店内にある約450タイトルのボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりませんどうぞご了承下さい。

前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):