1. HOME >
  2. 魔王の森の店内日記 >
  3. テーブルゲームのある風景「ダイスシティ」

魔王の森の店内日記

テーブルゲームのある風景「ダイスシティ」

FxCam_1463910237503
 今日のテーブルゲームのある風景は「ダイスシティ」です。
 発売されたばかりの日本語版をお客様が持ち込んでくださり早速プレイする事が出来ました。
 ゲームとしては5×6のそれぞれアクション効果が書かれたマス目の外側に5色の色と1~6までのダイスの目がそれぞれ縦軸横軸に描かれて個人ボードを各人がうけとり、一斉にダイスを振ってスタートします。
 振ったダイス色を縦軸にあわせ、そのダイスの出た目の描かれた横軸のまじわるマスにダイスそのものを配置します。
 こうする事で行えるアクションが指定される仕組みになっているわけです。
 そしてアクションとしては石、鉄、木材を得るものから場の中央に並べられて共通の買い出し先となっている建物を建築するものまでさまざまで、基本的には資源を素早くあつめて得点となる市場などを速やかに確保していくのが王道となるのではないでしょうか。
 配置したダイスを全て消費したならターン終了で、再びダイスを振って次の自分の手番までその出目で出来る事を模索していくことになります。
 ゲームは思ったよりも短く1時間ほどで終了できますし、わかりやすいため誰でも楽しんでプレイする事が出来ると思います。
 是非プレイしてみてほしいゲームです。

 「魔王の森&テーブルゲーム倶楽部」は四日市の商店街アーケード街の中、三番街でボードゲームカフェとして子供から大人まで誰もがテーブルゲームを楽しんで頂ける場所として営業しております。
Point Blur_20160416_180239 お一人様一日500円で、店内にある300タイトル以上のボードゲームをどれでも好きなだけ遊んで頂けます。
 ボードゲームに興味はあるけどプレイした事がない方でも、店員が丁寧にどのゲームでもルールや遊び方を説明しますし、グループでこられた場合には遊んでみたいゲームの雰囲気やニュアンスを言って頂ければ、どのゲームを遊んでみれば良いかといった相談も喜んでお受けいたしております。
 もちろん、ご自身のボードゲームを持ち込んで頂いてプレイするのも大歓迎です。
 お一人でもグループでも、是非お気軽にボードゲームを楽しんでいってください!
 ※ボードゲームについてはあくまでボードゲームカフェとして営業しておりますので、魔王の森ではミニチュアゲーム以外の販売はしておりません、ご了承下さい。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):